ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

世界はあなたのもの

ハワイから西は中国、東は米で?中国軍幹部が提案

「空母を開発するから、太平洋のハワイから東部を米国がとり、西部を中国がとると
いうのはどうか」...........酒の席では無いらしいが、まじめに言ったのなら狂ってますね。
露骨な大中華思想丸出しであります。昨年の関連記事では2010年の空母完成を目指す
ようですが、台湾有事も視野に含まれます。
軍事専門家によると、中国の海軍力増強案は3段階に分かれるらしい。

★第一段階(1989年〜2000年)
       先端ミサイルや電子装備で武装した作戦艦艇建造に力を入れる。
★第二段階(2001年〜2020年)
       垂直離着陸戦闘機やこれを搭載可能な中型空母を建造。
★第三段階(2021年〜2040年)
       米露海軍の遠洋作戦能力に劣らない戦力を確保。

現在第二段階の途中ですが、昨年の有人宇宙飛行や衛星兵器破壊実験で中国のロケット
技術やミサイルのレベルが高い事が証明されました。2010年に完成予定の空母開発が
中心でしょうが、国防費毎年二桁の伸びが示してる様に。予定より早いですね。
バブルが弾ける前に何とか造りたいのだろう。しかし、第三段階はアメリカの様に世界を股に
かけたいんでしょうかね。原子力潜水艦に射程8000キロの大陸間弾道ミサイルを搭載した
いのだ。夢はデカイに超した事は無いが、環境問題が声高に叫ばれる御時世に、時代遅れ
の覇道を露にするとは、これも中国経済の躍進が軍人をも鼓舞してるんでしょうが、
このような中国は嫌いである。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-12 23:26 | 世界情勢