ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

愛...地球博


愛知で開催される地球博のテーマは「自然の叡智」だそうである。
命や共生やエコロジーが叫ばれ、京都議定書も発行された。
それに伴い、地球温暖化の対策として、二酸化炭素の排出量を売買する市場が
ついに始まった。先日、住友商事のプロジェクト(インドで5000万トンの
排出量ビジネス)を国連が承認したというニュースを目にした。
二酸化炭素の量を減らす企業努力が、ビジネスに繋がるという訳だ。
海の向こうでは相も変わらず殺戮が行われ、いつ火の粉が飛んでくかも分からない状況
の中、日本だけではなく世界中のエコテクノが全く新しい価値観を世界に発信して、
少しでもデッドラインを延ばして欲しいものである。

幸せ過ぎて、足りなくなるものはあるんだろうか?自由って何だ?
カーライルなどの世界的投資会社にとっては、この星は壮大なゲーセンなんだろう。
辞められない止められないテロや紛争によって、エコロジーは相殺される可能性もある。
裕福層の富と自由は守られ、底辺は未来永劫底辺であり続ける。
中東の亡霊は全てを焼き尽くす迄、居座り続けるのか。
同じ世界なのに、パラレルワールドを観てるようだ。自分の中の負の部分が、
あそこでは現実と化す。中東の軍神は眼には眼をと報復を説き、地獄に誘おうとする。
飯も満足に食えない子供達と、ハイテク未来社会のギャップがあり過ぎるのだ。
本当はもっと大事な事があるんじゃないかと。
北京オリンピックを眼の前にしても、中国は軍拡を続けている。
しかし、退廃を横目で眺めながら、我が道を逝くも良しとしなきゃならんのかな。。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-03-10 21:33 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。