ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

リスキーな勝負

金融大再編に日本勢 反転攻勢--三菱UFJ/野村HD

総資産192兆で世界一の三菱UFJが、総資産103兆(時価は下落)のモルガン・スタン
レーに9000億円の出資を決め、総資産34兆の野村HDが総資産47兆(だった)リーマ
ンの破綻で、リーマンのアジア・太平洋部門、ついでに欧州部門も買収しました。
かってリーマンはニッポン放送株取得の為にライブドアに800億の金を用意し、
楽天のTBS株買い増しの際にはゴールドマン・サックスとメリル・リンチが表面上は
敵味方になりました。外資がデカイ顔して闊歩してた時ですが、奢れる者は久しからず
で、時の流れは外資に逆風を送った。
三菱UFJは図体はデカイが収益力が弱く、真のグローバル金融市場で生き残るには、
海外市場を拡大して自ら波を造る必要に迫られた。M&Aに関しては海外の方が数も
規模もケタが違うし、投資対象のビジネスモデルがゴロゴロ在ると踏んでの英断の様
ですが、ロスチャイルド銀行と業務提携してる野村証券もそうですが、欧米のルール
でしか動けない中での挑戦で、日本では爪を隠しても海外ではハゲタカにならなきゃ
生きてはいけないし、リスクも大きい。
投資部門の強化と言っても貧しい人が楽になる話ではない。いろんな金融商品がある
でしょうが、収益性の大きいプライベートバンクなど富裕層の資産運用に触手を
伸ばしたい、海外の優れた人材の確保が本音で、収益力アップが至上命題。
金持ち同士の結婚の仲介やってナンボの世界に、正義はあるのか。
89年、三菱地所がロックフェラービルを買い、その後バブルが弾けました。
個人的にはこういう話は嫌いではありません。好きです(笑)。
後からどんだけ叩かれようが、挑戦するという事は素晴らしい事なのです。
それは実際にやった者じゃないとわかりません。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-09-23 23:26 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/8658411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。