ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

予想外のテロリスト

死者・不明8万人超す 温家宝首相が2度目の現地入り
ミャンマーに医療チーム派遣を準備、日本政府

先進国では戦争でも起きない限り、8万人超の死者・不明者は出ないと思いますが、
これからは、自然も姿無きテロリストの部類に入るかもしれません。
9,11テロでは多くのアッパークラスが犠牲となりました。
しかし、ミャンマーも四川もロウアークラスが犠牲になっています。
情報伝達の均一化がなされている国であれば、多少なりとも防災意識なりの自覚が
あると思いますが、そうではないある種情報遮断の世界に居れば、それも叶わなかった
のかもしれない。中国の場合インターネット人口は2億と言われるが、中国全体での
普及率は先進国と比べまだ低い。ミャンマーの場合はそれ以前の問題だろう。
ミャンマーの軍政が国連事務総長の説得に応じ、世界の支援を受け入れると言ってます
が、あまりにも遅すぎたのではないか。
ホトケの上に救援物資を投下しても意味は無いだろう。
IAEAが北京五輪で「核テロに対する備えが必要」と警告を出しましたが、
中国は瓦礫に埋もれた15個の放射性物質の中身を明らかにしませんね。
中国の環境保護省は「放射能漏れは起きてはいない」と説明してますが、毒ギョーザ
で中国の環境意識に呆れた日本人あるいは世界は誰も信じないだろう。
チベットの核施設周辺では既に土壌は汚染されているのだから、これから先、四川も
同じ轍を踏むだろう。当局は四川省内の別の場所に省都を作り、3年かけて復興させる
と述べてますが、核物質の完全除去が最優先事項だろう。
しかし、被災民の当面の生活も大変です。昨日のテレ朝で言ってましたが、テント、
仮設住宅、仮設トイレなど日本のノウハウを生かして頂きたいと思います。

アメリカの地震兵器説については、鎮魂が終わってからにしよう。
四川及びミャンマーで亡くなられた方達の御冥福をお祈り致します。

Eric Clapton - Tears in Heaven
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-24 21:14 | 世界情勢