ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


今回の安倍総理の訪米は、米メディアにとっては次期大統領選民主党候補者の討論会に
隠れほとんど無関心であるらしい。ブッシュと安倍両陣営の支持率低迷同士の会談は、
米メディアにとって華のある話には映らないのだろう。
従軍慰安婦問題のロビー活動でイメージ低下を危惧する日本側は、その火消しにやっきで
あるが、ふぞろいの内閣はブッシュ陣営にとっても小泉首相と比べインパクトに欠ける。
最近の安倍内閣の独自路線は、日米同盟の主従関係を加速させるものであるが、
温家宝首相の訪日や安倍総理の訪米は、参院選に向けての背水の陣である。

最近の北朝鮮の動向は、どうにもこうにも浮遊霊の如く視線が定まらない様に思える。
軍事パレードも精彩に欠き、金正日の重病説が相変わらず流れる中、送金確認はどうなった
のか?と思っていたら、今日のニュースでまだ確認が取れてないそうである。
核施設凍結をアメリカは本当に信じているのだろうか?アメリカは既にやる事はやった。
後は金正日の決断次第であるが、三文芝居は見飽きましたね。
とりあえず米国家安全保会議(NSC)のアジア部長は、日本側の要請に対してテロ国家指定
解除は拉致問題と切り離して考えるつもりはないと述べているが、騙し合いの世界では真偽
は定まらない。拉致問題に絡む警視庁の朝鮮総連の強制捜査と国際指名手配などは、
捕まえるうんうんよりも、北に対する強いメッセージである。アメリカがGOサインを
出さずとも、それが日本独自の姿勢であれば、国民は拍手喝采を送るだろう。
チンピラの恫喝に何故こうも世界が右往左往するのか理解に苦しむが、タブーなる背後
関係が存在するのかもしれません。

CFRは安倍政権のアジェンダについて、小泉前総理と同じ反主流派である安倍政権は
経済より外交優先で、アジア周辺諸国だけでなくグローバルな外交路線を志向している事、
そして近隣諸国との歴史問題は、アメリカは関与するつもりはないがナショナリズムと
パトリオットの間で長引くだろうという論調である。と同時にBBCが調査した「世界で一番
信頼出来る国は何処か?」では日本は2年連続で1位であり、中国韓国北朝鮮を除いた
アジア諸国の間では日本の信頼度はNo,1である事も言及している。
憲法改正を含む安全保障面の強化は「日本が普通の国になった」と述べています。
日本はアメリカの属国か同盟国かは意見が二分しますが、性善説を国是とする国など
何処にもない訳で。従軍慰安婦問題について、CFRは日本国内では女性問題と言うより
左派と右派の問題だと捉えている。
北朝鮮問題については〃大きな代価と小さな前進〃というサブタイトルをつけており、
アメリカの制裁路線への復帰の可能性を示唆している感じがします。
北の口座凍結解除と資金返還はアメリカでも首をかしげる人が多いのだ。
中国と台湾の相互投資額は1千億ドルを越えるそうですが、台湾の北京オリンピック
ボイコットが懸念される中、米中、日中、日米それぞれの思惑が動き始めました。
燃料切れの金正日の棺桶を用意した方がいいでしょう。
どんなドラマよりも面白い..............

しかし、安倍内閣の週刊誌的内幕を暴く勝谷誠彦ブログと、日本を冷静に捉える
CFRレポートを同時進行で読むと非常に面白く興味深い。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-04-28 21:20 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)

人を批判したり見下す事はとても簡単でありますが(正しい批評はそれなりの
エネルギーが必要ですが)、人を許したり違う価値観を受け入れる事はとても
難しい。イエス・キリストは自分を憎む人間さえも愛し、他人の過ちさえも神に
許しを乞うた。冷静に考えるとこれは普通なら絶対にできない事であります。
「人を殺してはいけない」と言う宗教の教えと「人を殺さなければならない場合
もある」と言う現実論は、国家の成立と社会的背景の中で矛盾を孕みながらも
両立していく。
カミュのシシュポスに例えられるように、人間は神から与えられた誇りを保ち
ながらもやはり同じ歴史的過ちを繰り返す生物であり、試行錯誤しながら前に
進んで行く。五感が受けるデジタル信号は、心(魂魄)と言うフィルターを
通過するとシンフォニーを奏で、喜怒哀楽欲のドラマを産み出してしまう。
陰陽(デジタル)は心の八卦の中を縦横無尽に走り回り、64卦の心相を醸し出す。
あらゆる価値観を受け入れると言うのは容易ではなく、個々のフィルターに大きく
左右され判断基準も異なるが、受け入れる器だけはこれから必要不可欠であります。
極端に言うと〃殺人〃という行為はは受け入れられないが、その原因と土壌の許と
なる根本的な要因は吟味されるべきであるという処迄は、民主国家であれば司法制度
と言う形で、宗教的或は霊的には供養という形で受け入れる事はできる。
生物が自分の生活圏を脅かす相手を除去しようとするのは生理現象である。
罪を憎んで人を憎まずは、遠きにありては可能でも、当事者であれば少なからず
遺恨を残してしまう。憎しみの大地である中東においては尚更である。
決死の覚悟でイラクの戦地に赴き護摩を焚きましょうか。

天道が世に出る為には、宗教的側面のみならず科学的側面もアピールする必要が
ある。天道理論の一部分を形成する易の論理はコンピュータ理論に相通じ、守玄の
全体像は医学や食養の糧となり、理天の世界は、宇宙論の未知なる領域に光を見い
だすものであり、理天神という天道独自の神々は天界のヒエラルキーを考える時、
非常に興味深い存在であります。三宝は宇宙物理学の対象となり得るものであり、
天壇の設計図は将来的な宇宙船の青写真と成り得るものであります。
そして霊能者が受けるインパクトは神社仏閣のそれとは一線を画するものである
らしい。更には有気気天はチャネラーの琴線に響くものであります。
宗教組織としての天道ではなく〃道〃はあらゆる場に在るもので、それこそ
素粒子一個一個に備わっており、その相補性が形を変えると愛になり全てを包含
する。次の地上天国においては天道がグローバルスタンダードとなる訳ですが、
正直言って中国の神様に世界が跪くとは到底思えない。
始皇帝の時ならいざ知らず、昨今の世界情勢を顧みると中国は未だポイントは
マイナスである。個々の天壇は別として、もし世界にアピールするとしたら、
三佛のイメージは変更する必要があるのではないでしょうか。
ふざけるな!と言われるかもしれませんが、世界を統括する理天神としての
絶対的イメージやネーミングがどうしても欲しい。
別派分派の垣根を越える程の魅力的な天道を構築する事が急務で、
天道と言う山なら山頂はひとつの筈。道外に共通の相手を想定する事で道内が
纏まる事も夢ではない筈。離れても何故か気になるお天道様.......
組織とし欧米流のトップダウン式と日本流ボトムアップ式の一長一短を再確認
して、意志の伝達をスムーズに図るべきでしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-04-26 18:02 | 天道 | Trackback | Comments(0)

氷雨が降る最悪のコンディションの中、北斗の拳のスーパーヒーローであるラオウの
昇魂式が大勢のファン参列の許、高輪の高野山東京別院で厳かに行われました。
午後6時受付開始にも関わらず、私が到着した午後5;30には200人程の行列ができて
いました。受付が始まり記帳を済ませ、ラオウの遺影の前でご焼香です。何故かとめどもなく
涙が溢れ......と言うのは嘘ですが、それでも皆さん普通の葬儀と同じで神妙な面持ちでし
た。関係者以外の一般の人達は本堂には入れないので、境内に設置されたモニターで葬儀
の模様を見るのですが、昇魂式は午後7;00からなので、それまで近日公開のラオウ伝の
予告を繰り返し見せられるハメになりました(1回約3~4分くらいなので20回近くw)。
その間皆さんラオウと闘ったヒーロー達の肖像画や本堂の外観などを写真に撮ってました。
TVクルーやカメラマンも多数来てました。インタビュー受けてる少年や少女もいました。
7;00過ぎから昇魂式が始まり、谷村新司葬儀委員長の式辞で始まり読経が続き、ラオウの
声優を務めた宇梶剛士が弔辞を述べ、その後関係者の焼香へと.....
途中、VTRで亀田兄弟、ジャガー横田w、阿部寛のラオウ観が流され.........
ここで私は私用の為切り上げました。あと20分くらいで終了予定でした。
しかし風も強くみぞれが降りそうな天候の中、少なくとも2000人は来たのではないかと
思います。さすがに私が帰った時間帯には200名ほどになりましたが、それでも皆さん
ラオウが好きなんですね!喪服が多かったですw
「我が生涯に一片の悔いなし!!!」 そんな生き方ができればいいですね。
それからカサンドラ新聞の号外が配られましたw
画像粗くてすんません。

            俺に後退は無い!あるのは前進勝利のみ!
d0000485_23501814.jpg
d0000485_2351361.jpg
d0000485_23525066.jpg
d0000485_23531348.jpg
d0000485_23533568.jpg
d0000485_2354362.jpg
d0000485_23542973.jpg
d0000485_23562437.jpg


           ならば神とも闘うまで

d0000485_2361613.jpg

[PR]
by gyou-syun-u | 2007-04-19 00:33 | 国内情勢・世相 | Trackback(3) | Comments(1)

先日、仕事帰りに新宿歌舞伎町の松屋で牛丼を食べてたら、2席隣に年の頃は20代
前半のオシャレな服装に身を包んだ女性が、席に座るなり「すいませーん」と軽やかな声で
店員を呼び、食券を見せ「ライス少なめで」と注文しました。
慣れた店員は即、「ビビン丼、ライス半分」と点呼しましたが、女性はその「ライス半分」が
気にくわなかったのか、もう一度「少なめで....」と念を押した。彼女にとってはライス半分は
少なめではなく、少なすぎなのだ。友達以上恋人未満と同じであろうが、目の前に置かれた
ライス少なめのビビン丼を見て彼女は「ありがとう」と言い、満足げにスプーンでかき混ぜるの
であった。なるほど、ビビン丼はライス少なめの方が〃かき混ぜ易い〃のは事実である。
女性にとってはライス少なめの方が食べ易いかもしれませんね。
昔は外資ファーストフードならいざ知らず、吉野屋や松屋などの〃牛丼〃のイメージが
ある店には婦女子は少なかった。まして女性の1人姿などはあまり目にしませんでしたが、
今は牛丼屋も定食メニューを増やし、若い女性も見かける様になりました。
しかし、中高年の女性は〃中国韓国のツアー客〃以外はあまり見かけませんね。
あの塩分の強さは、中高年には厳しいでしょう。
黒人が上手にハシ使って牛丼喰ってる姿は非日常的光景ではなくなりましたが。
歌舞伎町もヤクザと風俗の街から明るい街作りに邁進しつつあるそうですが、
個人的には新宿や池袋が好きで、渋谷や原宿などにはめったに行きません。
新宿の猥雑さや池袋のダサさが今でもお気に入りで、昔は池袋東口にあった文芸座で
3本立ての名画をよく観たものです。
魑魅魍魎が跋扈し、何で生計を立ててるのか謎の人種が沢山いるのが東京の魔の魅力
ですが、悪魔の囁きは誠に甘味で官能的であります。気をつけましょうw

温家宝首相が笑顔外交で日本を駆け巡り、中国のTVはきちんと分別された日本のゴミ
出し風景をを紹介しました。コピー品が横行する中国に於いては、著作権の認識と同様に
ゴミの出し方ひとつとっても一から教育しなければならないのだ。
歪んだ歴史教育よりも、基本的な事を中国は整備する必要があると思います。
もっとも今の日本も高飛車に他国の事をあーだこーだと批判する程できた国ではありま
せんが、とりあえずは諸外国と比べると国民の平均的な教育レベルは一定水準を保って
おります。今回の温家宝さんの言動は、友好を通り過ぎて気持ち悪いくらいの意図的な
モノを感じますが、最近は中国もアメリカも地球温暖化や環境対策に本腰を入れるそぶりを
見せています。地球温暖化という世界共通の〃敵〃を得た今、国家対国家の相互依存
のみならず、自然との共生を更に押し進める必要があると思います。
日はまた昇る.......
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-04-15 19:42 | 国内情勢・世相 | Trackback(1) | Comments(0)

東京都知事選挙と統一地方選挙が終わり、世論を揺るがす程の盛り上がりに欠けた
結果となりました。秘孔を突かれ風穴だらけの民主党は安倍政権の前に解体の悪寒!
東京では石原氏が三選しましたが、浅野氏はプレスリーの歌を歌ったり新宿2丁目のゲイ
相手に一席設けた時点で大きく減点。誰もそんなパフォーマンスは求めていなかった。
支援するプロ市民も日本においては多勢を動かす力は無い。石原氏を嫌いだと言う人も
消去法で一票を投じ、とりあえずは中国韓国北朝鮮の防波堤になってくれれば.....という
微かな期待票もあったに違いない。毒は毒を以て制す。
何となく麻生外相と同類で香ばしい。
オリンピック招致に関しては、個人的には反対であります。既に様々な国際大会がイヤと
いう程開催されており、世界に発信すると言ってもこれまた色んな形で交流が為され、
日本国民の総意が賛成に回る事は考えられない。成長期の過程においては国威発揚の意味
合いもありますが、時代は個々の自分探しの旅に走っているのが現実で、情報過多の現代に
おいてはオリンピックの内幕を含めて、とても夢を託せるシロモノではないでしょう。
ここは謙虚になって未だ開催国となっていない国に華を持たせるのが、日本的な筋道である
と思うのですが..........
フランスの大統領選がニュースでやってましたが、他民族の国々にとっては自分達の
代弁者に夢を託すことは己のサバイバルと同義で、アイデンティティーの確立でもあるから
必死になる。日本の場合は政治家よりも起業家の言葉の方が遥かに受け入れ易く
親しみが湧きます。政治家が2流3流でも優れた起業家がそれを補って余り在るという
風潮があるから、選挙があまり盛り上がらない。球場で各政党と支援者が集会できる程の
盛り上がりを見せれば、日本の政治も多少変わるのではないでしょうか。
小泉元総理の言動は、この起業家達の言葉に限りなく近かったので皆が喝采をしたのだ。

夢を持てる東京に!と石原慎太郎は言います。
もっと性能の良いTV、パソコン、携帯電話、もっと早い車、もっとイケテル女。
モノが美しくコンパクトに纏まれば纏まる程、心のデジタル化に拍車がかかる。
上を見ればキリがありませんが、時々自分が人に与えられるものは何だろうと考えた時、
あまりの少なさに唖然とするのですが、心の豊かさってなーに?と問われれば、
多種多様な価値観を共有できるキャパを持ち得る事だと答えるかもしれません。
アガペーとエロス、喜怒哀楽も世界共通。
価値観の宝庫としては東京は東洋一、あるいは世界一かもしれません。
発信するのであれば、世界が頷く価値を送って欲しいと思います。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-04-10 21:05 | 国内情勢・世相 | Trackback(1) | Comments(0)

天道では平成24年25年が一つの区切りであると想定しているようですが、
平成24年は2012年。あと〃僅か〃5年後ですね。
この年はロンドンで夏季オリンピックが開催され、アメリカ大統領選挙が行われる年で
あります。アセンションのきっかけとなるフォトン・ベルトに太陽系が端から端まで
全て突入するのが2012年の12月22日(冬至)であると信奉者は述べ、人類の意識は
アセンション(次元上昇)を体験し、惨劇と同時に新人類が生まれると主張しています。
かごめの唄の鶴と亀がひっくり返るポールシフトもそれに含まれるとされます。
アル・ゴア氏の「不都合な真実」も地球の一部の指導者は既に予知しており、南極の崩れ
落ちた巨大な氷山もプラズマ兵器で〃人知れず一瞬で蒸発させている〃から(笑)、
とりあえず急激な海面上昇を抑えているのだと!と言います。古今東西の宗教書の終末
予言は1999年には成就しなかった。4大宗教やカルトのみならず、何かが起きる事は
間違いないと感じます。普通の人達もオカシイと感じている筈であるが、その結果
待ち受けるモノを特定はできていないし特定する気もないのだ。
マヤ暦が終わるのが2012年でその先は未定。ニューステの古館氏もことある毎に、
人間の思い上がりを嘆いてますが、それが緩やかなモノなのか急激なモノなのかは、
個々の意識のレベルに応じて、次第に明らかになってくるでしょう。

人類の緩やかな意識次元の上昇を仮定すると、少なくとも今のようなテロや紛争が続く
国際情勢では100年経っても難しいでしょう。勿論これは一国家では無理というだけで、
一組織や団体の草の根レベルでは可能です。国家間においては、近未来的に朝鮮半島統一
やパレスチナ問題や台湾問題の解決は最低条件であります。来年のアメリカ大統領選で
オバマ氏が選ばれれば、全く新しい風が全世界に吹くかもしれませんが。それにこの先、
資源エネルギーのインフラが世界的に再構築されるとは謂え、利権談合はどの国も一緒で、
力⇒正義の構造改革は5年〜10年ではできないと思います。それらの問題をクリアしない
まま科学技術のパラダイムシフトが魂のシフトアップの遥か先を行ってる事が問題で、
置いてけぼりにされる人達も増えてます。神の望む純粋無垢な心の持ち主が堂々と生きて
いける環境になるには、何らかの外圧か急激な環境変化が必要だと思います。
その急激なシフトを想定すると....
ある日突然真っ暗闇になり、あらゆる通信網が途絶え、人々は慌てて外へ飛び出し空を
見上げると巨大なUFO母船が。ビームを照射され、ここは何処?アタシはだ〜れ?
または巨大地震で耐震偽装のマンションはおろか、超高層ビル群も想定外の震度の為、
次々と崩壊し、映画の様な津波が眼前に迫って来る。もはやこれまでかと観念した時、
激流や漂流物は己の肉体を通過し、その瞬間意識が遠のき、目覚めた時はお香の匂いが
プ〜ンと。地磁気反転により、生物は仮死状態。目覚めた時には目の前の風景は一変し、
傍らに絶世の天女が.....妄想はここまでにしますが、
否定派は現代天文学のデータを並べフォトン・ベルトなどを一笑します。
知らないモノを知ろうとして人類は進化してきました。答えを解く為に人間はこの世に
生まれて来たんでしょう。
現在、苦渋の生活を営む人はいっその事この世など滅んでしまった方がいいと思うかも
しれないし、逆に栄華を満喫してる人にとっては論外の話である。
しかし、己の半径5メートル以外にも興味を持てる人達は、自分の生活環境をさておいても、
この星の環境や形而上の不可思議さにも耳を傾けるだろう。
最後の審判は予測不可能であると感じますが、平行世界を閉ざされ、逃げ場を失った
宇宙人は、この地球を支配するか導くかの二者択一しか生き残る術がない事を鑑みると、
有気(宇宙人)の動向が最も気になるところです。科学技術の急激な進歩は尋常じゃない
気がします.......その意志は人間の意志とは異質な感じを受けます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-04-04 20:56 | Xファイル | Trackback(1) | Comments(1)