ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


さすがの私も今回は自民に鉄槌を下しました。逆風はそよ風じゃなく台風並みと
言うべきか。安倍内閣発足9ヶ月で支持率急降下。安倍総理のバックアップ体制が盤石
ではなく、当初は適材適所の人事と思いましたが、それ以外の周辺の不祥事をこうも
挙げられては、政治家の皆さんがよく使う〃不徳の致す所〃のなれの果てであります。
政治家の資質が問われて久しいのですが、国民生活に直結する懸案に関しては、今迄の
何とかなるだろうの気運から、おとなしい日本国民もようやく腰を上げました。
前回の与党の大勝は山で、今回は与党にとっては谷。民主党が山になりました。
がばいばあちゃんが言う「山はいつまでもいる所じゃなか。家も人も谷に住んでいる」
みたいな言葉がストレートに響きます。
参議院議員は任期6年。参院で野党が過半数を越えると法案審議も難航するでしょうが、
2大政党政治の可能性と、バランスが取れるという意味ではおもしろい政治になると思わ
れます。しかし、エモーショナルな国会運営だけは、いい加減辞めてもらいたい。
特に憲法改正に関しては慎重にならざるを得ないのですが、民主党内部でも憲法論議や
国防問題で統一がとれていないだけに、今の時期に与党過半数割れという結果は、
今後6年の間に日本の方向性に若干の軌道修正が行われるという事であり、
社保庁解体や年金問題は続行されるにしろ、改革路線も微妙な温度差が生じます。
弱者救済に関しては力を持つ公明党も、自民閣僚のおかげで足を引っ張られた感が
あります。今後の取り組みに注視してみたいですね。
当然安倍退陣は時間の問題でしょうが、ポスト安倍に誰がいるのか?
個人的には、国民が民主党に絶大な期待をよせているとは全然思わないのですが、
あまりにも閣僚の不祥事や自公民の法案の強行採決姿勢が国民の目に焼き付いて
しまいました。中川幹事長、青木参院会長は辞意を表明、片山幹事長は落選!
テレビは怖いですね。偉そうな物言いも、ちゃ〜んと国民から見られていたんですね。
安倍総理は続投の意向だそうですが、バッシングを受けるでしょう。
内閣改造は時間の問題で、安倍総理が降りれば、拉致問題はトーンが落ちてしまいます
が、北朝鮮高官はこの結果に「関係ない!」とそっけない反応であります(笑)。
今回は民主の勝ち。そして次の衆院選ではまた自民の巻き返しと......
大木でさえ台風には逆らえないでしょう。

 祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を現す
 奢れる者は久しからず 只春の夜の夢の如し
 猛き者も終には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-30 00:33 | 国内情勢・世相

アフガニスタンで、韓国のキリスト教ボランティアグループ23人がタリバンに
拘束され、リーダーの牧師1名が殺害されたと報道されました。
日本でも2004年4月、高遠、今井、郡山という「イラクの3馬鹿」と揶揄された3人組が
共犯とされる、自衛隊のイラク撤兵を求めた自作自演のイラク人質事件(マスコミは
自作自演とは言ってませんが、ネット上では自作自演は認定!)が起こり、10月には
ヒッチハイカーの香田さんがテロリストに誘拐され、首を刎ねられその映像がネットに
流されるというショッキングな事件がありました。
その当時、私は掲示板において、自己責任の話をした事を覚えてますが、今回の事件も
その考えに変わりはありません。性善説で世界を視ることは、難しいでしょう。
隣人を愛せよと言われても、テロリストを愛するわけにもいかず。
イスラム教は本来他宗教に対して寛容ですが、銃を持てば話は変わってきます。
イスラム圏とキリスト圏は十字軍以来の因縁が時空を超えて延々と続いており、
この関係を修復することはまず不可能であります。カトリック諸国の連合軍であった
十字軍は身内も含めて膨大な殺戮を行っており、ホロコーストや南京の比ではない。
問題はイスラム過激派より、それを操る〃武器商人や諜報機関〃であります。
武器さえあれば色んな組織が簡単に作れてしまう。
初歩的な科学の産物である爆弾やマシンガンなどの銃器ですら、人を神へと変える力を
持っています。先進国では金が正義であり力とされますが、後進国では金がなきゃ銃が
正義であり力となってしまいます。韓国人だけではなく欧米人も犠牲になっており、
これが現在進行形の姿であります。アフガン治安部隊と国連軍やNATO軍合同の
タリバン掃討作戦が続いてる中、反米のイスラム過激派の頭の中は、話し合いよりも
「イスラムの英雄サラディーンの夢よもう一度」だけであります。
その為には民間人であろうと関係ないのだ。 
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-26 22:09 | 世界情勢

北京TVは「ダンボール入り肉まんは捏造だった」と発表しましたが、実にオカシイ。
仮にそこが捏造だったとしても、他で似た様な事をやってるような気がします。
今、アメリカ議会でメイド・イン・チャイナの公聴会が毎日開かれているそうですが、
慰安婦問題で金で議員を買い、日本に勝ったつもりの中国ですが、慰安婦問題は言葉は
悪いが、過去の話で100パーセント日本に非があるわけではありません。食の問題は
全世界に輸出している中国としては、衛生管理のイメージががた落ちであります。
故意の圧力は、いずれしっぺ返しを喰らうという証明でしょう。

日本においては柏崎刈羽原子炉でトラブル多数。これも長年に渡る電力会社と原子力
委員会の隠蔽体質で、またか!の連続であります。
2003年、スペインの新聞の特派員伝によれば、日本の原子炉に携わる人達、特に
原子炉の清掃や放射能測定などの原発の下請け作業に従事している人達の多くが
〃ホームレスや非行少年や生活困窮者〃であり、時にはヤクザが原発親方となり彼等を
拾って原発に放り込む。何も技術的な事は覚える必要がなく、危険性も伝えないと。
しかも高賃金をピンハネするといいます。進んでやる人がいないので、日本政府は
これを黙認しているという。しかし放射能の影響で労働者の殆どが癌で亡くなっている
と伝えてます。放射能漏れが起きた場合の除去作業は、電力会社の技術職がやるわけは
ないのだから、当然〃彼等がそれをやる〃。今回もそうでしょうが、深刻な問題が起きても
原発従事者の安全よりも国家の安全の話になってしまいます。
身元不明だから補償問題にも発展しない。これがもし今でも続いているなら相当な
スキャンダルになるのですが、本当でしょうかね......
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-19 23:23 | 国内情勢・世相

昨日は東京でも地震があったみたいですが、仕事中で全然気がつきませんでした。
今回の新潟県中越沖地震は、映像で見ても凄い揺れでしたね。新潟や長野の方達の
中にも巨大地震初体験の人も沢山いたと思いますが、犠牲者の人の御冥福をお祈り申し
上げます。いつも感じる事ですが、阪神淡路大震災は別にして、世界中の都市部では
大災害は未だ起きてませんね。津波や地震は決まって貧しい国に降り懸かっています。
何故だろう。東京は皇居を中心に結界が張り巡らされているとも言われてますが、いつの
日かこの結界も崩れるのだろうと思うと、非常に不気味であります。
まあ大都市は最後の最後なんでしょうが、何かもう地球が我慢に我慢を重ねている様で、
地球が重い風邪にかかって自分で直そうとしてるんだけど中々直らなくて、それが時々
クシャミとかしてそれが地震だったり.......ガイアの叫びは深刻ですね。
地球温暖化対策も一つの紛争で数字的にはチャラになってしまう。故にそれを補う全世界
の人達の意識の増幅が鍵となるでしょう。人災ならともかく天災に関しては天を呪っても
仕方が無いから、結局運命を呪ったりするのですが。私は事故には逢いましたが、まだ
大地震は未経験です。都市部であれば2次災害3次災害が起きますが、今回も原発の
大災害に繋がらなかったのは不幸中の幸いだったかもしれませんが、それでも微量の
放射能が漏れていましたね。日本は地震列島であると同時に原発天国。
「原発を東京に」という本がありましたが、人は生きてる内に天災・地災・人災のいずれかに
遭遇すると言われますが、米国防総省が述べた「最大の脅威は地球温暖化だ」と言う言葉
も意外と本音かもです。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-17 22:11 | 国内情勢・世相

北朝鮮は韓国からの重油第1便の到着を確認してから、核施設の稼働停止・封印作業に
入ると発表しました。IAEAの査察官がピョンヤンに到着しましたが、直前迄、査察の方法で
IAEAと北朝鮮当局とでは意見が異なってました。IAEAは停止から封印迄全てIAEAが行い
たいと要望してましたが、それに対して北朝鮮側は自分たちで全ての作業を行い、その後
IAEAに確認をしてもらう!と主張し、結局北の主張が通ったみたいですね。
IAEAが監視カメラを設置し、監視員を2名常駐させると言う事になりました。
最後迄北はあれこれ注文をつけましたが、全ての核施設を停止・封印できるとは到底
考えられません。今でさえ一部の武官は「アメリカが在韓米軍基地で戦争準備の為の軍事
演習を行っている!」と煽ってます。これに関連して、北朝鮮の軍部が米政府に米朝軍事
会談を打診しましたが、アメリカからは相手にされませんでした。6カ国協議にまともに
応じないオマエラとは話し合うつもりは無い!と言うアメリカの警告でありました。
たった一カ所の核施設を封印した見返りに、北の兵器の燃料を満タンにされたのでは
たまりません。北朝鮮は国内で使用される重油の90パーセントを中国から輸入していますが、
一時期ミサイル問題で中国は供給を停止したものの、未だ中国は北への重油バルブを
完全に締めてないわけだから、軽水炉建設の為の代替エネルギーと言っても屁理屈に
過ぎないと思います。北は必ず見返りを求めますが、北朝鮮国内の飢える人民のささやか
な幸せの為なら世界は支援を惜しまないのに、金豚政権の腐ったプライドの為に世界は無駄
な時間とお金を浪費しているのが現実です。
アメリカは北のプルトニウム拡散問題にケリがつけば、中国とも譲歩し共通の利益の為に
動くわけで、中国は金正日崩壊後のシナリオに神経を尖らせており、仮に崩壊した場合
大量の難民が中国に流れ込む事を懸念しています。権力者から解放された不満分子は
何をするか解らないし、それを力づくで制圧しようとすれば、国際世論の避難を浴びます。

アメリカのヒル国務次官補は拉致問題を強く北に働きかけると述べてますが、この時期
日本では選挙運動真っ只中。拉致被害者家族の人達にとっては煮え切らない時の流れで
しょう。しかし各国の弱点も明白になってきました。中国はオリンピック開催を目前にして
国際世論を非常に気にするようになり、今の時期に北に問題を起こされてはたまらない。
それに中国共産党は北の幹部とも不仲になっており、中国の若手とも話は合わない。
アメリカも大統領選挙を控えコンセンサスがぶれています。
とりあえず国務省筋でこの問題を解決しようとしていますが、
北にとっては死活問題でも、他国にとってはONE OF THEMなのだ。
世界最大のエネルギー消費国である米中の今後の取り組みが地球環境を左右すると
言っても過言ではありませんが、特定の正義を押し付けるアメリカとコンピュータを操る
原始人の集団である中国。偽装人権国家と人権の意味すら解さない国。これらの国が
スーパー・パワーとして未来に君臨することに危惧を感じるものであります。

余談ですが、ダンボール入りの肉まんはミートホープといい勝負をしましたね(笑)。
最初はいくら何でもダンボールは解るだろう?と思ってましたが6:4で混ぜてたんですね
(しかも腐った豚肉も使用されていたとも)。まあ旨けりゃいいんだろうけど後遺症が
気になりますね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-14 21:51 | 世界情勢

中国政府が国内食品会社41社の輸出禁止を発表し、そのブラックリストを公表しましたが、
先週あたりから、近くのスーパーで中国産のうなぎが撤去され、代わりに愛知三河産のうなぎ
が並ぶ様になりました。当然中国産うなぎより3割ほど高いのですが、それでもイメージ上
しばらく中国産は置けないでしょう。中国産の「にんにくの芽」も撤去されてはいないものの、
片隅にひっそりと置かれていました。食品に限らず衣料や電化製品その他あらゆる分野で
中国やインドの労働力は世界を席巻していますが、日本の小会社ならある程度の品質管理
に目が届くものの、先端技術を導入している中国の会社ですらまだその点で成熟されては
おらず、不安材料は事欠かない。これは製品を作り送る側の意識の問題であり民族性も
含まれるでしょう。
中国においては、西側の教育を受けた共産党幹部の子息と内陸部の人民とでは、知性や
世界観に雲泥の差があり、この辺が文盲ほぼゼロの日本と大きく違う点であります。
大中華思想においては〃お客様に対するサービス〃などという言葉は皆無なのだから、中国の
指導者は一から教えなければならない。列の割り込み禁止や痰や唾を吐いたり、ゴミを道端
に捨てる行為を、オリンピックを目前にして北京市が行政指導しなければならないという有様
は、今現在の中国の一般人民の平均的姿を等身大で描いている。

唾を道端に吐くというのは、日本人でもやるが、普通はヤクザやチンピラは別としてどこかに
後ろめたい感覚を持つ。しかし知り合いの中国人などは堂々と吐くのだ。見事な迄に後ろめ
たさは無かった!小さい事ではあるが、チリも積もれば山となる。
10日にワイロ受領と偽薬承認の罪で死刑判決を受けていた前国家食品薬品監督管理局長
(62歳)の刑が執行されたと報道されましたが、この異例の早さは、表向きは国際的な
イメージダウンの払拭と中国指導部の意志を国際世論にアピールする目的ですが、中国
では国益の為ならワイロで簡単に死刑になるんですね。しかしそれなら共産党の取り巻き
連中はみんな死刑でしょう。一党独裁政権に本当の裁判など存在するのかも疑わしいの
ですが、立法・司法・行政が独立する先進国と違い、中国では司法は共産党の指導下に
あり、裁判も2審制とは言え、1審の判決が2審で覆される事はなく、事実上は1審制で、
刑罰も見せしめ的色合いが濃いと言われます。

中国4千年の歴史や文化は敬服すべきものがありますが、その一端が少しも見えない
現代中国は、私の好きな昔の様な中央の国では無くなってしまった。それでも人里隠れた
山奥に足を踏み入れれば〃仙人〃が住んでるかもしれませんが、そうなら早く下界に降りて
世直しをせよ!と言いたいですね。思い上がった大中華思想とは違う壮大な中国の哲学を、
今の中国に求めるのは無理なのかもしれない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-12 21:53 | 世界情勢

先日のNHK「クローズアップ現代」でネット問題が話題になリ、その中で先の山口の母子
殺害事件の加害者側の主任弁護士宛に〃懲戒請求書〃が千通近く届いているいう話があり
ました。勿論送り主の多くは2chねらーだと思われますが、どんな極悪人にも弁解する権利
はあるのだから、弁護人がつくのは当然でありますが、あの主任弁護人の態度と口調は
世間的にも受けは悪いでしょう。まるで全てが検察側のデッチ上げで、まるで事件はなかった
かのようなそぶりでありました。2chはある意味、勧善懲悪のスケープゴートを探し求めて
ストレスを発散させる為にあるので絶好のターゲットとなったワケでありますが、ねらーで
なくとも首を傾げる話です。

これに関連して少年法で物議をかもした、1988年〜1989年に東京足立区綾瀬で起きた
女子高生コンクリート詰め殺人事件のスレッドが未だに続いているのに驚いてます。
あの身の毛もよだつ様な残虐な拷問と陵辱は、活字ですら追う事は辛い。
猟奇殺人の極みであり、とても人間がやった行為とは思えない。主犯格の4人は実刑を
喰らい刑務所に入れられましたが、間接的には100人くらいが関与しており、黒幕は未だ
捕まっていないというから驚愕します。
その主犯格A(37歳)は懲役20年の刑で千葉刑務所に服役していましたが、秋篠宮親王の
長男誕生に伴う恩赦で今年2月2日に釈放された模様です。
しかしながら、Aは新たな組織を立ち上げるとネット上で流布されていますね。
他の3人は既に社会に出てます(一人は再犯)が、一生苦しむでしょう。
この事件は少年の更生などという生温い問題提起を吹っ飛ばしてしまう程のインパクト
がありました。主犯格にたったの20年とは誰しもが思う筈です。
4人全てに死刑というのがまっとうな判決でしょうが、無期懲役と言っても平均で
17~18年で仮釈放されるみたいですね。
2chのスレッドのみならず、事件のサイト等には加害者達の住所や履歴などが詳細に暴露
されていますが、ある部分においては、風化させてはいけないという大義名分の中に、
執拗とも思える程の加害者への憎悪がマニアックな風合いを秘めて込められており、人民裁
判的な言葉による大衆リンチ的な風潮は、この事件の性格の異様さを物語っています。
凶悪犯罪者は現世での人生を諦める以外にないと個人的には思います。
罪を憎んで人を憎まずは閻魔大王の言うセリフであって、習い染めた悪癖はそう簡単に
矯正できるものではありません。
それに加えて因果応報は加害者の親族含め多方面に波及するでしょう。
当時は加害者の人権がどーのこーので、実名を晒したのは週刊文春だけであり、主要
マスコミはあまりの残虐性に事件の大枠だけを報道するに留めた記憶がありますが、
社会的影響が大き過ぎると判断したためでしょうが、その流れが今日の少年法を骨抜きに
して来ました。おまけに社会的地位のある親の子息にはとてつもなく甘い構造である。
未だに世界中で政治犯が虐待や拷問を受けています。このような現実が隠される限りに
おいて、いくら人類が世界平和を望んでもそれは「絶対叶わぬ話」でしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-11 00:54 | 国内情勢・世相

公明党や地元からの突き上げもあって久間防衛相が辞任し、後任に国家安全保障担当の
首相補佐官である小池百合子氏が任命された。
安倍内閣発足から9ヶ月。これで週刊誌スッパ抜きなどで3人が辞任、一人が自殺した。
自民党のCMで安倍総理が作られた表情で他人事の様に喋ってますが、やはり安倍総理は
単なるボンボンに過ぎなかったのか。拉致問題で幸先の良いスタートを切ったと思いきや
身内の不祥事に断固とした態度で臨む事ができなかった。優柔不断であり、リーダーとして
の統率力に欠けていた。消去法で総理になったとは言え、イメージ的に細いがマジメで誠実
そうな外見は女性にも支持された。拉致問題に前向きに取り組んでいた事も無党派層の支持
を得た。確かにあの時点では安倍総理以外にいなかったのだ。
この国がうす汚い国である事がよ〜く解ったワケですが、それ以上に安倍内閣も汚れた
内閣であった。本間正明政府税調会長が議員宿舎に愛人と同居、結局辞任(これに対しては
野党の方も、社民党の又市征治幹事長が参議院宿舎にマッサージ譲を呼び慰安......という
週刊誌スッパ抜きもあった)。佐田玄一郎行革大臣(安倍の選挙対策本部長)が架空事務所
付け替えで辞任(これも愛人へのお手当と噂される)。松岡利勝農水大臣が闇疑惑の中で
自殺。伊吹文科相の事務所費問題や柳沢厚生大臣の「女性は産む機械」発言で国会が
紛糾。そして久間防衛相が「原爆しょうがない発言」で辞任。昨年9月27日に誕生してまだ
1年経ってないワケですが、あまりにも身内に不祥事が多すぎますね。論功賞内閣の割には、
本当に皆で安倍総理を盛り上げようと言う気持ちがあったのか疑いたくなりますね。
極めつけは腐りきった社保庁の年金問題。

仮に拉致問題と比べても日本国民にとっても年金問題の方が優先事項であろう。
まずは生活に密着した事項の方が大事なのである。安倍内閣の公約であった美しい国作り
の為の改革を進める為に色んな法案を成立させた。
教育基本法改正案、防衛庁設置法改正案、国民投票法案、イラク復興支援特別措置法
改正案社会保険庁改革法案、年金事項撤廃特例法、国家公務員改正法案など。
これらの法案が与野党が審議を尽くして成立したのであれば、大変意義ある事であるが、
ほぼ与党の賛成多数による決議となっており、安倍内閣としてはとりあえずは、法案を通す
という結果を出したかったのだろう。細かい詰めに関しては先延ばしでも構わないと言う
腹づもりもあったろう。
財界の安倍内閣に対する肯定的評価はアメリカの意向でもあったのだろうが、アメリカに
おける民主党躍進の影響は今後の政局において現内閣を存続させるか否かの鍵となる。
グローバリズムの中では、一国の為の政策や論理はあまり意味を持たなくなり、地球上の
あらゆる国との利害関係の実を如何に早く取れるかどうかが、その国の発言力のバロメー
ターとなる。アメリカが環境問題に本腰を入れ始めたのは、環境問題は金になるとアメリカが
判断したからだろう(笑)。実際に二酸化炭素の排出量もビジネスになるのだ。
トウモロコシやサトウキビなどの植物から作るバイオエタノールを大量に作ると、
トウモロコシ等の値段が急騰し、豚肉の値段が上がる。こっちを立てればあっちが
立たず。風が吹けば桶屋が儲かると言われるが儲かるのは誰だろう?
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-06 18:26 | 国内情勢・世相

安倍政権発足時は何はともあれエールを送ったのだが、こんな最低の内閣になるとは
夢にも思わなんだ(笑)。今度の参院選で自民は大敗し、解散総選挙になる予感がします
が、別に民主党に政権を取って欲しいと思ってるワケでもありません。
野党に期待するものは民主党の長妻昭衆議院議員の追求くらいなもんである。
久間防衛相の「原爆投下.....しょうがない」発言は、一庶民が言う一意見としてはひとつの
見方でしょうが、参院選前の閣僚の発言ではない。前回、アメリカ政府のイラク政策を
批判してアメリカに無視された経緯もあって、アメリカ側の論理に配慮したのかもしれない
が、安倍さんと違ってダブルスタンダードというよりは、やはり本音でしょう。
しかし、小泉前首相の言い回しと違って、聴衆に訴える〃キレ〃が無いのだ。
ソ連の対日参戦を阻止する為に原爆投下は早められたという話は間違えではないし、
イラク戦争と同じで新兵器の実験も兼ねていたのだ。
別に広島や長崎が旧約聖書のソドムとゴモラであったワケでもなく、他に京都・小倉・
新潟が原爆投下目標候補都市であった。今も昔もアメリカのやり方は何も変わっていない
のだ。それに比べ日本人は例え広島長崎の人達も、ワシントンやニューヨークに原爆を
落として同じ苦しみを味合わせてやりたいと公言する人はあまり居ないと思います。
敗戦国の心の叫びは少なくとも戦勝国の政治力学に対しては無力である。故に心の叫びは
歪んだ形で世界に伝波し、弾丸やミサイルへと形を変え品を変え、戦勝国へと牙を向く事と
なってしまった。大量に周りの人達が死んで行く戦争を知らない世代も、現代の汚染された
環境に因る心の崩壊は各々体験している。肉体の苦しみ以上の真綿で首を絞められる様な
重圧と閉塞感。それに耐えられる人間のみが、とりあえず人生をエンジョイできる資格を
得ると言うサバイバルゲーム上のキャラの様である。或は脳内FACKで仮想天国へと
旅立つのだ。

当ブログで以前書きました、山口県光市で起きた母子殺害事件の再審が行われましたが、
21人の大弁護団を抱えたこの26歳の鬼畜は結局反省の弁すら述べる事はなかった。
弁護団は精神鑑定に持ち込むつもりですが、極論すれば、幼い頃虐待を受けた者はその後
殺人を犯しても情状酌量の余地があると言う事で、原告にとっては憤怒する話である。
私は死刑制度存続及び少年法改正!の立場ですが、加害者は例え更生できるチャンスを
得ても、亡くなった被害者は生き返らず、重い障害を負った被害者は後遺症を一生背負って
行く。凶悪犯罪の低年齢化に比べ少年法の刑罰はあまりにも軽過ぎます。
屍姦したこのネクロフィリアの男の更生は死刑を受け入れる事以外に無いのではないか。
心の聖なる反転には少なからずのインパクトが必要であり、21人の弁護団はこの大事な
局面で大きな罪を犯そうとしているように思えます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-02 23:58 | 国内情勢・世相