ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

世界を信じたい

支援物資の空中投下は不可能と米統参謀議長、サイクロン禍
サイクロン禍で外国救助隊受け入れの準備なし、ミャンマー

この記事の30分前の記事で、米国際開発局の海外災害支援部門の代表が
「被災者の助けになることは、法の範囲内ならすべて検討の対象となる」と述べ、
支援物資の空中投下のオプションを明らかにしましたが、これに対してゲーツ国防
長官は、「軍政の許可なしで物資を投下することは想像しがたい」と述べました。

16:06の記事では、マレン米統合参謀本部長は「他国の領域を飛行するには許可が
いる」と指摘しましたが、もっともな話ではありますね。領空侵犯になりますからね。
唯、普通であれば被災者150万とも懸念され、死者及び行方不明者は10万人とも
言われますから、いかに軍政としても自分達だけで処理できる災害ではないだろうと
思います。フランスやイタリアなども空中投下を検討しているそうですが、中国が
絡む国は何でこうなるの?という感じですね。中国もミャンマー軍政に対して受け
入れを働きかけているようですが、交通網が遮断し孤立した被災地に一刻も早く
届ける決断が待たれている筈であります。
ワールド・ビジョンの調査報告でもラプタ郡区というエリアだけでも、5万人の
行方不明者が出ており、2004年のスマトラ沖津波に次ぐ被害となるかもしれないと
いうことです。軍政が拒むのは、人的支援を受け入れると10日に行われる予定の
国民投票を監視する〃反政府系の人達〃が紛れ込んでくるからだ、いう見方もあると
したら、国民の命を何とも思わない現在の〃ビルマ〃の領空侵犯しまくりでも.......
と言いたくなります。鬼の目にも涙くらい流しやがれと.......


北京五輪のチケット総数は700万枚で、当初日本に割り当てられた数は14万枚。
しかし、未だ56000枚しか届いていないそうであります。
北京五輪を支援する議員の会(会長・河野洋平衆院議長)の国会議員達が胡錦濤に
いくら媚びても、この数は少ないのではないか(笑)。
アジアの為のオリンピックと言うのは大きな間違いであることは、中国人以外は
みんな気づいている筈であります。テロを警戒して陸海空軍全てが投入される
とても怖いオリンピックです(笑)。
ロシアが対独戦勝記念日に18年ぶりに軍事パレードを行いました。
祖国を守るのは国防力であると、中国と同じく国防の重要性をアピールした。
世界中の人達の気持ちってどうしたらひとつになれるんだろう?
確かに国は強い方がイイと思ってる人達も多い(私も含めて)。
強くて優しい国家なんて存在しない?

八代亜紀・愛を信じたい
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-09 22:41 | 世界情勢