ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2008年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

クリントン氏、選挙戦撤退を拒否 オバマ氏も「継続を」と

当初のヒラリー有利からえらく情勢が変わりましたね。
途中、中傷合戦が続き、先週、ヒラリーの1996年ボスニアの米軍基地に降り立った際、
暗殺されそうになったとの講演内容がウソだったと大々的に報じられた。
単なる失言や誇張にしてはタイミングが悪過ぎた。話題性が先行していた民主の両候補も、
くだらない内輪揉めを晒し過ぎると、共和党に持って行かれ、そろそろ民主の政策を前面に
出す必要に迫られた。流れは民主でも揺れ動く世界情勢の中で共和党の一発逆転も可。
有力議員の撤退進言をヒラリー候補は拒否したが、この辺がおばさんの限界だろう。
アメリカのパラダイムが変わる瞬間を目撃したいのですが、ヒラリーにはその片鱗は無い
ように思えるし、アメリカ社会の病根はオバマでさえも駆逐する事は無理かも知れない。
それにしてもエンデバーから見える蒼い地球は本当に奇麗だが.........

※明日は送別会でお休みさせて頂きます。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-30 23:51 | 世界情勢
炭疽菌5人死亡、陸軍研関係者の容疑者浮上.....米TV

9,11テロに関しては未だ陰謀説が払拭されませんが、その後、炭疽菌入りの封書が
送り付けられた事件は記憶にあります。この時19人が感染、内5人が死亡してますが、
米陸軍のこの研究所は、対生物兵器のワクチンなどを研究していると言われ、大手製薬
会社と共同研究も行っております。1991年にこの研究所から炭疽菌を含む27点の細菌
標本が紛失したと報道されてます。当然陸研は楯だけでは無く矛も研究開発している筈で
あります。貧者の兵器とも言われる生物兵器ですが、高度な遺伝子操作を駆使すれば、
アメリカは想像を絶する生物兵器を開発できる。一番コストがかからないのは食品テロ
かもしれませんが。

旧日本軍も生物兵器を開発していましたが、献体ありきの医学は今後問われるだろう。
WHOのリポートは絶滅しない感染症の原因として、人口増加や貧困、難民そして都市化
などを挙げていますが、巨大製薬会社のこれまた利権談合も原因の一つかもしれない。
貧困は人為的な面もあり、貧者は薬も買えずセルフコントロールも教育されない。
本当は疫病を根絶できる手段があるのに、それをやらず製薬業界は既成の薬剤を人類に
与え続けているのかもしれない。人為的な人口抑制を良しとする国や組織がある事は事実
で、世界から病気が根絶すればビジネスとしての製薬会社は用無しになる。
軍産複合体が生き延びる為に、戦争を画策するのと同じ理由である。
個人的には、たかが5年10年延命したからってどうだと言うのだ?
治療中の癌患者の方からすれば暴言かもしれませんが、それは私の本音であります。
寿命は神のみぞ知る処であって、それを人間がコントロールしようたって限界がある。
医食同源なら、その言葉を生んだ中国は残念ながら衛生観念に欠ける国であり、世界の
支配者達は戦う事だけを教え続けてきた。故に人類の感染症は六欲症であり、直す薬は
無い!再生医療もその魔の手が伸びない様に期待したいのですが......
デカプリオ「諦めるなローズ....約束を守っくれよ」

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-29 23:29 | 世界情勢
核無能力化作業に深刻な影響と北朝鮮、申告問題の米主張で
北朝鮮が艦対艦ミサイルを3発発射、黄海で 通常訓練とも

チンピラ国家が未だグダグダともの申す姿は本当に哀れであり、真の国造りが如何に
難しいか教えられます。さすがに今回のミサイル発射は大きく取り上げられません。
韓国の李大統領が融和政策の見直しや拉致問題の取り組みを示唆しましたが、北にとっては
拉致問題などは既に解決済であり、話し合うつもりは毛頭ない。まして日韓の相手をするより
対中対米関係が大事だ。6カ国協議にしても日韓は置いてけぼりであり、おまけに国務省主導
のアメリカでは進展は望めないだろうし、中国は中国で五輪で手一杯で、チベット問題で頭が
痛い。開会式をボイコットする国が増えて来ました。
今、電車の中でタイミング良く、黄文雄著「中国魔性国家の正体」を読んです。
ボロクソに中国を叩いてますが、考えさせられる事があり、極論だとしても面白い。
特に中国の環境汚染や食の安全性に関して、著者は随分昔から指摘しており、最近の
事例はそれが白日に晒されてます。21世紀が中国やインドの時代というのは幻想である。

今、TVでタイタニックやってますが、この映画は私も映画館で見ました。
最初は、またハリウッドのCG満載の金かけただけの映画だろうと思っていたのですが、
実際にスクリーンを見て偉く感動しましてね(笑)。レンタルでも5回観ました。
まぁ映画は他人がどーのこーのよりも、自分が何を感じるかが大切ですが......
こうやって世界の支配者連中の暮らしがあり、その為の文化があり、一方では北や中国の
貧民の暮らしがあり、汚染された食べ物を喰い続けている。そんな中で私達が世界の未来を
見据える時、どれを基準にすれば?と必ず迷う。先鋭的な科学かそれとも慈悲の精神か
どっちを選択する?世界全体で見れば、我が国の年金問題など、彼等に比べればまだマシな
方だろう。利権談合は残念ながら万国共通の癌であり、これといった特効薬は見つかって
おらず、共産主義国家が輪をかけて酷いというのも明らかになっている。
いずれにしろ富める者もそうでない者も、毎日を必死で生きてこそ活路を見出せる。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-28 23:20 | 世界情勢
福田首相、「09年度から一般財源化」提案 道路財源

これで混乱するのは、国民ではなく道路族や土建屋だけだろう。
これだけ国交省が叩かれ偽装が明るみに出た以上、与党案では国民の支持も受け入れられ
ないと感じたのか、福田総理としては、古賀氏や二階堂氏などの道路族のドンの頭を飛び
越えてまで、民主に話し合いのテーブルに付いて欲しいと言う意味のカードを切った。
道路特定財源の一般財源化の段取りを確約するから、ガソリンの暫定税率については妥協
してくれと民主に問うてるわけですが、福田内閣が終わっちゃえば、この一般財源化案も
立ち消えとなってしまう。
これからの時代は公共の移動手段の方がメインになると思います。
個人的には、マイカーよりもリニア新幹線網や公共の輸送機関の全国整備の方が大事では
ないのだろうか。地方には必要不可欠の基幹道路を造り、他の無駄な道路は一切作らない。
まさか、国は有事の際、戦車や戦闘機が使用出来る道路を前提にしているわけでもないだ
ろうから、10年間で59兆円という額は、本当にバカげた金額であります。
今より少しでも、福祉対策や高齢化社会の環境整備造りの為に税金を使って頂きたい。
それも、箱モノではなくソフトを開発してもらいたい。
途上国はこれからマイカーの時代だからTOYOTAも生き残れるでしょうが、先進国は
これから脱マイカーだろう。
先進的な公共の輸送システムの開発が先で、その為のルートは必要であるが、物流の
システムも変化するだろう。そうでなければ二酸化炭素の問題も解決しない。
福田総理も、一般財源化は本心ではないから、党内の全面的な支持は得られないだろうし
次期総理が受け継ぐかどうか大いに疑問であります。効率化の権化である財界が反発する
理由が今イチ解りませんが、国民の総意としては、地方への配分をきちんとするので
あれば、一般財源化に賛成だろうと思います。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-27 23:11 | 国内情勢・世相
警官目の前、白昼の凶行 5分足らず 8人次々 茨城

最近また血なまぐさい事件が国内で起きてますね。
昨日の茨城の無差別殺傷を決行した男はゲーム好きの無職。
私は未だかってゲームを買った事もないしやった事もないので、その醍醐味は
解りませんが、ディスプレイ上で銃を撃ったり、剣を乱舞したり蹴りやパンチを繰り出したり....
そんなんでストレスが解消するとは到底思えませんが、若者はそうじゃないらしい。しかし、
結局この若者も、ゲームで己のストレスを吐き出す事はできなかったのだ。
むしろ仮想空間のキャラをそのまま現実の社会で演じたかったのだ。
敵と味方、己と社会、自分と他人。その間に遊びが全くなかったのだろう。
県警の初動捜査が批判されてますが、やはり映画のようにはいきませんね。
「人を殺すことはいけない事である」と説いても、それは理屈じゃなくて、生きて行く内に
自然と形成されていくものであり、もし成人しても疑問符をつける者は、成長過程に問題が
あるのかもしれない。勿論、普通の時空間ではない戦場においては、武装した戦闘員同士
の戦いであるから、戦闘員を壊滅すれば逆に誉められる。
イスラム過激派はアメリカ人を殺せば天国にいけると子供達に説く。
故に世界中全ての人が「人を殺すことは一番罪深い事だ」と考えているわけではない。
「家畜を殺す事は罪深い事だ」と考える人も極少数だろう。皆、肉喰ってますから。
戦乱の世では、人命の尊さなど考える暇など無いから、地獄でゆっくり考えるハメになる。
建前では人命の尊重を唱えても、イザとなると何処迄自制する事ができるか疑問である。
個人的な問題にしても国家間の問題にしても、何を聞いてもあまり驚かない
世の中になりました。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-25 23:00 | 国内情勢・世相
聖火採火式、中国五輪関係者の演説中に男が乱入
北・シリア核協力、米当局が「確信」.....米紙報道

中国国内向けのTVはこのハプニングは放送しなかったようですね。
個人的には中国のオリンピック開催は、時期尚早ではなかったのかと感じます。
聖火リレーの台北通過は断念されましたが、他の国でもひと騒動起きる可能性がある。
何はともあれ、例え北京オリンピックが開催されたとしても、チベット問題を象徴に
人権と表裏一体で記憶される事になった。毒餃子はほぼ過去の話題となってしまいました。
暴動もタイミング的に意図的なものもあるだろうが、毒を盛られても何もできない日本の
不甲斐なさを、大陸のチベットが代弁してるとも言える。遅きに過ぎたのだ。
中国側のネット規制は相変わらず続いているようです。
西洋の没落から、東洋がそれにとって代わると昔は予言されましたが、何の事はない、
東洋文明のとの字もなく、西洋文明の価値観を上塗りしてるだけであった。
これは我が国とて例外ではなく、東洋の叡智が世界を凌駕するというケースは稀であり、
逆に西洋式ボランティア行動が、民間だけの力で世界を動かした例の方が多い。
形に顕しにくい東洋的な心は、中々開花しないもんですね。
韓国が変わる予感がしても、中国と北は良い方向に変わる予兆が全く見えないですね。
北の嘘八百は今に始まった事ではありませんが、それを知りつつ米中関係を取った
アメリカの罪も大きいが、北はイスラエルを「中東のガンだ!」と非難しました。
しかし、いくらアメリカが指定解除しようとも、イスラエルから見ればイランも
シリアも北朝鮮も同じ穴のテロ国家なのである。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-24 22:44 | 世界情勢
前主席擁立の野党、国民党が勝利宣言、台湾総統選の開票

新しい台湾の総統となる馬氏は韓国の李大統領と同じで実利主義だと言われ、
中国との経済的結びつきを重視する構えであり、一つの中国に屈するかどうかは別としても、
頑なまでの対立路線は、未来の台湾の為にはならないと思っているようです。
台湾の対中投資額は増え続けており、台湾の企業にとって中国と言うマーケットは無くては
ならない存在で、政治では冷えていても経済ではお互い必要としてるわけで、中国抜きでは
厳しいと言われる。
敗れた民進党の謝氏は、チベット問題で追い上げを見せるも大勢を覆す事はできません
でしたが、負けたとはいえ「台湾独自路線」を支持する人達は未だ多く、馬氏も、中国が
もうちょっとマシになって初めて〃一つの中国〃をも視野に入れるスタンスの様です。
台湾を標的にした数百発のミサイルを前にしては、馬氏もそう易々と呑み込まれないだろう。
北京オリンピック後、中国のバブルは本当に崩壊に向かうのだろうか。
中国共産党は、胡錦涛の時代で終焉を迎えるとも囁かれています。
中国13億の民は中共にとっては諸刃の剣であり、何時如何なる時でも分離独立の切っ先を
制す必要が中共にはあるわけです。
「天下は王土に非ざるものなし(世界中の土地は全て中国のものである)」という伝統的な
国家観をいつまでも世界が容認するとは中国も思ってないでしょうが、軍部は先の空母
開発からして台湾島を海洋進出の拠点としたい考えで、東アジアにとっては脅威以外の
何ものでも無い。このまま放っとくと日本も領土にされてしまうのである。荒唐無稽の話
ではあるが、中国軍部はそうは思っていない。
大道廃れて仁義ありの時代から久しく、中国には道徳観念が消失しまった感があります。
本来の大同思想は全体主義とは無縁の、徳による同化と捉えたいのですが、
現代中国にそうした考えは皆無のようです。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-23 18:04 | 世界情勢
米経済緊迫 証券資金難「まるで山一」

FRBはロックフェラーとロスチャイルドの所有物であり、彼等国際金融資本がアメリカの
金融をコントロールする為に設立されたものである。国際金融資本は米財政を呑み込み、
多国籍企業には優遇措置を与え膨大な資金を米国に還流、低所得者には確信犯のように
担保無しに束の間の幻想を投じ続けてきた。これは第三世界の国々を債務国にして、
手なずける手法と同じである。サラ金と同じです。
アンタッチャブルはまだアメリカにいるのだろうか。世界最大の債務国であるアメリカの国債
を世界が放り投げたら、アメリカの金融はメルトダウンします。800兆の借金があるとは言え、
日本は世界最大の債権国で、汗水垂らしてアメリカの借金を背負ってあげてる日本が、
アメリカのマネーゲームに翻弄されている。日本の通貨がアメリカを支えているのに、いつも
アメリカからケツを叩かれる......礼のひとつも言われた事なんぞありませんからね。
何とも不条理である。いっその事世界丸ごと溶解してしまおう。皆で溶ければ恐く無い!
我々は終わり無き消費をいつまで続けるのだろうか。親から子へ子から孫へモノへの執着は
確かに技術革新を生むが、その先が見えない。地産・地消に求められる心の循環が
食に限らず軸として個から社会へ、そして世界へと広がる事を願います。
その為に今の物質文明が滅びたとしても構わないではないか。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-22 23:42 | 世界情勢
イージス艦事故、防衛省、調査報告書を発表
防衛省が88人処分、次官と海上幕僚長は減給

CICに通常7人の配置が4人しかおらず、直前に雨が降ったからという理由で、艦橋にいる
はずの2名の見張りはいなかったそうであります。漁船の乗組員が居ない以上、イージス艦
の調査報告書だけの審議となるが、やはりイージス艦側が回避義務を怠ったと言うか、
不慣れな当直士官としか言いようがありませんね。艦長はエリートでも乗組員が精鋭ぞろい
では無い事が証明されました。これはヤバイです。
石破防衛相は福田内閣解散までは頑張るみたいです。危機意識の低さは若い自衛官も
例外ではないが、先日の横須賀のタクシー運転手殺害の容疑者も米イージス艦の米兵と
言われてます。警官が全て善人では無いように、自衛官も教師もそれは同じです。
陸海空も必要以上の対抗意識を捨てて、日本独自の鉄壁を構築すべきである。
国境が無くなり、理念が統一され全ての人々が平和に暮らせる世界なら、国防の概念も
変わるだろうが、国境はしばらく無くなりそうもない。


チベット暴動「少なくとも70人殺害」NGO発表
ペロシ米下院議長がダライ・ラマと会談、中国を非難

現地の映像が旅行者経由でメディアに流れてますが、戦車や装甲車が走ってますね。
数千人規模の暴動だと、いくら武装警察でも負けちゃうのかな。数百人が刑務所にブチ
込まれる様な事態が続き、更に死者が増えるようであれば、北京五輪は厳しい。
チベット側はネットに情報を流し、中国はYou Tubeを規制してる様ですが、中国側が
言う通り、少なくとも平和の祭典を開催しようとしているんだから、例えダライ・ラマが
アメリカの片棒を担いでいるとしても、そこは中国も上手く処理すべきだろう。
温家宝までがヒステリックにならんでも.....

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-21 23:27 | 世界情勢
「イラク戦争コストは3兆ドル」米経済学者スティグリッツ氏の新著
イラク戦争「正しかった」と米大統領、開戦5年で演説イラク戦争から5年

共和党のマケイン氏はイラク駐留支持であるが、民主党クリントン、オバマ両氏は米軍撤退
を公約に掲げる。フセイン政権の時よりも暮らしは改善しても、イラク国内では今も尚自爆
テロが起きており、女性や身障者がテロリストにされるケースも増えている。
スンニ派とシーア派の対立も、市民の感情のレベルを超えた処で謀略が測られ、真実を
覆い隠そうとしている。アメリカがイラクから完全に撤退したら、本当にイラクからテロが
なくなるかは疑問であります。
問題はテロリストの資金源を完全に断てるかどうかであり、資金はアメリカ内部からも
流れている事を解明分析する事であるが、アメリカにその気は全く無いようだ。
戦争を煽る組織は列強の負の遺産であり、阿修羅は永遠に戦い続ける宿命なのだ。
北朝鮮に対しても徹底的な経済封鎖をするべきだったが、息を吹き返した北は例の如く
御託を並べ始めている。
世界に蔓延る虐殺を見てみぬフリは出来ないだろう。蛮行を阻止する為には力も必要で
あり、誰かが手を汚さなければならない。自分の手を汚さず奇麗事を並べる国は、
蛆虫のように湧いて来るテロリストから見れば、扱い易い存在である。

早いものでオウムによる地下鉄サリン事件から13年ですね。
衝撃的でした。ロシアルートも解明されず、麻原は廃人として幽閉されてますが、
名前は変えてもオウムの残党は未来永劫公安に監視される運命です。
私も毎日地下鉄に乗ってますが、時折脳裏を過ります。
世の中を変えたいと思う人は沢山いる。ビートルズは音楽の在り方を変えた。
龍の如く自分を変える方が、世界を変えようとする事より手っとり早いのかもしれない。
人体のシステムは世界共通のOSであるが、普遍的な愛は別途インストールする
必要があるようです。

[PR]
by gyou-syun-u | 2008-03-20 22:58 | 世界情勢