ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


「女性は産む機械......」柳沢厚生労働相の失言が波紋を呼んでますが、安倍内閣は
どうにもこうにもまとまりの無い内閣ですね。内閣の支持率が低下の一途を辿っている
中で、閣僚の本音というか失言が相次いでますが、安倍内閣はチームワーク悪いすね!
久間防衛相と同じくタイミングの悪さというか自覚の無さというか。公人としての発言は
影響力がある事にもっと留意すべきだろう。辻元議員に全国の女性の代弁をしてもらい
たくはありませんが、もし辞任が無ければ次回の参院選に少なからず影響がでるだろう。
安倍総理は辞任する必要はないと言ってますが、いずれ本人が辞意を申し出るだろう。
高い見識と人間性或は分別ある言動は必ずしも比例するものではないが、柳沢大臣の
細君はどう言う反応をしているのだろうか?
森前総理の「大阪は痰壷だ!」発言よりもインパクトがある。ある意味女性を味方に
つけてた安倍内閣は全国の女性を敵に回す事になった。本来なら大事な予算審議を
〃この程度の例え違い〃で中断するのはバカバカしいと思う向きもいるだろう。
与党も野党も相手のあら探しに必死だから問題がデカクなるのだ。
只、美しい国作りを標榜する安倍内閣にとって、「女性は産む機械である」は女性蔑視
の汚い言葉である事は間違いない。飲み屋で酔っぱらってるんじゃないんだから、政治家と
しては品性を疑う発言です。もっとも政治屋は人間性よりも頭脳と体力が優先する。
政治屋に品性を求めても無理であるが、朝日のCMじゃないが言葉は暴力である。
同じ自民党の高市早苗内閣府特命担当大臣は「不妊症で子供を産めない自分は不良品な
の?」とコメントしましたが、たった数秒の音の波が徐々に巨大な波紋を作っていく。
解ってらっしゃると思いますが人間は機械じゃないですよ、柳沢さん。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-31 20:59 | 国内情勢・世相 | Trackback(1) | Comments(0)

仕事が朝早いので最近はカーラジオ以外聞きませんが、昨日テレ朝で深夜ラジオの
事やっててFM東京のジェットストリームの特集をやってました。小学生の頃から深夜
ラジオを聞いてた私は、在りし日の城達也ナレーションのジェットストリームもお気に
入りでした。癒される番組でそのまま朝がこなければと思う日々もありました。
海外旅行が高嶺の花だった高度成長期の時代からHISの時代へと。
夢は遠ければ遠い程いいのだろうか。叶う夢叶わぬ夢。
記憶の中でしか生きられない私達でありますが、どうせなら思い出したくなる様な
記憶に包まれたいですね。


        ※ジェットストリーム オープニングナレーション※

遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。
満点の星をいただく、はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことで
しょうか。光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞳に浮かんでまいります。
日本航空があなたにお送りする音楽の定期便ジェットストリーム。
皆様の夜間飛行のお供をするパイロットは私、城達也です。 
              
            α and ω

遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の白頭山に心を休める時、
はるか雲海の上を轟音を立て飛んで行くテポドンは、たゆみない朝鮮民族の営みを
告げています。悠久の山岳地帯の底でゆっくりと燃料を注ぎ込めば、亡き親父の物語も
聞こえてくる、夜の静寂のなんと饒舌なことでしょうか。
アメリカ帝国主義と隷属日本の崩れ行く姿が瞼に浮かんでまいります。
高麗航空があなたにお送りする音楽の定期便ジェットストリーム。
皆様の夜間飛行のお供をするパイロットは私、金正日です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-26 23:37 | 国内情勢・世相 | Trackback(1) | Comments(0)

昔は給食費が払えない程の貧しさもあっただろうが、文科省の調査で経済的な問題が
33パーセントと言う数字はにわかには信じ難い。60パーセントは保護者としての責任感や
規範意識の問題とありますが、そんな親には銀行口座差し押さえでも何でもやって欲しい
ですね。子供に罪はないが、そんな親の背中を見てもロクな大人には育たないでしょう。
いっその事給食など辞めて弁当にすれば良いと思いますが、やはり一応の栄養バランス
を考えた学校給食の方が、バカ親が作る弁当より子供の成長には良いのだろう。
22億円のマイナスなら人件費光熱費食材費など含めて当然給食全体の質が下がる。
関東だけで3万人超で約6億円の未払い。
バカ親達は日の丸掲揚反対程度のオブジェクションで反旗を翻しているつもりだろうが、
全国の子供達に影響を与えてる事など考えちゃいないだろう。
それこそ半径5メートルしか物が見えていないのだ。義務教育を受けさせてもらってん
だから昼飯代くらい払えよ(笑)...........親の顔が見てみたい。
何で担任が給食費を回収して回らなきゃいけないのでしょうか?
もっと担任にはちゃんとした事やらせろよ。
教育の本質が失われ、こう言うバカ親が増殖しまくると、その背中を眺めて育った
〃立派なクソ餓鬼〃が製造されるのだ。
学校は集団生活の礎、そして家庭では人としての礎を教えるものだろう。
もしちゃんとした考えがあって給食費を払わない!と言うなら、せめて払わない理由を
自分の子供に説明して弁当持たせろ。周りの子供達が給食喰ってる中、自分の子供だけ
が弁当という状況を容認するだけの気概があるんだったら、それもいいんでないかい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-24 22:45 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

小学生の時の夢が〃政治家とお笑い芸人になる事〃だったと言うそのまんま東さんが
宮崎県知事に当選しました。ビートたけしの〃たけし軍団〃時代から見てますが、
不祥事を契機に生き方を変えたらしい。今回の選挙は無党派層だけではなく自公民や
民主、果ては共産党支持者からの票の流れがあったというのが政界にとってショックを
与えたそうですが、地方と国政の違いはあっても7月の参院選に少なからず影響が出る
かもしれません。ただ無党派層の台頭はあまり良く無いと言う向きもあります。
実績よりも期待やイメージ優先で選ぶため結果は未知数なのである。空振りに終わる
可能性も大いにあります。他の官僚出身の候補者よりも何のしがらみのない東さんの
方が宮崎県民の心を動かしたのでしょうが、今回は談合の煽りを受けて宮崎の建設業界
が選挙活動を自粛した為、尚更浮動票が多くなった。

安倍総理は他に候補者がいないというのが国民が支持する理由のひとつでしたが、
最近は無党派層の不支持も増加傾向にある。総理になってはみたが、小泉前総理の
様な迫力はない。話し方も性格にもよるんでしょうが〃他人事の様に〃語りかける
というイメージができつつあります。表情や語り口に必死さが顕われない。
チーム安倍は日中国交のドンデン返しで支持率の回復を狙ってるみたいですが、
そうなってくると、言いたい事はちゃんと言う安倍内閣のカラーが徐々に色褪せてくる。
しかし、麻生氏が総理に選ばれるとは考えられない。実績はあるが人相が悪い。
人間はみてくれも大事である(笑)。
そのまんま東さんは知事の退職金を出来高制にすると言ってますが、自己満足の為に
県政を道具にする事だけは辞めて頂きたいと、同じ九州出身者としてエールを送ります。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-23 10:11 | 国内情勢・世相 | Trackback(5) | Comments(0)

私の知人に15年前のビールやタバコあるいは賞味期限がとっくに切れた10年前の
サケ缶やパスタなどを見つけると、つい試食したくなる欲求を抑えられない性分の奇人が
いますが、彼によるとうまくはないが、腹をこわした事は一度も無いそうであります。
不二家をはじめ菓子製造メーカーが賞味期限や消費期限を過ぎた原料を使ったり出荷
したりが問題になってますが、現代日本人は昔と比べて肉体が上品になった分、免疫力も
低下しているという。卵とか2,3日賞味期限切れても私は焼いて食べるし、納豆だって
真っ黒になっても食べちゃいます♪厳密に言えば問題ないらしい。
只、期限を設けてる以上それを順守しないと衛生管理が成り立たないのだ。
衛生管理の厳しくなったお陰で日本人は長生きになりました。しかし無菌状態が
当たり前の世界に長く住み慣れると、人間の肉体は、ばい菌が守ってくれてる事を忘れがち
になってしまいます。水を買うなんて昔は考えられなかった事が今は普通の事です。
その内、リンゴやミカンも皮のまま食べる事ができない子供が増えるかもしれませんね。
今日のニュースで〃チョコレートは日持ちする〃と言って賞味期限から10ヶ月以上
過ぎたチョコレートを出荷した会社がありましたが、今迄クレームは無いと言う。
舌が麻痺してるのか微妙にブレンドされてるのか、やっぱり日持ちするんでしょうね。

食い物だけではなくて男にも女にも賞味期限や消費期限はあるだろう。
ある意味男も女も食い物かもしれません!つまみ食いする男女は多い。
通常男女の賞味期限は恋愛中から結婚迄で、後はひたすら消費するまで突っ走るのだ!
しかし人間は心で動くから期限に関係なく相性で惹かれ合う。食べ物も恋愛もイメージ
優先になってますが、現実は綾小路きみまろの世界である。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-20 22:48 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

12年前の午前5時46分.....阪神淡路大震災から早いもので12年経ちました。
改めて亡くなられた方々の御冥福を御祈り致します。
高速道路がグニャグニャになったのには本当に驚きました
昨日のNHK「クローズアップ現代」で大地震の時の火災の話をやってましたが、近い
将来起きると想定されてる巨大連動地震の災害時で予想される揺れは、40階建ての
超高層ビルでは現在の耐震設計上の許容範囲である2メートルの倍である4メートルの揺れ
が起きるそうです。当然立ってはいられない。
6000人が働く超高層ビルを例にとると、地震によるEVやスプリンクラーの破損などで
非常階段を使って降りる場合、全員が避難するまで約1時間20分かかるそうです。
それまでビル内の火災が待ってくれるわけではないので、かなりの惨状が予想されます。
阪神淡路大震災の時、狭い路地や倒壊した建物で消防車が入れないとか給水管が壊れて
ホースから水が出なかったなどの教訓から、移動できるポンプや耐震構造の給水管の設置
等の改善に努めているそうですが、大規模火災においては消防車の数がとてもじゃないが
足りないらしい。一番効果的なのは初期消火だそうですが、昔ながらの長屋だったら
隣近所の人達が力を合わせて消火活動をするというのは当たり前だったと思いますが、
今の世の中ではよほどの近所付き合いがなければそう言う繋がりは出来にくい。
町内会の自衛消防団の拡充が求められる所以でしょうね。
特に木造家屋の密集する地域は都会地方関係なく要注意ですね。
大難を小難に小難を無難にするには、人間力の相乗効果以外に術は無いかもしれません、
今の世の中に求められるべきは、本来の人間が持っている素の力ではないでしょうか。
テクノロジーでカヴァーできる分野もありますが、火事場のバカ力は人間故である。
大規模災害の時は、とりあえず自分あるいは自分の家族の生命を守るだけで精一杯
でしょう。そして余力がある場合に他人という事になります。
情報立国を目指すなら、災害時の情報ツールの飛躍的進歩を望みます。

その人の寿命は本人にも解りません。人の生き死には人間がコントロールできるものでは
なく、同じくこの星の寿命を人間様がコントロールしようなんて恐れ多き事でしょう。
この気宇壮大な大宇宙の中で、たかだか100年ぽっちしか生きられず、しかもあらゆる
分野で戦争紛争闘争競争に明け暮れるこの世だけが宇宙の現実であるというのは、悪い
冗談であります。新しい風はどこから吹いてくるのだろう。

  千の風になって         日本語訳詩 新井満

  私のお墓の前で 泣かないでください
  そこに私はいません 眠ってなんかいません
  千の風に
  千の風になって
  あの大きな空を
  吹きわたっています

  秋には光になって 畑にふりそそぐ
  冬はダイヤのように きらめく雪になる
  朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
  夜は星になって あなたを見守る

  私のお墓の前で 泣かないでください
  そこに私はいません 死んでなんかいません
  千の風に
  千の風になって
  あの大きな空を
  吹きわたっています

  千の風に
  千の風になって
  あの大きな空を
  吹きわたっています

  あの大きな空を
  吹きわたっています
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-17 21:27 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

先週からアメリカのTVシリーズ「4400」をレンタルで観てます。
過去数十年に遡って世界各地で謎の失跡をした4400人が突如、光体に包まれ
戻って来るところから物語は始まる。そして彼等には皆〃特殊な能力〃が備わっていた。
まだ物語は始まったばかりですが、どうも未来の人間が地球崩壊を阻止する為に、
特殊な能力を持たせ地球に再度送り込んだ.....という設定で、未来の地球は存亡の危機
にあるらしい。

当ブログのカテゴリにある<天道>によれば、近い将来〃見渡す限り人家が無くなる〃
可能性が指摘されていますが、何も危機を煽って金儲けするゴロツキ宗教の類いでは
ありません。逆に今現在の感じ取れる想念や波動で未来が明るいと判断できる輩は、
かなりの能天気と言わざるを得ません。
しかし世の中には当然ながら終末論やニセ科学の糾弾を生き甲斐にしている輩も沢山
いるようで、大阪大学の教授がゲーム脳やゲルマニウム、マイナスイオン効果、果ては
<水は答えを知っている>の内容をも批判しています。
勿論まがいものも多く存在する精神世界でありますが、科学の限界が見え隠れする時代に
科学のみに絶対的価値を置いた評価には人は癒されない。科学は癒しを求めるもので
はないかもしれませんが、今の時代は皆心の底では何かに癒されたいのだ。
先日起きた、妹をバラバラにした兄の心を科学的に分析しても意味は無いだろう。
科学に人文学的な視点を加味しないと人の心は反応しない。

ところで<見渡す限り人家が無くなる>とはどういう状況だろうか。
核戦争だけではそうはならないだろう。アメリカがイランや北朝鮮を空爆しても世界が
見渡す限り何もなくなるとは思えない。何となく津波などの自然災害と想定してしまい
ますが、昨今の突風や竜巻などは想定外が多いですね。
地球壊滅規模の災害の場合は逃げる場所は空中あるいは虚空しかない。終末の時、
一部のファンダメンタリストはラプチャー(空中携挙)があると説きます。天道の場合、
得道者は虚空に一時的に引き上げられると説きます。この現象を世界中の消失事件と
絡て、プラズマ・トンネル説で解こうとする人もいますが、勿論科学的な裏付けがある
わけではない(現代科学では無理ではないか)。いずれにしろ各宗教や古文書の唱える
最後の審判は、〃日々の備え〃で対処できる範疇ではありません。
恐らくX–MEN・ファイナル ディシジョンみたいな惨状になるでしょう。
クリントン政権時の副大統領ゴアが環境問題、特に地球温暖化に造詣が深いと言われ、
ドキュメンタリ−映画にも出演しているそうですが、先日TVでゴアさんの講演の様子
が紹介されてました(中々本気モードですね)。
アメリカは稼ぐ金の桁が違うから、清いものも濁ったものもどちらも果てしない可能性
を持ってる。だから大悪人や大善人も多いんでしょう。それに比べ我が国はニュースを
眺めるにつけ、小悪人や小善人の国だなあと思ってしまいます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-13 13:17 | 天道 | Trackback | Comments(0)
明けましておめでとうございます。今年もよろしく!
当ブログの<気になるサイト>に挙げてる勝谷誠彦氏のブログが元旦から有料の
メール配信になりましたが、安倍内閣の事を昔流行った映画のタイトルと同じく
〃存在の耐えられない軽い〃内閣と揶揄してますが、そういう方向に向かってますね。
安倍晋太郎を持ち上げた若手中堅議員の政界維新の志は本物だと思いますが、小泉政権
から引継いだ負の遺産にズルズルと引き込まれている様な感じに見えます。
膿が出ない国会議員なんて皆無だと思いますが、〃美しい国〃を目指すのであれば、
当然身内の膿も全て曝け出す。話はそれからだ!!になるでしょう。
7月に参院選が待ってますが、安倍政権はこの半年で逆転ウルトラCを出さないと、退陣の
憂き目に遭うかもしれません。小泉前首相は強運でしたが安倍総理はどうでしょう。
ここに来てまた北朝鮮が再度核実験を準備しているという憶測が流れてますが、
今度何か起きればブッシュ共和党は再生するかもしれないし米中は手を組むでしょう。
しかし、これからの対米中外交は北崩壊シナリオを折り込み済みであるので、我が国は
強硬姿勢を崩す必要はないと思います。

国内では新年早々に猟奇事件が起きましたね。
現場は私の家からそう遠くはないんですが、内臓を取り出してる事からある種のマニア
でしょう。親殺し子殺しは昨年も頻繁に起きてますが、もはや特殊な家庭だけに起きる
問題ではなくなりましたね。勿論今回の事件は兄妹間の確執もあったようですが、憎悪
を形として表現しなきゃ収まらないという.....完全にあっちの世界に〃トリップ〃して
しまうんでしょう。今年もこんなヤなニュースが紙面を飾るんでしょうか。
昨年はWBCやハンカチ王子そしてサッカーワールドカップなどスポーツがせちがらい
世の中に一風の清涼感を運んでくれましたが、今年はレッドソックス松坂にそれを期待
しましょう!この国を美しい国にする事は天国に入る事より難しいと思いますが、
美しく生きる事は個々のレベルでは実現可能である。そう信じて生きよう!
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-01-05 20:57 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)