ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

不本意に盛り上がる聖火リレー

善光寺 聖火リレー出発点辞退
中国の青色ウエア聖火伴走者「警備で力借りず」・官房長官

善光寺がチベット問題で出発点を辞退した事について、福田首相は残念だと述べまし
た。中国の外相が「アジアの中でチベットの事を問題にするのは日本だけだ」と述べた
そうですが、この段階になってもなお日本にケチをつける中国です。もっとも福田
首相はチベット問題より目の前の道路財源や解散総選挙の事で頭が一杯なのだ。

結局は中国に押し切られた感じがします。日本側としては2名の青ジャージはあくまでも
伴走者として走る事を強調して、日中お互いの言い分を通したような形になってますが、
泉国家公安委員長の見解とは少し違う結果になりました。1500名警備態勢の様ですが。
少なくとも日本の聖火リレーにおいて何事もないという結果が、逆に日本のイメージを
高めるかもしれない。民族紛争イコール宗教戦争であり、仏の心など世界の何処捜したって
ありゃしない.......というのが実感であります。
今テレ朝で中国人留学生会長が聖火リレーの応援で使う横断幕に善行・善意などの
善光寺に繋がる日中友好のメッセージを入れて準備したと紹介してました。毒ギョーザ
や学研の地球儀問題やチベット問題がなきゃ、長野五輪の思いよもう一度なんですが、
あまりにも一気に吹き出し過ぎじゃあないですか中国。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-04-18 23:15 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7732678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。