ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

カテゴリ:国内情勢・世相( 270 )


元ライブドア社長の堀江氏が緊急会見--事件で「日本経済がダメになった」
ツイッターで被災者支援=メルマガ年商1億、人気作家に―賠償で資産失う・堀江被告

ニコニコ生放送で堀江被告の会見を見ました。
色々屁理屈を述べてはいるが一貫して無罪を主張しているので反省はしていないだろう。
ヒルズ族の黒い人脈でフロント企業に呑み込まれ、それを正しくコントロールできなかった
責任は免れない。もっとも堀江の逮捕はトカゲの尻尾切りであり黒幕は明らかにされない。
元ライブドア役員でエイチ・エス証券の副社長だった野口英昭氏が東京地検特捜部の任意の
事情聴取を受けるその日に、遠く離れた沖縄で自殺した(実際は首2カ所、手首2カ所、
腹5カ所を刺したと週刊誌で報道されましたが、これは殺されたと見るべきだろう)。
結局沖縄県警は自殺で処理....口封じの為に殺されたと見るのが妥当である。
堀江の言う国策逮捕は半分は当たっているが身から出た錆である。
粉飾決算で上場廃止を勧告された会社は他にもあるが、当時の村上ファンドやライブドアは
検察からして影響力が大きいと見なされた。「金儲けて何が悪いんですか」に拍手をした連中が
主婦にFXを勧め、国としての借金を忘れさせた。
検察も検察で昨年来の不祥事で地に堕ちてますが、「検察を信じてはダメですよ」と堀江に
言われてもね。ITベンチャー企業が萎縮してしまっていると嘆くが、堀江自身が述べるいかがわしい
ベンチャー企業に対して寛容性の在る社会とは何に対しての寛容だろう。
好き勝手にやって多少のコンプライアンス違反に寛容であれと言ってる様に聞こえる。
外資規制を批判しているが株主が主役の外資の型に日本をハメ込むのはまずいだろう。
風土の違いを日本の閉鎖性と呼ぶなら呼べばいい。
ライブドアの上場廃止で株主はFXに移ったと堀江は言うが、それだけライブドアの株もギャンブルに
過ぎなかった事の裏返しではなかったのか。ライブドアとの和解で個人資産208億円をきっちり
払った事で「言われている程拝金主義者ではない」とわざわざ言わんでも....言わぬが花でしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-26 21:10 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

柏崎刈羽原発周辺の有権者は現実的判断
統一地方選で東電労組が14人擁立、逆風で東電ブランド出せず
脱原発派トップ当選も

統一地方選で原発を抱える自治体の結果が注目されましたが、反原発の市議も当選はしたが全体
として大きな変化はなかった。それだけ原発交付金は地域経済を潤しているという現実が浮き彫り
になり、理想と現実の折り合いとして経済の疲弊よりも安全対策の強化を自治体の住民は選んだ。
今回の統一選で東電労組は原発推進で動いている。電力総連が原発推進だから当然であるが、個々の
思いとは別に組織票は決して脱原発ではないですね。民主党の支持母体の連合傘下の東電労組なので
民主党に献金をし、自民党は東電の別ルートから個人献金を受けていた。
だから民主党も自民党も原発推進の国策を是認してきたが、安全対策は優先事項ではなかった。
原発について国民投票という声もあり一度やったらと思うが、原発に全く無知な有権者が感情論
だけで1票を投じても果たしてそれを国民の声と認めるか否かという問題がある。
これは反対派、推進派、共通の問題である。結局言葉は悪いが洗脳合戦になってしまう。
この世に絶対はないが、絶対安全と公言しなければ原発を建設できなかった国のブリーフィングの
まずさがあった。これはもう後の祭りなんですが、原発事故がこれほど日本列島や世界に影響を
与えると言う事をもう一度電力会社・国・日本人は再認識して原発の功罪を深く考察する必要が
ある。今の暮らしでアナログが地デジになりパソコンの性能が上がったり海外旅行に行き車買い替え
たりグルメを楽しんだりしても、今回の地震津波原発事故で一瞬でパーになってしまう。

被災地向け低利融資制度を検討 日銀、1兆円超規模
「日銀の国債直接引き受けは毎年行われていること」を御存じですか?

借金900兆円でデフォルト寸前と噂されながらの今回の大震災。しかし日銀は平静を装っています。
日銀は被災地域に低金利で1兆円融資を検討してますが、日銀による復興国債引き受けに対しては
門前払いの形である。衆議院の山本氏の「20兆円規模の復興支援の為の国債を日銀が直接引き受け
る」という案に対して「通貨の信認を失う。日銀はATMではなく通貨価値の安定維持が仕事である」
という立場上の見解である。しかし増税論議とともに緩和政策は避けられないだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-25 21:44 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

原発事故作業ロボット スタンバイOK! 千葉工大などが共同開発

遅いですね〜。もう一ヶ月と2週間経ちました。
初期の段階で投入すべきであったが、放射能対策を施していない日本製ロボットでは無理だった
かもしれない。政府も初体験でそれどころではなかったのも事実だろうが、原発事故の際に
遠隔操作できる機器をあらかじめ用意しておかなかった安全対策不備の人災である。
今回のロボットは原発用に改造しているので何とか仕事をやってくれそうであります。
未だ放射性物質に汚染されたがれきが散乱している状態で、敷地内のがれきを撤去する遠隔操作の
重機も使ってますが「立場上」東電の社員が操作をしなければならない。

今現場を仕切る東電社員および関連会社の作業員にとっては終わりの無い仕事である。
掲示板では東電社員のブログが叩かれ原発推進に関わった文化人や評論家が叩かれる。
東電の純資産は約2兆5000億円、総資産は約13兆円。国有化せず公的融資を国が補償し東電を
存続させて東電は収益から賠償金の一部を長期に亘って返済するようですが、国民にとって復興税は
まだしも電気料金値上げなどは納得できない話だろう(東京電力管内ですが)。
東電は給料の20%カットや大幅な人員削減を検討しているようですが、新聞・テレビと並んで
高給取りなんだから人件費が経営を圧迫する。しかし今後返済は何十年も続きます。
チッソは水俣病の補償で1973年から38年経った今でも補償は続いており、チッソの水俣病関連の
損失は総額2952億円になっています。
今回の東電の場合は桁がひとつ多いので、とてもじゃないが民間企業の手に負えるレベルではない。
今後も収益を出して順調に返済してもらわなければ国としても困るのだ。
復興と原発収束そして廃炉に向けた放射能管理。倹約と消費購買欲の両立。
難問山積みであり今迄の対岸の火事を見物する日本人では乗り切れないんだろうなあと
思う今日この頃です。意識を変えないと厳しいだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-24 21:45 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
東電に発電施設丸ごと貸し出し タイから船で運搬
節電目標一律15%で調整

このタイで眠っていたガスタービン発電機は三菱重工製なんですね。
昨日と一昨日は高層ビルのテナント13フロア分の専用部の蛍光管を外す夜間作業でした。
巨大なオフィスビルは警備や設備と連携して丸ごと節電する必要があるので、オフィスの中で
机の上以外で消せる個所をテナントと打ち合わせするワケですが、塵も積もれば山となるで都内の
オフィス面積の1/4でも蛍光灯を外せば全体として結構な節電になります。LEDがもてはやされて
ますが殆どはまだ蛍光管です。
東電がタイからガスタービン発電機含む発電所丸ごと無償貸与されて、その他火力発電の再稼働など
で当初の25%節電目標が15%に切り下げられる様ですが信用されません。
停電のリスクを絶対避けたいのはどこの会社も同じで、オフィスの一部を西日本に移したり始業時間
を早めるなど各社独自の節電を考えている様です。

サンデル教授「原発議論は民主主義の試金石」
ハーバード白熱教室

<サンデル教授>犠牲になる命を選べるか
「君は路面電車の運転手で、時速100kmの猛スピードで走っている。
 君は行く手に5人の労働者がいることに気付いて、電車を止めようとするがブレーキが効かない。
 君は絶望する。このまま進んで5人の労働者に突っ込めば5人とも死んでしまうからだ。
 ここではそれは確実なことだと仮定しよう。 君は何もできないと諦めかける。
 が、その時、脇にそれる線路、『待避線』があることに気づく。
 しかしそこにも働いている人が一人いる。 ブレーキは効かないがハンドルは効くので、
 ハンドルを切ってわきの線路に入れば、 1人は殺してしまうけれども5人は助けることができる。
 ここで最初の質問だ。 正しい行いはどちらか? 」

個人的にはこれは瞬間的な判断力の問題であり、ブレーキが効かないというのは本人の過失では
ないから一人轢いても五人轢いても殺人罪には該当しないが、瞬間的な判断であるにせよ待避線に
逃れ五人助かる方を選ぶとなると、待避線にいる作業員一人に対しては故意に轢いた事になる。
この場合犠牲になる命を選んだ事になる。本線をそのまま走った場合も五人を轢き殺し主観的には
そうである。しかし両方とも究極の選択であり情状酌量の余地大いにありとなって無罪が普通だと
思われるが、ライトを全灯にして警笛を鳴らしてそのまま本線を走る方が待避線に進むよりはマシ
だと思う。2択なら本線を選ぶ。
しかし世界の紛争地帯ではこういう事例は仮定の話ではなく現実の選択肢として存在する。
汚染地域の拡大を防ぐ為にデイジーカッターでその一帯を全て焼き尽くすという選択も。
哀しいかな強者と弱者の命の重さは違うと歴史が語る。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-23 22:07 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
菅首相の「謝意」各国の新聞に掲載 100億義援金の台湾除いた理由

昨今の中国富裕層による日本の不動産投資ブームで、彼らは日本人から見れば首をかしげる買い方
をしていたワケですが、原発事故で東京もヤバイとなると数多くの投資物件が売りに出された。
原発と地震津波と言う大きなツケを払ったものの、有象無象の中国人による見境がない投資も
これで少しは落ち着くかもしれない。
米中もこんな危なかしい日本列島を分割統治しようとする気も失せるだろう。
今回の震災で超大国から途上国まで日本に支援物資や義援金が届いた。
そんな中で台湾はアメリカを上回る130億円の義援金である。親日台湾の面目躍如ですが、
記事にある中国の3億4000万と較べれば突出している。
中国は義援金とは別に救援隊の派遣、3000万人民元(約3億6000万円)の援助物資とガソリン
1万t、重油1万tを無償援助してくれたが、それでも台湾には遠く及ばない。
中国人と台湾人の対日感の差が歴然として金額にも表れています。金が全てではありませんが、
金を儲ける事には必死だが賄賂以外金を出し惜しみする中共の国策でしょう。
人民に対して侵略者に募金しろとは「口が裂けても言えない」中共です。しかし国際的には何か
しないといけない。そんな事情の中国に頭下げまくりの菅総理はやっぱり変。鳩山さん以上に変。
日本政府は台湾と正式な外交関係がないと言って感謝状で済ましましたが、この期に及んでまだ
中国に気をつかう極左売国政権です。
義援金は日本人だけで1300億以上集まっているので他国からの義援金は気持ちである。
中国さん韓国さんアメリカさんイスラエルさん他世界128ヶ国の人達ありがとうですが、
それなら分け隔てなく謝意を述べるべきだろう。謝意にまで仕分けせんでも!

汚水処理施設5月末までに稼働 アレバ社CEOが会見

東電が正式にアレバに汚水処理施設を発注した様です。
それとは別に外付けの熱交換器を国内メーカーに発注したようです。
共沈法は「汚染水に特定の化学物質を入れて放射性物質を沈殿させた後、沈殿物だけを除去する」
ということで特定の化学物質は昨日紹介した金沢大学の粉末を使うのだろうか?
それともアレバ独自のモノか。5月末迄に稼働が目標とアレバCEOは述べましたが、米軍の放射線
専門部隊は結局何もしないで帰国したようなので今後は日仏連合主導のようです。
アメリカは原発監視に専念するようですね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-20 21:37 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
2号機収束工程表早くも壁 蒸気充満でロボット進めず
放射性物質捕まえる粉開発 汚染水を浄化も 金沢大教授らが開発

東電が国に出した工程表の期間は単なる目安に過ぎないが、実際に工程表を作成したのは
東芝・日立・アレバだと思われるので、原発推進グループとしての希望的観測である。
一番の課題は特殊フィルターで汚染水を循環させながら原子炉を冷やす水棺が本当にシステムとして
機能するかどうかだと思いますが、その工事も放射線レベルが今のままだと作業員は4,5時間しか
動けない。2号機の圧力抑制室の補修工事も94%〜99%の湿度では無理だろう。
段差もキャタピラーで苦もなく登れるという無人ロボットもレンズの曇りで立ち往生とは....
この辺が災害用の限界なのだろうか。軍事用なら赤外線センサーくらい当たり前に付いている。
結局数カ所の放射線量や温度湿度を計測するに留まった。
ロボット大国の日本も災害用ロボットはあるものの、原発に特化したロボットはないようです。
「そもそもそういう事故は想定しない」という前提があるので原発専用ロボの研究を怠った。
アレバの汚染除去専門家の意見はどうしたのだろう。アレバも想定外と言うのだろうか。
放射性物質を捕まえて沈殿させる粉を開発とは不思議なタイミングですが、本当に効果があるなら
放射性物質の拡散を防げます。この特効薬が実証されれば世界中から注目が集まるだろう。
収束の為のオプションは数十種類あるそうですが、技術の粋を試す総力戦になっています。
本当に技術力で収束できれば、日本から原発はなくならないだろう。
現在の原子力村の行政を一新してそれこそリスクを最小限に抑えて原発とうまく付き合って行く。

福島ごみ「受け入れるな」 川崎市に市民ら苦情2千件超
がれき30都道府県受け入れ意向 処理量最大281万トン

今回の震災で帰宅難民のサラリーマン達が整然と徒歩で自宅に帰る姿や、避難所で暴動が起きる
事も無い寡黙な日本人の姿が世界の人々を驚かせた。確かにそれは日本人の美徳の一部であると
思うが、裏では震災詐欺や被災地でさえ卑劣な犯罪が起きている事を忘れてはいけないだろう。
風評被害や差別は20011年現在でも確かに存在するのだ。
震災特需で利権談合が再び始まり復興需要で莫大な金が動く。それでも利権でも何でも良いから
一日でも早く復興に向けて動いて欲しいと言うのが被災された人達の正直な思いだろう。
それにしても一部の川崎市民の苦情は偏見と誤解で少し頭冷やして欲しいですね。
放射能で汚染されたゴミを運ぶワケないのにイメージ先行でそう思うんでしょうね。
震災のがれきは全国の都道府県が受け入れてやらないと東北3県だけの処理など到底不可能なの
だから、義援金もそうであるが受け入れるという声だけでも被災した自治体へのエールになる。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-19 21:28 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
原発「減らす・やめる」41% 朝日新聞世論調査

今日の参院予算委員会で私の大っ嫌いな社民党福島さんが「総理、原発を全て廃止すると言って
下さい」と詰め寄りました。福島さんの言ってる事は決して間違いではないが即決できる話では
ないことくらい政治家なら分かりそうなものである。
朝日の世論調査では「原発をやめる減らす」は41%で「現状維持と増やす」で56%と言う数字に
なってます。個人的には減らす・やめるが6割くらいだろうと思ってたので意外でした。
それでも2007年の同じ調査では「減らす・やめる」は計28%だったそうなので、4年前と較べると
かなりの上昇です。福島・岩手・宮城の3県の人達は調査対象でなくとも、原発よりも津波の脅威の
方が実感としてあるだろう。
脱原発のひとつとして風力発電がありますが、風車王国デンマークを例にとると現実には非効率で
ある事が次第に明らかになったと言われる。当初陸地に作った風力発電が意外と環境破壊やタービン
の騒音が狭い国土で問題になり、それ以降海上(洋上)風力発電に切り替えている様です。
ただし風車一機当たりの出力は小さくデンマークの人口540万人をまかなうために既に6000機以上
あり、設備を維持管理する電力の方が風力が生み出す電力より大きいという嘘みたいな話になってる
ようです。そのせいでデンマークは石炭火力発電への依存率が逆に大きくなっているそうです。
海中の基礎工事などコストの面でも高く付く。仮に日本で風力発電を推進しようとするなら
東京の人口約1300万人をまかなうだけでも莫大な数の風車を作る必要があります。
現在でも北海道や秋田や沖縄など全国で440機の風車が回っているそうですが、それでも日本の
総電力需要の一割も満たせない(2008年で供給実績は僅か2,8%)。
仮に風力のシェアを伸ばす為には1000機や2000機では足りないでしょう。そもそも土地が足りず
洋上に作るとしても太平洋沿岸はもはや無理です。
朝日の世論調査では「やめる」は2007年の7%から4ポイント増え11%に留まった。
「減らす」が21%から9ポイント増え30%。これだけの事故でも「やめる」は約1割。
原発問題よりも反原発活動のイメージの反映だと感じます。
社民党の支持率とかぶります。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-18 22:07 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
ハーバード白熱教室

NHKの討論番組(視聴者が参加する討論会)は時間があればテーマに拘らず見てた方ですが、
司会者がアナウンサーだとどうしても番組進行に拘り過ぎて堅苦しくて、参加者の選定基準が
何となくNHK的で話の結末が大体予想できたのである。
サンデル教授が昨年東大で初めて講義したのをNHKで見て以来好感を持つ様になりました。

昨日は「マイケル・サンデル 究極の選択 大震災特別講義」で、東京・上海・ボストンの
スタジオを結んでの講義であった(それぞれ8名で計24名)。
今回のような危険な任務には高額の報酬を与えるべきかというテーマでは、ボストンは与えるべき
が多く、次が上海。日本は義務と志願の二つの側面があり金の問題ではないというのが主流。
日本の消防や自衛隊は普段の給料に僅かばかりの危険手当が付いているだけであると日本から発言。
結局、富裕層は金を積まれてもそんな危険な所には行かないから、報酬と命を天秤にかけざるを
得ないのは貧しい人達であるという意見は上海と日本で多かった。それでもボストンの学生の中
には日本人の勇気と秩序ある行動に人間として深く共感したという声がありました。
今後の原発の方向性として、二つのシナリオがある。
1、リスクを最小限に抑えながら原発と付き合っていく。
2、生活水準を落としてもよいから原発を無くす。......どっちを選ぶか。
ボストンは8名全員が1の原発推進派で、上海と日本は3名が原発推進派、残りは2の反原発か
脱原発。高橋ジョージは2を選び「生活水準を落とす事が不幸せだとは思わない」と意見した。
ボストンから「飛行機が墜落して大惨事になったとしても飛行機は必要だ。大まかに言えば原発も
同じ」という意見が出ると、上海の女学生が「飛行機事故と原発事故はそもそもスケールが違う。
中国やアメリカにも影響が出る。人類全体の問題」と反論した。
今回の震災で世界中から日本へ支援の輪が広がっているが、中国からの支援は今後の日中関係に
良い影響を与える事ができるかというサンデルの問いには、上海、日本とも意見が分かれた。
民間レベルでは互いのイメージが良い方向に変わると思うが、政治的には変わらないという
意見が多かった。
サンデル自身は決して答えを言わない。哲学が根底にあるので、学生の答えからジャスティスの
領域へと誘導して行く。意見の相違で感情的になりやすいディベートをうまく指揮している。
ヒステリックな討論や退屈な討論会よりも、もう一度聞いてみたいと言う思いが残る
サンデル教授の講義でありました。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-17 21:04 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

菅より酷い?トンデモ発言連発…五百旗頭・復興議長は何者だ!

振り仮名ふってくれないと普通は読めません。
五百簱頭と書いて「いきおべ」と読む「左巻き」の防大校長が復興構想会議議長に就任した。
五百簱頭さんは日本は善い国ですと言ってクビになった当時の空幕長であった田母神さんの事を
「今なお誤りを誤りと認めることが出来ずに精神の変調を引きずる人のいることであると考えている」
と批判しています。拉致問題は大した問題じゃないと言い切り、靖国参拝を批判しアジア外交を
重視する左巻きの頭が防衛大学の校長であることは今更乍らの驚きであり、この様な人物に
何で議長を任せるのか理解に苦しみます。
原発の20㎞30㎞圏内は立ち入り禁止区域にして残念ながら十年単位で移住を進めるしかないと
思う。廃炉関連の施設も作られると思うが周辺の土地は環境問題の実験場にするしかないと思う。
土壌の改良も試されると言いながら100年で元に戻るかどうかわかりませんが、原発の今後を充分
加味しないと意味のない復興になる。もうこれで終わりというワケでもないのだから。
9,11のグラウンドゼロ跡地には2013年完成予定の108階超高層ビル「 One World Trade Center」
が建設中でありますが、今回は無駄金を使うモニュメントなどは必要ないのだから、
防災のモデル都市と骨子は決まっているだろう。建築家や都市計画の専門家が議長になるべきだろう。
大改造!!劇的ビフォーアフターじゃあないんだから「がれき」はないでしょう。
良い思い出ならまだしもフラッシュバックするだろう。
菅総理と同じく即刻辞めて頂きたい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-16 21:24 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
汚染水水位上昇移送前に戻る
仮設タンク設置進める=放射能汚染水の移送で-福島第1原発・東電

やっとこさ抜いた汚染水が元に戻った。頭を抱え込む状況ですね。
まるでシーシュポスの神話のように。神の怒りを買ったシーシュポスは山の頂きに大きな岩を運ぶ
という罰を与えられた。シーシュポスは渾身の力でやっと山頂に岩を運び終えるが、その瞬間に
岩は転げ落ちてしまう。シーシュポスは再び山を下り同じ事を繰り返した。
神の怒りを買った東電は危険極まりない放射能にまみれた汚染水を回収すると言う罰を与えられた。
東電は渾身の力で汚染水を回収・移設したがトレンチの水位は2日間で元に戻った。
覆水盆に返らずとも防災対策のエキスパートや世界の知が我欲を捨ててフクシマに結集すれば
収束できると個人的には思います。その経験が今後の日本社会の在り方に大きな影響を与える
事の方が興味がある。放射能の拡散よりも意識の変化の方がむしろ試されていると感じます。

夏の電力供給、5200万キロワット=ガスタービン設置などで増強ー東電

去年の猛暑は東京電力管内で6000万キロワットの需要があり、今年の夏も同程度と予測している
のでまだ1000万キロワット弱足りませんが、今年夏の電力不足に対して家電メーカーの中には
夏休みを1週間から3週間程度にする所もあるようです。ただし秋以降の祝祭日で調整するので
年間の休みは変わらないという。金がある人は海外逃亡ですね。日本にいない方が節電にも貢献
できるし、旅行会社は震災のマイナスを多少は補えるかもしれない。
中々そうもいかない業界もありますが、困った時はお互い様で日本の大手企業がまず見本を示して
国民も少しでも節電に協力すれば1000万キロワットは節約できると思う。
去年の猛暑は思い出したくもありません。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-15 21:25 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)