ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


平成18年が始まったばかりですが、
ここ1ヶ月で今年1年を占う様な出来事が起きてます。

韓国のファン教授のES細胞捏造問題をめぐって感じたのは、まず第一に韓国での
ヒーローぶりであります。喜怒哀楽が激情的と言うか国民性が伺えます。
クローン技術は倫理的なハードルが先にクリアされるべきであるが、
韓国の「先走り」は、中国に蔓延する拝金主義と対を為すものである。
人を怨めと教育する国家が世界のトップになることは無理である......

先程中国政府が、国内の環境汚染が予想以上に深刻である事を認めましたが、
日本も含め、根幹が揺るぎ始めているのである。
その中国の経済特区を極秘訪問した金正日の頭に、環境問題など収まるスペースは
無いだろうと思いますが、マネーロンダリングが閉ざされた今、路線変更をしなけれ
ば北朝鮮は滅びるという現実を受け入れざるを得ないのではないだろうか。
お金がなければミサイルを飛ばせる事もできない。氣でミサイルを飛ばせるなら
話は別ですが。金に執着するものは金の奴隷になるだけである。

アメリカ産牛肉のBSE危険部位混入問題も、アメリカ側は一応謝罪はしたものの、
政府内でも対応が異なる。利権がらみの政治家は安全性を強調しなければならない。
日本では考えられない管理体制でありながら安全だと言うなら、ワシントンDCを
実験台にして貰いたいものである。ブッシュ発言はお話になりませんね。
日本人はアメリカ産牛肉を食べなければ良いのであるが、それでも吉野屋の牛丼を
心待ちにしてる人達も多いでしょう。安全性と欲望を天秤にかけましょう。
肉食崩壊の幕開けであります。

ホリエモンの逮捕とライブドアショックに関してですが、別にさしたる驚きは
ありません。若者に支持を受けてたと言われてますが、個人的には?
確かに世間に新風を起こしたのは事実でありますが、側近の宮内容疑者の、
「やっぱ、世の中金だよなぁ....」が本音ならば、彼等マネーゲーマーの成れの果て
であり、同情の余地は全く無く、頭は良いが大義も正義も持っていなかった様で、
こうゆう輩が日本の若い世代のトップランナーだと思われているのであれば、
錯覚であり、大いなる日本の恥である!
個人投資家にとってはショックだろうが、モノを作らないライブドアの影響が
市場全体を揺るがすのは一時的であろう。
世界を見渡せば環境汚染、六カ国協議や北朝鮮への経済制裁など、若者の視点で
見るべきネタがワンサカありながら、華やかな世界に躍り出たライブドアの戦略は
結果的には、ある女性漫画家が語った「面白いけど愛されない....だから失敗すれば
ザマァ見ろと思われる。つまり同情はされない」という言葉に尽きるだろう。
快適性や利便性に人間はすぐに慣れ、貪欲に次を求める。今本当に世界が求めて
いるのはそういう価値観ではない筈であるが、もしライブドアが再生するので
あれば、真っ当な方向性を持って欲しいという想いがします。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-01-24 23:16 | 国内情勢・世相 | Trackback(2) | Comments(0)

年末から正月にかけて、アメリカの人気TVシリーズの「24」をDVDレンタルで
シーズン3まで観ました。現在シーズン4を観てる所です。もうすぐシーズン5が
始まるそうですが。シーズン1を全部見終えるのに、何だかんだで半年も
かかりましたが、シーズン2とシーズン3は1週間で観ました。
一度ハマると早く次が観たくなり、本編42分だけを5~6時間観ると言うペースで。
ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドは、映画では親父のドナルド程の
印象はありませんでしたが、このシリーズはハマリ役だと思います。
俳優にギリギリまで脚本を知らせないというのも新鮮で、視聴者の予測を裏切る
結末がたまらない魅力ですね。
ジャックの行動を軸に、極限の判断を視聴者に問うという形を取ってますが、
いくら銃社会とは言え、人を殺し過ぎという感も否めません。
ヒーローは絶対タバコは吸わないが、テロリストを容赦なく殺すのである。
唯、日本の刑事ドラマや映画では、銃器のリアリティが全く伝わって来ないし、
警官が発砲してもニュースになりますが、あちらは国防大国なので、あらゆる
武器がお茶の間で閲覧でき、勉強になります。
アップルやマイクロソフトも試作品を提供してる関係で、最先端の監視システム
がイメージできるのも有り難い。

24時間という短い時間の中で、リンクするドラマを同時進行するという手法は、
無駄なシーンをカットしながら、ハイライトだけを観てる様な感覚に陥ります。
つまり視聴者は、見終わった後に考えるハメになるのです.....。
映画の様に1本でドカーンと来る感じはありませんが、ジワジワと引き込まれます。
一貫したテーマは、国家の安全保障の為には、個人の犠牲は止む無しという事で
あります。まぁ多くの国民が救われるのであれば、多少犠牲者が出ても致し方無い
という基本理念であります。家族のエピソードが散りばめられてるのも、ドラマに
現実味を与えている様に思えます。
NSAやCIAなどの情報機関が大好きな私にとっては、「グリッド」も含め
気になるシリーズであります。人種のるつぼのアメリカは世界の縮図で在る事は
間違いなく、アメリカの政府も企業も多国籍ゆえ、良い悪いは別としてモノの
捉え方がやはり日本とは違う。
しかし現況は、自分で蒔いた悪の種を始末せざるを得ず、苦悩そのものの
アメリカの業が見えて、例えハゲタカファンドが世界を席巻して巨万の富を得ても、
個人的にはそういう享楽を、羨ましいとか日本の脅威だとは全然思いません。
そういう心は最終的には淘汰されると〃感じる〃からです。
最も危惧すべきは、金を奪われる事ではなく心を奪われる事だからです。

ジャックもそうですが、究極的には自分が犠牲になっても良いという自己犠牲の
考え方は、決して東洋だけではなく世界共通の、広く言えば人間の潜在意識に在る
要素なのだろうと思います。私は自分で言うのも何ですが、自己犠牲は厭わないと
思ってます。実際その様な状況下で行動が取れるかどうかは断言できませんが、
とりあえずはそう言う信念です。勿論死に急ぐつもりもありませんが。
先日、新宿で生のレイザーラモンを見かけました。フォー♪
レイザーラモンは嫌いじゃありませんが、今の日本のTV番組が、お笑いタレント
の互助会になっている現状を鑑みると、日本人の洗脳も極まった感がして
TVの構造改革もこれから急がれるでしょう。
「24」を観てると、9,11同時多発テロ後のアメリカが少し見える気がしますが、
ジャックの行動を支持する意見と、支持しない意見の両方を常に対立させて、
視聴者に問う姿勢に好感が持てます。例えドラマの中で何人死のうと.......
日本では到底この手の番組を作る事は不可能でしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-01-15 19:29 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
明けましておめでとうございます。今年も宜しく!本年第1回目です。
それにしても寒いですね........日本列島カキ氷みたいです。
GDPを押し上げると言われてもですね....
いかんせん自然現象ですから仕方がありません。
氷河期も周期的に起きるものであるし、ポールシフトもその自然周期の
一つであるかもしれません。
ところで2012年は、マヤ暦で言う地球最後の年、或はDNAの変革を意味する
と言われておりますが、あと6年後ですね。意外と早く感じます。
社会的にも新陳代謝の時間が加速して、全く新しい価値観の変貌を遂げる時代で、
家電業界もIT企業が参入し家電再編。金融もメガバンクで再編。政治も大きな
再編が始まっていますが、その他にもジャンクDNAの秘密が解き明かされる瞬間
かもしれないし、宇宙人(有気気天)の存在が公式に確認される時かもしれません。
地球温暖化対策のひとつである京都議定書に参画しないアメリカや 、ロシア中国の
不健全な環境政策などに対し、時代は確実に地球規模の環境整備を求めています。
地球温暖化の〃極〃はまだまだ先の事だと言われていますが、地球の周期は
その文明の発達の度合いを全く無視するもので、予測がつきにくい。
しかし、世界が本当に一つにならざるを得ない環境と言うのが、軍事力も無力と
化す厳しい自然災害であると言うのは皮肉な話であります。衣食住のインフラが
何時の時代も優先されるべきなんでしょうが、システム障害が命取りになる前に
個々の中で忘れかけた、古くて新しく懐かしいものを地球全体に保存、コピー
して行かなければならないと、年頭に強く思う次第であります。

※天道の時間軸である一大元(129,600年)は以下の通りです。
α  (春) 膨張宇宙  子の会10,800年   気天創造
        ↓    丑の会10,800年   象天創造
陽       ↓    寅の会10,800年   原霊降世 
   (夏)  ↓    卯の会10,800年   
        ↓    辰の会10,800年  }輪廻
        ↓    巳の会10,800年 
   (秋)  ↓    午の会10,800年  ☆現在はここの終わりを移動中!
       収縮宇宙  未の会10,800年  ☆白陽天国(地上天国)
陰       ↓    申の会10,800年   原霊回収
   (冬)  ↓    酉の会10,800年   象天回収
        ↓    戌の会10,800年   気天回収
ω       ↓    亥の会10,800年   大混沌時代

現在は午の会から未の会への交替期にあります。
しかし、既に天界では弥勒が宇宙の総理の坐についており、イエスの生誕を
紀元元年ではなく、紀元前4年〜7年説を取ると、〃大まかな流れ〃としては、
既にミレニアム、地上天国の時代に突入している事になります。
勿論始まりの時代ゆえ、あらゆる種類の再編が行われる時代ですが、
この午未の交替期のピークが、2012年〜2013年のアース・アセンションになると
言われます。何が起きるでしょう.........
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-01-07 23:11 | 天道 | Trackback | Comments(0)