ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

閉鎖されない2ch


社内で「2ちゃんねる」、大企業の77パーセントが制限

さすがに大企業様々ですな。便所に落書きは許さんのでしょう(笑)。
しかし、勤務中に2chやるのは、余程の暇人かスレ主しかいないだろうが、企業戦士
たる者、昼休みと謂えども企業人たれと言う事でしょう。でも自宅迄は規制出来ません。
ましてや2chは嗜好品であり、縛り付けても手を変え品を変えどこかで生まれるものだ。
昨今の掲示板では社内情報の漏洩や内部告発は当たり前。恨みつらみも含まれるでしょう
が、ミクシーにもそれは言えるのだろう。酒の肴にされる社内の内輪話ですが、ふぞろいの
石コロの中に玉を見出そうとする人達もいる。大マスコミが伝えない世界が時には見えて
来る事もある。右と左の代理戦争であっても観客席から見ると解り易い(笑)。

2011年、テレビとインターネットの垣根が取り除かれるデジタル元年に施行される
通信情報法は、メディア間のルール作りを定め、現在治外法権上に在るブログや掲示板
にも適用される法整備であります。昨年の「きっこのブログ」では、石原慎太郎氏に関する
記事を削除し謝罪文まで載せました。圧力かと言われましたが、ブロガーも掲示板の
投稿者も私的とは謂え公共の場を活用してるわけだから、最低限のルール社会には
属してもらいたいというのは当然であります。
この法律に関してはマスコミの反発がありますが、総務省も配慮したのか、それとも
ネット市場を優先したのか、昨年末の最終報告では、違法な情報や有害な情報なども、
ネット文化の自立性や特色を鑑みて具体的な刑罰よりも最低限の法整備を重視し、
言論の自由は守る........というソフトな言い回しになってます。
テレビとパソコン。それぞれが相手の性能を身に纏い、いずれ携帯の性能も
飛躍的に向上するだろう。しかし、問題はそこまでして見たいモノが.....
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-02-18 22:19 | 国内情勢・世相