ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

爆薬を徒歩で運ぶ「突撃隊」

カルフール 一転賞賛の的 中国、義援金の多募で善意量かる

日本では絶対に盛り上がらない(笑)不買運動も、中国ではアジテーターの一声で
人間様の心も如何様にも変身するようです。外貨準備高世界一の中国に義援金を出す
のは、国家やその国に携わる企業にとっては礼儀あるいは戦略でもあるし、それは
金額の問題で無い事くらいは誰でもわかるが、一気に市場原理に首を突っ込んだ中国の
民衆は、その辺の識別ができないのだろう。
中国商務省が外資系企業の支援金リストを公表したとありますが、そこまで媚を売る
必要があるのかと思いますが、天安門の時のように、戦車で轢き殺すわけにもいかず、
中共もお気の毒です。
中国経済の投資効率は、人民解放軍の救援活動と同じで極めて低いそうであります。
爆薬で決壊を防ぐ為に、徒歩で爆薬を運ぶ混成部隊も大変だと思います。
中国のバブル経済は、資本を浪費しながら成長する浪費型成長であるらしいが、都市部
の富裕層は貯蓄志向が強いと言われ、殆ど隔離された中国の農民でさえ株に走る。
日本でも災害募金をネコババする輩がいますが、どこの国でも同じですね。
しかし、まず生きる為にはきれいな水と安全な食べ物が必要であり、お札は食えない。
特に中国の人民元の札はまずそうである。人類は自給自足に戻った方が良いのかも
しれない。

荒井由美 ひこうき雲
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-26 22:08 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7979865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。