ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

カテゴリ:国内情勢・世相( 270 )



新国立設計ザハ氏と契約解除へ…文科省など検討

世界的建築家・槙文彦氏「日本チームで作る」…新国立設計

新国立競技場 国際デザイン・コンクール


下村文科相に500億円の負担を求められた舛添東京都知事は…….
  「あの案が難しすぎるっていうことでしょ? 難しいのわかってて、なんで採用したんですか?
   っていうところから始まって、誰が採用したんですか? 」

2012年の新国立競技場の国際デザインコンクール公募で、最優秀賞に選ばれたのが、
イラク出身でイギリス在住の女性建築家、ザハ・ハディッドの作品でありました。
当時はニュースで報道されたデザイン画を見て斬新だなーと思ったくらいで、この女性建築家の
デザインが実現不可能な作品が多くて有名だというのは知りませんでした。
このザハ氏を強く押したのが、このコンペの審査委員長でもあり、独学で建築を学び世界に羽ばたいた
安藤忠雄氏でありました。最終審査は難航したそうですが、この奇抜なデザインが実現できれば、譬え
コスト高になろうと、日本の技術力を世界にアピールできるという側面が背景にもあったようです。
しかし建築費の当初の見通しは1300億円でしたが、ザハ・ハディッド側が求める建築資材を使うと
3000億円かかると試算され、そんなもん高過ぎるから設計変更をザハ側に依頼して面積を2割縮小して
1625億円に圧縮。しかし建築資材の高騰で、ゼネコン側の見積もりは1625億円から2500億円に
なってしまいました。

総工費は北京オリンピックの鳥の巣で約500億、ロンドンオリンピックのメインスタジアアムで
約900億円。それを考えると、いくら資材高騰と言っても2500億円はどう考えても高すぎますね。
ザハ氏の作品は斬新ではあるが、コスト高で採算が合わず、コンペで勝っても結局実現されなかった
というケースも多々あると言う事ですが、特に8万人収容の新国立競技場の資材をザハ・ハディッド側
が求めるものを使うと開閉式屋根に加え構造自体が複雑ゆえ、コスト高は目に見えているだろう。
特に2本の巨大アーチがクセモノで、日本の技術力で作れない事はないが、工期も伸びるとゼネコン側
は言う。結局、一番最初の設計から2割ほど縮小され、当初のデザインからはかなりインパクトが
失われてしまった。
可動式の屋根も2020年のオリンピックには間に合わない。
個人的には別に可動式でなくてもいんじゃないのと思います。福岡ドームの可動式屋根も、1回開ける
のに30万円くらいかかるそうですから、今後の維持費を考えると無くても良いでしょう。

2012年11月の最優秀賞発表から約2年半経ちました。
今年の3月に解体工事が始まり、9月に終了し、予定では10月から本体工事に着工だそうですが……
施工業者は大成建設と竹中工務店で、共にスーパーゼネコン(鹿島建設・清水建設・大成建設・竹中
工務店・大林組)の一角で、大成建設は国内外問わず、複合施設、交通インフラや空港のターミナル
ビルや滑走路など大規模プロジェクトを得意とし、竹中工務店は大阪の名所となったあべのハルカスを
始め、東京タワーや日本の5大ドーム球場、東京ミッドタウンなど、国内トップクラスの業績を誇る。
現時点で、文科省はザハ・ハディッド側との契約解除で進めるようですが、その代替案としては建築家
の槇文彦氏らのグループが、日本チームの設計でできると既に提案(2014年と2015年に会見)して
いるので、そうなる様に期待しましょう。まあプロジェクトXみたいですね。
コンクリート打ちっぱなしのイメージが強い安藤忠雄氏と、イメージ優先の奇抜なデザインが売りの
ザハ氏の組み合わせが、神宮外苑の環境をぶち壊すような単なるオブジェクトになるよりは、コンペで
入選した日本の設計事務所の案を土台にして、一から設計を見直した方が無難ではないかと思う。
東京都民として生暖かく見守っていきたいと思います。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-06-08 21:12 | 国内情勢・世相

翁長知事、新基地「絶対に建設できない」 菅氏、辺野古移設「唯一の解決策」 初会談は平行線に

  『翁長氏は会談で「県民に大きな苦しみを与え、世界で一番危険だから危険性除去のために
  (新たな基地を)負担しろという話をすること自体が日本国の政治の堕落だ」と訴えた。
   粛々と移設作業を進めるとする菅氏の発言について「上から目線だ」と反発した。  』


「絶対に建設できない」とは、あらゆる手段を使って建設を阻止するという事でしょうが、
そのまんま移設反対派のサヨク連中と同じで、ダダをこねる大人に映る。
成田闘争の時とは時代も変わっています。
支持層には受けるだろうが、移設を受け入れた辺野古住民は醒めた目で見てるだろう。
基地関連施設で働いてきた人達や、米兵相手のサービス業の従事者にとっては死活問題で、
「米軍は出て行け」はオール沖縄の民意ではないのに、それを沖縄の総意だと言い切る。
沖縄のメディアも反対派の意見しか取り上げない。
米軍用地返還跡地の再開発は時間がかかるもので、沖縄の経済的自立の為にも、できるだけ早く
取り組む必要がある。国防上、米軍と共存するしかないのである。

 
論戦ハイライト辺野古新基地 「殴り込み」部隊の出撃拠点に 痛みは移さず取り除け山下書記局長の基本的質疑 参院予算委

最近何かと頑張ってる共産党ですが、言ってる事が正論でも、それがスンナリ通らないのが外交や
政治であり、残念ながら日米安保に関してはアメリカが主導する。
住宅街のど真ん中にある普天間の危険性を除去する為に、住宅街が少ない辺野古に移設して、
墜落の危険性や騒音問題を軽減する。飛行ルートも調整して文字通り危険性の除去が最優先であった。
移設に関しては、辺野古の住民の多くが既に賛成しており、政府は仲井前沖縄知事の辺野古埋め立ての
承認を得て、一括交付金も増額になりました。
ところが移設反対派の翁長さんが当選して空気が一転した。
昔は集団的自衛権も日米安保の重要性も認めていた翁長さんが、主張を変え共産党や社民党などの支援
を受け当選した。いくら共産党が日当払って辺野古移設反対のデモを煽っても、それは韓国人の火病と
同じであります。やっと先に進もうとする段になって話を蒸し返し、共産党に至っては普天間に限定
しないで、沖縄全土のヘリパッドの騒音問題に話をすり替える。
北海道仕様の住宅の様な、完全防音の沖縄仕様の住宅ができるかもしない。そうなっても米軍は沖縄
から出て行けというのだろうか?結局は沖縄全土から米軍基地を無くせと言う話に持って行く。
沖縄から米軍が出ていって一番喜ぶのは、共産党と中国ロシアである。
極一部に沖縄独立論もあるが、仮に琉球王国として復活しても、特別枠の一括交付金を含め振興予算で
何とか経済を維持している現状の沖縄県が、それが無くなり米軍基地関連の雇用もゼロとなれば、
中国の支援無しでは国の運営等できるものではない。そうなったらなったで、米軍の代わりに中国が
基地を作るハメになる。自分の生活よりジュゴンやサンゴの方が大切なのだろうか……。
中国がサンゴを大切にするとも思えない。
安倍政権は粛々と埋め立て工事を続けると思うが、国防と沖縄経済の自立の為に、より多くの
血税が使われる。それで中国に対する抑止力が確立されれば全然構わないと個人的には思ってます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-07 10:24 | 国内情勢・世相
チェニジアテロで負傷した陸上自衛隊三等陸佐の女性の手記が話題になってます。
世田谷の自衛隊中央病院に勤務する35歳の女性医官でありますが、公務員に義務付けられている
海外渡航申請の手続きを行わないまま、母親とチェニジアに観光に行きテロに巻き込まれました。
週刊誌的に何が話題かと言うと、手記の内容が我々が想像する自衛隊員と少し違ってたからです。

「まさか発砲されるとは思いませんでした」
「とても現実のこととは思えませんでした」
「生きた心地がしませんでした」
「外でも救急室でも、多くの人がいて写真やビデオを向けられ、とても不快でした」
「私は一日中泣いていたせいか目が腫れ上がって開ける事ができず…」
「病室にNHKやニューヨークタイムズを名乗る人々も来て質問に答えるように言われました。
 そうしなくてはならないのだ、と思い答えましたが、何を話したか正直なところ覚えてません」
「「部屋の前で取材をさせて下さい。あなた(大使館員)に断る権利はない」と日本語で怒鳴っている
  朝日記者の声が聞こえショックでした」

これだけ見ると、日本で暮らす一般女性の普通の反応だろうと同情しますが、
彼女は防衛医大卒の幹部自衛官であり、麻酔医と謂えども階級は三佐。部下を仕切る立場にある。
多分メディアの取材にまともに反応できないと本人も感じたから、手記という形になったのだろう。
朝日は彼女に対して謝罪をしたが、記者は彼女を利用して安倍叩きに使おうとしたと勘ぐられても
仕方がない。週刊新潮の見出しは「これが陸自3佐か、情けない…防衛省が嘆いた被害女性の臆病と
感傷」でありました。
東日本大震災での日本人の冷静な行動が世界の注目を浴びましたが、記事によると彼女は退官間近
だったようで、もしかしてこれまでの抑圧が一気に噴き出したのか知れない。
当たり前だが自衛官も人の子で当然個人差もある。しかも体験射撃しか経験しない医官に、もっと
毅然とした内容を期待するのは酷なのかと思いました。
但し彼女が国内外を問わず派遣された経験があったか否かに関わらず、極限の現場を仕切る事は
彼女では無理だろうと個人的に思いました。
それから、これをもって日本の自衛官は軟弱だと思うのは早計で、実戦経験がない日本の自衛隊は
弱いという論も少しおかしい。大東亜戦争の経験と教訓は陸海空とも先人から面々と伝授されている
からで、戦地に赴かない分、日航機の御巣鷹山墜落事故、普賢岳噴火、東日本大震災、御岳山噴火他、
数え切れないほどの自然災害で救助活動を行ってノウハウを培ってきた。遺体の惨さもの戦争に匹敵
するだろう。これは自衛隊に限らず消防、警察、病院も同じだ。
御巣鷹山墜落事故で遺体検証作業を行った日赤の看護師さんの体験本などを読むと、凄まじい当時の
現場が見えます。

ハード面においては自衛隊は進化を続けております。
陸上自衛隊=最新鋭の10式戦車と機動戦闘車。
海上自衛隊=護衛艦いずもと、そうりゅう型潜水艦(AIP→リチウムイオン電池)。
航空自衛隊=F−2搭載の超音速対艦ミサイル、純国産のステルス戦闘機F-3の開発であります。
【陸上自衛隊】
仮想敵国をロシアから中国にシフトして、戦車も北海道運用から全国に広がり、それに合わせて
軽量化する必要があり、90式と較べ最新素材の装甲が装備され防護力が増しながら大幅な軽量化に
成功、C4I=軍隊の情報処理システム(Command Control Communication Computer Intelligence
system)を搭載し、日本製鋼所製の120㎜滑腔砲を装備(戦車の滑腔砲は西側では長らくドイツの
ラインメタル社の独壇場であり、ドイツのレオパルト2やアメリカのM1エイブラハム、日本の90式に
装備されていたが、日本製鋼所がラインメタル社製に勝る44口径120㎜滑腔砲の開発に成功した)。
自動装填装置を備え、スラローム射撃が可能である。
もっとも10式戦車を国内で実戦運用する時は日本終わりでしょうが……
機動戦闘車は離島防衛の為に特化されたもので、戦車よりも高速かつ軽量で機動性に優れ、
輸送機による空輸を前提にしているらしい。





【海上自衛隊】
いずもはヘリコプター搭載型護衛艦(艦種記号DDH=Helicopter Destroyer)ですが、甲板を改修し
カタパルトを装着すれば戦闘機も搭載できる。
全長248m全幅38mで、アメリカの原子力空母ジョージ・ワシントンの全長333m全幅76,8mに
較べると小さいが、全長263m全幅38,9mの戦艦大和とほとんど変わらないデカさであります。



そして自衛隊に興味ある人や軍オタ以外にあまりその実力を知られていない海上自衛隊の潜水艦群。
潜水艦の耐圧殻に使われる高張力鋼を溶接する日本の特殊溶接工の結晶でもあります。
そうりゅう型潜水艦は日本近海を護る守護神とも言えるモノで、米英露の原潜に勝るとも劣らない
性能を有します。通常型潜水艦では世界最大級の大きさであり、
スターリング発電機で動かすAIPシステム=非大気依存(Air-Independent Propulsion)を搭載し、
潜航時間を従来型よりも大幅に伸ばしました(最大で2週間)。数ヶ月は潜れる原潜には敵いませんが、
バッテリーで潜航する通常型の方が、静寂性は圧倒的に上であります。
ただし、このスターリングエンジンも出力が低く補助電源に過ぎないので、低速移動用にしか
使えません。従来の鉛蓄電池は消耗が早く、高速航行時間が短い…
と言うワケで、そうりゅう型の後期、本年度建造分から、AIPシステム、鉛蓄電池を廃止して、
リチウムイオン電池に置き換えるそうであります。
更に潜航時間が伸びて高速移動が可能になり、原潜に限りなく近くなりそうです。


リチウムイオン電池導入でさらに隠密化する海自潜水艦





【航空自衛隊】
F-16を日米で改造した多目的戦闘機F-2に搭載される新型の超音速空対艦ミサイルXASM-3は、
最大速力マッハ5以上、射程距離150㎞以上という優れもので、世界中の空対艦ミサイルの中でも
一歩先をいってます。ロシアが誇る対艦ミサイルP-800でさえマッハ2,5なのでその差は大きい。
そしてF-2の後継機種として純国産のステルス戦闘機F-3の開発が本決まりになった事です。
日本の先端技術の塊のような戦闘機ですが、一番大きいのはIHIと防衛省による戦闘機用エンジンの
開発のメドが立ったからで、実証機心神で飛行実験を経て、尚且つアメリカの横槍がなければ、
F-22と同じ推進偏向ノズルを持ち、F-22に勝るとも劣らない純国産のステルス戦闘機の誕生と
なります。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んできた日本の航空機産業が復活する日を願っております。






[PR]
by gyou-syun-u | 2015-03-30 23:44 | 国内情勢・世相
アメリカ大使館フェイスブック

安倍総理の靖国参拝に対してアメリカ大使館が「失望した」というコメントを
出した事で、大使館FBのコメント欄に日本人の抗議のコメントが殺到しています。
私はFBやらないんですが、どうしてもコメント書きたくて登録だけしました。
名前以外は全て空欄です…。
皆さんがおっしゃる通り、自分が頭ごなしに否定された様な感じです。
私は初詣に靖国神社にも行くし、随分前に初めて特攻隊の遺書を目にした時は
かなりの衝撃を受けました。勿論美化された所もあるでしょうが、A級戦犯と呼ばれる
人達も一兵卒も含め、防人を慰霊・鎮魂する事がどうして「失望」という言葉に繋がるのか
理解できない。譬え靖国の原点がお上を護るモノだったとしても、
なおさらリーダーが慰霊を執り行うのは当然であり、他国からゴチャゴチャ言われる
筋合いはありません。死人に鞭打つ習慣は日本にはないし、我慢強い日本人も
一線を越えると自己が目覚め始めると思います。
キャロラインさんも広島や長崎に行ったのなら千鳥ヶ淵も良いですが、
一度、靖国神社にも行って下さい。
安倍総理の表情からして相当の覚悟があったんだろうと思います。
朝日・毎日は何とかして安倍内閣を潰そうと日夜励んでますが、
靖国の結界はかなりの力を発揮してくれるでしょう。
彼らの魂は今も靖国上空で日本の行く末を見守ってくれてると思います。
[PR]
by gyou-syun-u | 2013-12-29 22:05 | 国内情勢・世相

安倍総理が痛恨の極みを払拭して靖国参拝を決断しました。
当然の如く中国や韓国から強い非難を浴びせられ、アメリカからも失望の念を表明されました。
しかし、安倍総理及び日本人右派からすれば靖国参拝は当然の事で、一般的な日本人の神社参拝
の風習も含め、中国人や韓国人やアメリカ人などの大陸の人間が理解する事はできないだろう。
中国共産党は神は存在しないと言う表向きの立場であり、キリスト教国家のアメリカは個人崇拝で
あり、韓国に至ってはガチガチの儒教独裁国家であります。靖国に奉られてる戦犯と言われる人達は
大東亜戦争に負けたから戦犯になったのであって、戦勝国によって理不尽な裁判で裁かれたに過ぎず、
普遍的な意味の犯罪者ではないし、それを言うなら常任理事国は全て犯罪国家であります。
とは謂え敗戦後、日本はそれらを甘受しながらも慰霊を続けて来た。
今回の靖国参拝は「東アジアの平和に反し緊張状態に拍車をかけるものだ」と中国は言うが、
周辺国を軍事力で恫喝し武器輸出や軍備増強を続け、果ては防空識別圏設定しながら、どの口で
言ってんだろうと思います。韓国も「日韓関係はしばらく凍結」と言うが、自衛隊の弾薬供与について
も韓国外務省の無礼講な発言など見ても、反日を国是とする中国韓国に対して、靖国参拝しようが
しまいが、何も変わらないだろう。
日本側の言動を全てにおいて批判する国に、カウンターを当てとかないと英霊も浮かばれません。
アメリカの批判は、ある意味大国の外交であって、中国寄りの米国務省の見解でもあるが、靖国問題は
尖閣問題と同じでアメリカは中立的な立場を取ってもらいたいと個人的には思います。
中国も韓国も国内問題の方が深刻で、特に北朝鮮の動向の方が靖国参拝よりも遥かに優先事項の筈で
ある。米CIAの一部分析によると、中国ではクーデターの可能性も否定できないとされ、地方幹部と
軍との癒着と腐敗が酷く、中央が地方を抑えきれてないと言われます。習近平が軍部を掌握できてない
と言う噂は実際の様で、毛沢東の手法をまねて「汚職や腐敗の一掃」をやってるようですが、現代の
中国人は金と権力が人生の目的なので、「絶対に無理」で速かれ遅かれ内部分裂するのは目に見えて
ます。それから一番大事な事を諸外国は理解していないと思います。
A級戦犯を祀っても「よくぞ日本の為に戦ってくれました」と紋切り型に参るのではなくて
「お疲れさまでした。色んな間違いも含めそちらの世界で良くお考え下さい」という側面を含めての
鎮魂であるから、このへんの日本人的心情と魂の問題まで否定する権利は誰にもない。
事前にアメリカと中国には靖国参拝の意向を伝えたと報道されてますね。
韓国には伝えなかった模様ですが、韓国とは必要最小限しか関わらなくても良いでしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2013-12-27 19:30 | 国内情勢・世相

線路内に倒れた老人を助けようとして女性が亡くなりました。
絶対に間に合わないと父親が止めたのに、飛び出して行った。
報道によると、彼女は常日頃から困った人が目の前にいると、見て見ぬフリが
できなかった性格だったと言います。
これを「無謀な行為」と取るか「勇気ある行動」と取るか個々で違うだろう。
遮断機が降りた状態では実際間に合わなかった筈であるが、助けに飛び込んだ彼女は
条件反射的に万が一の可能性を感じたのかもしれない。少しだけでも老人 の体を動かそうと
したのかもしれない。しかし電車のスピードはそれよりも遥かに速かった……
ホームから線路に落ちた人を助けて、線路下のわずかな隙間に体を隠し助かった例もあるし、
助からなかった例もある。今回、線路内に倒れていた老人は自殺ではなく意識を失っていただけで
あるが、鉄道の人身事故は後を絶たない。
JRや地下鉄ではホームドアが増えてきたが、踏切はせいぜい遮断機があるだけで、その気になれば
簡単に通り抜けができる。高架等は予算もかかるが、時間かけてでも踏切は全廃するしかない。
私自身の体験では、15年程前、通勤で地下鉄の駅に向かって歩いている時に、車道を走っていた
自転車が目の前で凄い勢いでコケて、乗っていた若者が少し血を流しながらうめいていたので、
即、近寄って声をかけた。
朝早く回りには人はいなかったが、偶然にも少し先に救急指定病院があったので、肩を貸してその
病院迄行き、受付で事情を話して、後を頼んだ。少し曲がった自転車を病院に置いてから
若者に「大丈夫ですか?」と声をかけた。
その若者は泣きながら「ありがとうございました」と言った。
私は軽く会釈して再び駅に向かった。

他人の為に自分を犠牲にする行為の延長線上に、国家の為に自分を犠牲にする戦争がある。
その究極的な自己犠牲が神風特別攻撃隊であろう。
イスラム過激派の自爆テロは神風特攻の影響はあるだろうが、非戦闘員をも標的にする事が決定的に
違う。特攻産みの親、大西中将も「特攻は統率の外道である」と自ら述べている通り、正当性はない。
正当性はないが論より情念が突き動かした産物だと思う。
今更であるが、中韓が言う様に日本が他国を侵略する為に戦争をするという事はなくて、可能性と
しては、朝鮮有事の歳の集団的自衛権の発動と自衛の為の戦争である。
現代のニッポンで好んで戦争をやりたいと思う人は極僅かだと思う。
神風特攻は日本が負ければ分割統治されるという当時の切羽詰まった危機意識が生んだモノであるが、
日本が今後どこかの国に侵略されるという可能性はゼロに近いが、特亞の挑発はしばらく続く。
貧しいが高貴であると、当時の日本人を評した外国人がいるが、まさに日本人の真価はそこにある。
我々が先人から受継ぐのはそれであり、ニッポンに命を賭けても護るべきものがあるとすれば
この心である。

神風特攻隊 「命の使い方」~日本人として知っておきたいこと~


世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか

[PR]
by gyou-syun-u | 2013-10-07 20:01 | 国内情勢・世相
イスカンダル★にある放射能除去装置コスモクリーナーのような除染の切り札として
東芝が昨年投入する筈だったALPS(多核種除去設備)ですが、試運転中に相次いで欠陥が見つかり、
まだ運用されてません。アレバ社の装置でも除去できなかったストロンチウムの濃度を1000万/1に
下げる事が可能で、1日に500トンの汚染水を処理する筈だったのに……
高線量の2次廃棄物を保管するポリエチレン製容器の安全性に問題があり、という事のようです。

原発建屋の高濃度汚染水処理システムとして、建屋の底に溜まった汚染水を「東芝の油分離装置」で
油分を取って「米キュリオンのセシウム吸着装置」でセシウムを取って、「仏アレバの除染装置」で
放射能元素を取って、最後に「日立の淡水化装置」で塩分を取る→再循環という流れだったのですが、
アレバがまともな効果を発揮できず2ヶ月でお蔵入りになって、その代わりに「東芝のセシウム除去装置
サリー」を投入したのですが、アレバに代わる多核種除去装置が必要だという事で、東芝が開発した
のがALPS(アルプス)で、それを導入して、汚染処理速度を早める計画(原発内の汚染水を400日で
除去できると東芝は豪語)でありましたが、色々問題があって、9月上旬頃まで試験運転を中止….
という中での今回の地上タンク汚染水漏れでありました。
当時、あのシステムを持っていたのはアレバだけだったからと言う事もあるけど、莫大な金払って
2ヶ月でお蔵入りとは…..補償はどうなるんでしょうか?

皆さん御存知の小出さんは、2011年の時に早く汚染水備蓄用のタンカーを作れ、遮水壁を作れと
提言していました。勿論、原発事故直後は高濃度で、工事もままならなかったと思います。
(現在も状況は変わらないと思いますが)。
あれから2年半。今年4月に水ガラス利用して一部に遮水壁を作ったけど効果はなく、次に土壌を
凍らせて作る凍土遮水壁を新たに設置する計画を発表。
深さ30メートル、原発周囲1,4キロを掘って凍結官を埋め、氷点下40℃〜50℃に凍らせる方法だ
そうです(コンクリートで作ると時間かかる)。
今年4月に地下貯水槽から汚染水漏れが発覚し、その後、東電は全ての汚染水を地上のタンクに移送する
作業を始め6月9日に移送が完了した。.そして今回はその地上タンクからの汚染水漏れでありました。
土掘ってビニール敷いただけの貯水槽はショックでしたが、あの当時はまともな工事ができなかった
でしょう。

原発内敷地に貯蔵タンクを作り(現在1000基)、汚染水を貯めていましたが、漏れ出たタンクは
300基あるフランジ型というもので、鋼板を溶接するんじゃなくてボルトで締め付けるタイプらしく
て、強度に難ありだったらしい。その内の1つのタンクで漏れが見つかりました。ところが、この記事
を書いてる最中に別のタンク2基でも汚染水漏れか……高い放射線量というニュースが入って来ました。
2年間の間に少しずつ漏れていたと言う事で、300トンの汚染水は地下に染み込んでいるようです。
どれくらいの量の汚染水が海に流れ出たのか解りませんが、流れ出たものはしょうがないです。
あーだこーだと言っても覆水盆に還らず。今後の事を考えるしかありません。
東芝ALPSの1日も早い稼働と、遮水壁工事の着工を望みます。

2011年6月 【緊急提言】小出裕章さん、高濃度汚染水の処理方法



2013年4月12日   小出裕章さん
     「今回の放射性物質の値は広島型原爆の2/1か3/1に相当するかもしれないが、
      自分はこの放射性物質の大半はトリチウムだと思っている。トリチウム自体は
      放射能を持った水素で、セシウムに較べると生物毒性は低いが、トリチウムは
      環境に放出すると水になるので、そこからトリチウムだけをを取り出すという
      ことは不可能である。それが地下に流れ込んで海に放出されている」



[PR]
by gyou-syun-u | 2013-08-23 01:37 | 国内情勢・世相
諸事情があって、約2年間ブログを休んでましたが、その間に売国政権が当然の如く
崩壊して、新生安倍政権が誕生しました。しばらくネットから離れていたせいで、
前回の記事のメリッサ・クニヨシちゃんも1年遅れで知る事となりました。
勿論全くネットを見なかった訳でもありませんが、そんな中でyoutubeに
登場するテキサス親父も時々目にはしてました。最初はえらく親日的な事を言ってる
アメリカの親父だなと思っていたのですが、トニー・マラーノというとりあえずは
作家・評論家であるらしい。
言ってる事は首尾一貫しており、中国・韓国は理性がなく野蛮であり、日本及び日本人は
理性があるという事です。まあアメリカ人だから好き勝手に言えますが、それでもネット
を通して英語で日本人の言いたい事を代弁してくれるのは決して迷惑ではありませんね。
中国や韓国のしつこい日本叩きは2年前と何ら変わりなく、個人的には完璧に無視も
できるが、国と国との間ではそうもいきません。








一昨日も韓国の国会議員が靖国神社に入ろうとして阻止されましたが、未だに反日教育を
受け、倍返しどころか千倍返しを心に刷り込まれている韓国人は本当にお気の毒であります。
いかにサムスンが世界のトップ企業であっても、それと韓国人の民度とは無関係ですね。
日本には「水に流す」という使い方がありますが、韓国や中国にはその概念がないらしい。
論語に「既往不咎」(きおうふきゅう)=過去にこだわるよりも、将来の方が大切だと
いうこと)と言う言葉があるそうですが、中国共産党にはこの言葉を使う気はサラサラ
ないようで、朴槿恵(パククネ)韓国大統領も独立運動の記念日に、加害者と被害者の
立場は「千年の歴史が流れても変わらない」と述べたそうです。

日本人には、人間関係や社会を維持するのに・・・・

水に流すという思考を持たない民族と、厭が上にも付き合わなければならない我が日本国。
中国国営放送や人民日報、KBSや朝鮮日報のメディアが報じる日本ネタはほとんどが
攻撃的であり、日本人の感性からすれば彼らは言葉のテロリストであります。
端から仲良くしようとする気はないのでしょう。言論の自由は尊重しますが、そんな
中国や韓国メディアの日本批判の報道を毎日聞かされていれば、日本人が嫌いな国のNo1,
No2に韓国と中国が選ばれるのは当たり前です。
日本よりも遥か右に向いているのは、一党独裁国家である中国と、軍事政権の亡霊が抜け切れない
韓国であり、中国と韓国は結託して日本叩きを続けております。日本の新聞もサンケイを除いて
中韓に取り込まれているから始末が悪く、何も言えないありさまです。
朝日新聞の社旗をなぜ韓国は叩かないのか?叩いてくれて朝日がそれにどう反応するのかが
知りたいのですが。結局中国韓国メディアは今後も何も変わらないと思うから、日本のメディアが
変わるしかないですね。新聞各紙も生き残りを賭けていろんな戦略を練ってますが、中韓にべったり
の偏向姿勢のツケは大きくて、取り戻せないと思います。テレビも芸能人の互助会みたいな番組
ばっかりやって、ますますテレビ離れは進むことでしょう。
今後はネット世代が世界を動かす訳だから、優れた翻訳機能を備えた巨大な掲示板を作って、
そこで世界中のあらゆる人達が自由に討論できると面白いですね。
NHKの参加型討論会も見ますが、どうも結論ありきが多過ぎます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2013-08-17 14:59 | 国内情勢・世相

九電「やらせ」内部告発で発覚 子会社社員、共産党に
徹底討論 どうする原発

昨日NHKの徹底討論「どうする原発」を見ました。
パネラーに脱原発派として原発村の名付け親の飯田さんが招かれていたので興味を持った。
あまり感情を表に出すパネラーもいなくて人数も少なかったので盛り上がりに欠けてはいたが、
経産省の方向が日本のエネルギー自給率の低さを踏まえての使命としての原発推進である事を
再確認した。元東芝の奈良林さんのジェット機のエンジンと原発を同列に捉えた発言はこういう
輩が原子力安全委員会の専門委員なんだなと改めて思いました。
それに対し同じ東芝でも脱原発の後藤さんが「放射能を測定しながらの生活は人間の生活ではない」
という言葉の方が力はあった。
九州電力のやらせメール後の佐賀原発説明会で「人の命と原発とどっちが大事なんですか」と
ヒステリックな口調で反原発の女性が声を荒げていたが、原発推進派と反原発派が歩み寄る接点は
どこにもないのが正直な処である。電気はある意味社会の生命線であるが、この番組でも安全性の
高い次世代の原発を掲げ技術立国の日本もそのような最先端の科学技術で克服していけるという
主張であった。しかし原発から出るプルトニウムを再利用する高速増殖炉「もんじゅ」の事実上の
再開不能をもって脱原発派は実現不可能な技術であると斬って捨てた。
残念ながら夢の科学技術はこの星の市場経済には受け入れられないのだ。
我が国が国策でこれからも原発は現状維持でやっていくという方針が揺るぎのないものである事が
分かったワケですが、誰かが言ったように資本家に払う利子の為に経済が存在するのが市場経済の
根幹であり、それは人は如何に正しく生きるかという問題を時として浮き彫りにしてくれる。
儲かる人と損をする人=生き残る人と死ぬ人であり、人間が人間を食べはしないがこの世界は紛れも
ない弱肉強食の世界である.飯田さんは2020年までには原発は自然消滅するだろうと語った。
投資家が原発から離れればそうなるし、世界のどこかで再び原発事故が起きれば決定的となる。
廃炉と放射能処理にどれだけの期間と費用がかかるのか誰も答えられにだろうが、そんな中での
九州電力のやらせメールは電力各社と経産省の総意と思われても仕方がない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-07-10 21:47 | 国内情勢・世相

松本龍復興相が辞任 就任9日、被災地問題発言で引責

偉そうな男である。擁護するジャーナリストもいるようだが、大臣になった途端の
これらの言動は我々庶民の感覚とは大きくかけ離れている。部落開放問題ならこういうヤクザの
様な口調がモノを言っただろうが、クタクタの被災者に向かって投げかける言葉ではない。
語気が荒くてもまとめることができるリーダーというならヤクザに仕切らせれば良い話である。
防災担当相になっても何もやらず地盤が盤石だから言いたい放題であるが、本人は全く変だとは
思ってないところがもはや菅総理の任命責任が問題になる。
私も九州出身だがこんな九州人は虫酸が走る。復興の情熱なんぞ一発で吹き飛んでしまうだろう。
早く菅総理が辞めないからこんな事が続いてしまう。

首相「満身創痍、刀折れ、矢尽きるまでやる」

その菅総理であるが、刃こぼれの刀で何ができるのか。衆議院解散しかないではないか。
武士の情けにも聴く耳を持たず、情けない事に与党も野党も首相を退任に追い込めない。
誰しもがもう辞めて欲しいと思っている筈であり、亀井さんだって呆れているのではないか。
もはや論ずるのもバカバカしい日本国の首相であります。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-07-06 20:57 | 国内情勢・世相