ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

20年目の天安門


天安門事件20年 封じられた抗議、追悼活動

1989年の天安門事件から20年。
民主化を求めた学生達を中国政府は武力で鎮圧しました。
天安門広場で学生達を鎮圧した部隊は「北京に知り合いがいない軍人」で
構成されたと言いますが、悲しい話であります。
勿論当局としては政府転覆を計る革命分子の愚行と受け取るのは当然であり、
学生の中に工作員が紛れ込んでいたのも事実でしょうが、一党独裁の政府には
学生達が唱えた民主化の高尚さも反体制の一言で文字通り斬って捨てた。
日本の歴史認識に口を挟むくせに自国の恥部には完全な報道規制を課します。
今回も中国国内での各国のTV映像をカットしましたね。
このような国が経済であろうと世界を牽引するという流れに不快感を覚えます。
中国当局がいかに天安門について規制しようが既にネット上ではその蛮行が
世界に晒されております。戦時中の話ではなく、つい20年前の話です。
クリントン米国務長官の天安門事件の調査要求に不快感を示した中国ですが、
中国国内の若者ですら事実は知らされていないと言われます。
確かに13億の多民族を纏めるのは、1億の単一民族を纏めるのとは事情が
違うだろう。13億の民が教育を受け知性に目覚める事が中共に取って一番怖いので
あり、実質資本主義経済を取り入れグローバル経済の一員となった中国にとって
外野から見れば「共産主義」などは在っても無くてもどうでも良い存在の筈であり、
中国の知性を根こそぎ奪った中共に未来が在ると思う方が異常である。
[PR]
by gyou-syun-u | 2009-06-05 21:16 | 世界情勢