ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

カテゴリ:国内情勢・世相( 270 )












日本人の女の子がメタルをやってて、それが海外で人気だと風の便りで聞いた時は、
one ok rockを毎日youtubeで見まくっていた頃で、BABYMETALの画像は全く知らなくて、女の子が
派手なメイクをしてKISSのようにギター弾いてんだろうくらいしか思わなかったのですが、one ok rock
を一通り検索し終わって、じゃあ一度見てみるかとググったら、想像と全く違いました………。
そして再びyoutube検索の旅が始まるのでありました。親子以上の差がある子供達に夢中になるとは
思いもよらなかった。要は一生懸命パフォーマンスやってる子供達をハラハラしながら応援する親の
心境に近いのかもしれません。
基本的にJポップはリスキーな海外に出向く必要は無いし、国内で食っていける。one ok rockは
最初から海外を目指してた様ですが、ポップアイドルは日本の音楽文化であり、グループサウンズ
全盛期は女性が熱狂したが、今はアイドルオタクが奇声を上げ、歌が多少下手でもそんなの関係なく
て、波長やオーラに引き寄せられ自分のお気に入りに没頭する。
ボーカルのSU-METAL(17歳)、両サイドにYUI-METAL(16歳)、MOA-METAL(16歳)のダンス
ユニットで、さすがにメンバーに選ばれただけあってボーカルもまずまずで、ダンスも切れ味鋭い。
バックバンドは日本の実力派ミュージシャンで固め重音を奏でる。
10代のKAWAII女の子とメタルっぽいサウンドでBABYMETALと言うワケで、キャラとサウンドの
ギャップが受けてるのか、youtubeの海外ライブ映像を見ると、観客の年齢層は広いようDEATH。
プロデューサーのKOBA-METALによると、このメタルダンスユニットはアイドルとヘビメタの融合と
いう新しいジャンルを模索中だそうDEATH。
それにプラスして日本のミュージシャンの実力はごく一部を除いて中々海外に知られてない状況でも
あり、アニメ、マンガ、ロボット…に続き音楽を通して民間外交の架け橋となって欲しいDEATH。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-12-20 21:45 | 国内情勢・世相







one ok rockを初めて知ったのは2013年に公開されたCG「キャプテンハーロック」の主題歌
Be the lightですが、ボーカルtakaの英語の発音が日本人離れしている事に「あー日本のロックバンド
にもこういう奴いるんだなー」と思ったくらいで、その時はそれで終わりました。
それから最近暇な時にググったりyoutube見たりしたら、海外で人気上昇中だと言う事がわかった。
おまけにtakaが森進一森晶子元夫婦の長男で、元はジャニーズにいたが、親の七光りのプレッシャーに
悩み脱退、そして家を出てバイトしながら音楽をやって今のバンドメンバーに出会って苦節10年。
圧倒的なボーカルもさることながら、ステージパフォーマンスが抜群ですね。
私は最近ハマってるニワカですが、若者だけではなく大人もエネルギーを受ける類い稀なバンドです。
私自身、若い頃はプログレッシブロックにハマって、特にピンク・フロイドに陶酔してました。
クラシックとロックを融合させたロックオペラ的な荘厳な曲調は、当時高校生だった自分には衝撃的で
した。ヘビメタやパンクは自分には合わなくて、さりとてビートルズは偉大ですが衝撃的ではなくて、
ましてや日本のヒップホップなんてお断り(笑)。日本人には絶対合わん(笑)。
頭丸刈りでタトゥー見せて中指立てても、銃社会じゃない日本ではリアル感がない。
ところがtakaの場合は、顔が強面じゃあなくて甘いマスクで少年の様に見えるから、反抗期の子供が
歌ったら凄いボーカリストで、しかも醸し出すオーラがただ者では無いと言う事で受けてるんでしょう
ね。you tubeの海外からのコメントにも「27歳?16か17歳にしか見えないわ!」なんて書き込みあり
ました。you tubeで海外ライブを全て見尽くしましたが、日本人はカラオケ多いから一緒に歌うのは
それほど抵抗ないと思いますが、外国人はノリノリで踊ったり叫んだりはするが、一緒に歌うのは苦手
みたいですね。
まあお国柄でしょうが、日本人だとバラード聞く時は静かになりますすが、外国だとそうもいかない。
ワンオクはCDよりもライブの方が楽しいでしょうね。ライブパフォーマーですね。
先月、ワーナーと契約していよいよ北米メジャーデビューです。
敏腕プロデューサーが付くと、takaのボーカルを最大限引出すアレンジや曲調に変貌してしまい、
ワンオクのパンクな面が多少削ぎ落とされるかもしれないが、それは進化の過程で仕方がないだろう。
その分ライブで発散すれば良いだろう。今現在アメリカツアーやってるようですね。
何はともあれ、日本外交の一翼を担って頂きたい。
あ、それから毎ステージ120%ぐらい出してるように見えるので、くれぐれも体調と喉に気を付けて
下さい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-10-21 15:11 | 国内情勢・世相


あからさまな議事進行妨害をして、時間稼ぎの演説を長々と繰り返し、強行採決だの無効だなどと
わめいて本当に見苦しい野党の面々。普段、政治に関心のない若者がマスコミに煽られ、乗りや空気で
反対を叫んでも、叫ぶだけでは何も変わらないとわかれば、さっーと引いて行く。
学業に集中できず面白そうなイベントの類いには参加する学生、
年金生活で時間だけはたっぶりある老人達、そういう人達の表情に悲壮感は感じられない。
そもそも国際政治の現実を理解する気がない国民の無知を棚上げして、国民のほとんどが反対している
戦争法案だとレッテルを貼り、それを真に受けるある種情報弱者の人達。
国連憲章には国連加盟国が攻撃されたら反撃OK(個別的自衛権、集団的自衛権)となってますが、
日本国憲法9条1項は「国際紛争を解決する為の武力行使を永遠に放棄する」とし、2項は「なので、
その為の陸海空の戦力を持たず、日本は戦っちゃダメです」となってます。
しかし、実際に自衛隊はまぎれもなく軍隊であり、陸海空の戦力を保持しています。自衛隊の存在
そのものが違憲であるが、GHQが作った9条なのでアメリカの都合でどうにでもなるのです。
当初は日本の再軍備を封じる為の9条でしたが、世界情勢の変革でアメリカのみで世界の警察官をやる
事が、財政的にも軍事的にも難しくなってきたので、自衛隊の能力向上をアメリカも黙認してきた。
憲法9条はアメリカが作ったアメリカの為の条項で、日本の宝でも何でもありません。
だから9条改正も含めた、日本人による日本の為の憲法改正を最終的には安倍政権は目指しています。
安保関連法案は何とか成立し、来年3月に施行されます。
来年3月からの自衛隊の南スーダンPKO活動では、従来はできなかった駆けつけ警護が可能になり、
使用できる武器も、自己保存型武器から任務遂行型武器に拡大されました。拳銃や自動小銃だけでは
テロリストが使用するロケット砲などには到底太刀打ちできないからで、PKO活動中の不測に事態に
対応する選択肢が広がり、リスクの分散化にも繋がります。「自衛隊員が危険に晒される」「自衛隊員
の家族がかわいそう」などと言う言葉は、自衛隊を舐めてるとしか思えません。
但し、安保法案が可決されたと言っても課題はあります。
自衛隊法のポジティブリストの問題です。海外の軍隊は「これだけはやってはいけない」という
ネガティブリストを作って、それ以外は基本的にやっても良いというものです。
これに対して自衛隊法では「こういう場合にはこういう事はできる」という警察と同じ様な規範で、
ポジティブリストを作っています。つまりケースバイケースで細かく規定する。
これは自衛隊の前身の警察予備隊の頃の情勢に合わせて作ったポジティブリストが、自衛隊になっても
そのまま受継がれているという事なのですが、治安維持や対テロという不安定要素満載の事態に対処
する時に、事細かな校則のようなものに縛られては、現場が混乱するし確認作業にも無駄に時間が
かかる。なので、現場の判断が迅速にできるようにするには、ポジティブリストからネガティブリスト
に変える必要があります。自衛隊は軍隊ではないという建前論で未だポジティブリストのままですが、
政府関係者にはそろそろネガティブリストに…と言う意見もあるようなので、今後はそういう流れに
なると思います。
野党各党は可決後色んなコメントを出してますが、岡田が言う様に「日本国民のほとんどが反対してる
戦争法案」かどうかは、来年の参院選で明らかになるだろう。共産党は来年の参院選で野党各党に
選挙協力を呼びかけましたが、仮にそうなれば集団的自衛権を容認する一部民主党議員は離党し、
民主党は解党の危機に直面するだろうし、頭がおかしい福島瑞穂や山本太郎も共産党に入ればよい。
政府与党に対しては、引き続き安保法案の根幹を分かり易く説明して国民の理解を深めてもらいたい。



[PR]
by gyou-syun-u | 2015-09-20 14:39 | 国内情勢・世相


中国政府は抗日勝利記念の軍事パレードについて、特定の国を対象にしたものではないと言うが、
米国と日本である事は明らかで、西側諸国が参加する道理は全くない。韓国は参加しましたが、
米中の板挟みで悩むのは自業自得であり、北朝鮮との茶番とも言える自作自演の紛争劇が今まで何度
繰り返された事か……朝鮮人のやる事なす事は、世界から奇異の目で見られているが、それを北も南も
全く理解していない。中国が崩壊でもしない限り、半島の統一は絵に描いた餅で終わるだろう。
結局、抗日勝利記念の軍事パレードはロシアをはじめ中国繋がりの国が参加しただけで、西側G7の首脳
は参加しませんでした。ほとんど北朝鮮、ロシアの軍事パレードと同じで、力を誇示するだけのもの
でした。こういう映像を見ても、なお安保法案に異論を唱える輩は、沖縄の翁長知事のように中韓の
シンパと思われても仕方がないでしょう。
この法案を絶対通さないと、日本は永遠に浮かばれないと思います。日本は沈没するかもしれない。
今回の豪雨で、3,11津波の悪夢が一瞬よぎりましたが、今回も自衛隊・消防・警察のヘリによる救出が
行われました。3年前の九州の豪雨で、親戚の家が床上浸水の被害にあいましたが、内装を新しくする
だけでも数百万かかります。こういう時に自衛隊を批判する人はいないと思いますが、困った時の
自衛隊だからこそ、手枷、足枷の自衛隊を何とかしようとする法案であるのに、ワケモワカラズ、
只何となく反対されたんじゃたまったもんじゃありません。
国会前で安保法案反対の大規模デモが行われました。主催者発表と警察発表と4倍の差がありますが、
12万人という主催者発表は大嘘です。おまけに民主・共産・社民の党首が雁首揃えてる時点で、デモの
本質が分かろうかと言うもんです。
全学連やSEALDs(シールズ)、民主、共産、社民系の老若男女の面々。「戦争法案」と断罪してます
が、実際の所、法案を理解している人達は少ないだろう。
これだけの人が反対してる、アンケートでは6割以上が強行採決に反対…と言うが、先の選挙で
自公が国民の総意を受けて政権を取ったのだから、自民公明が押す法案を通したとしても、それは
国民から選ばれた与党の政策だから,強行でも何でもないでしょう。
そんなに反対なら、何故選挙で自民公明を勝たせたのか。反対なら次の選挙で落とせば良い。
一部週刊誌の「戦争法案」「徴兵制」などの見出しが、感情ありきの層には響くのだろうが。
ヒステリックに騒いで何になるのか。右も左もヒステリックである事において同根である。
日本が戦争しに行くのではなくて、日本が攻められたら、どう対処するんですか?という根本的な問題
を誰も語ろうとしない。国破れて憲法在りではいかんでしょう。
人殺し法案などと言う輩もいますが、鬼神が跋扈するこの魑魅魍魎の現実世界の中で、日本の心を
具現化しようとすれば、軍神、武神も必要です。
ロシアは日本を未だに第二次世界大戦の敗戦国なのだからという目線で見ており、中国は韓国と共に
日本を天敵と位置付けています。ヨーロッパの国々は必ずしもアメリカ一辺倒ではないから、日米同盟
の強化こそ日本の抑止力という論は全然間違ってないし、かっての敵同士だから互いの弱点も見える。
参議院では衆議院よりまともに突っ込んだ議論が行われると思ったが、相変わらず同じ事の蒸し返して
民主共産共に廃案ありきの理由付けの議論ばかりで、ほとほと呆れてしまいます。
防災ですら最悪のケースを想定するのに、国防なら二重三重の備えをするのは当たり前の話です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-09-13 20:58 | 国内情勢・世相


70年談話を「評価する」48%…読売調査

首相談話全文

安倍総理が戦後70年談話を閣議決定し、会見で発表しました。
当初「お詫び」は盛り込まないという報道もありましたが(朝日の誤報らしい)村山談話、小泉談話で
盛り込まれた4つのキーワード(侵略・植民地支配・痛切な反省・お詫び)を巧みに取り入れ、安倍
総理としては安保関連法案成立の為のぎりぎりの選択だったように思えます。
日本が~という主語ではなく引用の形を取りながら、歴史の事実経過と未来への道筋を述べた。
難癖を付ける事が存在証明である中国と韓国の反応など今更述べるまでも無いが、安倍総理は靖国参拝
を見送る代わりに玉串料を奉納、そして女性閣僚3人を含む「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の
会」の議員達が参拝した。これに中国が「強烈な不満」を表明しましたが、朝日新聞と一緒に永遠に
踊り続ければ良い。中国は天津の爆発事故の方が重要だろう。空爆と同じくらいの威力で改めて中国の
危機管理もずさんである事が証明された。

談話の中の「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、
謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」に対して、朝日の記者が「そこは加害者側が言うのでは
なく、被害を受けた側に言ってもらうこと」とツイートしました。
まるで答案用紙を添削する予備校の先生のようです。中国や韓国が未来永劫謝罪し続ける宿命を日本に
求めていないかの様な口ぶりです。南京問題と慰安婦問題にケリがつかない限り、日中日韓関係に和解
はありません。
最近は東京大空襲後の焼け野原を見ても、東京だと分からない子供も結構いるらしい。昔アメリカと
戦争したと言う事も知らない中学生もいるそうだ。南京や慰安婦に関心がないのも当然だろう。
全面戦争を抑止するための日本の選択は、常に日米同盟と連動する。戦争を知らない世代というより、
戦争を理解しようとしない世代の知恵は、役に立たないとは言わないが、日本一国のみの感傷論で片付
ける事ができるほど世界は甘くないだろう。
戦争で多くの有能な若者が命を落とした。それでも日本はここまで再起できた。
東アジアの多くの国々が、日本はもう充分に謝罪したという認識なのに、中国と韓国だけが政治利用
する。日中韓、それぞれがターニングポイントを迎えているが、まっとうに抜け出るのは日本か中国か
韓国か……中国はバブル崩壊を孕んでいるが、一党独裁国家なのでいくらでも不正操作はできる。
しかし地方政府と中央が衝突すれば内戦に発展し収拾がつかなくなり、領有権どころではなくなる。
韓国は誰が大統領になろうと反日政策は変わらないから相手にしない方が良い。日本との和解はない。
日本は対中政策である安全保障関連法を成立させれば、対中対韓国へのオプションを作り易い。
憲法改正は恐らく無理だろうから、安保法案を最大限活用できるようにするべきだと思います。
読売の世論調査では、今後も日本が「謝罪を続ける方がよい」とした人は27%、「そうは思わない」
が63%で、もう何度も謝罪する必要はないと思ってる人が多いということで、10年後の総理談話では
謝罪は無くなるだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-08-17 23:06 | 国内情勢・世相


安倍談話の原案「おわび」盛らず 公明「侵略」明示要求


安倍総理の戦後70年談話が世界の内外から注目されると盛んに言うが、こんな茶番に拘っているのは
中国と韓国だけであります。世界は日本の不可思議な論争に首をかしげているだけです。
敗戦国が未来永劫謝り続けるハメになってるだけで、世界は戦勝国の連合国側の論理で回っており、
尻馬に乗った中国がそれを政治的に利用しているだけであり、日本がいくら謝っても中国や韓国はその
政策を変える事はありません。日本政府は過去何度も公式に謝罪していますが、それでもまだ日本は
誠意が足りないと、中韓は難癖を付けて来ます。
中国や韓国には日本以上に謝罪しなければならない事象が山程あるにも関わらず、それらはガン無視し
て、日本だけに謝罪を求め続けています。だから、いくら文言に「おわびや侵略」を明記しても意味は
無いから、それよりも未来思考で日本の道を明記する文言を強調したいと言うのが安倍総理の真意で、
中国の広報機関である朝日の記事に踊らされる時代は終わった。
2度と戦争をやりたくなければ、強力な抑止力を持つべきである。戦争に行きたく無ければ防御に特化
した日本列島を構築すべきであります。「戦争には行きたくありません。自衛隊は憲法違反です」と
いう無責任なセリフに耳を傾ける必要はありません。
愛する人や国家を守りたければ、それなりの覚悟と力が必要です。

毎年8月15日の終戦の日が近づくと戦争のドラマや映画が放映される。
各局ともニュアンスの違いはあるが、ヒューマンタッチで描いている。
70年前の戦争と現代の戦争は形態として大きく変わって、感情で戦争を語り尽くす事には無理がある。
昔、戦後日本の平和ボケを眺めて来た元特攻隊員が、新聞の読者の声に「命を捧げるだけの価値が果た
してこの国にあったのか」と投稿した事が話題になりました。戦争の真実の多くをマスコミが語らず、
日本人の誇りを少しずつ削っていった。
バブル期の日本はとてもじゃないが誇れる国ではなかった。現在はどうか……
東日本大震災で、忘れかけた日本人の心が再び一つに纏まりかけた感もしますが、核廃棄物の最終処分
場を受け入れる自治体はひとつもない。賛成反対を超え腹をくくる気概も無いのかもしれない。
核を持たない日本が核軍縮に貢献できるという妄想を実感しながらも、広島長崎の平和記念式典で
お題目の様に繰り返される平和のメッセージ。
出席者の心を冒涜するつもりは毛頭ありませんが、空しさを感じます。










[PR]
by gyou-syun-u | 2015-08-09 21:01 | 国内情勢・世相









中国の新たな軍事拠点化を警戒 レーダー設置なら米軍にも脅威 国際社会と認識共有

レーダー設置されれば南西諸島「丸裸」に 日本の安全保障揺るがす脅威 中国の東シナ海軍事拠点化


琉球新報が社説で引用した共同通信の世論調査の設問がおかしい。
外国が日本を攻撃してきた際の対応と言っても、有事の際は、まず日本政府・在日米軍・防衛省・
自衛隊・海上保安庁・警察・消防が対処するので、我々一般市民は最後に知らされるワケであります。
事が起きて我々ができる事はほとんど何もないでしょう。離島でトラブルが起きた場合は本土から他人
事の様に傍観できても、本土が攻撃されれば通信網が遮断され、震災の時と同じ様な状況になります。
この設問は具体性が無く、まるで自衛組織がない国を想定してるかのような馬鹿げた設問であります。
日本と言う国は攻撃されるまでじっと我慢してるということでしょうか。
設問の答で「非暴力で対応する」はやられるがままという事ですね。「武器を持って戦う」とは銃刀法
違反を犯して台所の包丁か何かを持ち出すんでしょうか。日本に上陸するくらいだから相手は戦闘の
プロですよね。武道の有段者でも銃口の前では無力です。「逃げる」って何処に逃げるんですか。
ミサイルが着弾したら3つとも無意味ですよ。
なのでミサイル着弾を未然に防ぐ抑止力や、集団的自衛権という話なんですが、「中国や北朝鮮から
ミサイルで攻撃されたらどうしますか」「尖閣に中国軍が上陸したらどうしますか」と言った具体的な
設問でないと、「宇宙人が地球に降りて来たらどうしますか」という話と同じで小学生の答えになり
ます。もはや一般市民の出る幕などないでしょう。
琉球新報は、この世論調査を社説に取り上げて、
「非交戦派は64%に上り、「戦争のできる国」を国民は拒否していると見るべきだ………」
「将来、日本を巻き込んだ大きな戦争が起きる可能性については「大いにある」12%と「ある程度
 ある」48%を合わせ、60%が「ある」と回答した。集団的自衛権行使に突き進む安倍政権の
 安保政策への危機感を反映した結果ともいえよう…」と言ってますが、安保法案が成立すれば日本を
巻き込んだ大きな戦争が起きるとは一体どういう事ですか。
わざと真逆な解釈をしているとしか思えません。安保法案への危機感ではなくて、現実の危機感がある
から安保法案を早く成立させようという流れであるのに、本当に沖縄の新聞は左派の巣窟ですね。
辺野古を抱える名護市の稲嶺市長は安保法案の撤回を要求し、尖閣を抱える石垣市の中山市長は、
安保法案は抑止力が強化され大変心強いとコメントしています。近場で危機を感じる人達が沖縄にも
いる事などまったく取り上げない。
プロ市民を動員して、それを国民の世論だと言い張る民主・社民・共産の愚行こそが、日本を骨抜きに
する元凶です。中国は国境線の周辺国と色んなトラブルを抱えており、有事の際に対日本だけに全軍事
力を投入できない事は想定されてますが、それでも尚、今後中国のミサイル精度が向上すれば、たった
数発でも日本にとっては脅威となるのです。
南シナ海が完全に中国の支配下になる前に、日本は先手を打とうとしているワケです。
採算が合わないと認定されているにも関わらず、東シナ海ガス田施設の拡張を続けている中国ですが、
これが日中境界線に沿って建設されていると言う事で、軍事的色合いが濃くなり政府も公開したのだろ
う。今後プラットホームにレーダーが設置されれば、今迄ほとんど形だけだった中国の防空識別圏が
生きてきます。そして南シナ海・東シナ海共に軍事拠点化され中国の海洋進出が本格化してきます。
小川和久氏の言う通り日本の政治家・官僚・マスコミはもっと軍事を学んでもらいたい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-07-26 19:11 | 国内情勢・世相







民主党辻元議員の「戦争だけは絶対アカン」を聞く度に、民主党政権の悪夢が蘇ります。
あの頃は得体の知れない連中が官邸をウロウロしてたという話もあるし、国際的には
相手にもされない政権でありました。
海上保安庁所属のsengoku38氏が、youtubeに投稿した海上保安庁撮影のビデオは当時は喝采を
浴びました。合わせて北朝鮮不審船事件のビデオを見ても、日本みたいな優しい国は世界中捜しても
ないだろう。他国だったら即撃沈ですよ。
ほとんどの人が安保法制を何故急ぐのか理解できない……と、ニュースキャスターは締める。
対中戦略である事は明明白白でしょうに。そりゃあゴールデンのTV番組表みれば、芸人のMCばかり
で、討論番組やっても視聴率取れないから、NHKを除いて深夜しかやらない。
嫌韓本が売れたり、中国の傍若無人な振る舞いが世界に映像で流れる現在の世論なら、安保法制を
前向きに捉えるのが普通だと思うが、官邸の周りでデモをやる人達は、そういう感覚ではないらしい。
目の前に中国と言う巨大な龍が見え隠れしている状況が、全く見えない、見ようとしないのだから、
中国の弾道ミサイルが日本の在日米軍基地や大都市に向けられている事すら知らないんだろう。
憲法9条と言うタグを首からぶら下げてISに乗り込んでいくようなもんで、国内の縛りで国際法に
対抗するのは無理がある。
学生の諸君だって、受験戦争を勝ち抜きこれからは就職戦線に突入するワケでしょう。就職しないで
アルバイトもしくは世捨て人になるのは自由だが、やっぱり人は独りでは生きてはいけない。
社会と何らかの関わり合を持って生きなければならない。
今回、安保法案が衆議院を通過し、参議院で審議入りして可決される見通しですが、何で安倍内閣の
支持率が急落するのか大いに疑問であります。
反撃や応戦をさせない日本を本当に望んでいるのだろうか。


見直し決断の内幕(下) 違約金「最大100億円」の試算 悩み抜いた首相

個人的には8対2くらいで、安保法制の方が新国立競技場建設より関心があったのですが、
世間はそうでもないらしい。新国立競技場の3000億円が異常に高いと言っても、NHKの新社屋も
3400億円の建設費を予定してるらしいから、こちらも反対の声があがるんだろうか………
「生牡蠣がトロッと垂れたみたいで最初から厭だったんですよ僕は…」と森さんは言うが、
本音じゃないというのは皆知ってます。1週間前迄は安倍総理もこのままで行くと言ってたんだから。
<ANN取材で森さんのコメント>
「ああいう、でかいものやったことないんだよ。 スーパーゼネコンと話し合うような行為をしたこと
 ないわけですよ。JSCだけじゃ ないですよ、文科省もそうですよ。国がたった2500億円も出せな
 かったのかねって いう、そういう不満はある。何を基準に『高い』と言うんだね。皆、 『高い、
 高い』と言うけれど」 ……これが本音でしょうね。
年金積立金管理運用独立行政法人が、昨年度の運用実績で株高の影響もあって過去最高の15兆円の黒字
だったとニュースでありましたが、日本は有償無償含めて毎年多額のODAを行っています。
政治家の感覚からすると「たった2500億円」となるんでしょう。
安保法案の強行採決による安倍政権支持率低下を少しでも食い止める為の政治的判断であります。
日米安保の前進の前には、ザハ側との契約解除など(デザイン監修料は13億円)取るに足らない
問題と言う事なのだろう。
二転三転でラグビーW杯に間に合わないが、東京オリンピック・パラリンピックには間に合わせる。
開閉式屋根もデザインも白紙に戻すという事で、本当に決まりでしょうね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-07-18 21:43 | 国内情勢・世相


安藤忠雄氏「何でこんなに増えてるのか、分からへんねん」…新国立問題で初コメント

森元首相 新国立競技場の改築計画に理解求める

アーチ1本5百億円…新国立競技場、入札でJSCが不正疑惑、予算巨額膨張を隠蔽か


結局デザインの変更は行わず(デザインコンペの作品からは大幅に変更したが)、
このまま施工するようですね。デザインの変更は国際的な信用失墜になると下村文科相は言って
ましたが、元々は森さんがラグビー場を新設したいという所から始まって、それがオリンピック誘致
の目玉である新国立競技場に話が拡大していった。
そもそもJSC自体が天下りの利権集団で、デザインコンペの審査員にエンジニアはいない。
コンペ審査委員長の安藤忠雄氏も建築家というよりもデザイナーに近い。
安藤氏が話してる様に、審査委員会はデザイン決定後の設計には関わっていないと言うのも実際の
ところだろう。建築費にしても、3年前のデザインコンペ(2012年11月)と現在では価格も違うという
事を当初から想定すべきで、デザインコンペから10ヶ月後に東京オリンピックが決定した。東京開催が
決定した時点で詳細に検討すべきだった。
猪瀬前東京都知事は、東京誘致のプレゼンで「東京はキャッシュで4000億円あります!」と一席
ぶった。だから東京都に金が無いワケではない。
但し、この4000億円は東京都が積み立ててきた五輪開催準備基金で、新国立競技場などの会場全体の
整備費に当てられますが、都の財源であるから新国立競技場の建設費は含まれない。
なので下村文科相も「国家プロジェクトと言っても東京で開催するんだし、4000億円あるんだから
500億円の負担は何とかなるでしょう?」と言う思いだろう。

本体部分は大成建設、屋根の部分は竹中工務店で、開閉式の屋根は今回の総工費には含まれていない。
何しろ「高品質な鉄」が約2万トン必要だと言う事で、キールアーチの構造を頑強にしなければならない
から、それなりの高価な鉄と、それを溶接できる職人や経験豊富な人材確保に莫大な予算がかかると
いう話です。
スーパーゼネコン2社とも、作るからには中国や韓国のようないい加減なモノはつくれないから、
本気度は増すだろう。新国立競技場はスポーツのみならず、あらゆるエンターテイメントを融合できる
複合施設の色合いが強い。開閉式屋根を装備すれば、最終的には3000億円を超えるだろうと予想される
総工費ですが、リチウム電池搭載のそうりゅう型潜水艦11番艦の建造費が1隻約600億円。
新国立競技場の総工費で日本の超高性能潜水艦が5隻買えます。
キールアーチ2本に使われる「高品質な鉄」というのが、そうりゅう型潜水艦に使われているNS鋼に
匹敵するような特殊鋼であれば高価になるのは当然であり、東京直下型地震の時の避難所として活用
できればそれでいいだろう。
高い技術力と組織力で海外でも高い評価を受けている大成と、ドーム型球場の経験豊富な竹中で世界を
驚かせる技術力を世界に示して頂きたい。新国立の下に地下鉄が走っている特殊性も考慮して建築費は
吊り上がったのだろう。キールアーチを支えるブロックを、地下30mを走る都営大江戸線を避けて
埋め込まなければならないから大変ですが、できない事ではない。
あーだこーだと言っても、10月1日の着工に向けて前に進むしかない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-07-12 20:14 | 国内情勢・世相


当ブログで繰り返し述べてきた事ですが、
「世界中誰1人として戦争を好む人間などいない」という定型文は間違いです。
人類が誕生して以来オスは闘争を好みます。戦争はもう沢山だというのは敗戦国になったからです。
戦勝国で「もう戦争はいやだ」という声は少数で、アメリカ国内でそういう声は息子を中東派兵で
失ったとか、環境テロ団体や遊びほうけて暇な連中が叫んでるだけで、日本が韓国を併合して朝鮮の
国造りを進めていた頃は、戦勝国であってもちゃんとインフラ整備をやりました。その中国や韓国は
「今度は絶対に負けない」という意識の方が強く、個人も国家も抗日に勤しんでおります。
戦争がビジネスとして成立している以上、その既得権益を守ろうとする人間や組織が存在します。
麻薬も同じで絶対に無くなりません。薬物の場合は違法であり、こちら側が「絶対に近づかない・
絶対に吸わない」という固い意志があれば毒される事はありませんが、戦争と言うのは国連憲章の許に
合法であり、こちら側(日本)がいくら「戦争は絶対に反対だ」「武器は使いません」と狼煙を上げて
も、むこうから仕掛けられたら反撃しるしかない。
ヤクザは社会の片隅でひっそり生きろと言っても、知性あるヤクザはそうはいかない。それが国家
レベルとなると、楽観的妄想に浸って憲法9条は日本の宝だからとオナニーし続けていては、日本の
真の独立はほど遠い。文武両道は絶対矛盾しないし、知性があってしかも強い。そんな国家を目指して
何がいけないのだろうか。

民主党が吹聴する「徴兵制復活」 “ヒゲの隊長”が一刀両断 (1/2ページ)

自民党の佐藤議員が徴兵制の可能性について言及してますが、70年前の本土決戦のような危機は
起きない。佐藤氏は震災前のトークショーで「日本も韓国の様に徴兵制にしたら良い」という発言を
したそうですが、当時は民主党政権で、中韓にやられてばかりで、自ら自衛隊出身だから民主党への
当てつけ&教育的意味合いで言ったんでしょう。佐藤氏もここまで安倍政権が前に進むとは思って
なかった筈で、今回の安保法制議論で徴兵制の現実の話を言ったまでの事だろうと思います。
徴兵制推進派が安保法制のために裏返ったという事ではないでしょう。
実際に佐藤氏の述べる通り、ハイテクな武器システムを使いこなすには10年かかるという例えも、
高校出、大学出の18歳〜23歳から10年、28歳〜33歳で部下を従える一人前の兵士というのも
サラリーマンと比較しても頷ける。
全面戦争も局地戦も一瞬で勝負が決まる。徴兵してる時間はありません。
中東紛争は一発で決める意志がイスラエルにもアメリカにもないからです。
それと、兵士でなくともサラリーマンとして「形の違う徴兵制」に既に組み込まれているのが現実では
ないか。現実味のない「赤紙」と、知らない間に戦争に少なからず携わっているという今時の現実。
好むと好まざるに関わらず、我々は何らかの形で国防に組み込まれているのは紛れも無い事実です。
インターネットが核戦争に耐えうる通信システムの開発が発端だったのと同様に、軍事用から民生品が
生まれ、逆に優れた民生品は軍事用に転用される。国境があって領土・領海・領空という線引きがある
以上、防人は必要だし、必要最小限の防衛網が必要です。

百田尚樹氏に一問一答「沖縄2紙は嫌い」「つぶれてほしい」

自民党青年会主催の勉強会で、百田尚樹氏が「沖縄の2つの新聞はつぶさなければならない」と発言し
反発受けてますが、朝日新聞の社命が「安倍内閣を潰せ」なんだから、何も問題はないだろう。
このインタビューを見ると百田氏の発言の意図は筋が通っているし、実際に琉球新報や沖縄タイムスは
左巻きの巣窟で、中国の息がかかっているのだから、建前の批判や論議はもうヤメにしよう。
国家として文武両道を目指すには、優れた防衛力と知性ある外交力が必要です。
安保法制は日本の方向性を位置づける重要法案で、せっかく夏休みを潰して95日間も国会会期を
延長したのだから、与野党共に本音で言いたい事をぶつけあって欲しいと思います。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-06-28 08:56 | 国内情勢・世相