ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

金融の妖怪達はどう出る?

定額給付金アンケート 使途は『貯金』!?

2兆円ばら撒く事が本当に景気刺激策となるのか。
一人12000円。18歳以下と65歳以上はプラス8000円の2万円。
所得制限は各自治体に委ねられると言う話ですが、年末の繁忙期に自治体も
大変だ。しかし、小額でも総額で2兆円となると、他にもっと使い道あるんじゃない
の?と誰しもが思う訳ですが、景気刺激策と謳ってる以上、例えば救急医療体制の
見直しに回すとか弱者対策には使えないのだ。麻生内閣にとっては、今のご時世だから
人気取りも含めての選挙対策であるが、おかしな外務省の改革に2兆円ブチ込んだ方が
よっぽど将来の日本の為になると思う。
節約を美徳としてきた我が国の残飯量は世界一で、消費を煽る仕組みを変える事は
難しいと思うが、ここ数年来お上の不祥事が幾度となく曝け出されて、しかも政府の
政策には魂がない。そして日本国のトップにふさわしい人物が居ない。
国民の総意としては、政府がまともな事を言うのなら我慢するところは我慢するだ
ろうが、もっと消費意欲を出してくれと国に言われても.....
記事にもあるように国民全員に小銭を配っても世帯の殆どは貯蓄に回すと予想します
が、増税が避けられない以上、一時しのぎの内容の無い小手先政策と言われるのも
仕方が無い。

揺らぐ基軸通貨/1(その1) 多極化へ、動き出す世界
揺らぐ基軸通貨/1(その2止) 各国恐れる「ドル暴落」
【金融サミット】共同宣言など採択し閉幕 金融監督強化・財政刺激策で一致

金融サミットでは、欧州の金融規制強化に対しアメリカは慎重な姿勢を見せましたが、
最後は各国が銀行や証券などの資金の流れを連携して監視するという名目で一致した
ようですね。これだけの毒をまき散らしても、少し反省してる欧州に比べ自由主義市場
にこだわる米国は、金融市場の主であり続けたいという最後のあがきを見せているよう
で哀れに思う。本当の危機はこれからかもしれない。
以前、NHKでドバイの建設ラッシュの様子が紹介され、開発会社の担当者の得意満面の
顔が映し出されましたが、経営破綻説もあると記事にあります。
我が国の不動産業界も打撃受けてますが、資金運用にハイリスク・ハイリターンを
他人の金でやっちゃう輩は何の業界であろうと淘汰される命なのかもしれない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-16 21:57 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/8931031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。