ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

赤色が消えるサウジアラビア


バレンタイン直前のサウジ、赤色の関連品すべて禁止

ユダヤ教徒にクリスマスが関係ない様に、イスラム教徒にとってバレンタインも関係
ないだろう。しかしだ。てめえらサウジの王様は何人もの妻を娶い、ワイロと石油に塗れ
金銀財宝を後生大事にする、いわば近代文明とは合い交えない平行宇宙に住みながら、
眼下の民のささやかなラブコールを忌み嫌うとは、全く道理に合わない!と言っても
イスラムにとっては大きなお世話かもしれませんね。
勿論イスラム教徒にとっては婚前交渉など死罪に等しいのでしょうが、これだけグローバル
な世界において、必要以上の極端な規制が本当にイスラムを守る事になるのだろうか。
イスラム社会では女性差別があり、身障者も差別されると聞きます。
特にイスラムの盟主であるサウジアラビアでは女性は男性の所有物であり、個人的な自由
はない。当然参政権もない..と言うかサウジは内閣も国会もない絶対君主制国家なのだ。
コーランは明確に輪廻を説いている訳ではないと思いますが、宗教上の観念から障害は
神からの罰であるという記述が各所にあるそうです。上の記事によると強姦されても男は
罰せられないとか言ってますが、先日の沖縄での米海兵隊による少女暴行事件もイスラム
社会であれば女性が悪いとなるんでしょうね。
ハンドボールを例に取っても、クウェートを始めこのようなバカ殿にサブプライムの借りを
作らなければならないアメリカも堕ちたもんですが、進化が必ずしも正しいとは限らないが、
男とコーヒー飲んだだけでムチ打ちとは、日本が如何に平和な国であるかが解ります。
プレゼント交換するのが何故いけないのか。
このような国々を神々が祝福するワケがないだろう。
私は毎年チョコレートを貰い美味しく頂いておりますが、貰える人も貰えない人も、
一日くらい異性に想いを馳せても罰は当たらんでしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-02-12 23:06 | 世界情勢