ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


今国会で、政府与党が法案成立を目指す共謀罪(組織的犯罪に関する共同謀議罪)
に野党が修正案を提出し、与野党間の継続審議となりました。
総じてメディアや日弁連などは反対の狼煙を上げております。
どうしても戦前の治安維持法とだぶって映るからでしょう。治安維持法は日本の
汚点だと思いますが、共産党関係者以外にも大本教や反政府言論者がやられたそう
ですね。昔は思想ひとつ取っても、へんな言い方かもしれませんが、死ぬ気で
自己の思想を貫いた人が多かったのではないでしょうか。
共謀罪は2000年に国連で採択された国際条約の「国際テロや組織犯罪に対する処罰法」
の締約国である我が国が遂行する法整備の一環で、拡大解釈の仕方で、一般市民や
宗教団体やNPOにも適用される可能性もあると言う事ですが、ジョークを言っただけで
御用なら、2chは成立しなくなります。
更には警察に通報や協力したら減刑されるケースも有りだという事で、スパイが
潜り込み易い監視社会になってしまうというのが、基本的人権を擁護する弁護士や
ジャーナリズムの解釈であり、国際テロなどの組織的犯罪の処罰法の一環であると
する政府の言い分とかなりのズレがあります。政府案のターゲットは日本国内に潜伏
している国際テロ組織および北朝鮮スパイや旧オウム関係者、そして市民団体や
労働組合まで拡大してますが、野党と何処迄で歩み寄れるでしょうか。

これとは別のサイバー刑法があって、ウェブ社会の発達で自己主張しやすい環境が
構築されつつある世界において、ネット空間の有象無象の言葉の洪水を追いかける
暇人が、警察にどれだけいると言うのだ!グーグルと権力が合体した時には、
自動検索でロクが公開されるかもしれませんが、そうなったら最後、自由を求めた
結果が不自由に辿り着いたと言う笑えない話になってしまいます。
政府案のサイバー刑法では、ネット上で監視したり、逮捕令状無してプロパイダに
個人情報の公開を要請できるとなってるみたいです。これは基本的にはサイバー
テロ防止策で、ハッキングやウィルス問題、更には昨今のネット詐欺や集団自殺や
過激な書き込み等が多発する現状を打破する方便でしょうが、人を見たらドロボー
と思え!と言わんばかりの社会は情けないですね。
それだけ今時のネットは魑魅魍魎である事もまた事実だと思いますが。
前回の「ウェブ進化論」の著者梅田氏の、ネット社会の善を強調した視点とは正反対
で、成熟の途中であるネット空間の悪ばかりが目を付けられている様ですね.......
民主党の修正案は、共謀罪を国際テロ組織や暴力団に限定すべきというもので、
サイバー刑法に関しては、プライバシー保護の立場から刑の範囲を狭める様に
提言しています。確かに言論や表現の自由は認められてしかるべきモノであると
思いますが、過激な言論や表現は守られるべきモノなのであろうか?
批判する権利は大事であるが、イスラム過激派にとっては、爆弾テロが言論と表現の
自由の結果である。

テロや銃犯罪が多い諸外国と日本とは明らかに事情が違う。
疑う事から始まる事に慣れている国外の諸事情と、信じる事に慣れ親しんでいる日本
とでは趣が異なります。弾を一発発射しただけでニュースになる国と、爆弾や銃が
簡単に手に入る国とでは組織犯罪のスケールも違うし、国のみならず組織自体が
多国籍に股がる現状では、組織犯罪に対する認識が全く異なるので、同じ共謀罪でも
諸外国と日本とでは、やはりイメージや解釈の仕方も違って当然だと思いますが、
私は基本的に民主党の修正案を支持します。
アメリカは事あるごとに自由や人権を唱えてますが、富める者の人権を守る為の
監視社会に既に入っていると思います。
日本政府は世界的な組織犯罪の手が日本にも波及しつつある現況を鑑みて、早めに
手を打とうとしてる訳ですが、早急な法案成立はやめて頂きたいものです。
後先を考えない言論と表現の自由も、自己責任の下で行うべきであると思います。
人の心が進化しないで、テクノロジーだけが先走れば監視社会になるのは自明の理
で、流れとしてはイヤよイヤよも好きの内..........
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-04-30 20:26 | 世界情勢

車内広告で目に止まった梅田望夫著「ウェブ進化論」を読んでみました。
検索エンジンのグーグルの構想を主軸に、ウェブ社会の可能性と問題点を示唆した
中々読み応えのある一冊でありました。
増殖するウェブサイトと無限大のネット空間。そして核となるオープンソース。
世界中の無限大の不特定多数の知を全て検索集積し、玉石混交から〃玉〃を効率よく
再編し、優れた知性を共有し世界を良い方向に導こうとするグーグルの試みは果たし
て成功するのか、否か!知性が生き物となって世界を駆け巡るのである。
著者に言わせれば、「インターネット神への信仰心」がグーグルの個性なのだそうで
あります。これはネット上にアカシックレコードのようなものを作ってしまおうと
いう考え方で、究極的には人間を介さず、テクノロジーだけでネット上の全てを
自動制御する世界を目指しているようです。勿論、情報を発信するのは人間ですが、
その情報に付加価値をプラスする役目をコンピュータに任せようと言う訳です。
全く価値のないと思われる情報でも、世界に一人でもそれを見たい人がいれば、
それは保存される。更には「富の公平な分配」を実現する為のネット上の経済圏を
確立したいようですが、これはリアルの企業組織の考える価値観を破壊するもので、
新しい創造の為の破壊であります。

リアル世界とネット世界の緩やかな融合を試みる新世代と、ウェブ社会の危険性と
脆弱性に危惧を抱く旧世代。テクノロジーで世界は変われると信じる世代と、
コンピュータは道具に過ぎないと揶揄する世代の静かな戦争が始まっているようで
あります。書き手のメッセージを、世界中の不特定多数と最大限共有できるシステム
をあらゆる角度から再構築する為には、当然言語の壁をクリアする必要がありますが、
グーグルも自動翻訳技術の開発に邁進してるそうです。
問題は国家権力の壁であります。小さな個々の塵がやがて巨大な山となり、人々が
不動の世界感を共有できた時、国家は何を思うのだろうか。
国家と言えば、仮に幸か不幸か国家権力の象徴であるエシュロンとグーグルが
合体した時、それは〃世界政府〃となるかもしれません。
エシュロンとグーグル。共にアメリカ発で衛星を保有し、巨大なコンピュータシステムで
情報収集に精を出し、エシュロンは世界を傍聴監視、グーグルは世界中の情報を
統御する。国防を担うエシュロンと新しい価値観を創造しようとするグーグルは新旧の
価値観を象徴するものであるだろう。
問題点の一つとしては、英語圏と非英語圏或は東洋との価値観の差であり、根っこの
部分が違う。この差を果たしてテクノロジーが補う事ができるだろうかという疑問が
あります。アメリカ発の仮想空間が反米勢力を駆逐あるいは凌駕できるかという点も
未知数であります。
魑魅魍魎のウェブ社会を、テクノロジーが神の視点へと昇華できかどうかは難しい。
大衆レベルで言えば、アメリカや中国や韓国のウェブサイトがどんなコンテンツを
発信しているのかを、その他の映像や音楽も含め誰もが日本語で簡単に閲覧できる
環境は凄い事で、その時初めてネットは既存のメディアを超えるんじゃないか。

〃大衆は愚かである〃というレッテルは権威側が2chなどの巨大匿名掲示板に
張りたがる傾向にありますが、玉石混交はリアルも同じなのであって、今迄リアルで
発信できなかった〃石〃も自由に発信できる様になりました。
石も磨けば玉になるのか、石は永遠に石のままなのかは、意見が分かれる処ですが、
「国家の品格」の著者藤原正彦氏は、〃国民は永遠に成熟しない〃と断言する。
〃過去現在未来において国民は世界中で常に未熟である〃と述べ、真のエリートを
育てる事が大事であると提言してます。人類の過ちは、結局の所リーダーではなく、
大衆の中にあったのではないかという訳です。
仕事の場がリアルからネットに移行しつつあるというのは限られた職種だろうし、
グーグルそのものが制度になれば話は別ですが、富の公平な分配を金融資本が簡単に
受け入れるとは考えられない。
2005年の世界のネット人口は推計で7億〜8億だそうですが、世界の総人口65億から
みれば、1割強であります。今から16年前の1990年に発信された「もし世界が100人
の村だったら」に較べると、えらく進歩したものですが、それでも世界には栄養失調
その他で苦しむ人達や、読み書きができない人達も億単位で存在します。
世界を変えるという壮大な試みは、この底辺の部分にも手を伸ばしてこそ、万人の
支持を得るものだろうと思います。
この本にも、発展途上国のコレラの問題をネット上で見ず知らずのプロ達が協力
し合って解決したという話が載ってますが、このような善意が実る環境が大事であると
思います。コンピュータを神へと昇華しようとするグーグルの心には賛同しかねますが、
弱肉強食をブチ壊す事も含めて、知性を再編成するという試みにはエールを送りたいと
思います。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-04-23 22:37 | 世界情勢

この問いにどうゆう答えを出したら良いのだろう。
人を殺しても全然構わないよ♪と言ったら、何人の人が簡単に人を殺すだろうか。
理由も無しに簡単に人を殺す時代だとしても、テロリストじゃあるまいし.....
これが、動物を殺して何故悪い?になると少しニュアンスが違って来ます。
犬や猫を殺すのは悪いけど、食肉用の牛豚鶏を殺しても誰も悪いとは思わない筈で
あります。多くの人が屠殺の現場を見た事がないからである。
今夜も食卓には挽肉料理が並んでいる事でしょう。
更にゴキブリ殺して何故悪い?と問われれば、いや構わんだろう....と言う筈である。
殺虫剤が堂々と売られている訳ですからね。ゴキブリにしたたかさは感じると
思いますが、ゴキブリの尊厳迄は普通は考えないでしょう。
こんな身勝手な人間様に、果たして命の尊厳や品位を本当に語れるのであろうか。

7年前の1999年、山口県で起きた母子殺人事件で、妻と幼い子供を当時18歳の会社員
に殺された原告の裁判が先日開かれました。原告は一審二審の無期懲役を不服として
極刑を求め控訴し、最高裁で口頭弁論が開かれ結審しました。
どんな極悪人にも弁明の余地を与えるという事は、法治国家として当然ですが、
被害者の人権より加害者の人権が重視される論調も一部目につきます。
私は原告と同じく極刑(死刑)を望む立場の人間です。

国家に人の命を奪う権利を委ね、自らの死を以て罪を償わせると言う法制度による
死刑執行が、全く苦痛も無く眠る様な処置の仕方であったら、死刑に対するイメージ
も変わるでしょう。喜怒哀楽欲の心中で心は絶えず反転し、愛したい抱きしめた
いが、瞬時に殺したい首絞めたいに変わる可能性を秘めています。
通常は理性のおかげでこの振子が短く弱いのですが。
アメリカでは公開で電気イスとか薬物投与ですが、日本の現行法は絞首刑であります。
首を吊って自殺する人は多いけど、時間を指定され強制的に首を吊られる現行法
は確かに受刑者にとっては恐怖であろう。ひっそりと執行されるのはある意味最後の
〃情け〃ではないだろうか。遺族にとって直後の感情は市中引き回しの刑にして
もらいたい筈でありますが、江戸時代じゃないのだからそうもいきません。
犯人の情状を慮れる遺族の方は少ないと思います。犯罪者の更生は保証される類いの
ものではなく、更生の結果は裁判官でも予測はできないからであります。
どんな理由であれ人を殺す事は大罪になりますが、殺人犯が必ずしも死刑になる
とは限りません。世間を驚かす極悪人でも懲役刑の場合は仮出獄ができます。

アムネスティによると、死刑制度を全面的に廃止している国はフランス・カナダ・
イギリス・オーストラリア・ドイツなど86カ国。軍事下など例外を除いて通常の
犯罪では適用しない国が11カ国。過去10年間死刑が執行されておらず、廃止の方向
にある国が25カ国。これらを合わせると事実上の死刑廃止国は122カ国。
これに対して、通常の犯罪に死刑を適用する国は、日本・アメリカ・中国・韓国・
北朝鮮・インド・エジプトなど74カ国となっています。
フィリピンのアロヨ大統領は国内の1000人の死刑囚を無期懲役に減刑しました。
世界的な流れとしては死刑廃止の方向にあります。
更生が望めない、或はそれ以前の問題の場合、司法は死刑を下します。
.私はイエスを愛し釈尊を敬い、老荘思想を嗜む人間ですが、それでも死刑制度は
存続すべきであると思います。誰にでも過ちを犯す事がありますが、罪を償う事の
意味を死刑制度は教えてくれ、最後の抑止力になると思うからです。
フランスやイギリスが死刑制度を廃止したからと言ったって、今迄どれだけの武器を
世界中にバラまいた事だろう。そんな事よりも武器の輸出をやめなはれ!と小一時間。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-04-20 20:09 | 国内情勢・世相

消費者金融大手のアイフルに金融庁の行政処分がが下りました。
取り立ての録音テープを聞くと、チワワよりドーベルマンの方が似合ってますね。
闇金のヤクザと何ら変わりのない口調です。
消費者金融は無担保で保証人もいらないから、身分を証明するものさえあれば、
銀行から融資を受けにくい自営業やフリーター、水商売や学生、高齢者も簡単に
借りられるのが特徴ですが、別にお金を借りる事が悪いのではありません。
皆、銀行ローンやクレジットなど何かしらの債務を抱えているし、必要に応じて
融資を受ける事自体はなんら咎められるものでもない。企業も銀行から借り入れる。
問題は〃簡単に借してくれる事〃だろう。銀行から相手にされない顧客を消費者金融
が根こそぎ奪っている状態で、最近は銀行がそれを真似しております。
行きはよいよい、帰りは怖い......怖いながらも借りりゃんせ、借りりゃんせ......
利息制限法の上限20パーセントと出資法の上限29パーセントの差は借入額が上がるに
つれて、重くのしかかってくる。業者にとっては倍々ゲームである。
利息の上限をめぐっての政府内で業者側と調整が行われてますが、平行線だそうで、
業者の言い分は、20パーセントまで下げるとハイリスクの客にはもう融資出来なく
なり、結果としてそういう客は闇金に走ってしまうというものであります。

消費者金融各社は、昔の〃サラ金〃のダーティなイメージを変えるため、
手を変え品を変え、親近感のある 罪悪感を感じさせないイメージを前面に出した
TVCMを打ち出しています。
今は銀行にしろ消費者金融にしろ、一度手続きをすればATMで何時でも融資や
返済が可能です。窓口で待たされる事もない。借りようか辞めようかの問題を
クリアしたら、後は利息が高かろうが、そんな事には皆興味がないのである。
不動産担保ローンは別にしても、悩む程でもない〃小金〃がすぐ借りられる事が
最大の魅力であります。銀行や民間のキャッシュローンで審査に引っかかる人達が
サラ金に流れて来る。それでも引っかかれば闇金に走ってしまう。
無間地獄の幕開けであります。返済が苦しくなって初めて事の重大さに気付く。
多重債務者は予備軍を含めると、推定で200万人はいると言われています。
これはサラ金利用者の1割だそうで、利用者の10人に1人が多重債務者と言う事で
あります。逆に言うと残りの9割の人は何とかやりくりしているのでしょう。
自己破産したり保証人になってトンズラされた人もいるでしょうが、借りたものは
返すのが原理原則で、最終的には自己責任であると思います。
アイフルを始めアコム、武富士など大手金融業者の社長や会長は、豪邸に住み
毎年長者番付けに載ってますが、業者ばかりに責任を押し付けて良いものだろうか。
多重債務の問題は、少なからず借りる側にも問題があるのだ。
闇金は論外だが、いくら高利とは言え、サラ金で窮地を救われた人もいるだろう。
もしかして逆に死なずに済んだ人もいるかもしれない。
問題は貸す側と借りる側の心理戦で、借りる側はサラ金が利息が高いと言う事を
知ってて、それでも借りざるを得ない事情があるのだ。
ギャンブルの為に借りるという輩は、別にサラ金がどうのこうのと言う問題では
なく、その人の人間性である。一旦借り癖に火が点いたらエスカレートしてしまう。

アメリカは年次要望書で、グレーゾーン撤廃を日本側に求めてるみたいですが、
これは消費者に金を借り易くさせろ!という要望で、別に善意ではなく、アメリカの
金貸しと競争させる為であります。金を回す事が自由経済の活性化の為だとは言え、
取り立ての録音テープでアイフルの社員が言ってた、
「上場一部だろうと二部だろうと借金取りに変わりはねえんだよ!ゴルア!!」
..........が業者の紛う事の無い本音でしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-04-17 16:23 | 国内情勢・世相

まず北朝鮮による拉致問題について少し述べておきたい。
他の国籍の人間をリクルートしてスパイに育成するという行為は、およそ諜報機関
を有する国であれば、多かれ少なかれ実行していると思います。
ただ問題はそのやり方であって、北朝鮮の行為は文明国とはあまりにもかけ離れた
直接的な〃人さらい行為〃であった。欧米の諜報機関の様に、言葉巧みに洗脳したり、
金や女で釣ったりするのではなく、海賊と何ら変わりのない野蛮な行為であります。
つまり、スパイという特殊な職業が映画の中の話で現実味を持たない日本人にとって
北朝鮮の行為は、その意味を理解するのに時間がかかった筈であります。
戦時中ならいざ知らず、青春の輝かしい時を勝手に奪い、何事も無かったかの様に
マスゲームに狂喜乱舞する北朝鮮は、60年間、時がズレている国であります。
アメリカも人権を主張してはいますが、諜報機関の歴史の中で当然叩けばホコリは
ワンサカ出ます。唯、膨大なネットワークと巨額の費用をつぎ込んでいるので、
世界をカモにできてる訳です。
北朝鮮の反米姿勢の言わんとする事は理解できない訳でもありませんが、
言葉に説得力が無いのである。会話の中身が意味不明でが噛み合わないのである。
まるで麻原を相手にしてる様なもんです。

拉致問題に関する一番の問題は、拉致家族の方達の希望と日本政府及び関係諸国
の胸の内が微妙に違う事であります。直ちに経済制裁をできれば、それに越した事
はありませんが、外交は柔らかい戦争であり、2国間だけの問題のみに留まらず、
関係諸国との兼ね合いもあるので、その辺の調整が非常に難しいのだと思います。
今回のDNA鑑定で、横田めぐみさんの夫が拉致された韓国人の可能性が高いという
ニュースが流れましたが、このタイミングでの結果発表は北朝鮮高官の来日に合わせ
たもので、我が国の強い意志を伝える方法としては、精一杯のやり方だったのだろう。
これが日韓の共同歩調に繋がれば良いと思いますが、ここ数年来、韓国や中国と日本
の関係はギクシャクしており、日本の拉致問題の為に韓国や中国がひと肌脱ぐとは
到底考えられません。
彼等にとっては、拉致問題より靖国問題の方が大事なのであります。
日本より遥かに多い拉致被害者(485人)を抱える韓国にさえ、北朝鮮の態度はそっけ
ないものがあります。日本に歴史認識を突きつける前に、かっての同胞である北に
何故噛み付かないのか不思議でありますが、韓国の場合は、同じ朝鮮人同士で南北
統一と言う大目標がある為に、〃大我を取り小我を捨てる〃と言う覚悟が見えます。 

対アジア外交にしても、肩書きを外し人間対人間で接すれば進展すると思いますが、
そこは互いの国家を背負った人間同士のぶつかり合いで、そうもいかない。
情で国家は動かせないと思うけど、アジア人にはアジア人しか理解し得ない何かも
絶対あると思います。元は同根の筈。
日本が靖国で折れて、その代わりに拉致問題を後押ししてもらうというケースも
考えにくいのであるが。北朝鮮にも韓国にも中国にも相手にされないとは何と
情けない国家に成り下がってしまったのだろう。中国は北京オリンピックを目前
にして、国際世論を相手にヘタな事もできない事情があります。
日本人がフランスみたいに大規模なデモができるなら、それが世界に流れるのですが
あまりにも情報過多で頭で先を読み過ぎて自己完結する傾向にあり、話せば解るに
落ち着いてしまう。つまり人が良過ぎるのである。
悪い事では無いのだけれど、弱肉強食の外交においては致命的な欠陥であります。

北朝鮮は失うモノは何もないのだから、アメリカの指図に従うつもりは無く、
核開発を断念するつもりは無いだろう。アメリカも中国が問題なのであって、
北がどうなろうと知ったこっちゃないかもしれない。地球上から北朝鮮が消滅しても
困るのは兵器商人くらいなものです(言葉は本当に残酷です)。
6カ国協議のテーブルに北朝鮮が戻らなければ、北はイラクの二の舞になるかも
知れません。いずれにしろ、日本・アメリカの強硬路線VS韓国・中国の対話路線の
図式は簡単にはひっくり返らないでしょう。我慢にも程がありますね......
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-04-12 23:16 | 世界情勢

女とガキがのさばると、ろくな世の中にはならない!と昔から言われておりました。
女性と子供は総体的に刹那的な欲情に流され易いので、それが台頭すると芯の無い
世の中になってしまうという事であります。
諸行無常の世の中で、極端に言えば、花は桜木、男は武士!で男は自分の人生と
照らし合わせて、一度綺麗に咲く事ができればそれで良しとするが、女は永遠の
美しさを求め、出来る事ならば散りたくはないのだ!
散り際の美的感性が、男性と女性とでは明らかに違うのだ。
先進国の女性化については、これは宇宙の流れが陽から陰、太陽の時代から月の
時代に移ってるので仕方が無い訳ですが、本来、この流れが正常であれば、作為的な
行動から無作為な作為、阿吽の呼吸、多くを語らずとも互いが解り合える。
更に進化して神秘的な力へと昇華する筈なのですが.....
心は地球を離れて宇宙を見据える筈だった。
しかし現実は、昔に較べ男女雇用均等法を始め、必ずしも結婚しなくても女性が自立
できる社会に成った現在、男性の力のみに頼る必要も無くなって、マルチメディアの
恩恵もあって、弱者もそれなりの発言ができるようになりました。
それに加えて子供も変に大人びてしまった様にも感じますが。

企業は女性向けの商品を次々と出し続け、コンビニ型店頭が増え24時間眠らない街
に住み 痒い所に手が届くサービスのお陰で、いたる処でメリハリが消滅していく。
結果として、今すぐ願望が達成できないとすぐキレる人間が増えてしまいました。
簡単に人を殺す少年も増して来ました。
TVキャスタ−はタレント化し、番組の多くは女性と子供向けばかり。
最近は報道番組さえ、大人が見るに耐えるものが少なくなってきた様に思います。
デジタル放送が始まり多チャンネル化しても、昔懐かし軽薄短小の時代が再びやって
来るのだろうか。境界線がどんどん無くなっています。
善くも悪くも変化は避けられない事ですが、残すべき境界線も失われつつあります。
電車の中で化粧をし、歩きながら食べ、携帯で地デジを見、パソコンを持ち歩き、
男が眉を剃り、ノイズにしか聞こえない楽曲が街を覆い尽くし、お笑いタレントが
TVを仕切り、それでも、もっともっとコミュニケーションを!と企業は嘯くのだ。
世界の見せ物小屋と化しつつあるこの日本に、今こそ本当の革命を起こす時である!
......と言ったところで、イデオロギーなど誰も関心がありません。
故に個人が実践できる道、道徳しか残されていない様な気がします。

確かに生活インフラの革命は進行してはいますが、危機感の無さは変わってない。
滅びる筈であった1999年から既に7年あまり。あの時は精神世界ブームでもあった。
ノストラダムスを始め、古今東西の世紀末思想が話題になりました。
オウムの残党にとっては今も時は止まったままでありますが.......。 
21世紀を迎え、9,11テロを始め紛争は更に複雑化し、加えて近年は異常気象が
目立ちます。当然ながら、常に危機感を抱いているのは紛争の当事国である中東や
それらの利権に絡む欧米諸国でありますが、この危機感は地球をトータルで捉えた
危機感では無くて、それぞれの国益に対する危機感ですから地球全体の未来とか環境
などとは全く無縁の話であります。
結局、世界のトップは地球の未来よりも今の国益の方が優先と言う訳です。
模範となるべく先進国がこの有様ですから、やっぱり歴史は繰り返されるのか?
できる事ならば、最後のニュースは聞きたくはありませんね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-04-10 22:29 | 国内情勢・世相