ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

中国武装警察が護りたい中共の灯

泉国家公安委員長「日本の警察で」聖火警備〃防衛隊〃に

聖火ランナーを取り囲む様に並走する青服の〃謎の集団〃をTVで見て違和感を覚えた人も
多いと思いますが、過去の祝福され走る聖火のイメージはそこにはありませんね。
中国はあれは警察からの志願者であると主張しますが、海外メディアはあれは警察の
特殊部隊であると報じてます。武器は所持してませんが、いずれにしろボディーガードな
わけですね。泉国家公安委員長は、日本での聖火リレーの警備は日本の警察で全てやるの
が筋と会見で述べましたが、どうなるか微妙ですね。
日本ではそれほどの抗議活動は起きないと思いますが、それでも長野においても中国は聖火
警備隊を出陣させるのだろうか。毒ギョーザ事件で、日本の公安と中国当局の見解の相違は
解消されておらず、公安もある意味呆れ返っているのかもしれません。特殊部隊に囲まれても
走りたいなんて思うランナーいるのかな?いるんでしょうね(笑)。


聖火リレーの中止を求める電話殺到 長野や実行委に

善光寺は聖火リレーの出発地点という事で、まあ中止にはならないでしょうが、右翼の
街宣車等が出て来た日にゃアウトでしょう。ヨーロッパの首脳が五輪開会式を欠席する中、
ブッシュが出席を決めたそうなので、日本も出席する事になりますが、開会式の出欠で
今後の商売に響くと考えるのは日本の商社くらいなもんでしょう。
チベット問題は、今じゃなきゃ世界に大々的に知らしめる事ができないという意味で、
五輪開催中はくすぶり続ける様に思える。大会が終われば各国とも自国の内政で忙しく
なり、チベットどころでは無くなるのだ。故に今しかないのである。
中共が君臨する以上、中国政府に人権を求めても無駄であり、北京五輪で中国が
先進国の仲間入りをするというのは中共の脳内妄想である。
 
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-04-12 18:21 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7689885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。