ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

世界がアフォになる日

拉致・核問題解決で協力確認…日米首脳会談

ブッシュ米大統領は「日本を見捨てることはない。置き去りにすることはない」と
述べましたが、まるで籍を入れてない夫婦の別れ話の様ですね(笑)。
あと残り僅かの任期で拉致問題に関して劇的な進展があるとは思わないし、
次期政権にちゃんと引き継ぎが行われるのかも大いに疑問である。
北朝鮮は日本に歩み寄る韓国の李政権を牽制してますが、米牛肉輸入問題の異常な
盛り上がりは、対日工作の一環でもあるだろう。
今回のサミットの主要課題は地球環境問題ですが、二酸化炭素排出量制限の国際的
枠組みについて、米国・EU・中国インド・日本と四者それぞれの思惑があり、合意は
難しい。米国はEUの主導が気にくわず米国独自の枠組みを作るつもりだ。
EUはアメリカ・中国の参加を強く求め、中国インドは先進国だけを枠組みを決め
我々は後で参加すると言い、日本の経団連は軽薄に排出量競争に乗るべきでは無い
と主張しています。日本は環境面から言えば優等生で、アメリカはさんざん地球を
汚しまくったわけで、石炭を使いまくる中国はそれに輪をかけて汚しまくる。
二酸化炭素排出量の取引にしても、企業努力に貢献するというのは建前であって、
副次的に過ぎず、本質は環境ビジネスであり、地球から二酸化炭素の総排出量が
減る訳でもない。金持ちは更に金持ちになり、貧乏人は更に貧乏人になるのだ。
アフリカの資源を確保するため中国は凄まじいワイロ攻勢を仕掛けている。
金持ちサミットですが、今世界に足りないのは〃政治的な感動〃であり、
世界の脳波はγ波やβ波で占められており、足りないのはα波や覚醒θ波である。
感動を共有できる世界に向かって、せめて各々が感動を見つけよう。

The Beatles - The Long and Winding Road
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-07-06 22:40 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/8231357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。