ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

米中恋のから騒ぎ

「米国の人権侵害は衝撃的」 中国が米国対抗の報告書

付き合いたいのか付き合いたく無いのかハッキリしない米中関係ですが、中共が
人権問題を語っても全く説得力は無く、いくらアメリカがダブルスタンダードだとしても
アメリカに分がある。湾岸戦争兆候群では帰還兵が今も後遺症で苦しみ、新生児には奇形児
が多いと言います。イラクの化学兵器使用は本当だが、大量破壊兵器は見つからなかったと
いう結論は、明らかに証拠隠滅であり壮大な陰謀だと思います。実際イラクの化学兵器には
西側の企業が数多く絡んでおり、多国籍に股がる。NSAは天下御免の不法盗聴、CIAも人権
無視のマインド・コントロールとネタは豊富ですが、まだアメリカには裁判制度があるから
マシであります。中国の場合、政治犯に対する処罰が厳しく、裁判もせず銃殺。
じゃなきゃまともな人生を送れない程叩きのめすのが通例であります。人を人と思わない
物言いが特徴で、地獄の鬼のようであります。アメリカの言い分は、せめてちゃんとした裁判
制度を作りなさいの一言に尽きる。中国がいくら宇宙に人を送ろうが、誰も祝福したがらない
のは当然だ。先日男子マラソンの世界記録保持者がぜんそく持ちを理由に北京オリンピック
を辞退しましたが、日本の選手は何とかなるでしょうと笑ってましたね。本当に大丈夫なの?
アメリカにも良心があり中国にも良心があると思うが、アメリカの場合はそれが解り易いが、
中国の良心は情報開示が遅れている分解りにくい。
中国を動かしているのは中共だがアメリカを動かしているのはホワイトハウスではなく、
実際は金融インターナショナルが中国と恋愛ごっこをしているわけであります。
勿論結婚する気などお互いにさらさら無い。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-13 23:19 | 世界情勢