ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

リーマン・ショック

リーマン破たんで国際金融情勢一段と悪化、政府・日銀に切り札なし
リーマン日本法人が民再法申請、負債額約3兆4000億円は戦後2番目の大型破たん

ライブドアのニッポン放送買収劇で、巨額の利益を得てハゲタカぶりを示した
リーマン・ブラザーズですが、米大手証券4位といえどもサブプライム問題の余波は
アメリカの国力をそぎ落とす勢いですね。ユダヤ系投資銀行ですが、さすがの
アメリカ政府も、切り捨てざるを得なかったようです。最強ゴールドマン・サックスが
残れば良いのでしょう。ゴールドマン・サックスの前CEOで、米財務長官のヘンリー・
ポールソンが同じユダヤ系のリーマンの破綻に関して「いち民間企業に政府のお金は
出せない」と素っ気なく語ったのが印象的です。
メリル・リンチとベアー・スターンズは首がつながった。
頭脳明晰で資金も豊富だが、結局は富裕層の富を守る事だけのギャンブルに終始する
一羽のハゲタカが死にました。弱肉強食の世界ではその屍を新たなるハゲタカが食い
尽くすのです。デリバティブの魔物が実体経済を隠し、我々はマネーゲームの中の
悪魔に首根っこを押さえられています。
普通に考えてもこのような金融市場はとっとと崩壊して欲しいと願いますね。
我々の暮らしに甚大な影響を与えようと全く構わない。
完全に崩壊した方が世のため人の為でしょう。YOUはSYOCK。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-09-16 21:57 | 世界情勢