ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

銭の華

野村社員、知人口座から数百万・転職時、送金させる
M&Aの担い手が犯したインサイダー

この中国人の社員は、富士通のみならず21の企業情報を不正入手した様ですが、
この様なメンタリティの中国人ビジネスマンがワンサカ中国国内にいるとすれば、
必ず中国は崩壊するだろう。金の成る木中国に群がり、ビッグビジネス(悪く言えば
一攫千金)を狙う企業や人は後を絶たない。M&Aは時代の流れで、彼らが助言する
のは熾烈な競争を勝ち抜く為のものであるのは当然だが、野村は「個人の犯行」だと
会見で述べましたが、金融庁は処分を検討するということですね。
野村にとっては、損失は金額以上のものだろう。
野村証券と総会屋の癒着構造が明らかになったのは11年前の1997年。
どん底から再生した野村でも、金を動かす以上、人間のドロドロした欲望を、
さらっと数値に変換してしまう魔力を使わなければならない。
日本のM&Aがハゲタカかどうかは、大阪商人の野村証券のDNAが、ロスチャイルドの
世界戦略に呑み込まれるのかどうかにかかっていると感じる。
明晰な頭脳と正しい倫理観は必ずしも比例するものではないから、大きな組織になると
危機管理能力やコンプライアンスも厳しく問われますが、倫理となるとその人元来の
性格も顕われてしまうから、中々難しいですね。ましてや日本人の倫理観をそのまま
外国人に当てはめてもそれは無理だろう。
企業情報部に配属されてからわずか4ヶ月後に......
まるで、イージス艦あたごのCICに工作員が紛れ込んでいたかの如く、野村側は
この確信犯的な中国人の人と成りを見抜けなかったのだろう。
成金の中国人と違い、日本に出稼ぎに来る中国人は殆どが家族に仕送りしますが、
そんな真面目な人達とは別に、膨大な数の不法入国した中国人の犯罪は後を絶たない。
モノを生産しないサービス業が主流の先進国は、更に進化するサービスの多様化で
雇用を促進しようとするが、世界の人口からみればそんな職種は極一部で、結局世界
は、ほんの一握りの者達が望む世界を作る為にみんなアクセクして働いているという
風に見えてしまいます。そうやって斜に構えて見ると(笑)、この世界は私が望む
世界とは大きな隔たりがあると言う事を改めて認識します。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-04-23 21:49 | 国内情勢・世相