ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

待ち続ける米海軍

「ミャンマー沖からの艦船引き揚げ、近く決定」と米国防長官

ミャンマーの沖合で支援物資を積んで待機していた米海軍艦船が引き揚げを近く決定
と言う事で、引き揚げる場合もミャンマー軍政が意向を変えた場合は、Uターンする
そうです。パイロットが戦闘機のガングリップのトリガーを引く寸前に、攻撃中止命令
が飛び込むというのは映画でよくありますが、この場合は反対ですね。
ミャンマー軍政が、避難キャンプの閉鎖を始めたそうですが、理由が「被災者が寄付に
頼ってしまうから、そうではない自立を促すためだ」と言う事で、一番頼っているのは
あんたら自身でしょうと、寄付を全部独り占めしたいからでしょうと、思わず言いたく
なります。そんなにミャンマー人は強いのか?
もっとも物質社会の恩恵を受けまくっている我々からすれば、暖かい食べ物や仮設
トイレ、仮設住宅は最低限必要だろうと感じる訳ですが、毎日新聞によると、政府
から支給されるのは、竹の棒20本と防水シートだそうである。
ミャンマーの家は、竹とヤシの葉っぱだからそれで作れと言う事なんでしょう。
本当にミャンマーの人達が欲しいモノが竹ならば、日本も良質の竹でも送ったら
どうか。いくら仏教徒が多いと言っても、生は苦しみであると悟れる人はまず
居ないだろう。我々が想像する被害や被災者の心境も、日本で思うのと多少のズレが
あるのかもしれない。国際世論に非難されてもキョトンとしているミャンマー軍政は、
能天気なのか、それとも踏み絵は避けたい戦略なのか。


007は映画の内容は半分、残りの半分はタイトルデザインに興味がありました。
主題歌の中ではデュランデュランも好きでした.....み〜んな年を取るですよ。
A VIEW TO A KILL    Duran Duran
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-02 20:55 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/8023940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。