ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

イタリア人は頭がおかしいのか?

イタリア世界遺産落書き:「厳罰」処分 伊紙「あり得ない」
日本人の謝罪に「敬服」  大聖堂落書きで修繕責任者


日本人旅行者によるフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の
落書きで、水戸の私立校が当事者の教諭(30歳)の野球部監督を解任した事に
対して、イタリア各紙は「厳しすぎる」と報じました。
この処分は良識ある普通の日本人から見れば、妥当だと想うかもしれない。
プライベートな旅とは言っても、とりあえずは先生でしょう。
イタリア人は原爆慰霊碑への落書きも合法とみなすのか?
落書きする人間にも色々レベルがあるでしょうが、慰霊碑を傷つける落書きは
チューリップをへし折るのと同じ感情であり、世界遺産への落書きはそこまでは
いかないとしても、許容するにも限度があります。最低限やってはいけない一線を
各々が自覚すべきで、イタリア人は緩すぎるだろう。

落書きした岐阜の女子短大生や京産大の男子学生、はたまた野球部の監督はイタリア
語や英語で書かれている落書きを見て、軽い気持ちで書いたのだろうが、まさか日本で
これほど大きなニュースになるとは夢にも想わなかったでしょう。
欧米では文化財への落書きは当たり前と言うが、そんな習慣は輸入する必要は無い!
もし、新幹線ならまだしも(笑)日本の重要文化財に外国人が落書きしたら、日本国民
は不快感を示すだろうし、日本に長く居る外国人はその辺の事情は理解している筈で
あります。北九州の鍾乳洞でも落書きが見つかりましたが、そんなに目くじら立てる
必要も無いだろうという意見も解らないではないが、世界遺産や国宝への落書きが
名前だったりほとんど意味無し。書くならもっとマシなメッセージを。
女子大生などは謝罪文を送ったそうですが、それはそれで良いんではないでしょうか。
そして、「申し訳ない」という日本人の心はぜひとも世界に広めるべきだろ!
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-07-02 22:09 | 国内情勢・世相