ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

万景峰号が帰って来る

北朝鮮、よど号容疑者ら引き渡しへ 3人は拉致関与か

〃よど号乗っ取り犯〃の引き渡しを示唆する北朝鮮当局ですが、
勝谷氏はブログで、そんなテロリストなんか貰ったって仕様がないと言ってますが、
本当にそうですね。拉致問題を再調査すると言うが、一体何年になるのだろう。
被害者の家族の方も高齢で、せめて生きているうちに.....という話になっています。
この北朝鮮の心変わりの裏にはアメリカがいて、米ブッシュの米朝国交回復と言う
最後の花道でテロ指定国家の解除を決める為には、日航機よど号のハイジャック犯を
囲う形では理屈が通らないので、日本に帰したら指定を解除すると北に圧力をかけた
と言う事らしいですが、金豚がそう簡単にアメリカの圧力に屈する訳はないので、
これから先の金豚亡き後の国家としての北朝鮮内部の力関係に、変化の兆しが見える
という事なのか。
日朝の外務省実務者公式協議で、日本側は経済制裁の一部見直しやチャーター便の
往来を認めるとなってますが、万景峰号の規制解除もあるらしい。
アメリカ>北朝鮮>日本政府>拉致被害者家族。
よど号犯人の内の何人かがが拉致事件に関与したからと言って、その日本人だけを
帰国させて、それで拉致問題が解決などとは誰も納得はしないだろう。
拉致した北の人間達が誰なのかが問題であって、国家ぐるみの〃人さらい〃は周知の
事実であるが、北は絶対認めないし、仮によど号犯人の引き渡しが行われるとなれば、
それで北にとってはジ・エンドとなる。
アメリカの情報機関が拉致被害者を探してるという説もある様ですが、いずれにしろ
北にとってはブッシュ亡き後のアメリカから譲歩を引出すのは難しいから、今の内に、
何らかの政治判断をしたいのだろうが、日本も「高度な政治判断(笑)」で、
アメリカ追従に回ってしまうようである。普通のおじさんが総理大臣になれてしまう
この国の現実を今一度考えてみよう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-15 22:25 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/8104877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。