ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

カテゴリ:世界情勢( 249 )

債務上限、引き上げ訴え=深刻な経済危機も―米大統領
米、債務上限に到達=8月まではデフォルト回避

重要なニュースであると思いますが、震災と原発の陰に隠れてあまりTVでは報道されてませんね。
それもそのはず過去デフォルト危機に陥った時に財務省は債務上限の引き上げの立法措置でしのいで
いたからで、そもそも基軸通貨を持つアメリカのデフォルト宣言など世界的影響が大き過ぎるが、
アメリカは国家安全保障に最も敏感な国であり、いざとなったら非常事態宣言でも発令して
ペンタゴンが財務省を抑えるだろう(笑)。
今回も上限を引き上げれば何とか延命できる話ですが、日本と同じネジレであるアメリカ議会内で
与野党の合意がスムーズにいっておらず、極端に言えばデフォルトさせてオバマを引きずり落とす
シナリオもある。
FRBだって際限なくドルを刷るワケにもいかないだろう。このままずっと上限引き上げを続ければ
借金は際限無しに増えていく。日本時間の今日債務上限である14兆2940億ドル (約1153兆円)に
達したそうですが、米財務省は応急措置でとりあえず8月まではデフォルトを回避できると言う。
日本の借金は約870兆円ですが、預貯金が少ないアメリカと違って日本人の預貯金総額は個人金融
資産1400兆円の中の約800兆円だと言われる。日本もアメリカの様に債務不履行の上限額を設定
すれば国民にもわかりやすいと思うのだが、日本は絶対デフォルトしない、いや必ずデフォルトする
と意見は二分している。
預貯金が少ないアメリカ人と言っても世界の富の40%を牛耳る富豪が集中しているので、
個人金融資産総額は約4500兆円ほどあり、預貯金や現金より株式や保険準備金の比率が高い。
日本の3倍超ですね。海外に投資分散してリスクを減らせる富裕層はともかく、
結局犠牲になるのはアメリカも日本も低所得者層です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-17 21:55 | 世界情勢

ビンラディン容疑者の遺体写真、閲覧した米議員「一部公開すべき」
オバマ氏が中東政策演説へ、アルカイダ指導者殺害受け

CIAの本部で15枚の写真を閲覧した米上院議員ジェームス・インホフ議員は、オバマ大統領の出生に
関しての疑念を持っており、地球温暖化に関しても「グローバルないかさま」と叫び、温室効果ガス
の排出に上限を求める法案の阻止に走ってきた。オバマ政権にモノ申したい典型的な共和党員だと
ホワイトハウスは見てたそうだが、そのインホフ議員に写真を閲覧させた事は共和党の一番うるさい
人間に証拠を提示する事で陰謀論を象徴とする国民の疑念を払拭する為だと思うが、インホフ議員は
ビンラディンの遺体写真の1枚は「眼窩から脳髄が飛び出していた」とコメントしている。
その様なグロな写真は公開せずとも、空母で清められた写真もあったと言うから、そうした一部でも
公開した方が良いと私も思う。
ビンラディンは敵側の一兵卒ではなく司令官ゆえ、土葬できない状況の中、水葬で礼を尽くしたと
いうメッセージは別に反米に利用されるとも思わない。他に閲覧した議員がいるかどうかは報道され
てませんが、とりあえずビンラディンは殺害されたという事になります。
オバマ大統領が近く中東政策に関する演説をするそうであるが、世界に感銘を与えた大統領就任
演説。勿論スピーチライターの作品であるが、それを口にして聴衆を魅了するか否かはやはり大統領
本人の力量である。しかしオバマ大統領はビンラディン暗殺計画を承認した。
中国の国家主席が同じ事を承認すれば世界から避難を浴びるが、今回暗殺そのものの批判は少なく
とも欧米政府からは出て来ない。暗殺など欧米のみならず世界の諜報機関では当たり前の出来事だ
からだ。ただ大統領が直接指示を出すという事は公には出ない。中東政策の演説に関してこの期に
及んで人道など持ち出せないので、改めてテロリストには容赦しないと演説するのだろうか。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-12 21:46 | 世界情勢

米大統領「人生最長の40分」 ビンラディン殺害作戦
ビンラディン容疑者殺害:息子オマル氏の非難に米政府が反論

ビンラディンが本当に殺されたとして、ビンラディンはビデオで何度もアメリカに宣戦布告して
きた。この息子がいかに親父を弁護しようとテロリスト達は罪もない一般市民を容赦なく殺し、
多くの人を恐怖と不安に陥れ、傘下の組織は公平どころか無差別に大量殺戮を繰り広げた。
この息子の言う事が正論であっても、少なくともビンラディンはテロリストの頭であったのだから、
殺されても文句は言えないが鎮魂の意味で語ったのだろう。
暗殺を逃れる為のセーフハウスであったが、アメリカを敵視する以上投降する意志はないのだから
拘束できないなら特殊部隊は殺すしかない。元々殺害が目的だったと言われるが、状況判断を
オバマ大統領がリアルタイムでできるワケないのだから狙撃は現場の判断であったと思われる。
爆弾で粉々に吹っ飛んだのでもなく拷問で死んだのでもなく、9,11テロの被害者と引き換えに
2発の銃弾であの世に逝ったのだからテロリストの最期としてはマシな方だろう。
オバマが大統領になった時、アメリカのみならず世界がチェンジを微かに視た。
CBSのインタビューで「大量殺人の加害者が今回の仕打ちに値しないと言うのなら、頭の検査を
した方がいい」とオバマは述べて、テロには屈しないアメリカを改めて世界に示した。
力は正義であり、正義は力であるという覇道からオバマも脱却できずアメリカは何も変わらない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-11 21:48 | 世界情勢

ビンラディン容疑者の死に「陰謀説」続々、水葬も議論の的
ビンラディン容疑者の遺体写真、公開せず 米大統領
ビンラディン容疑者殺害、「許可得ず一方的」=パキスタン外務省

遺体写真を公開してそれが反米活動に利用されるのなら、せめて水葬のビデオくらい公開すれば
良いのではないか。手厚く葬った映像が反米に利用されるとは思わない。
オバマ大統領は遺体の写真を見て「彼だった」と答えたというが、胸と頭に銃弾2発なら使用した
銃の口径にもよるが頭部が吹っ飛ぶほどでは無かったと思われる。
ビンラディンは既に数年前に病死しているという噂も証拠があるワケではなく、殺害が事実だと
すれば居場所の最終確認をしてアメリカにとって早くケジメとつけるためにはパキスタンとの外交
リスクをさしおいても実力行使しかなく、結局CIAはパキスタン情報部も信じていなかった。
今なおパキスタン国内には自爆訓練キャンプがあり、あらゆるテロリストの卵達が活動している。
アメリカとパキスタンとの外交悪化が懸念されるが、本当に殺害したのであれば、せめてパキスタン
政府には遺体写真その他の状況証拠を提示して説明するのが筋だろう。
それすら拒否なら捏造と疑われても仕方がない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-05 21:20 | 世界情勢
ビンラーディン遺体、清められ水葬…米当局強調
ビンラディン容疑者潜伏、米がパキスタンの関与調査 大統領補佐官が方針表明

9,11テロの首謀者として西側の諜報機関および米英軍が執拗に追いかけていた
オサマ・ビン・ラディンが銃撃戦の末射殺されたとオバマ大統領が声明を出しました。
実行したのは米海軍特殊部隊シールズ30人でアパッチヘリで急襲。隠れていたのは洞窟ではなく
敷地4000㎡で高さ3m〜4mの塀で囲われた3階建ての元空き家だったと言われる。
今回は生け捕りではなく殺害が優先だったそうで、狙撃も現場の判断であったという。
ビンラディン=元CIA工作員説が真実なら口封じの為に殺す必要があっただろう。
ジャック・バウワーがいたのかもしれない。ブッシュ大統領の時は殺害ではなく生け捕り命令で
散々逃げられて来たが、オバマが大統領になって暗殺を承認した。CIA長官が暗殺を黙認する事は
あっても大統領が暗殺を容認するというのは、それを多くの国民が支持するだろうとの決断だろう。
日本ではまず考えられない命令であるが、ホワイトハウスで現場との中継を固唾を飲んで見守る
ヒラリー国務長官の表情が印象的でした。
遺体の引き取り手がいないので、とりあえずイスラム教の慣習に沿って24時間以内に空母から
アラビア海に水葬したと報道されました。イスラム教徒は一般的に土葬だと言われるが、海軍なら
水葬も致し方ない。しかし、アメリカ国民の憎悪を一身に受ける容疑者を手厚く葬るとは思えない。
マフィアがミシシッピーの沼地に切り刻んだ遺体を放り込んでワニの餌にするイメージを思い浮か
べる。仮に水葬が本当なら空母の艦長や乗り組み員全員が敬礼するわけでしょう。
旧日本海軍の水葬は遺体を軍艦旗で丁寧に包んで棺桶に治め錘り用に大砲の弾丸を入れ、君が代を
吹奏して棺を海に落とすそうですが、本当に米軍はやったのであろうか.....

ペンタゴンはやったと強調してますが.....記事にあるように水葬や遺体は公開されてません。
過去イラクのアブグレイブ刑務所で米軍によるイラク人拘留者に対して虐待拷問があった。
相手が軍人ならいざ知らず血眼になって追いかけやっと殺したテロリストに礼を尽くすという事は
考えられない。死体袋に入れて海に放り込んだのではないのか。
米空母エンタープライズの艦長が副長時代にエロビデオを艦内で流していたという現実からして
そうも勘ぐりたくなります。
米政府はDNA鑑定で本人と確定としているが、遺体も正式には公開されておらず米マスコミの
遺体写真はフェイクであるから、ホワイトハウスと現場しかその状況は見ていない。
誤爆や本人じゃなかったといケースは山ほどあるワケで、暗殺が成功して喜ぶのは9,11の被害者だけ
だろう。日本人なら生け捕りにして全容を明らかにする方がよっぽど理に叶っていると思うが、
ビンラディンを捜すためにどれほどの金がつぎ込まれたのだろうか。
テロは拡散しておりネットワークを一人の人物が掌握する形態は過去のものになって、
正義の判別ほど曖昧なモノはない。仮に本人が逝ってもテロが減るワケではなく逆に対テロ対策
リスクが高まり費用もかさばる。未だに9,11テロの真実は世界に晒されてはおらず、米政府の
自作自演と言う極論とビンラディンが首謀者という極論の中間の話が成熟してない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-03 21:18 | 世界情勢
米、人道支援で揚陸艦派遣 リビア軍事介入には慎重
英特殊部隊が潜入か、化学兵器押収が目的 英紙報道
カダフィ「代理人」ウィーン入り 制裁前に資産を現金化か

リビア動乱のドサクサに紛れて、英国SASがリビア国内に潜入して化学兵器の探索に乗り出して
いるそうだが、リビア政府は既に今年の5月までに全てのマスタードガス(皮膚が爛れる)の廃棄に
合意したと言われる。英国情報部は常に冷酷非常の感じがあるが、世界を股にエージェントを送り
込み腐っても諜報界の老舗です。
リビア人同士の殺し合いといっても、カダフィ側が日当17000円で雇ったアフリカ各地からの傭兵も
加わり政府軍が反体制派と攻防を続けている。反体制派は国連に空爆を要請したが、どっちにしろ
多くのリビア人が死んでしまう。普通であれば亡命してこれ以上犠牲者を増やさない様にするのが
〃最後の人道〃と思うが、本当にカダフィは最後迄残るつもりなのか。
カダフィ一族の膨大な資産からすれば傭兵部隊の経費など微々たるものだろうが、運用資金とは
言ってもオーストリアにある資産だけで2兆4500億円もある。逃げるから金が必要ではないのか。
カダフィに忠誠を誓った精鋭部隊は本当に金の魔力に勝てるのか。
リビアに飛行禁止空域を設ける案が浮上しているが、リビアの戦闘機が禁止空域を飛べばそれを
監視・撃墜しなければならずゲーツ米国防長官はそうなれば空母一隻分の戦闘機が必要になると
述べた。現在のアメリカに軍事介入できる余力はないだろう。
アフリカでトップクラスのGDPを誇るリビアの石油天然ガス資源の奪い合いも一進一退の攻防で
あるが、今までは欧米企業からすればリビアの資源が安定的に世界に流れれば独裁でも関係なかった
が、こうも連鎖的に長期独裁政権が綻んでくるとそうも言ってられない。
リビアの石油資源で得られる富がある程度国民に還元されれば別に完全に欧米型に民主化する
必要もないだろうが、リビアの反体制派将校達とイスラム指導者が合体して新しい政権ができると
しても必ずしも反米になるとは限らない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-03-03 21:06 | 世界情勢

中国当局、放水でデモ封じ ジャスミン革命呼びかけ受け(1/2ページ)
中国の静かな抗議行動「ジャスミン集会」、100都市以上に拡大か
中国:「ジャスミン革命」起きる可能性ない…丹羽大使

立ち止まったら放水されるって.......何の為のオリンピックだったのか。
しかし声が100都市に広がったのはある意味予兆を意味するだろう。
今迄中国の崩壊は何度も言われ狼少年のようであるが、逆に崩壊しないと世界が崩壊する。
日本から見ると中国人は本当に自分たちの政治体制を容認しているのかという疑念がずっとあって
報道で見る中国人達もそのような発言が多かったが、少なからず「一党独裁を壊したい」という
願望を持つ中国人がかなりいるという事が分かっただけでも、中国に灯りが見えようというものだ。
中国の高官も丹羽中国大使も「起きる可能性はない」とコメントしているが、中国の提灯持ちが
言っても何の真実味も説得力はない。永遠に続く経済成長などなくいつかは反転する。
革命が起きれば日本も多大な損失を被るという視点からの発言であり、そうなったら困るという
中国の成長を期待する経団連の話で人権や愛や哲学はそこにはない。
中国はおかしいというのが偏見でも差別でもない事が今後世界的に認知されるだろう。

「高速鉄道の第一人者」、汚職容疑で取り調べ=粗雑な高速鉄道急拡大路線修正か―中国

中国鉄道部の部長と局長が相次いで事情聴取されていると言うが、賄賂が当たり前の中国とは
言っても安全性を完全に無視して突っ走るのは電車ではなく人間だったと言うオチですね。
「ある中国鉄道部関係者は、コンクリートの一部には硬化剤が使われていないと明かした。劣化が
早く数年後には現在の運用時速350キロを出せなくなる可能性もあるという。」
これが中国の真実だとしたら、海外で受注した事業の逝く末も危ぶまれる。
中国が導入したIT機器のソースコード開示がBRICsを中心に広がっているが、
いつまでも続くと思うなこの世の栄華と言いたいところです。
ここ最近家電製品が爆発する中国ですが、耐久性や安全性などは先進国の1/10もないだろう。
正直ミサイルだってどこに飛んで行くかわからない。そのような中国クオリティが世界に蔓延
したらヤバイでしょう。つまり中国のパンチには愛がない....愛が。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-03-01 21:01 | 世界情勢
国連人権理事会:リビア外交団「政権と決別」

原油価格高騰や世界経済の懸念など反政府活動やってる中東や北アフリカの人達にとっては
どうでも良い話である。先進国の豊かな暮らしの犠牲の上に将来の展望も持てない10億人が餓鬼に
苦しみ、低所得層も含めてその一部の有志が行動を起こしている。
テロでもなく武力革命でもないが、最後は武力衝突になってしまう。
日本も大使館を一時閉鎖したが、リビアの在留邦人は現時点で16人しかいないんですね。
しかし米中が同じ長期独裁政権の北朝鮮の延命措置を繰り広げる間に、世界の独裁政権が崩壊しよう
としている。このような状況を戦々恐々と見ている国に中国と北朝鮮がある。
中国は情報規制を強めているが、ネット規制も完璧ではないからあれだけのデカイ国土じゃあ
いくつもの穴が開くだろう。しかし一連の独裁政権崩壊の流れはアフリカで仁義無き戦いを繰り
広げる中国に逆風となるが、これで中国が大きく揺らいだら、多少意図的な流れを感じる。
一方北朝鮮の奴隷の様な民衆にその結束力はない。韓国がビラ撒いてますが腹減ってそれどころでは
ないだろう。それでも万が一北朝鮮が崩壊した場合、リビアの難民の様に海を渡って対岸のイタリア
に押し寄せる様に北朝鮮難民が日本を目指すのだろうか。
陸続きの韓国や中国の国境が封鎖されたらそれもあり得るかもしれない。カダフィが「必要なら武器
庫を解放しよう。そして武器を取って戦おう」と演説したが、もうカダフィも68歳でしょう。
68歳の老人が言うセリフではないでしょうよ。

NZ地震の死者数145人に、懸命の捜索続くも余震で難航

被災後72時間が過ぎたが残念ながら生存者は見つかっていない。
NZ地震の被災者家族が現地に向かったが、ビル崩壊の現場には行けなかった。
「現場を見たい」という家族の強い希望も叶わなかったが、徹夜で作業中であり余震や2次災害の
危険性があるからだが、これが仮に日本であっても立ち入り規制をした筈である。
しかし異国の地にすぐさま飛んで安否を確かめるのは日本人特有の気質かもしれない。
死生観あるいは宗教観の違いもあると思うが、御巣鷹山の日航機墜落事故の外国人犠牲者は22名で
韓国人犠牲者の母親が身元確認に来ただけで、その他の欧米人犠牲者の親族は遺体引き取りにすら
誰も来なかったと言う。日本の壮絶な遺体確認作業について医師がオーストラリアで話したら
「手足を識別する意味がわからない。死んでいるという事は精神が宿っていないのだから、物体と
同じではないか。だからすべてをまとめて火葬にすればいいだけである」という反応だったそうで
ある。恐らくNZは日本のような細かい身元確認作業はやらないと思われる。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-02-26 21:26 | 世界情勢
NZ大地震 「直下型」の怖さ見せつけた(2月23日付・読売社説)
右脚切断し生還の19歳「床ごと落下」「語学生かす仕事を」
「多くが若者。さらに…」倒壊現場から計47遺体収容

震源の深さ5㎞の直下型と言われるが、ピンポイントで崩壊してますね。
街のシンボルであるクライストチャーチ大聖堂が損傷した。日本の神社崩壊と同じで神を奉っても
関係ないが、四川でもレンガというか石作りはモロかった。治安が良く留学先として日本人に人気
があり、自然に囲まれた島で犯罪率が低いからこそ、オーストラリアと一緒に日本のイルカ漁や捕鯨
を叩くのだろうが、そんな暇があるんなら耐震技術を見直した方が良い。
しかし、この右足切断を余儀なくされた若者にどういう言葉ををかけてあげられるのだろうか。
交通事故より確率が低いであろう天災は恨む相手もいない。
日本人留学生がいた語学学校のビル崩壊は、昔一瞬で崩れ去った韓国のデパート崩壊事故を連想
するが、耐震構造に欠陥があったのだろう。人間明日の体調は予測できても地震までは頭が回ら
ない。前向きな青年だが、まだ瓦礫の下には彼の友人達も埋まっているだろう。
勿論日本人だけではなく地元の人も犠牲になっている。
日本からは消防庁のハイパーレスキュー隊と国際協力機構、警視庁からは重機専門の機動隊員と
警察犬3頭総勢67人が現地に到着した。崩壊の惨さから生存者ありの確率は低いというが、
何かしらの奇蹟が起きて欲しいものである。
自衛隊の災害派遣がインフラ整備など今後一番頼りになると思うが、「開発途上国ではないので」と
言う理由で当初の参加予定が見送られたという。NZ軍は国土からして戦車を持たない陸軍と数隻の
艦艇を持つ海軍と戦闘機を持たない空軍しかないが、わざわざ自衛隊が行かずともNZ軍でも対処
できるという事か。震災現場で生存率が急激に低下するのが被災後72時間と言われる。
阪神淡路大震災の生存者の96%が72時間以内に救出されたという。
被災後24時間だと生存率90%、48時間だと50%、96時間だと5%....
日本時間の22日午前8:15分被災だから、明日の朝8:15分でリミットの72時間が来る。
あと約9時間で生存者がひとりでも見つかって欲しいですね。
決して他人事ではなく私も含めて明日は我が身であるという事を覚えておこう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-02-24 21:02 | 世界情勢

リビア:無差別空爆、死者累計500人 カダフィ氏、退陣否定
リビア戦闘機がマルタに着陸、デモ隊攻撃拒否し亡命

砂漠の狂犬も老いて時勢の流れに埋没しようとしている。
かっては砂漠の狂犬と呼ばれ反イスラエル・反米路線を歩み、西側の諜報機関から何回も暗殺され
かけ娘が米軍の報復空爆で亡くなったが、カダフィはしぶとく生き続けた。
しかし、ビンラディンも同じだが見つからないと言うよりも逃がしているという方が真実ではない
のか。諜報機関にも内通者がいるという事であるが、CIAにしろMI6にしろ過去スパイにまんまと
やられた。1960年代のMI6とKGBの殺し合いは凄まじかったと言われる。
現在各国の諜報機関はヒットマンを使うにしろ、外部の傭兵部隊を使うにしろ映画の様に当局は
一切関知しない。リビアはパンアメリカン航空爆破テロ他、当時は本当の狂犬であった。
CIAがかって外国人傭兵を雇いリビア人を誘拐して尋問したら、ニューヨークのマンハッタンで
地下鉄を爆破するという計画があって、結局それはリビア側へのディスインフォメーション工作で
事無きを得たと言われる。
一連の独裁政権打倒のドラマも、民主化の芽生えと聞こえはいいが混沌に入った。
映像を見るにつれ同じ空気を吸ってはいるが別々の宇宙に住んでいる様な感覚を覚える。
とりあえず平均的に豊かで餓死者がいなくて世界のあらゆる音楽や文化を楽しめる我が日本国の
中では、政権打倒と言っても政治家がダメでも企業ががんばれる土壌があり、政府に殺されたり思想
を弾圧されたりする恐れは微々たるものである(特殊なケースは別として)。欧米の覇道を延々と
見せられて来た弱者達が声を上げるのは、結局自分たちの指導者も敵であるアメリカと何ら変わら
ないではないかという憤りであってほしいが、アメリカにとって敵がいなくなる事の方が本当は深刻で
ある。チュニジアのジャスミン革命が独裁体制の近隣国家を次々と巻き込み、エジプトが倒れたら
隣のリビアの番になった。
ドミノ倒しの様にこのまま一気に長期独裁政権は倒れてしまうのであろうか。
ただし倒れただけでまともなリーダーが現れない限り、また同じ事の繰り返しになるだろう。
しかし、リビア軍のパイロットが空爆を拒否し地中海のマルタ共和国の空港に着陸亡命とあるが、
クーデター当時の圧倒的人気は年月と共に色あせ「奢れる者久しからず」は万国共通です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-02-22 21:11 | 世界情勢