ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ロンドンに続いて、エジプトでも過去10年間で最大規模と言われる
同時爆破テロが起きた。またしても仁義なき無差別テロである。
遺憾の意も日本からだと何となく嘘臭いですが、イスラム社会のイメージは
悪くなる一方であるが、当然マホメットが悪い訳でもない。
マホメットはAD571年、アラビア砂漠の西南の地メッカで生まれた。
40歳頃にメッカ郊外のヒラー山洞窟で瞑想に耽りそこで大悟し、自ら予言者を
名乗り、散文詩形式のコーランを残し、ヨルダン川東方の地で60歳で死す。
五大聖教の教祖の生まれた順番は.....
老子(BC604年)→釈迦(BC565年諸説あり)→孔子(BC552年)→
イエス(AD元年)→マホメット(AD571年)となる。
これら教祖に共通しているのは、教祖自身が直接書き残したものはなく、
全て弟子が口伝により聞いた事を編集したと言う事である。
故に時として編集の段階で、弟子の個人的見解が入ると真理が変貌してしまう。

マホメット(ムハマド)は文盲だったそうだが、大天使ガブリエルを通じて
アッラーからの啓示を受け、それを弟子達が編集したのがコーランになったが。
「左手にコーラン、右手に剣」と言う言葉は、敵対する西洋人が作った
プロパガンダだそうで、過激なイスラム原理主義者には当たってるでしょう!
元来のイスラム教は寛大で、異教徒との結婚も認めている。
一夫多妻制度なんかは、戦争の繰り返しの中で、未亡人達を保護するための
互助制度であるらしい.....
イスラム原理主義は、キリスト教原理主義者と同じ穴のムジナであるが、
宗教的な厳格さを通り越して、過激なテロに走った為、今では悪の代名詞になって
しまった。アルカイダも元々は英米が訓練した少年達が大人になって寝返った
だけであり、兵器を世界中にバラまいた第2次世界大戦の戦勝国が、ツケを払わされ
ているのであるが、一般市民が標的にされると、どーにもこーにも防ぎ様がない。
昔に戻りたいのなら、彼等は砂漠の生活に戻るだけだが、欧米社会はそうは逝かぬ!
どっぷり浸かった似非文明社会を捨てる訳にはいかないのだ!
キリスト圏の国々は、意外と清貧の生活に戻りたくはないのである。

世界的な傾向として、民族主義に回帰しつつあるのだろうか。
最近の中国、韓国、北朝鮮の一見歩み寄りの空気は、コスモポリタンの到来どころか
ナショナリズムを彷彿させるもので、日本なんかはポツンと取り残された感がある。
イスラム圏の歴史や文明からすれば、建国230年の新興国アメリカが如何に
地球上で唯一のスーパーパワーであっても、月とスッポンである。
只、智慧あるマネーの虎は、石油でアラブを骨抜きにしたのである。
アラブの王制を守ってあげる代価として国際石油資本は利権を手に入れた。
アラブのバカ殿達がアメリカと縁を切れない以上、イスラム国家は反米の共同戦線
を張る事ができず、同じ事を繰り返すだけである。
約1400年前の価値観で動くムジャヒディン(聖戦士)に21世紀の頭脳は
どう対処したら良いのであろうか?
言葉は悪いが、ホント戦国自衛隊を見ているようである。
ブッシュ大統領も9,11テロの後、
「この十字軍によるテロリズムとの闘いは長い時間かかる」と述べています。
イスラム過激派が目の敵にするのも当然であろう。

※コーラン第1章(開扉)より引用......
〃慈悲あまねく慈悲深いアッラーの御名において。
 万有の主、アッラーにこそ凡ての称讃あれ、
 慈悲あまねく慈悲深い御方、
 最後の審きの日の主宰者に。
 わたしたちはあなたにのみ崇め仕え、あなたにのみ御助けを請い願う。
 わたしたちを正しい道に導きたまえ、
 あなたが御恵みを下された人々の道に、
 あなたの怒りを受けし者、また踏み迷える人々の道ではなく〃

.......12億のイスラム教徒は毎日ここを声を出して読んでるのだ。
ちなみに、アラビア語で書かれたもの以外はコーランとは認められないそうで、
この対訳も注解となるそうです。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-07-23 18:55 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)

夏と言えば透けるブラ。ブラと言えば対をなすパンティ(別名ショーツw)
パンティと言えば美しい双曲線を彷彿させるTバックと相場は決まってますが、
高坊の頃、瞑想中に迷走してしまい自分を見失った頃、スーパーのワゴンに山積み
になったパンティの海に五体投地したくなった衝動にかられた時もありましたが、
先日こんな光景がありました....
仕事帰り、新橋の地下道を歩いてた時、何やら、若い女の子と若い男が
腰を下ろして何やらゴソゴソやってたのです。
通りすがりに何気に見ると、男が「すいません」と言いながら散らかった雑貨を
女の子と一緒に拾っていたのだ。
どうやら、ぶつかった拍子に女の子のバッグが落ちて、中身が散乱したのである。
謝ってるという事は、男が一方的に悪かったのでしょう。しきりに頭を下げながら
拾っていたのです。と、ここまでは良くある光景でしょうが.....
その間にも通りすがりの若者達が、両手の指先をつまんでクイックイッと引き上げる
仕草をしてたので、良く良く観察してみると、女の子の尻が判決状態でショートカット
キーの様な黒いTバックが見えたのです。流行りのローライズのバンツから、
これみよがしに。。。私を観てという無作為の作為が......
すかさず私の五毒の中の欲に赤ランプが点灯し、私の瞳は心地良いシャッター音と
共に、女の子のケッツにロックオン♪ラジャ

しかしながら、その後が....
デートに行く途中だったのか、余程腹の虫が治まらなかったのでしょう。
拾い終わったと同時に、女の子がいきなり持ってたセカンドバッグで
男の横っ面を「バチコーーーーーーン」と、悪魔のようにシバイたのです。
そのバチコーンは快から不快を私にもたらし、人生は夢幻であると悟りました。
男は一瞬固まって、その場を逃げる様に走り去って逝きました。
若い茶髪の女と真面目そうな若い男の、人間交差点でした。
おにいちゃん。別に気にすんなよ。それしか今の私には言えません。
だってその女の子、凄く可愛かったんだもの....
本当はTバックを哲学しようと思ったのですが.....
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-07-16 22:43 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
d0000485_15535089.jpg


ロンドンの同時爆破テロから1週間。
昨日のニュースでは、パキスタンのイスラム過激派の線が浮かび上がってきた。
犯人とされる一人は学校の非常勤講師で、子供達から愛されていたそうである。
昨年インドに行った時、ヒンドゥー教徒は首を跳ねる時、一刀両断するが、シーク教徒
はノコギリで少しずつ切ると現地の学生から聞いた。シーク派の方が残虐だと言いたい
のでしょう。イスラムの大義の前では小我はどうでも良いのだろう。
世界の主流は未だパイは分かち合うものではなく、奪い合うものである。
東シナ海の日本の排他的経済水域における中国の石油ガス資源の一方的な開発を
見ても大国の価値観は揺るぎそうにもない(海の底では資源はつながってるのだ)。

世界の7割の人が何らかの宗教的信心を持っているにも関わらず、世界の価値観が
変わらないのは、宗教的な信心で世界は動いてないと言う事でしょう。
と言うよりも、同じ志を持つ者が10人中7人いれば動きは変わるが、信心にも更に
分別があり、愛や大義一つ取っても千差万別で、全く以て世界共通の宗教的な指針
が存在してない事が元凶にあると思います。結果、紛れも無く金で世界は動いている。
もっとも世界を動かすレベルでは、宗教に勝るとも劣らない個々の〃信じる心〃が、
世界を動かしてると言う事は疑う余地はありませんが。
アメリカとイギリスはアングロサクソンで、欧米圏は聖地の奪い合いで仁義無き戦いを
繰り返した十字軍のキリストの国であり、アラブの英雄サラディーンの敵である。
共通の教えも在りながら、怨念のDNAは先祖代々受け継がれ、
互いをエクスターミネイトするまでのエンドレスゲームになってます。
思春期に機関銃や手榴弾で遊び、戦闘機の爆音の中で育った子供達に、ノー天気な
国からのメッセージは本当に届くのか!と疑問に思った頃もありますが、それでも
発信し続ける事は止めてはならないのだ!
神風的な自爆テロは、旧日本軍のそれとは違う。少なくとも神風特別攻撃隊は
非戦闘員は標的にはしなかった。
イスラム過激派の自爆テロ志願者の若者達に、神風は影を落としているのだろうか。


d0000485_2123513.jpg

神風特別攻撃隊ビデオ「遺書」より抜粋します。
※決して神風賛美ではありませんので。。

■海軍少尉  享年24歳
洗礼をうけた時、私は死ねと言われましたね。アメリカの弾にあたって
死ぬより前に、汝を救うものの御手によりて殺すのだと言われましたが、
これを私は思い出しております。全てが神様の御手にあるのです。
神様の下にある私達には、この世の生死は問題になりませんね。
もう余り名残を惜しまなくてもよいですね。お母さんには何もかもわかって
いるのですから、あわてません。もう死んでもよいですね。
ここらでお別れ致しましょう。
特攻隊といってもたいしたことはなく、誉れでもなんでも無いですが、
お母さんだけは褒めて下さいね。惜しんで下さい。
市造は一足先に天国に参ります。天国に入れてもらえますかしら。
お母さん祈って下さい。お母さんが来られる処へ行かなくては
たまらないですから。お母さん、さようなら。

■陸軍少尉  享年24歳
人間の一生を長いもののように考えるけども、やはり短いものと想うのが
本当であろう。20歳、30歳で去る人は短命である。しかし、40歳、50歳に
しても短命である。さらに10年、20年生き延びたにしても夢の間である。
人生70古来稀なりと言うが、70必ずしも長命ではない。
結局人生はこの1日の命であり、この刹那の命であるに過ぎない。
秋の静かな一日を我が永久の命として生きる事を知らなければならない。
静かな秋の一日、生きる事のありがたさ尊さを知らなければならない。
貪るということは、金銭や物欲に対してのみ言われるべきである。
老いてなお死をおそれ、生きん事をのみ求むるも貪欲である。
世のため人のため一日でも長く生きる事を心がくべきであるが、さりとて、
只、生きんことをのみ願うものは、あさましい貪欲である。
一日生きても、人の心に永久の命を彫りつけて行くものもある。
かくゆう美しい心の人の存在は、10年20年の命と言えども、必ずしも短命とは
言えない。笠置山に召されてから、湊川に討死するまでの年月はわずか4年数ヶ月に
過ぎない。このわずかな4年数ヶ月の短い間に、正成は世間の名将たちの幾代分の
大きな仕事を成し遂げている。100年生き延びても、人生に対して何の貢献も
致さない人もいる。わずか43年の生涯に幾千年分の仕事を成し遂げた正成こそ
長命の人と言う事ができよう。

■海軍少尉  享年25歳
素子。素子は私の顔を良く見て笑いましたよ。私の腕の中で眠りもしましたし、
またお風呂に入った事もありました。素子が大きくなって、私の事を知りたい時は、
お前のお母さん、佳代叔母様に私の事をよくお聞きなさい。
私の写真帳もお前のために、家に残してあります。
素子と言う名前は私がつけたのです。素直な、心の優しい、思いやりの深い人に
なるようにと思って、お父様が考えたのです。
私はお前が大きくなって、立派な花嫁さんになって幸せになったのを見届けたい
のですが、若しお前が私を見知らぬまま、死んでしまっても決して悲しんでは
なりません。お前が大きくなって父に会いたい時は九段にいらっしゃい。
そして心に深く念ずれば、必ずお父様のお顔がお前の心の中に浮かびますよ。
父はお前を幸せ者と思います。生まれながらにして父に生き写しだし、他の人々も
素子ちゃんを見ると真久さんに会ってるような気がすると良く申されていた。
またお前の伯父様、叔母様はお前を唯一の希望にして、お前を可愛がって下さるし、
お母さんも亦、御自分の全生涯をかけて、只々、素子の幸せのみ念じて生き抜いて
下さるのです。必ず私に萬一の事があっても親なし児などと思ってはなりません。
父は常に素子の身辺を護っております。
優しく人に可愛がられる人になって下さい。お前が大きくなって、私の事を考え
始めた時に、この便りを読んでもらいなさい。
昭和19年○月吉日                 父

追伸
素子が生まれた時、おもちゃにしてた人形は、お父さんがもらい
自分の飛行機にお守りにしております。だから素子はお父さんと一緒に居たわけです。
素子が知らずにいると困りますから教えてあげます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-07-15 02:02 | 世界情勢 | Trackback | Comments(1)

現代の禅は壮絶な(以下略)と言うよりも、癒しの場に近いでしょう。
少なからずの瞑想の経験から言わせてもらえば、禅は動中の静、静中の動を
極める事ではないだろうか。相対世界をメタ認知する手法で、教えではない。
実際問題我々に〃現在〃というものは存在せず、過去が未来へと走っている。
存在しない筈の〃今と言う瞬間〃からの脱却を目指す事で、自分の発信源へと
遡ろうとする試みであろう。
正法眼蔵とは、答えは教外別伝、不立文字、無字真経で
眼横鼻直(アジナ)にありますよという事で、死を司る時間からの脱却であり、
永遠の生への入り口でもある。
無念無想を意識すれば無念無想に執着し、更には執着しない事にも執着する。
ありのままの自分で、あるがままに生きる事の何と難しい世の中でしょうか。
しかしながらLet it be

♪六祖慧能曰く....

達磨祖、西来の意、玄樞禪機の指破の他に何か事あらん。
堤唱、文藻を鏤め、行持、俗塵を脱落するも、即性是佛に道中の道あり。
目に一丁字無くも、骨髄の無文経は萬帙の蔵典を閲覧す。
風貌秀でず、襤褸を纏うも、現成の無位人に寳珠古鏡あり。
這箇点を凝念注視して大乗壁観せよ。洞壁に対せず、佛画に礼せず、
梵字を観ぜず、諸相観に頼らず。結跏趺坐は色身の座に非ず、面目の座に在り。
即擧即動、四時、本地に置いて随處に主と成る。
安心も茲に在り。守心も茲を離れず。信心も茲に窮む。
壷中に霊天地あり。只管入玄は三昧中の王三昧なり。

一を守りて守らず、守らずして守る執不執の間を執るを名付けて中道不二。
二見分別の虚妄を喝破し、忘機確執の雑論を嚇叱して、醍醐の珍寳を以心伝嗣す。
夫れ、道は眼耳鼻舌に非ず。青赤白黒に非ず。内外圓方に非ず。男女老幼に非ず。
一にして不可得、全にして不可得、而して全く可得。一に可得。
無に非ず、有に非ず、有無に非ず、非有に非ず、非無に非ず。
有を断じ、無を断ず。有為にして無為、有辺にして無辺、亦無辺にして亦有辺、
無辺に非ず、有辺に非ず。
常にして無常、有常に非ずして、無常に非ず。自性に非ず、他性に非ず。
無因に非ず、有因に非ず。一切時・一切境に在り。一時・一境にも在り。
生不生、滅不滅、一不一、異不異、来不来、去不去、二辺を抜きて中道に
至らしめるは、是れ大道。

無常を有常と為すは顛倒、無事を有事と見るは錯乱。実不実の戯論を闘うも、
聖諦の活計佛機を授記するに非ずんば、涅槃諸法も欺瞞なり。
般若の理趣は、方便に非ず、読誦に非ず、禪座に非ず、加持に非ず。
微妙法門の信解を大力とし、有余無余界の最勝慧智とす。
愚者に指を以て真を指すも、指に執らわれて義を悟れざるは末法の学徒。
元来、法に頓漸無く、人に利鈍有り。迷人は漸修し、悟人は頓修す。
末禪は漸悟し、本禪は頓悟す。元より迷悟不二、凡聖一如にして、
末後の一句を以て類生断じ、墜獄を塞ぐ。
家門に貴賎あるも、佛性に貧富なし。四趣・國王は同根にして、
かつりょう・佛祖は同性なり。

語録・公案幾千透破するも、心の糟粕を嘗むるが如く、詭弁を弄するに似たり。
剃髪、是れ出家に非ず。袈裟、是れ沙門に非ず。衣鉢、是れ法器に非ず。
寺は一身に在り。僧は自性に在り。印は心伝に在り。
禪浄即修するべし。虚空・西方は同界なり。理行を相応すべし。
学解・修証は同照なり。空観も頑空に偏らず、色不異空.真空妙有に中るべし。
空観も頑空に偏らず、色不異空・真空妙有に中(あた)るべし。
色を空ずるを以ての故に、色空に非ず、色性自ら空なり。空は無に非ず、
有は無に非ず。以て正真とす。空性の成り立つ處、一切が成り立つ。
道脈正統は、無念を宗とし、無相を体とし、無住を本とす。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-07-09 13:51 | 天道 | Trackback | Comments(0)

理天神によると、霊には中心に核なるものがあって、
霊速・霊質・霊格という3つのエレメントで構成されてるらしい。
一般英語では霊魂はspiritやsoulとか言った精神的な意味の大枠になってます。
この3つで構成される〃霊〃は本来は純陽体ですが、曇った魂魄がそれを包み込んで
おり、霊性を磨くと言うのは、霊に覆い被さった雲の様な魂魄の汚れを
徐々に浄化して行くという事で、霊性と魂魄は表裏一体で陽と陰の対になります。
核融合と言えば、丁度この記事を書いてる最中に科学の方の核融合に関する
ニュースが飛び込んで来ました。
国際熱核融合炉(ITER)、南仏建設で合意!というもので、
太陽は核融合を繰り返し、膨大なエネルギーを放出する原子炉と言われますが、
上のニュースは地上に太陽を作ろうと言う国際共同プロジェクトです。
日本とフランスの誘致合戦で、日本は青森県六カ所村を候補地に上げてましたが、
フランスに決まりました!

原子は原子核とその周りを回る電子で構成されますが、核融合とは原子の原子核と
原子核を衝突させ、別の原子核に変化させ大量のエネルギーを発生させる事で、
そのためには電子が邪魔だと言うワケで、まず物質の温度を超高温まで上昇させ
電子を飛ばし、次に原子核も同じ手順で高速回転(移動)させて、超高温状態
(プラズマ状態)の物質の原子核同士を衝突させるというものです。
電子も原子核もあまりの超高速移動で目が回り、己の存在を忘れてしまうのでしょうw
そして新たなるアインデンティティーを有する原子核の誕生となる訳です。。
核融合は核分裂に比べて核暴走が少なく、燃料の重水素は海中にあり、海で覆われてる
地球に合っている。そして安全管理が容易である事などが挙げられます。
「もんじゅ」などの核分裂方式の高速増殖炉は、技術的な問題と危険性から各国とも
見切りをつけてるのに、猛毒のプルトニウムを燃料に使い、プルトニウムを生み出す
と言う、燃料が燃料を生むという魔法の原子炉に、まだ少々の未練があるみたいです。
日本は今回、核融合炉の建設誘致は実らなかった訳ですが、積極的にスタッフを置く
様です。とりあえず、時代は分裂より融合と言う事で、、、

さて、この原子モデルを霊魂に適用するには少々無理がありますが、
〃魂を凝縮すれば巨大なるエネルギーを発する〃と言われ、それが輪廻の壁、或は
次元の壁を突破する力となるのであれば、全くの荒唐無稽とも言えないのではないか。
霊魂は物質ではありませんが、物質はエネルギーの集積体であり、霊魂も
エネルギーを生むのであれば、物質のような性質を有する〃物質ではないもの〃
と言っても良いかもしれません。融合と凝縮は少し違うのですが、
魂を凝縮するという事は、極限の集中力を一点に集める事ですが、普段何かに集中する
場合、大体において善悪や聖邪といった余計な意識は湧かないので、魂が曇りにくい。
凝縮された一点は、ブラックホール化し、それはワームホールで繋がった
ホワイトホールから吐き出され、異空間へと.......
勿論、〃巨大なエネルギー〃にするには、並の集中力では無理なのですが。。
素粒子には、「強い力」「弱い力」「電磁気力」「重力」と言う4つの力が作用
しますが、これらの力を運ぶ粒子がそれぞれ存在します。
日常に於いては、これらの力が相互作用し合った光景を我々は見せられているのですが、
一応これらは物理的な力でありますが、仮に宇宙が量子場であるならば、小宇宙である
人体の隅々まで同じ力が作用してる筈です。
常時、人の思念の波動は〃物質的構造〃を帯びて、極微の光粒子を放射し、
それが肉体や精神に多大なる影響を与えるらしいのですが、フォトンは電磁気力を
運ぶ運び手であり、電磁相互作用を引き起こします。人体が磁場である事は
知られてますが、特に血液は磁性に敏感であるらしい。
全身に力が漲るとか言う場合は、やはり波動がくまなく伝わる感がしますもんね!

天道が説く気天の中に地獄があり、気天地獄の中に宇宙が存在するという多次元構造
からすれば、物速を凌駕する霊魂の速度には運び手が在り、霊魂の質にはそれを左右
する六道霊が在り、霊魂の格にはそれを上げたり下げたりする六道霊が在る。
霊格や霊質に比例して霊速も上がるらしいのですが......
原子霊が核分裂するケースは転生においての四生(胎・卵・化・湿)に見受けられます。
人が死んだ時は、その人の魂のエネルギーはゼロなので、天国にしろ地獄にしろ、
その霊魂を霊界に運ぶ運び手が必要とされる。
肉体は消滅するので、霊界での〃意〃の作用は先天の情報ネットワークとリンクした
それぞれの霊界に存在する、あらかじめ組み込まれた場の中で行われるのではないか。
六欲天の霊達も食欲はあり、無形の気を食する。
次元が下がった人間界は有形の食物を食べる。
魂の凝縮には識神を活性化させる動と、明鏡止水の静がありますが、クンダリーニも
上昇すれば必ず下降し、一生座り続けるわけにもいきません。となると、
現代人は喜怒哀楽欲を中和する事が必要で、霊・心・体の三位一体が要でしょう。
結局バランスと言う事になるのですが。。本来の肉体であればこそ心も霊も
正しく載るだろうと言う気がします。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-07-01 20:25 | 天道 | Trackback | Comments(0)