ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

ハゲタカの没落

Jパワー株買い増し、再検討勧告へ 英ファンドに経産省
プルトニウム3倍燃やせる「フルMOX」大間原発許可へ

先日の古館報道ステーションで、この問題が取り上げられていましたが、この時は英ファンド
「ザ・チルドレンズ・インベストメント・マスターファンド」のアジア投資責任者、中国系32歳
のジョン・ホー氏が、Jパワーの株20%買い増しの功を訴えてました。
Jパワー(電源開発)はロシアのガスプロムと同じで、元々は政府出資ながら、その後民営化
されたとは謂え内情は半国営であり、電力会社に電力を卸す事業と言うことすが、原発や
火力・水力発電に関しても世界に誇る技術を持っていると言われる。
今回経産省は〃電力の安定供給や原発の核燃料の管理に支障が出るおそれがある〃と
言ってますが、外資も原発まで手を伸ばすとは、恐いもの知らずですね。
先の空港への外資参入の動きなど、外国人投資家のの日本離れの割には、日本の根幹を
支える分野を虎視眈々と狙っている様です。
外国の投資ファンドに対するハゲタカのイメージは、中々拭いきれませんが、このTCIは
収益の一部を世界の貧しい子供達に寄付する事からその名前がつけられたそうです。
その額は500億円に達すると紹介されてましたが、世界中の金持ちや慈善団体が莫大な
金額を毎年寄付してるのに、一向に改善の兆しが見られないのは何故なんだろう。
各国とも国家の安全保障に携わる事業に関しては、外資に規制をかけており、特に我が国が
閉鎖的であるという事ではないと思う。他の分野での規制緩和は賛成だが、譲れないものは
ハッキりとNOと言うべきだ。没落するのはハゲタカか、それとも日本経済か..........

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-04-06 22:42 | 国内情勢・世相