ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

消えた聖火

聖火消し、バスに逃避 パリの五輪聖火リレー
ロンドンの聖火リレーで抗議活動相次ぐ 37人拘束

聖火リレーはパリ⇒サンフランシスコ⇒ニューデリーと...パリで2度聖火を消したそうですね。
サンフランシスコでは仏教徒リチャード・ギア等が抗議デモを行う予定だと言われます。
新華社通信は今回のロンドンでのこのような妨害活動を「恥ずべき行為だ」と述べ、中国の
五輪組織委員会も「必ず失敗するだろう」と述べた。聖火を力ずくで奪うなどの直接的妨害は
確かに子供じみた行為だろうし、プラカードを掲げる程度に留めるのが大人のやり方だと
思うが、中国側は絶対的に間違っていないと言うスタンスを曲げるつもりは無い様ですね。
オリンピックくらい競技に集中して、政治の話はやめろと言われる輩も多いかもしれませんが、
昨年から続く中国絡みの諸問題で、五輪開催に合わせたかの様な陰の姿が浮き彫りに
なっています。
1979年のソ連のアフガニスタン侵攻による制裁として、西側諸国は1980年のモスクワ
オリンピックをボイコットした。日本もアメリカに追随してボイコットを決めた。
それにより泣いた選手達もいたわけですが、今回はさすがに米国もボイコットはしないし、
日本もそうだろう。只、中国の国際社会でのイメージ低下は免れない。
中国政府ですら自国の正確な人口を把握できない中、オリンピックという言葉を知らない
人は億単位にのぼり、毎年数千人の死刑が執行され、その9割の臓器が移植に回され、
数万人の政治犯が人間として扱われておらず、情報の遮断は尋常ではない現実を考えると、
ダライ・ラマの言う「五輪開催は全ての中国人の誇りである」と言う言葉も嘘っぽく聞こえて
しまう。食人の歴史が垣間見える中国ですが、欧米の教育を受けた中国のエリート
ビジネスマンとのギャップがもの凄いですね。
全てを喰い尽くすのは歴史だから......なのか.......

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-04-07 22:15 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7657951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。