ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

お蔵入り餃子


殺虫剤混入「中国での可能性極めて小さい.....」公安省会見
中国側発表「.....看過できない」警察庁長官が反論
ギョーザ事件の中国側見解、泉国家公安委員長「理解しがたい」

早いもので、もう1ヶ月になるんですね。
時間は止まってはくれない。日本では予算審議で大揉め、石破防衛相の進退問題などが
割り込んで、ギョーザ事件は過去の話題になりつつと思いきや、冷凍食品を目にする度に
中国の毒ギョーザは連想されるのだ。しかし庶民は忘れなくても、日中間の政府レベルで、
被害者に補償もないままお蔵入りになりそうな予感もします。
昨日の中国公安省の会見は、警察庁のNo,2を中国に送り込み捜査当局のトップ会談を
終えたばかりの日本側からすれば寝耳に水の話で、今回の中国側の発表も日本側には
知らされていなかったと言う。故に警察庁長官も公安委員長も不快感を示した。
しかし町村官房長官や福田総理はまるで他人事のような対応だ。
政府としてはイージス艦の方が毒ギョーザより大事なのは解りますが、4月に来日する
胡錦濤国家主席の顔色を伺っているのでしょう。しかし、胡錦濤までが「中国に非は無い!」
と言ったら日本政府は何と答えるのか。逆に今の間に資料をガンガン出して、
胡錦濤に謝罪させるくらいの意気込みで挑んだら如何なものかと思います。
今週も中国で食中毒による死亡事故が起こっています。過去何人死んでるのだろう。
しかし、外食産業から中国産を使わない事は厳しいと言われるから、検疫強化は継続
されるでしょうが、半年後には中国産は店頭に並び食されるだろう。安全性がクリア
されれば、日本人は優しいから中国産だろうが食するのにやぶさかではないのだ。
我が国に対する中国政府の姿勢は一貫して〃譲らない、謝罪しない〃であります。
中国に百歩譲っても、食の安全は国際的なルールである事を発展途上国である中国が
激しく認識しない以上、中国に未来は無い。世界の盟主など絵に描いた餅である。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-02-29 22:39 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7378809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。