ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

子供の権利

子供の権利も奪うのか・青少年ネット規制法案にMS、ヤフーら反対表明
ネット規制に「海外投資家から厳しい指摘」・DeNA南場社長
「自主規制では不十分」 青少年ネット規制自民法案、高市早苗議員に聞く

高市議員は政府の一方的な押しつけや規制では、纏まるものも纏まらないという事で、
議員立法という形で「青少年ネット規制法案」を作成しようとしている訳ですが、
インタビューを読む限りでは、事業者と協力していこうという考えの様であります。

それとは別に、業者の〃子供の権利も奪うのか〃という文言には少なからず引っかか
ります。青少年の権利とは一体何なんでしょうね。まるで総会屋のような言い草です。
グローバル化は加速してますが、悪の伝染速度も同じく加速し続けます。
子供に元々権利など無いのだ!と言う人もいます。子供は好奇心の塊であるから、
ネットに潜む魔性も瞬時に吸収してしまう。情報を吟味解読する力がないまま、
ネット漬けになれば、それこそ老いた子供になってしまうだろう。
子供には教える必要のない事もあります。有害情報の基準は確かに難しいが、誰が見て
も有害だろうと感じる情報がそれこそ無限に配信されます。選別できる大人と未成熟の
青少年では感受性も異なる。どこかでブロックする技術も必要だろう。
事業者にとって子供は大事なお客様に過ぎず、キッズ携帯など作るんならそれなりの
リスクを負うべきだ。マイクロソフトにしろヤフーにしろ慈善事業じゃないんだから、
「青少年の権利....」などは、オマケであって。効率性や利便性が最優先のテーマで
あり、膨大なユーザーを常に監視する余裕はないだろう。
自由の名の許での自己責任を一貫して主張するなら、硫化水素自殺や、殺人依頼や
出会い系殺人などは、勝手にアクセスして勝手に死んでくれよ!という話になって
しまう。いくら何でもそれはまずいだろうという程度の、事業者だけの取り組みだけ
では、そんな対策の網をくぐる方法はいくらでもあるが、国民の多くは有害情報の
規制に賛成だ。何だかんだ言っても、有害情報を表示させないフィルタリングソフト
や、それに関する技術はこれから重要になるだろうし、メーカーも本気で考える
時期でしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-04-24 21:28 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7771136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。