ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


9月の自民党総裁選挙を前に、福田康夫元官房長官の株が少し上がって来ました。
しかし、そうは言っても世論調査を見る限りにおいては、安倍氏が三歩ぐらい
リードしている事に変わりはない。他にも麻生氏や板垣氏も総裁選に向けて積極的で
あるが、それは次期内閣における自分の立場を明確にしたいからであろう。
いずれにしろ、総裁選は安倍氏と福田氏の一騎打ちになる訳だが、歳の差は18歳。
福田氏は70歳、安倍氏は52歳。二人共もの静かでハシャがないタイプに見えますが、
靖国問題に関しては対極を為す。福田氏は対アジア外交の修正の為には、靖国問題に
こだわる必要は無いと言う考えで参拝には否定的で、基本的には穏健派。
小泉内閣の官房長官時代もクールという印象が強かった。つまり中国・韓国・北朝鮮
とは話し合いで...というスタンスであり、拉致問題に積極的な安倍氏とは対象的である。
安倍氏は、他国からとやかく言われる筋合いの問題ではないと言う小泉路線を受け継ぐ
姿勢であり、基本的スタンスは強硬派。
唯、最近の靖国問題に関する世論調査では、次期首相は靖国に参拝すべきではないが、
参拝しても良いを上回っており、両者の差も縮まって来ました。
ここ2,3ヶ月で、靖国問題に進展の兆しが見えない場合は、安倍晋三氏は今回の総裁選
出馬を見送る可能性もゼロでは無くなってきました。

福田氏が総理になったら、中国・韓国・北朝鮮の言いなりになってしまうと言う懸念
は依然として存在すると思います。福田氏の路線で行くと、安倍晋三は親父と同じく
総理の座を逃す事になるかもしれません。
ゆえに総理を狙うなら逆に〃あえて厳しい環境の今〃しか無い様な気がします。
後は若手がどれだけ援護射撃できるかどうかであろう。
中国韓国の日本叩きは今に始まった事では無いが、ここまでの過剰さはなかった。
中国が経済力や軍事力を加速しているのは、アメリカの中国包囲網を牽制する狙いが
あり、その為に日本は恰好のスケープゴートになっている。
戦後の日本を評価せず、戦前の日本のみに固執する中国や韓国の首脳とは裏腹に、
経済界に於いては少しニュアンスが違うようである。恨みツラミで商売はできない
からだ。先日開かれた日中の経済界による環境問題に関するフォーラムで、中国側
は、省エネや環境ビジネスの先進国である日本を見習おうという姿勢を見せた。

毛沢東と中国共産党による文化大革命での数千万人の犠牲者、そして戦車で学生達を
轢き殺して逝った天安門事件。現国家主席の胡錦涛がチベット自治区の書記時代、
治安という名目で虐殺に手を染めた事などに対して、日本政府や日本国民が煽ったり
はしないのだが、それに較べたら小泉首相の靖国参拝など可愛いもんである....
と思うのですが、過去の歴史を反省しないのは中国の方であろう。
本来、中国13億の民の恨みの矛先は中国共産党に向かって然るべきであるが、
ここが未だに言論と自由の抑圧政策を取る一党独裁国家の実情である。
しかし、この一党独裁も、更なるネット普及でいずれ八方塞がりに陥る命運である。
何度も言われてますが、中国共産党が一番怖いのは自国民なのである。

安倍氏の〃日本として言うべき事はちゃんと言わなければならない!〃という姿勢が
対アメリカ外交でも貫き通せるか否かで、その真価が問われるだろう。
福田総理の実現は、どうしても〃また古い国会への逆戻りか?〃というイメージが
付きまといます。
アメリカや中国は、次期総理は安倍晋三氏になるだろうと読んでいるから、
中国などは牽制しているだけで、高官の発言も共産党のシナリオ通りである。
アメリカのハゲタカは虎視眈々と中国マネーを狙っているようですが、中国は
中国で、始皇帝の時代に遡るかのように、北京オリンピックで〃偉大なる中国〃を
アピールするつもりであります。そんな喰うか喰われるかの中、個人的には、
ノー!!と堂々と言える日本が誕生した時、世界がどういった反応を示すのかを
見てみたいので、安倍氏に一票!
小泉総理は、既存の匂いがしなかったから選ばれたに尽きますが、
安倍氏の若さと言動も、新しい匂いがすると信じたい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-05-30 22:59 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)

【フライトプラン】
映画を見逃したので楽しみにしてましたが、ジュディー・フォスターのいつもながら
の落ち着いた演技は安心感を与えてくれます。初めて彼女を見たのは1976年公開の 
ロバート ・デ・ニーロと共演した「タクシー・ドライバー」での家出して娼婦を
やってる少女アイリス役で、その時14歳で当時は天才子役とか言われていました。
その後スタンフォード大学に進みながら女優の道を歩み、現在は母親。
知性と強さを感じさせる私の好きな女優の一人でもあります。
羊たちの沈黙では囚人から顔にザーメンを投げつけられたり、パニックルームでは
トイレでの排泄シーンなど、時々ハッとするようなシーンをこなしますが、全然
イヤラシク感じさせないオーラが滲み出てます。
この映画の中で、9,11テロの話が出ますが、飛行機モノは久しぶりに見た様な感じが
して、殆どのシーンが飛行機の中というのも面白かったですね。
ストーリーそのものは奇抜ではありませんが、娘がさらわれたのを誰も気がつかない
と言った時に、私は機長や客室乗務員全てがグルだと思いましたが、そうではありま
せんでした。最後の方で乗客が「見た覚えが.....」と呟くあたりは、所詮他人事なんで
すかね。私に取って面白い映画とは、時間を感じさせない集中できる映画ですが、
ジュディー(ジョディが正確なんでしょうか)の瞳は何時間見ても飽きましぇん!

【プリズン・ブレイク】
主演の俳優は初めて見る顔ですが端正なマスクですね。
あちゃらの面々は頭の形が良いから坊主頭が似合います。
一時期、日本でも坊主頭にスーツという格好が流行った様な気が.....
冤罪で死刑寸前の兄を救うため、1Q200の建築技師である弟が、わざと罪を犯し、
兄と同じ刑務所に収監される。そこから知能を駆使した脱獄劇が始まる......
良いアイデアがあれば、如何に荒唐無稽であろうと、それを現実に映像化すると
言うのがTVシリーズとは言えアメリカの凄いとこだと思います。
もっともアメリカはあっと言う実話が沢山ありますが、上半身のタトゥが刑務所の
逃走経路とはこれ如何に!
「24」のジャックと違って暴力的ではなく、力よりも知能で目の前の壁を越えて行く
というのが、このシリーズのミソなんでしょう。
現実にアメリカは犯罪王国で懲役何百年という猛者も沢山いるらしいし、刑務所内
の待遇その他も日本とは雲泥の差であるという。少なくとも日本の様に更生させる
場所ではないらしい。VoL,4以降は6月にリリースだそうですが、「24」以来の
病み付きになりそうな悪寒が........「24」もシーズン5がもうすぐですが、ジャックの
髪の毛が伸びた事伸びた事......個人的には次のジャックを早く観たい!
何故なら、あらゆる意味で元気になれるからである!
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-05-25 21:23 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

ワールドカップドイツ大会日本代表のメンバー23人が決まりましたね。
1994年アメリカ大会予選でのドーハの悲劇、1998年の初出場フランス大会、
そして4年前の2002年日韓共同開催の時、それぞれに思い入れがありました。
野球もサッカーも熱烈なファンと言う訳ではありませんが、注目選手はメディアで
紹介されるので、つい報道に惹かれTV観戦してしまいます。
しかし、個人的には日韓共同開催の時が一番盛り上がりましたね。
勿論私もドーハの悲劇から10年以上歳をとったワケでありまして.....
カズが中山がラモスが天を仰いだ.....あの頃の日本代表は明らかに世界と較べて
実力の差があり過ぎたが、〃妙な面白さ〃があった様な気がします。
天才はいなかったが、気合いで何かやってくれそうな.....そんな面白さがあった。
時は流れ、中田や小野や中村などの世界に通用する個性が集まり出した。
それでも、まだサッカーの歴史の浅い日本に過大な期待を寄せるのはどうかな?と
思います。先日、TV出演した中田が言ってたような「楽しむ」事ができるレベルの
選手が増えて欲しいと思いますね。勿論ドイツ大会応援します!

その日本代表が(サッカー選手に限らないのですが)、日の丸掲揚で国歌斉唱の時、
君が代を口ずさむのであるが、まさか「天皇の世が永久に続きますよう〜に♪」
と思いながら口ずさんでいるワケではありますまい!
君が代の歌詞は、元は古今和歌集の詠み人知らずの詩だと言う説もあるそうですが、
戦前は君の事を〃あなた〃から〃天皇〃に変えたとされています。もしかして元の
内容は「好きな貴方と永久に暮らせますよ〜に♪」という内容だったかもしれません。
それはともかく、ボクシングの試合で、オリンピックの表彰式で君が代を聞く時、
その内容迄思い馳せ参じる人は稀であろう。
多くはノスタルジックなメロディーに仄かな郷愁を感じ取る程度である。
与野党間で、教育基本法改正案に取り込む〃愛国の態度〃で揉めてますが、
英語で言うパトリオット(愛国者)は如何様にも解釈できますからね。
パトリオットは民族主義者や国粋主義者などのナショナリストに容易に豹変すると
言われますが、和をもって尊しと為すが伝統の日本人にとっては、今更愛国心と言わ
れても正直言ってピンとこないのではないか。右翼をイメージするのがオチである。
個人的には、慈愛や友愛の心を持っていれば、その延長線上で国を地球を愛していけ
るのではないだろうかとも思ってますが、不幸にも戦争となると、愛国主義は国粋
主義にすり替わってしまう。愛する国や家族を守る為に闘うという大義名分は世界
各国共通で、そうなると愛国心は対立の無限ループから永遠に逃れる事ができない。
本当は国を愛する事よりも、人間を愛する事の方が大事だと思うのですが、これは
言うは易し行うは難しであります。
愛国と言う表現を使わなくても、個々にこの国を愛する術を持っているのではないだ
ろうか。水と安全が高く付く時代になったとは言え、我が国は他国から見れば遥かに
安全であり、文盲率は0パーセント、情報インフラも恵まれています。
愛国心を考える時「宇宙戦艦ヤマト」を思い出しますが、あれを見て軍国主義を第一に
連想するか、愛や勇気を第一に連想するかは微妙ですが、世代によっても違うだろうし
老婆心で終わってくれるのかワールドカップが終わってよ〜く考えてみます。
誰かの言葉じゃないけど、人生は悪いユーモアの連続だと割り切る手もある♪
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-05-17 22:26 | 国内情勢・世相 | Trackback(2) | Comments(2)

市場主義経済の加速で、貧富の格差が広がる傾向にあります。
成功したきゃ知力を尽くして頑張れ!それが勝ち組だ。頑張らなかった奴に
富は与えられない。そんな弱肉強食の社会に、皆そろそろ飽きても良い筈であるが、
世の中の潮流がそれを許さないらしい。
人間は霞を喰って生きている訳ではないから、何かしらの飯の種を持たねばならず、
畑を耕さない農耕民族になってしまった日本人は、狩猟民族のテリトリーで勝負を
余儀なくされていますが、幸せの価値観を心に置く日本人も未だ少なからず。

★既にネットで紹介されているので、御存知の方も多いと思いますが、
 ここに改めて御紹介致します。私の心の琴線に響きました.......
 ニューヨーク州立大学病院の病室の壁に書かれていた患者さんの詩だそうです......

  大きなことを成し遂げるために
  力を与えてほしいと  神に求めたのに
  謙虚さを学ぶようにと 弱さを授かった

  より偉大なことができるようにと 
  健康を求めたのに
  より良きことができるようにと 病弱を与えられた

  幸せになろうとして 富を求めたのに
  賢明であるようにと 貧困を授かった

  世の人々の賞賛を得ようとして 成功を求めたのに
  得意にならないようにと 失敗を授かった

  人生を楽しもうと たくさんのものを求めたのに
  むしろ人生を味わうようにと シンプルな生活を与えられた

  求めたものは何一つとして 与えられなかったが
  願いはすべて聞き届けられていた
  私はあらゆる人の中で
  もっとも豊かに祝福されていたのだ
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-05-14 20:50 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(4)

ここ2,3日格闘技が続きましたが、5月5日は亀田の日と言う事で、個人的には
亀田兄弟のパフォーマンスは〃大嫌い〃ですが、一応見ときました。
相手はかなり格下で、勝つのは当然で〃どんなもんじゃい〃と言われても......
K-1やプライドで魔裟斗や山本KIDなど、ある程度実力が伴ったビッグマウスが
受け始めて、マイナーイメージが強いボクシング界も、負けじとばかりにスターを
作り上げたいのか、異端である亀田一家をマスコミとタイアップしてエンタメに
押し上げてしまった。
具志堅や輪島の頃から較べると最近は、〃怖いもの知らずのイケ面タイプ〃が受けて
るのかもかもしれませんね。女性ファンが急増してますが、ファンも含め、上には
上がいると言う事を見ようとせず、逆に知らないがゆえの勢いがある。
試合前の不快感漂うパフォーマンスに較べ、興毅、大毅共に冷静な試合運びで、
確かに強いんだろう。メンタルな部分では親父の影響が大で、完全なスパルタで今時
珍しい親子関係だと思います。しかし、言葉使いまでは教える時間が無かった様で、
あの尊大な態度はどうにかならないのか!少し異常である。
応援に駆けつけた有名人は招待されたんだろうけど、周りの大人達は何も言わない
のだろうか。あのキャラで行こうという事なんだろうけど、不快極まりない!
礼節を著しく欠く、あぁゆぅ態度や言動は〃日本人の恥〃であります。
よって今度の世界戦においては〃ぜひ負けて欲しい〃と心から願います!
早い段階で負けた方が、本人にとって良いのではないか.....

確かに世界のスポーツ界で活躍するする現役選手は10代〜20代の若者が主流だ。
だから、19歳や17歳のプロ選手を悪戯に〃子供〃と言うべきではないのかもしれない。
しかし、社会人としてはまだ未成熟の年代である。
日本は外国と較べてスポーツバカを育て過ぎの感があって、現役を終えると大抵は
その分野の後身育成に進むが、外国では、引退後は違う分野に進むケースもあって、
選択肢が広い。極端に言うと日本は顔が可愛い→モデル、ケンカが強い→格闘技の
パターンで、モデル級のスタイル→しかし絶対に医者になりたい!と言うような
意外性が少ないので、皆似たり寄ったりの横一線。
亀田兄弟に迎合するマスメディアと亀田ギャルに、異常さを感じる今日この頃で
あります........やらせもイイ加減にせぇよ!と言いたくもなりますね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-05-07 21:11 | 国内情勢・世相 | Trackback(1) | Comments(2)