ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

永遠の嘘をついてくれ

【グローバルインタビュー】同胞から狙われた中国人留学生に聞く
「愛国主義の暴走は愚民化教育のツケ」


この前の更新で引用した米デューク大の中国人留学生に、産経がインタビューして
ますが、中国国内でも色んな意見が噴出していると思います、しかし国営TV初め、
党の締め付けは厳しく、日本のマスコミも中立意見はあっても遠慮がちですね。
いつまでも種明かしをしないでくれ!永遠の嘘をついてくれ!......
と言うしか無い朝日と中共の二人三脚ですが(以下略。
「愛国という枕詞は中国じゃすごく動員力があるんです」と彼女は述べ、中国の学校
教育は愚民化教育であり、公式メディアの内容はウソやホラだと批判してます。
彼女も言うように、同じ覇権主義でも政権を批判できるアメリカとそうでない中国の
違いは、留学して初めて実感できるものなんだろう。
中国が天安門広場の前での抗議活動を一切させないように、当局が物品検査などを
いつでもできる法律が今日から施行されるそうです。
日本人から見ても「普通の意見だろう」という言葉を発すると投獄される中国。
まともな人達は皆海外か堀の中。教育をまともに受ける事ができず、環境汚染に
晒される農民達を重視せず、バベルの塔を築こうとしていますが、
奢れる人も久しからず......唯春の夜の夢の如し........
猛き者も遂には亡びぬ......偏に風の前の塵に同じ........
つま恋2006 永遠の嘘をついてくれ 吉田拓郎 中島みゆき

最近の音楽は、時代の流れとはいえメッセージが全て内向きであり、魂を揺さぶら
れような音楽が少なくなりました。フォーク全盛の頃、かたぎのサラリーマンなど
には絶対なるまいと誓った私でありますが(笑)、振り返ってみれば創始者達が今の
日本の音楽シーンの基礎を作り、自由やオリジナリティを謳い、その後の文化を
リードしていった。先輩達は、こういう生き方もあるんだという失敗例や成功例を
見せてくれ、それにより私達は勇気をもらい、時には音楽にも失望もした。
Charが「ロックやって飯食おうという事自体がおかしい」というニュアンスで
言ってましたが、ロッカーも人の子。飯も食わなきゃ力も出ない。
破天荒な生き方も、それを伝える者がいなきゃ世の中を揺さぶる事ができない。
何事も伝道者が必要なのだろう。
しかし、昔の方が来ますね......今の音楽は心地良い癒しが優先かもしれないが、
昔は共鳴する言葉を必死で探していたような気がする。
音楽に理屈は無用かもしれないが、理屈に楽曲をつけても良いのだ。
久しぶりに中島みゆき見ましたが、年取った今の方が怖いくらいにかっこいい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-05 20:26 | 世界情勢