ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


那覇空港でのチャイナ・エアライン機燃料漏れ爆発事故で、乗客乗員全員が無事脱出
できた事は幸いでしたが、その後の中華航空の記者会見は誠に不可解なものであった。
乗客が助かったのは運が良かっただけなのに、乗務員はヒーローとして紹介された。
台湾の中華航空は過去10年間をとってみても、いわくつきの航空会社である。
1994年、名古屋で起きた墜落事故で乗客乗員の内264人が死亡。2002年には
台湾海峡上空で空中分解、乗客乗員225人が死亡。その他数知れず。
今回機長は中華航空に感謝していると述べてますが、乗客の話によると、避難誘導等は
なかったと伝えられており、乗客が自分で非常ドアを開けたのかも知れない。
事故調査委員会によるとボルトのワッシャーの付け忘れで、ボルトが燃料タンクに
突き刺さり、燃料漏れを起こした可能性を指摘してますが、こうなると整備不良による
人的ミスである。台湾では機長らが台湾副総統からヒーローとして招かれたりしてま
したが、結果オーライで事を解決しようとする姿勢は、腐臭漂う日本より更に10年遅れて
ますね。事故の後、チャイナ・エアラインのロゴが消されていましたが、そんな事しても
会社のイメージは変わらないと思いますが。世界的な航空運賃の値下げ競争で航空各社、
コスト削減に必死で、そのあおりは確かに乗務員や整備士に来ているのかもしれません。
航空運賃が安くなるのは、消費者にとって悪い事ではありませんが、コンピューターの
塊である今回のボーイング737型機も、たった一個のワッシャーが無いばかりに
危機一髪の状況を産み出してしまう。機械は当然万能じゃあない。
そこには必ず人が介在する。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-08-25 22:30 | 国内情勢・世相

今日は全国40カ所以上で、観測史上最高気温を記録したそうであります。
毎日たまりませんですよ。♪よく晴れて♪どころじゃねーよ。
終戦記念日はいつもこうですね。毎年この時期になると憲法の話がでますが、
この殺人的な暑さも宇宙の営みのほんの一瞬の記憶なんだなと想うと、
五感の向こうから押し寄せる波の音を、早く感じ取りたいと想う今日この頃です。

       ♪全部だきしめて♪         作詞 康珍化  作曲 吉田拓郎

       きみのすべてをぼくの自由にしたくて
       ずっと大切にしてたわけじゃない
       だからなにも信じられなくなっても
       ぼくを試したりしなくていいんだよ

       いいさ落ち込んでだれかを傷つけたいなら
       迷うことなくぼくを選べばいい
       さびしさの嵐のあとで
       きみの笑顔をさがしてあげるよ

       きみがいたから勇気を覚えて
       知らない場所も目をつぶって走れた
       きみのためにできることを あれからずっと探してる

       全部だきしめて きみと歩いていこう
       きみが泣くのなら きみの涙まで
       全部だきしめて きみと歩いて行こう
       きみが笑うなら きみの笑顔まで

       ひとりになるのは誰だって恐いから 
       つまずいた夢に罰をあたえるけど
       間抜けなことも人生の一部だと
       今日のおろかさを笑い飛ばしたい

       なにかをひとつ失した時に
       人は知らずになにかを手にする
       きみのためにできることを あれからずっと探してる

       全部だきしめて きみの近くにいよう
       星になった歌も 過ぎた想い出も
       全部だきしめて きみのちかくにいよう
       きみが黙るなら きみにささやいて

       全部だきしめて きみと歩いていこう
       きみが泣くのなら きみの涙まで
       全部だきしめて きみと歩いていこう
       きみが笑うなら きみの笑顔まで
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-08-15 22:08 | 国内情勢・世相

安倍総理が辞めない事になりましたね。笑顔も出て来た様で....
選挙結果の大勢が決まる中、森元総理、青木参議院会長、中川幹事長の3人が密談をし、
安倍総理に退陣を勧めることと相成った。しかし、中川幹事長の進言を安倍首相は即座に
断ったと言う。安倍総理は麻生外相に、今度の参院選が如何なる結果になろうとも退陣はし
ない!と話していたと報道されましたが、自民党内部でも相変わらず不満が噴出してます。
そんな中、起死回生のつもりでしょうが、〃1円からの領収書公開〃案を提出するという。
背に腹は変えられないのでしょう。
「香典まで領収書をつけるのか?」「きれいな水には金魚しか住まない!」など、ザル法に
慣れ親しんだ政治家先生は反発してるようですが、もしこれがちゃんとしたルールになれば、
自民党にとって次回の選挙で振子現象が起きるかもしれません。
l安倍ー麻生ラインは、国防や拉致問題に関しては共通の理念を持ち、他と比べると相性は
悪く無い。内閣改造が早まる様ですが、幹事長は麻生氏になるだろうし、それは麻生氏に
とっては総理のイスに手が届く事を意味する。国民が麻生氏を支持するとは思えないが
失言以外で実績を積んで行けば、それなりに総理の顔になるかもしれません。
小池百合子氏も番外としては面白い....... 小泉復活が再燃するかもしれませんが。
国民はスピードを求めているのではないか?だからもう総理自身が辞めないと明言した
以上、あーだこーだとグダグダ言っても仕方がないので、次の手を速攻で打つべきだ。
金と政治の透明性は与野党全てに求められる基本的なルールであるが、個人献金の少ない
日本では幾つもの政治献金団体を作る必要がある。そして闇の金もきれいに洗浄され
表のまっさらな紙幣に生まれ変わってしまう。政治家がこれほど信頼されない国も
珍しいのだから、政治家の皆様には国士として生まれ変わって頂きたい。
逆に民主党が政権を取った場合、小沢一郎さんは総理にはならないだろうし、
体力的にも無理でしょう。アメリカが小沢民主党に反応してる様ですが、それ程の
影響力が未だにあるとはとても思えません。要は数の論理で、数の多い方にアメリカは
すぐ靡くのだ。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-08-03 23:00 | 国内情勢・世相