ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


予選リーグ突破成らず残念でした。お疲れ様でした!
ドイツとの親善試合での、つかの間の夢の後、マルタ戦で再び過去の悪夢が
蘇った感じでイヤ〜な予感がしたのでありますが、3戦全敗の結果でした。
個人的な想いとしては、4年前と何が変わったのだろうか!という一言です。
進化するのは日本だけではないのだから、世界を狙うにはそれなりの覚悟が必要だ。
「サムライ・ブルー」とは真の侍に対して失礼ではなかったのか!
本当の侍であれば、真剣勝負に命を賭けるのだから負ければ死、即ち引退を意味する
のですが、それだけの覚悟で挑んだ選手が何人いたのであろうか?
海外組の良い所が全然でなかったし、俊輔に至っては、いたのかどうかも定かでは
ない程、存在感がなかった。チーム自体がおかしかった。
最後、中田や中村、三都主は泣いていたのだが....

トルシエ、ジーコと......私はもう外国人の監督は辞めてくれ!と言いたいですが、
オシム監督に決まるのでせうか?
海外試合を組み易いといったメリットもあるんだろうけど、日本人の心の持ち様では
勝てないと言う訳でもないんだから、通訳を介すコミュニケーションなど不用だろ。
個人的には選手起用も含め、チームのまとまりの無さが一番のネックであったように
感じます。小野はどーも昔とイメージが違うんだが、稲本と同じで殆ど出番無し!
そして運が良ければ得点出来るかも?という相変わらずのFW不在。
中田はやはりチームの中心になるには、アクが強すぎる存在に思えます。これは、
中田自身が一番感じてる事だろうし、多分これで日本代表から自ら外れるだろう。
それから、体力不足とか言われますが、もういい加減終戦後の日本じゃないんだから、
それはないだろう。要は心の問題で、本番に向けたモチベーションの持って行き方の
差ではないんだろうか。戦乱や貧困で貧しく、ツギハギだらけのサッカーボールでしか
遊べない国と、いろんなスポーツを選択できる日本とでは、スタートから何かが違うん
だろう。たかがサッカーと、されどサッカーの中間層がまだ成熟していないのが歴史の
差かもしれない。サッカーは興奮しなければ楽しめないスポーツなのだろうか。
あるレベルまでは行くけど、そこから先を突破できないというのは、他のプロスポーツ
界、果ては格闘技まで当てはまりますね。
別に国なんか背負わなくても良いと思うんだけど、皆小さい頃からサッカーをやって
て、夢にまで見たワールドカップに出たんだろうから、良い意味で興奮しても良さげ
ですが、なんかニヤニヤして今イチこちらに気持ちが伝わってこなかった。
マスメディアの煽り方もいつもの調子で、「皆で盛り上げて応援しよう」と言う気持ち
悪い事ではないけれど、日本の実力をもっと冷静に分析して欲しかった。

しかしまぁ見てる分には言いたい放題言える訳で、これから先の人生に於いてプラスに
なるのは、勝っても負けても間違いなくピッチ上の選手達であって、我々観客は喜怒哀
楽欲の通過点を移動してるに過ぎないのかもしれません。
本当のWCファンにとって醍醐味はこれからで、日本代表はワンオブゼムで、実力的に
はまだ予選突破ラインにいるのかもしれない。
電通は今回のワールドカップの経済効果4800億円を、下方修正せざるを得なくなり、
株価も下がりましたが、日本の放映時間帯に合わせてオーストラリア、クロアチア戦の
時間を繰り上げたため、2試合連続〃異常な暑さ〃での戦いになってしまった。
視聴率の割には盛り上がりませんでしたね。私の周りは3戦全敗という予想が多かった
のですが。さすがにブラジル戦当日は、私も睡眠不足の侭仕事に向かいました。
予選敗退が決まった翌日からTVは横並びで日本チームの話題は殆ど語りませんが、
いずれNHKあたりが特集を組むでしょう。
しかし、WCはこれから本番ですな!太腿の太さが違うと思うのは気のせいか?
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-06-25 21:29 | 国内情勢・世相 | Trackback(3) | Comments(0)

    堀江被告「金さえあれば何でも買える!」
    村上被告「金儲けは悪い事なんですか?」
  ユダヤの格言「キャベツにつく虫はキャベツが全世界だと思っている」

  ロシアーーヨーロッパーーイスラエル(中東)ーーアメリカーー中国ーー日本
世界最大の未公開株投資会社カーライル・グループ、ユダヤ財閥やスーパーリッチ
集団、多国籍企業と世界的投資会社、いずれも地球を動かす錬金術師である。
ユダヤ4000年の歴史の中、後半の約2000年間は放浪離散の歴史であった。
ローマ人によってパレスチナを追放され世界中に離散したユダヤ人にとって、
唯一の財産はユダヤの戒律であった。16世紀、キリスト教徒から〃金銭にまつわる
仕事をする事は汚らしい卑しいことである〃と蔑まれたユダヤ人に与えられた仕事は、
金貸しやダイヤ磨きであった。ダイヤは命と等価であった。

この星は双頭の龍によって支配されています。
一角獣(ユニコーン)を象徴するヨーロッパ拠点のユダヤ系財閥ロスチャイルドと
666を象徴するアメリカ拠点のWASP系財閥ロックフェラー(ユダヤ人説もあり)、
ビル・ゲイツも足下に及ばない、この二大ウルトラ級財閥であります。
戦争をビジネスにし、対立する双方に資金投下したロスチャイルド、石油を筆頭に
エネルギー支配を目論むロックフェラー、慈善事業と金融支配を両立させ、この地球
を意のままに操つる彼らにとっては、国家さえも下僕となる。
生粋の軍人は、ある意味彼等の対立軸であるが、国家に忠誠を誓ってる以上、従わざる
を得ないのだ。このような絶対支配の価値観は、彼等を追随する新興財閥にも多大なる
影響を与えている。アメリカの財閥は当然移民であるが、ロックフェラーもヨーロッパ
本家のロスチャイルド200年の歴史からすれば、石油成金の新興財閥である訳ですが、
その石油成金が、100年後アメリカの政治経済軍事を裏で操るまでになり、「スカルズ」
に代表される東部エスタブリッシュメントのドンとしての鉄の結束は、アメリカ経済の
基礎を築いたロスチャイルドのお家芸である、金融支配のお株を奪うまでになった。
ブッシュ政権お抱え投資会社カーライル・グループの台頭はその典型である。

ロスチャイルドVSロックフェラーの図式は、日本の三井vs三菱の図式でもあり、
メガバンク再編を巻き込んで、舞台を次なるエネルギーの宝庫ユーラシア大陸、
そして中国へと移そうとしている。
100年後のエネルギー事情を考えれば、アメリカにとっても、サウジアラビアの石油に
頼ってばかりはいられない事情があるのだ。世界が平和になれば彼等は死滅する。
故に、絶えず地球上のどこかに対立要因を作り続けなければならない。
世界No1の総資産額を誇る東京三菱UFJファイナンシャルグループはロックフェラー
系の証券会社メリルリンチと提携。第2位のみずほファイナンシャルグループは同じく
ロックフェラー系銀行のバンク・オブ・ニューヨークと提携。
これに対して三井住友ファイナンシャルグループはロスチャイルド系投資会社
ゴールドマン・サックスと提携。野村証券もロスチャイルドと業務提携。
アメリカの証券大手の中でゴールドマン・サックスとリーマンブラザーズは、
ロスチャイルド系であり、モルガン・スタンレーやメリル・リンチはロックフェラー系
でありながら、アメリカユダヤの血筋も混ざっている。政略結婚を繰り返し血筋を
重んじる彼等であるが、〃無国籍金融資本〃というスタンスから〃世界政府〃を目指し
ているのは明らかである。共存共栄の流れとはいえ、これらの提携や融合で恩恵を
受けるのは社会ではなく、投資家であり、富める者はさらに潤い、貧しい者は更に
貧しくなるというだけの事である。
これは日本国民に限った事ではなく、アメリカ国民にしても同じであろう。 
ロスチャイルドと手を組んだトヨタの世界戦略と、中央アジアの天然ガス油田に手を
延ばす石油メジャーを排除したロシアのプーチン大統領。いずれも水面下での覇権争い
がある。バブルまっしぐらの中国は、体制を温存しながら資本経済の恩恵を受けようと
無茶な目論見を画策していますが、旧ソ連共産主義を陰で支えたと〃される〃
ロックフェラーは、ブッシュ第2期政権にチャイナ・エキスパートを送り込んだ。
果たして歴史は繰り返されるのだろうか?
ロスチャイルドと日本連合vsロックフェラーと中国連合の図式が見え隠れしますが、
我が日本は不確定要素の日米安保の枠組みに困惑しつつも、ユダヤと皇室の奇妙な
因縁を絡めながら、ロスチャイルドという〃伝統〃と手を組む事になるだろう。
日露戦争の時、その資金を調達してくれたロスチャイルドとの縁は生きているのか!

18世紀を生きた初代マイヤー・アムシュル・ロスチャイルドの出発点は、
5人の息子達に遺した3つの家訓、「協調」「完全」「勤勉」であった。
遅れること100年、19世紀を生きたジョン・D・ロックフェラーは、
「金の奴隷になるのはヤダ!」と、乗っ取り買収を繰り返し、石油で財を築いた。
引退してからは、生涯慈善事業に尽くしたと言われていますが.......
両者ともスタートラインは、貴族や上流社会とは無縁の存在でありましたが、
親から子、子から孫へと負の遺産は、札束と共に地球上を徘徊するようになった.......
ユダヤ人の陰謀と声高に叫んだ所で、話は先には進まないし、現に我々は彼等の
作り上げたシステムの中に生きている。このシステムが厭だ!と言うのであれば、
世界恐慌を含む、金融システムの崩壊をも受け入れる覚悟が必要である。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-06-13 14:14 | 世界情勢 | Trackback(1) | Comments(0)

■新約聖書(新改訳) ヨハネの黙示録13章11~18
『また私は見た。もう一匹の獣が地から上って来た。それには子羊のような2本の
 角があり、竜のようにものを言った。この獣は、最初の獣が持っている全ての権威
 をその獣の前で働かせた。また地と地に住む人々に、致命的な傷の直った最初の獣を
 拝ませた。また人々の前で、火を天から地に降らせるような大きなしるしを行った。
 また、あの獣の前で行うことを許されたしるしをもって地上に住む人々を惑わし、
 剣の傷を受けながらもなお生き返ったあの獣の像を造るように、地上に住む人々に
 命じた。それから、その獣の像に息を吹き込んで、獣の像がものを言うことさえ
 できるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。
 また小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、
 奴隷にも、全ての人々に、その右手かその額かに刻印を受けさせた。
 また、この刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、
 だれも、買う事も、売る事も出来ない様にした。ここに智恵がある。
 思慮ある者は、その獣の数を数えなさい。その数字は、人間を指しているからである。
 その数字は666である。』

666と言う数字は、日本人にとってはあまり馴染みの無い数である。
新約聖書のヨハネの黙示録に述べられる獣の数であっても、キリスト教徒や
精神世界に興味のある人を覗いて、普通の人は、13日の金曜日と同じで、昔の映画
オーメン(6月6日リメイク公開)で知ってるくらいである。
イスラム教徒や仏教徒に至っては、新約など関係ないから666の数字などどーでも
良いのだ。それこそ世紀末やノストラダムスブームの頃は、バーコードにある666や
ロックフェラーセンターの666など考え込んだものですが、あれから随分と時は流れ、
ゴールドマン・サックスのCEOがアメリカの財務長官とは....黄金の牛は死なずか!
ライブドアや村上ファンド問題で、両氏がスケープゴートにされたと言うよりも、
堀江・村上両氏の価値観が変わってくれる事の方が、日本にとっては大事であろうと
思います。金の亡者の天下は砂上の楼閣であると伝播される時代になっても、
「人の不幸は蜜の味」と大方の世の中は冷めきってますね。
認証システムなどのセキュリティの進化は、世の中がヤバ過ぎる所以であって、
仮に善人だらけなら、そんなモノは必然ではなかった筈である。拝金主義に邁進する
世の中は、悪魔がイエスに囁いた「貴方が私にひれ伏すなら、この世の栄華を全て上げ
ましょう」と言う言葉通りになっている訳ですが。
最近、ある聖書研究家が獣の数は666ではなくて616であったと立証したそうですが、
真偽の程は定かではない。我々にインプットされた獣の数のイメージは666である。
666は3つの6で弥勒(ミロクは369でもある)とも読め、666の反キリストは弥勒
と言う事になりますが、100歩譲っても弥勒が悪魔や反キリストである訳も無い。
額と手に押される刻印については、動物の管理などに現在使用されているマイクロ
チップや、実用が近い一括管理システムのICタグなど、果ては許認可制度、を表すとも
言われ、監視システムを受け入れる人間が獣になる訳です。
少し心霊的な部分を加えてみると、弥勒の世の到来を命題にし、天命を標榜する天道に
当てはめると、天道は弥勒を宇宙の総理と定め、得道の際、〃アジナチャクラ〃を
点破され〃三宝〃を与えられます。しかし、これは東方の御使いによる〃聖なる印〃
ですが、この部分が誤解される部分でもあり、天道が反キリストと誤解される一面で
あります。

★この点については昔、道親(得道者)が理天神に質問した事があります。
人「聖書の中の666の数字を、つい天道と誤解されやすい記述があります。
  これについてはどうでしょうか」
神「ヨハネの黙示録には、666の数字を額と手に記された者が獣に支配されたとある。
  然れどそれは天道の事では無く、その事については、もう一人の御使いが生ける
  印を持って東方から現れ、『天と地よ。吾下僕に全て額に印する迄は害なっては
  ならぬ』の言葉あり。後程、聖書を読みて捜すが良い。これ如何に」             
    ※同じく、これは壮大なトリックだと言う人がいます。
    気天神でもある陰陽師の〃安倍晴明〃その人であります。

☆霊界通信     安倍晴明      平成18年5月25日(木)   
聖妙善院・退魔山に弥勒大仏が御鎮座された事を機に、弥勒の世の大計は
発動しました。禄存宝珠護摩供挙行により、龍蛇系と不成仏霊の因縁渦巻く木曽三川
を解放し、念が作りし障壁を打ち破りました。次に八大明王護摩供にて徳川家が支配
する阿修羅霊、四生霊の巣窟である群馬を解放しました。
これらの挙行地は退魔山・弥勒大仏から北東へ一直線上へ繋がります。
北東の方角は鬼門であり、四生霊・最下層霊の通る巨大な道です。
護摩挙行地は、この鬼道の通る中でも、最も因縁が深い地であり、霊的な壁を解放した
事により弥勒大仏の光をめがけ、より多く霊団が退魔山、そして玉皇山に集結する事に
なります。また今年西暦2006年6月6日は、666(ミロク)が出現いたします。
西洋では黙示録の数字として恐れられていますが、それは弥勒の世到来に反対する
陰極霊団が仕組んだ、最終的な暗黒支配の大計。
しかし、東洋の暦では皇記2666年は丙戌歳、三碧木星が中宮に座する歳でございます。
そして鬼門に六白金星、裏鬼門に九紫火星が座しますので、鬼道線上に三六九(ミロク)
が完成します。三六九が霊団の通り道である鬼道を照らします。
太陽神の皆様の器次第で、よりこの光は強まり異次元封鎖の結界がより強大になる
でしょう。玉皇山弥勒大仏より鬼門にあたるは天通収円壇。そして裏鬼門に稲荷山、
弥勒宮。裏稲荷を表に転換させるべきは、玉皇山、最高の風水条件を活かした秘法の
護摩。そして皆の結集力が最大の要となります。

<注釈>
今年は西暦で2006年6月6日、東洋の暦でも皇記2666年と、西洋と東洋で666が揃い、
これは西洋と東洋の対立を意味するそうです。
方位盤で言うと、今年平成18年は中宮に三碧木星が座し(540年ぶりだそうです)、
鬼門(東北)に六白金星、裏鬼門(西南)に九紫火星が座す。
よって三と六と九(ミロク)の組み合わせが完成します。
その他の方位に座すのは、北が八白土星、南が七赤金星、東は一白水星、西は五黄土星
西北は四緑木星、南東は二黒土星となります。
天道の護摩供は、この四国(死国)にある退魔山→木曽三川(水害で多くの人が亡くなった)→群馬という東北西南ライン(鬼道線.....霊道)を狙って挙行しております。
この護摩供による〃弥勒の光〃が救いの光で鬼道を照らす役目を担うという訳です。

長年言われ続けてきた弥勒下生は何も人間に生まれ変わって来るという訳ではなく、
弥勒の光が地上を照らし始めるという事ですが、戦い今だ終わらずの様相です.......
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-06-05 22:12 | 天道 | Trackback(4) | Comments(2)