ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

カテゴリ:国内情勢・世相( 270 )

d0000485_18311312.jpg


通勤その他で電車を多用してると、色んな人がいますね。
先日、地下鉄で帰宅途中、年の頃は30代〜40代の男性2人連れが乗って来たのですが、
その日は秋なのに夏日で、二人ともタンクトップにジーンズという出で立ち。
大きな声で喋るわけでもなく小声で話してました。ごく普通の光景です。
只、立ち位置が、背の高い男性の方がドアに背を向けて車内を見渡す感じで、
吊り革に掴まっておりました。当然、片方の腕はつり革に絡まっている訳ですから、
ムサクルシイ脇毛が禿げしく自己主張しています。その内、思う事があったのか、
もう片方の腕をつり革に絡め、体をくねらせ、枝わたりを移動手段にする、
熱帯雨林に生息するテナガザルになったのです。ダブル脇毛です。
私は彼等の反対側のドアに立って、その光景をドアの窓越しに盗み見してたので、
一部始終を見てましたが、やはり近くの席の女性達は眼をそらしてました。
降りようとした女性が、出口側に体の向きを変えようとしたら、自分の目線上に
脇毛を見つけ、顔をそむけクルっと向きを変えました。
自分の陰毛を連想したのかは知る由もありませんが、男の私から見ても頂けません。
私もシェイプアップされた肉体を誇示するため、タンクトップを着る時がありますが
吊り革には触れません。脇毛は極力見せない様に心がけております。
出かける前にエイトフォーを振りかけ、下半身に力を貯め電車の動きと同調します。
公のマナーは大事だと思います。できることなれば、毛は要りません!
女性の脇毛は一念勃起ならずとも嫌いではありませんが、
男の脇毛はどうしても匂いを連想してしまいます。
その男性も、別に顔だけ見ると決して不潔な感じの男性ではなく、
イケ面の〃中年〃なのですが、強制的に見せられるのは、勘弁願いたいですね。

強制的と言えば、未だに電車の中での会話音量の調整が利かない人達がいます。
「てめえの日常の話なんて興味ねーよ」と思う人々が多いのか、最近は
若い世代だけでなく、中高年の人達もヘッドホンやイヤホン付けてますね。
音量も音漏れが少なくなったせいか、昔みたいにガンガン鳴らす人も少なくなった
様に思います。それでも携帯やプレーヤー関係のトラブルは絶えませんね。
不快に〃感じる〃状況とはどういうものなんだろう?と考えると、
私個人の場合は、まず会話や音楽の音量が大きい場合。
自宅や会社や学校に居るんじゃ無いんだから、ちったあ微調整しろ!となるわけで、
次に奇声や嬌声がNGですね。若い世代、特に女性に多いのですが。小学生であれば
怒りよりも、楽しんでんだろなと諦めもつくのですが....話に夢中になってるから
そこまで気が回らないのも解りますが、学校や親は勉強しろとは言うけど、
そういう公共のマナーは教えないんでしょうね。
その次に他人の噂話を延々と話している場合。
これは、きれいな女性の「オマエが....」と言う口調を聞いた時の失望感と蔑視に、
自分自身が置かれるという状況を連想させるのでイヤである。
しかし、逆に高年の女性が趣味の話を小声でゆったりと楽しそうに話してるのを
聞いてると、微笑ましくなって「いいんですよ♪遠慮しなくて。どうぞ続けて
おくんなまし」と言いたくもなるのです。
最後にリュックを背負ったまま混雑した電車に乗り降りする面々。
明らかに邪魔であるのは本人も自覚してる筈であるが、それでも降ろさない。
完全武装だから面倒であるというのも解るが、それならばそれなりの謙虚な表情を
見せてくれ!と小1時間。何か文句あんのか!という顔をされた日にゃあ.......

上記の件で、過去5,6回注意した事がありますが、ほとんどは謝らなくて
そっぽを向くか、別の車両に移動しましたね。
まぁ結局、私の主観で快不快を判断しているという事なんですが.......
奇人変人普通の人達てんこ盛りで、今日も電車はGOーー!!
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-10-24 17:46 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

私は郵政民営化賛成で自民党に一票を投じましたが、ここまで自民が圧勝するとは
思いませんでした。やはり解散時の首相会見は有権者の心を掴んだのでしょう。
TV討論などを見ても、野党は批判の言葉を繰り返すだけで、田中真紀子などは、
親父が作り上げた金権政治を棚に上げて、小泉首相に罵詈雑言を浴びせる始末で、
見てて気分が悪くなる程でした。自民党の郵政法案が完璧と思ってる有権者など、
いない事ぐらい誰でも知ってるワケで、前に進むか進まないかだけの話である。
日米トップの交替を見据えても、中国韓国北朝鮮との関係からして、日米関係は
簡単には捨てられないワケで、野党の絵に描いた餅は現実的ではない。
肉食人種と対峙するには、常識に囚われない発想の転換も必要である。
ビジネスは世界の企業間との交流を進め、ネット社会は簡単に国境を越える時代に、
規制緩和は時代の流れであり、世界と勝負できる絶好のチャンスである。
共存できるか否かは、やってみないと解らないのである。
100年のスパンで考えると、日本が本気でユビキタス社会を目指せば、
ハガキや手紙も無くなるだろう。それが良いか悪いかは別として、
良い事ばかりが変革ではないと思います。
もはや地元利益誘導の政治家などに、誰も興味は無いのである。
日本人はもう十分に良い暮らしをしているから興味がないのである。
良い暮らしや老後の安定等は、これだけ世界が混沌としてる中、優先課題ではない
だろう?という気が個人的にします。政治に保証を求めて何になるのだろう。
別に弱者切り捨てではなくて、幸せや老後の人生などを政治に求めて何になるのか。
それは自分で努力して切り開くものであろう。例え少子高齢化社会であってもだ。
生物は皆、死亡率100%なのである。昔のオヤジオフクロは強かった!

優れたリーダーは企業に於いては五万といるのに、政治家では久しく居なかったの
であるが、政治は面白いという事を知らしめた今度の選挙は価値があったと思います。
アメリカの大統領選のように、老若男女が祭り上げる〃イベント〃として定着して
欲しい気がします。劇場で大いに結構!ダイナミズムが生まれれば良いのだ。
これから難問山積みの政権で、いいから前に進め!と民意はGOを出した訳であるから
重圧に押し潰されずに、若き世代の意見も十分に聞き入れて〃憲法改正〃も含め、
慎重にやって頂きたいと思います。今回勝ち過ぎで、次回は反動が来るでしょうが、
あと1年小泉首相には頑張って頂きたい。
愚かな人も愚かでない人も、全部ひっくるめて国民である。
愚かな人であっても、前に進みたいと思う時が必ず訪れる。
政治家はそれを察知する必要があるのだ。
それが優れたリーダーシップであると思う。
          
                      祇園精舎の鐘の声 
                      諸行無常の響きあり
                      沙羅双樹の花の色 
                      盛者必衰の理をあらわす
                      おごれる人も久しからず 
                      ただ春の世の夢のごとし
                      たけき者も遂には滅びぬ 
                      偏に風の前の塵に同じ
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-09-12 20:00 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

先日NHKのクローズアップ現代で、高校生や中学生の薬物汚染について
身を粉にして取り組んでる〃夜回り先生〃を取り上げていました。
昔は覚醒剤や麻薬は、ヤクザチンピラの専売特許と相場は決まってましたが、
現代の中高生にとっては、全てファッションであるらしい。
それに注射器が必要無くなってからは、錠剤やカプセル、シップ剤など摂取方法も
様々になり巧妙な製品パッケージも手伝って、尚更、違和感や罪悪感も希薄になって
来ている。その先生が言ってましたが、大人は薬物を購入しても隠れて一人でヤルが
中高生などの若年層は「あいつもヤッてるから俺もヤってみよう」という気になって
汚染が広がるらしい。非常に怖い現象である。
カラフルな錠剤はまるでM&Mのチョコレートみたいで、無知な若者を誘うのである。
ニコチンやカフェインも中枢神経系を興奮させるという点では麻薬と同じですが、
ヘビースモーカーゆえに幻覚を見たり、コーヒー紅茶の飲み過ぎで人を殺したくなる
という人はあまりいないと思われます。

薬物と言っても種類は色々で、代表格を挙げて見ると......
<覚醒剤>
覚醒剤が他の薬物と違う点は、完全な化学合成物であると言う事である。
分子構造が安定しているために、長期間分解されず体内に残ると言われています。
漢方薬の一種である麻黄(まおう)を原料にして、抽出される物質を他の化学物質と
反応させ、更に強力な覚醒剤を密造する事ができるそうであります。
スピードなどの俗称がある。
<ヘロイン>
ひなげしなどの観賞用のケシ科植物以外の、麻薬成分が含まれるケシから摘出される
アヘンを原料とするヘロイン。生アヘンに含まれるモルヒネを化学合成して作られる。
ドイツで〃咳止めの薬〃として販売され、我が国でも戦前は医療品として使用されて
いたそうである。モルヒネは麻酔薬として知られてますが、向精神薬にも含まれる。
<コカイン>
南米原産のコカの木の葉っぱを原料とするコカインは白色粉末状で鼻から吸ったり、
(洋画でお馴染みの光景でありますが)水溶液を注射する。
ヘロインと同じで鎮痛剤や麻酔薬としても使用される。更に化学合成を加え、
クラックなどの強力な結晶ヘロインとして末端に出回るのである。
<LSD>
ライ麦に寄生した麦角菌から抽出されるリゼルギン酸を化学合成したもので、
視覚聴覚を変貌させる働きを持つ幻覚剤であります。
LSDはリゼルギン酸ジエチルアミドの略であり、ビートルズの曲である
「ルーシー・インザスカイ・ウィズ・ダイヤモンド」の頭文字を取った幻覚剤の
通称で、数十種類の暗号名を持つ錠剤やカプセルの幻覚剤が出回っており、
中には禅(zen)という暗号名もあるそうです。
<フェンシクリジン PCP>
PCPは合成麻薬の中でも、サイケデリック薬物の中心的存在だそうで、即効性の
トリップ体験が売りですが、それだけ強力であり危険であると言う事になります。
こちらもエンジェルダストなどの俗称が使われている。
水溶液や錠剤や粉末など変幻自在に形を変えられる事ができ、効能も多岐に亘る。

その他にも医療目的で使用される向精神薬も乱用すると麻薬になってしまいます。
類似薬物のMDMA(通称エクスタシー)なども、規定量を超えると死に至る。
タイ・ラオス・ミャンマーに股がるケシ畑の黄金三角地帯、そして南米最大の
コカ生産地であるペルーにおいての麻薬撲滅運動と共に、現代のバイオテクノロジー
を使った、ケシやコカに替わる代用植物の開発なども進んでいると聞きますが。
世界の麻薬市場は2003年で35兆円(末端価格)だそうですが、その1/3が
アフガニスタン産のアヘンで、ヨーロッパに流れているそうであります。
タバコやコーヒーよりも遥かに多くの量が消費されてるのである!
先進国の中では一番規制が厳しいと言われる日本でも、汚染のスピードは加速されて
おり、年間の中毒死亡者は5000人、中毒患者は100万人以上と推定されています。
本来の自分のキャパを超える力を、容易に得られる代償はとてつもなく大きい。
脳や歯や骨を溶かし人格を破壊する。人が人でなくなり、妖気の塊と化すのである!
薬物に頼らない脳内物質のコントロールを人類は手にすべきであります。
ストップ・ザ・薬物! 偽りの〃天使の粉〃に騙されるな!
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-09-10 21:33 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

歌の文句にあるように、生きる事は難しい。
そして小泉首相も言うように、人生色々、政治も色々.......
できれば、人生の最期の時を迎える時には、格好良くジョークのひとつでも吐いて
逝きたいものである。地球上に棲む63億の人間そしてその他の生命体を含める
と、膨大な数の非公開の映画がありますが、シナリオ通りには行かないのが人生
であっても、〃死に際〃に際しては、どんな人生であったとしても、恨みつらみの
文句は入れたくないですね。

生きるということは、美しく死ぬことかもしれない!と大上段に構えてみる。
実際、赤ん坊は血まみれ糞まみれ(失礼)で生まれて来るワケですが、
美しく生きる事のできない人間も、美しく死ぬ事はできるのではないだろうか。
何も自殺の事を言ってる訳ではありませんが、飛ぶ鳥跡を濁さず!と言うことで。
金で幸せは買えるか?YES!と答える人は、金があれば教育を受ける、或は施す事
ができ、それは選択肢が増える事であり、人生の可能性が広がる。
金は人生の保険であると言う。
ならば心も買えるか? 99%の人間の心は金で買えるそうだ。
但し、残りの1%の人間の心は買えないとも言う。
例えとしても、金で動かない人間は、世界で6300万人もいる計算になる。
一生遊べるだけの金を持っていながら、金が全てでは無いと言い切れる人間は
稀であろうが、金を稼ぐ力の無い人間が、金が全てでは無い!と言っても全く
説得力が無い事も皆知っている。それでも尚、金が全てではないと感じるのは、
金では買えない価値が世の中にある事を、社会生活の中で経験上知るからである。
人はパンのみで生きるに非ずで、精神的な充足を求める。そこが動物との
違いである。それでもお金はどんな薬よりも、人間を癒してくれる最良の
精神安定剤であり続けるのだろう。

アメリカ主導のグローバルスタンダードの世界観は、偏向したナショナリズム
へと世界を導こうとしている。そして〃生きる〃から〃生き残り〃を賭けた闘いの
行く末を予感させるものである。世界は一家人類皆兄弟!は理念であり、現実の
価値観とは何らリンクしないのである。食べ物を満足に食べられない、まともな教育
を受けられない人達の世界と、消費社会に暮らす人達との世界観は明らかに異なる
ものであり、貧しい国、戦乱で苦しむ国の人達に「我々は生かされているんですよ」
と言っても届かないだろう。何が何でも生きろ!と言う以外にメッセージはない。
先の大戦の戦勝国が作り上げた世界標準は勝ち組の指針であり、共存共栄の理想社会
と相反するものである。9,11テロで金融の総本山を爆撃されたアメリカは
教訓を学んだ筈である。
ロスチャイルド金融帝国の仕掛人の胴元であるジョージ・ソロスがブッシュ政権を
批判して約1年。まるで毒を以て毒を制すかの様に、魔王ルシファーが改心し大天使長
に返り咲く.....と言うのは言い過ぎであろうが、アメリカ国内のイラクからの撤退の
声や、イスラエルの38年ぶりのガザ入植地からの撤退を含め、イスラム社会の
見えざる〃壁〃は予想以上に高かったのかもしれない。
ユダヤ包囲網に、ユダヤの神は如何なさるおつもりか?
アメリカを超えるスーパーパワーを目指す中国のロシアとの合同軍事演習、
欧州のアメリカ離れとアメリカに屈しないフランス。
キリスト教を認めるイスラム教と、イスラム教を決して認めないアメリカ。
アメリカの敵はサタンである!とイスラムを非難するアメリカ国防省高官、
台湾問題でアメリカと衝突したら、日本も核で潰してやると言った元中国国防省長官。
覇権は続く〜よ。ど〜こ〜ま〜で〜も♪
このような覇権争いを続ける世界は、ガイアの叫びに聞く耳を持たないようである。
天変地異は静かに動き始めているのである。
だがしかし、どんな未来や結末が待っていようとも、前向きに明日を信じて、
生き続けなければならない。
        

※「もしも世界が100人の村だったら」より転載。
このチェーンメールの元の原稿は1990年にアメリカの大学の先生が書いたものだ
そうですが、インターネットを駆け巡る内に1000人が100人になり、内容も一部
削除されたり、後半部分は書き加えられたものだそうです。
世論操作の指摘もありますが、まぁそう言わずに。。。

もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、
全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。
その村には・・・
57人のアジア人、21人のヨーロッパ人、14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます 。52人が女性です。 48人が男性です。
70人が有色人種で、30人が白人 、70人がキリスト教以外の人で、
30人がキリスト教。
89人が異性愛者で11人が同性愛者。
6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍。
80人は標準以下の居住環境に住み、70人は文字が読めません。
50人は栄養失調に苦しみ、1人が瀕死の状態にあり1人はいま、
生まれようとしています
1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け、
そしてたった1人だけがコンピューターを所有しています。
もしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、
相手をあるがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、
そして、そういう事実を知るための教育がいかに必要かは火をみるより明らかです。

また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。
もし、あなたが今朝、目が覚めた時、病気でなく健康だなと感じることができたなら
・・あなたは今生き残ることのできないであろう100万人の人達より恵まれています。
もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や苦悩、
あるいは飢えの悲痛を一度も体験したことがないのなら・・・
あなたは世界の5億人の人達より恵まれています。

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または
死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことができるなら・・・
あなたは世界の30億人の人達より恵まれています。
もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所がある
のなら・・・あなたは世界の75%の人達より裕福で恵まれています。
もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、家のどこかに小銭が入った入れ物が
あるなら・・あなたはこの世界の中でもっとも裕福な上位8%のうちの一人です。
もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・
それはとても稀なことです。
もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間二倍の祝福を
うけるでしょう。なぜならあなたの事を思って,これを伝えている誰かがいて,
その上あなたはまったく文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれて
いるからです。

昔の人がこう言いました。わが身から出るものはいずれ我が身に戻り来る、と。
お金に執着することなく、喜んで働きましょう。
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく、人を愛しましょう。
誰もみていないかのごとく自由に踊りましょう。
誰も聞いていないかのごとくのびやかに歌いましょう。
あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-08-27 20:21 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

週刊誌に三文オペラと書かれた今回の小泉改革劇ですが、
「ぶっ壊す」と言った通り、破壊の選挙である事は間違いない様です。
郵政改革の細かいツメに中々入れないから、このままではラチがアカン!
族議員などの旧態然の派閥もぶっ壊したいんでしょう。
刺客の顔ぶれを見ても、投票率アップの為の餌まきであり、ホリエモン投入も
無党派層や選挙に関心のない若者を取り込む為であり、ある意味両者の利害が
一致したのだろうし、国民に信を問う!は単純明快で、各党のマニュフェストが、
果たして今回の投票の決め手になるかどうかは大いに疑問であります。
小泉を支持するのかしないのか、それだけでしょう!
それにしても、女性が多いですな。ホリエモンにとってはゲームであり
負けてもプラス面の方が大きいでしょう。
何となく小泉首相と似た様な、カリスマ性とか即断できるとか、トップダウン思考
の人を選んでる様な気がします。
綿貫氏や亀井氏などの造反組は「自民党に尽くして来たのに、刺客を送り込むなど」
と言っておられるが、尽くした分、利権も得たのだろうし、
権力闘争などは熟知してる筈であり、本人が感じてる以上に世の中は変化してるのだ。
政治をバカにしてると言うのも、逆から言えば、談合や利権に固執するイメージを
中々払拭できない政治家の方こそ、国民をバカにしてると言えるのだ。
これほど政治家が尊敬の対象にならない国も珍しいでしょう。
和を以て尊しとするは、談合とは違うと言う事を示して欲しいですね。
小泉人気は知性ではなく、その潔さと信念によるものだと思いますが、
国民が求めているのは、世界に出た時のある意味貧相ではない顔を求めてるわけで、
景気が悪いと言うが、別に餓えて死ぬ人がいる訳でも無し、高級品は売れ、中国産の
野菜は喰いたくないと言う。豊かな中の閉塞感という贅沢な悩みを抱えている。
いっその事、戦後の焼け野原に戻ったら如何なものかとも思います。
そんな訳にもいかないでしょうが、この国に足りないのは〃切れ味〃である。
〃うだうだ〃よりの〃スパッ〃である。名刀に斬られれば痛みも無いでしょう!
世代間の感覚のズレや、世界との関わり合い方とかの境界線の曖昧さも
指摘されている昨今ですが、大きな変革は意外と突然やって来るものかもしれない。

郵政公社の総資産は350兆円。それに比べて全国の銀行の総資産は約800兆円。
郵政公社は国から熱い保護を受けている〃世界最大の銀行〃だそうである。
無駄使いが多いのに破綻はしなかったのですが、郵政公社の三事業
(郵便事業・郵便貯金事業・簡易生命保険事業)は10年以内に赤字に転落する為、
その前に民営化しようという訳であります。国鉄、電電公社、専売公社に続く
郵政が民営化された場合、銀行と同じく破綻した場合の保証や、採算性とサービス
の両立などの指摘もありますが、官側に留まる資産を、民営化による競争原理の許
で運用するため、巨大な日本国民の金を狙う外資との駆け引きも控えており、
(規制案もできると思いますが)開放は功と罪の諸刃の刃なのであ。
我が国の借金は2004年で約730兆w、税収の約420兆を大きく上回ってます。
一人当たり571万円の借金を背負ってます。赤ん坊も.......
只、日本の場合は預金が超過であり、個人の総資産が1400兆あるため、
それを運用してるので、預金が少ない国に比べればリスクは少ないと言われてます。
それゆえ、国民はあまり実感がないのである。
人生にリスクはつきものですが、少子高齢化の日本が破綻しない道を歩むため、
官に流れる資金を民間に回し、運用させる道を選ぶのは、時代の流れとしては
致し方無いと思います。結果がどーであれ、変わる事は確かである!
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-08-21 21:06 | 国内情勢・世相 | Trackback(1) | Comments(2)

夏と言えば透けるブラ。ブラと言えば対をなすパンティ(別名ショーツw)
パンティと言えば美しい双曲線を彷彿させるTバックと相場は決まってますが、
高坊の頃、瞑想中に迷走してしまい自分を見失った頃、スーパーのワゴンに山積み
になったパンティの海に五体投地したくなった衝動にかられた時もありましたが、
先日こんな光景がありました....
仕事帰り、新橋の地下道を歩いてた時、何やら、若い女の子と若い男が
腰を下ろして何やらゴソゴソやってたのです。
通りすがりに何気に見ると、男が「すいません」と言いながら散らかった雑貨を
女の子と一緒に拾っていたのだ。
どうやら、ぶつかった拍子に女の子のバッグが落ちて、中身が散乱したのである。
謝ってるという事は、男が一方的に悪かったのでしょう。しきりに頭を下げながら
拾っていたのです。と、ここまでは良くある光景でしょうが.....
その間にも通りすがりの若者達が、両手の指先をつまんでクイックイッと引き上げる
仕草をしてたので、良く良く観察してみると、女の子の尻が判決状態でショートカット
キーの様な黒いTバックが見えたのです。流行りのローライズのバンツから、
これみよがしに。。。私を観てという無作為の作為が......
すかさず私の五毒の中の欲に赤ランプが点灯し、私の瞳は心地良いシャッター音と
共に、女の子のケッツにロックオン♪ラジャ

しかしながら、その後が....
デートに行く途中だったのか、余程腹の虫が治まらなかったのでしょう。
拾い終わったと同時に、女の子がいきなり持ってたセカンドバッグで
男の横っ面を「バチコーーーーーーン」と、悪魔のようにシバイたのです。
そのバチコーンは快から不快を私にもたらし、人生は夢幻であると悟りました。
男は一瞬固まって、その場を逃げる様に走り去って逝きました。
若い茶髪の女と真面目そうな若い男の、人間交差点でした。
おにいちゃん。別に気にすんなよ。それしか今の私には言えません。
だってその女の子、凄く可愛かったんだもの....
本当はTバックを哲学しようと思ったのですが.....
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-07-16 22:43 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

ある街に一人の男性がいた。結構イケ面なのでワザワザ口説かなくても
女性の方から寄って来たのだが、いつも長続きしなかった。
原因はどうやら彼の笑い方に問題があるようだった。引き笑いの声が
何故か「グェッグェッ」と聞こえてくるようで気味悪いそうである。
彼は仕事柄、毎日鶏の首を絞め殺していたのである。ガクガクブルブル。。
昔、ある都市部に養豚場を営む男性がいた。男性は老人になりやがて死ぬ時が来た。
只、死に際が普通の人とは少し違っていた。救急車が到着した時、そのオジイチャンは
豚の様に手足を天に向けてバタバタ震わせていた。ガクガクブルブル。。
最初の話は知り合いの女性の若い頃の、近所にいた男性の話で4日前に聞きました。
後のは、都市伝説だと思いますが・・・・

中国にも都市伝説ではないけれど、こんな話があります。
昔、中国の周の時代に文王という皇帝がいました(封神演義の姫昌)。
まだ皇帝になる前、あまりにも人徳があり過ぎたので、時の妃が皇帝の座を奪われて
なるものか!と彼を陥れようとして、文王の長男を暗殺、その肉で五つの饅頭を作り、
文王に食べさせようとしました。食べれば、自分の息子の肉を喰った罪で、
食べなければ王の命令に背いた罪で、、、(殷の紂王と情婦妲己の酒池肉林の時代)
ところが、文王は事前に察知し、代わりに野菜の饅頭を食べて難を逃れました。
そして、深い悲しみの中、地面にこっそりと五つの肉饅頭を埋めたのです。
そして、この肉饅頭を埋めた場所から生えてきた五種類の野菜が、
ネギ・ニラ・ニンニク・ラッキョウ・アサツキ・・・だったというお話です。
今更言われても、もう喰っちゃったからなぁという人が大半だと思いますが、
個人的にはラッキョウとアサツキは食べませんが、ネギニラニンニクは
どさくさに紛れて食べる可能性有り!まぁ薬味として食べる分には問題ないでしょうが、
食べ過ぎると本性を傷つけるそうです(プロの瞑想家であれば食べないでしょう)。
肉という字は一つ屋根の下で人と人が殺し合うという意味合いがありますが、
全ての悪循環は、人類が智慧と知識を身につけ肉食を始めた時からかもしれません。
文字が発明された時、天は嘆き悲しんだと言われます。

食糧自給率の低い日本は野菜も輸入に頼り、国産の無農薬野菜はバカ高いです。
水と安全はタダと言われてた昔が懐かしいですね。
ミネラルウォーターとセキュリティは欠かせない世の中になってしまいました。
おまけに家庭用酸素バーも普及するのでしょうか。
食生活を改善するだけで、ある程度の精神的な病は解決できるのでは?と思いますが。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-05-26 21:32 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

友達にもいろんな種類があって、毎日バカ話する友、メル友、
年に数回しか逢わなくても、逢えば何故かホッとする友や何故か気になる友、
逢えば愚痴を言い合う友などタイプがあります。
そんな中の何故か気になる友人が、昨年、自殺しました。
彼は裕福な家庭に生まれながら、10代からヤクザの道に入り、殺しと盗み以外は
全部やった。。親は警察関係故、当然勘当された。
覚醒剤に溺れながら紆余曲折を経て、30歳で組から足を洗って、友人達の応援を
受けながら、カタギの世界を歩み始めた。私が逢った時は、タバコも酒も辞めて、
節約生活をしながら、アルバイトの合間に宅建の勉強をしてる時だった。
アルバイトとして私の会社に入ったのだ。作業服に着替える時、背中と両腕に
観音様を背負っていた。「夏でもTシャツ着れないんですよ」と笑ってた。。
「金貯めて、この入れ墨消したいんですよ」とジッと私の目を見て呟いた。
私は「後、数年もすれば人工皮膚も安くなりますよ、大丈夫!」と嘯いた。
覚醒剤中毒の後遺症で、毎日医者の薬を飲まないと、思考のバランスが崩れる時も
あった。自分の過去を消そうとしたけど、覚醒剤の後遺症はそれを許さなかったのかも
知れない。彼は必死に生きようと思った。
しかしそれ以上に、覚醒剤は活力を蝕んでいたんだろう。
覚醒剤辞めますか?人間辞めますか?は決して誇張ではありません。

「死にたい」と言うのも欲望の一つだと私は考えます。
これはもう持久戦ではないだろうか?生きる欲望と死ぬ欲望。
金があっても自殺する人はいるが、年間自殺者3万人の多くは金があれば解決する、
というのも真実かもしれない。特に中高年は。
借金踏み倒してでも、人生遊ぶが勝ちと欲望の赴くまま生き抜く人間や、
その人の価値なんて死ぬ迄分からないのに、簡単に自分を卑下し、自滅の引力に
飲み込まれる人間。最近は、死ぬ事の軽さが強調されるニュースばっかりです。
子殺し、親殺し、畜生にも劣る人間を横目で眺めながら、死ぬ気で活きろと!
そっと呟きたい心境であります。我が道を歩けと!
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-04-01 21:57 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

地下鉄サリン事件から10年たったが、オウムだけは風化しないみたいだ。。
公安も残党及びアレフをマークし続けてるが、アレフの代表は何故あ〜も
柔和な顔をしてるのだろう。
廃人同様の麻原の影を引きずって無いとしても、優し過ぎる顔である。
親と縁を切っても、彼らもまた自分の道を進んでいるんだろう。
被害者の補償もままならず、社会的に宗教アレルギーも引き起こした。
本来、宗教の教えは日本以外の国では崇高なものであるが、この国に限っては
豊かさと引き換えに、趣味の領域に迄レベルダウンしてしまった。
これは別に悪い事では無いのだが、日本と言う国が、過去あらゆる文化を
吸収し続けた結果、思考の選択肢が増殖した結果だと思われる。

人が何を信じようと自由である。普通はこの後に「人に迷惑をかけなければね」と
続くのだが、聖人君子じゃなければ、人を傷つけても自由になりたいと
叫びたくなる時がある。押し殺した感情が臨界点に達する時だってある。
しかし、それを抑える訓練と言うか修練の場は雲の上ではなく、
現実の社会の中に存在する。山や谷に籠って修練するより、
人生の山や谷に遭遇して揉まれる方が、本来の魂は磨かれる気がする。
アレフはどういう夢を見てるのだろう。夢の中では皆同類で、胡蝶の夢。。
我々は未来永劫記憶の海を泳いで行く。
オ〜レ〜は〜リスク無しの自由を追い求めたい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-03-20 22:17 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(4)

ライブドアとフジテレビの仁義無き?戦いを観て思うのは
まぎれも無く世代間のギャップである。
既存の価値観に一石を投じるのは、時代の流れであり、
時は止められないと思うけど、これからの経営者は人間性を問われる
という声もある。
ライブドアのM&Aに、マネーゲーム以外の確固たるビジョンが在るのか
否かで、支持率も変動するだろう。意外と50代の支持層が多いそうな。。
リーマンブラザーズはロスチャイルド家のユダヤ系投資会社であり、
親分であるクーンレーブ商会は、日露戦争の時、日銀副総裁の高橋是清に
軍資金を調達した前歴がある。
そこから日本は軍国へと走って行く。日本支社は堺屋太一氏が顧問をしてる
らしいが、儲かれば敵味方など関係ないというのが投資会社の本質だろうから、
いっその事、北朝鮮にでもM&Aを仕掛けて欲しいものである。
堀江氏の言う「皆が幸せになって欲しい」というのは果たして本音か?

氏は、10年以内にTVはインターネットに飲み込まれると豪語するが、
個人的には既存の作られた情報や文化を受ける待ち受け体制から、
自分らで作り上げる情報コミュニティが進化して、
TVは無くならないと思うが、主役にはならないだろうと思う。
インターネット世代が社会の中核になれば、なおさら環境は激変するだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-03-10 21:44 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)