ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2008年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

中国への空自機派遣見送り、発表 数日中に民間機第1便

昨日の速報から一転、自営隊機の使用は中止となりました。
町村官房長官が「摩擦を起こしてまでやるような話ではない」と述べてますが、
結局、大使館レベルのやり取りに過ぎなかったのか、それとも胡錦濤が軍の圧力に
屈したのか、いずれにしろ中国政府の内情が見えて面白い。
米軍の輸送機は受け入れて、自衛隊の輸送機は受け入れないと言う事ですが、
中国の歴史教育では、日帝は悪魔の化身として描かれているから、日本が優しい悪魔
に変身した姿を国民に晒しては、反日教育をした中共もバツが悪いのでしょう.....
中国国内の自衛隊への根強い拒絶反応は、人民解放軍兵士のごく普通の感情かもしれ
ない。日本の緊急支援チームでさえ、「早く帰れば良いのに」と言う声が人民解放軍
の兵士の口から出た。日本の自衛隊員が、中国軍を必要以上に忌み嫌うという事は
無いだろう。思想信条で入隊する者は限られるからだ。
とりあえず民間機で支援物資を送る事になり、日本政府は5億円の追加支援を決め
ました。中国にとってアメリカは超えるべき目標であり、日本は既に超えたモノと
見てるのかもしれません。ところがどっこい、日本が経験した事をこれから中国は
経験するのである。
四川地震の被災者から、政府に対する不満があちこちで出ています。
救援にも格差が生じており、被災者は膨大な数になりますが、それでも中国の総人口
からすれば、対岸の火事にしか思わない中国人もいるだろう。
巨大な国土の中では、救済も大事だが、五輪開催はそれ以上に大事だと考える事も
普通なのかもしれません。喪中の間に祝い事をやるようなもんですが、瓦礫の下に
埋まった侭の人を横目に五輪を開催する訳にもいかないだろう,,,,日本だったら。
阪神淡路大震災を経験した兵庫県から支援物資が送られましたが、震災を経験した
人達にとっては蘇る悪夢だろうし、救済に格差があってはならない事を誰よりも
感じている事でしょう。

水曜日じゃありませんが、冷たい雨ですね。
雨のウェンズデイ 大滝詠一
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-30 22:00 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
空自C130を3機、週内出発準備 防衛省が派遣原案
「防衛関係当局間で協議必要」自衛隊機受け入れで中国


自衛隊機が中国の空を飛ぶ....しかも要請されて。昨日速報で流れましたが、
PKO初め自衛隊の海外派遣をコキおろしてきた朝日新聞にとっては驚愕ものだろう。
昨日のテレ朝で、中共工作員の加藤千洋氏も「驚きましたね」と言ってました。
C130輸送機3機を使い、テント数十張りと毛布数千枚を運ぶそうである。
地震発生1週間後に、海外からの支援では初めて米軍の輸送機が支援物資を成都まで
届けましたが、この記事によると北京までの方が給油無しで直行できるため、北京まで
運び、後は中国側に任せると言ってますね。C130輸送機は戦闘機では無いといっても
自衛隊機であり、有事の際は武器や隊員を輸送する。
米中と日中の軍事的な確執よりも、より多くの支援物資を積めるのは軍用の輸送機
しかないわけだから、中国側も背に腹は代えられなかったのだろう。驚いているのは
日本側の方かもしれません。
今回は弾丸の飛び交う地域にい行く訳ではないから、親中のマスコミは何も言えない
だろう。それどころか中国に感謝される緊急援助活動であります。
私は中国の体質は嫌いですが、援助活動を否定するものではありません。
しかし、中国軍首脳が、日本の自衛隊機受け入れをすんなり承諾したとも思えないし、
軍を完全に掌握できない胡錦濤と、中国外務省の秦報道官の言葉からもそれは伺え
ます。日本が無償でテントや毛布を送っても、今後の日中間の懸案事項に画期的な
合意が望まれる訳でもない。
今回の自衛隊機受け入れで、譲歩を懸念する動きが中国国内にあるだろうし、
そこが即断できない体質なのだろう。しかし、一刻を争う時期にも、素早い判断が
できないのは我が国も同じですね。

Top Gun - Highway to the Dangerzone Kenny Loggins
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-29 21:04 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
シャロン・ストーン発言に中国反発

シャロン・ストーンは昔「氷の微笑」などで大変お世話になりましたが、
もうというか、まだ50歳なんですね。ヒステリックに反戦や反中を掲げるのも
どうかと思いますが、彼女のような感情を抱いている人も少なくないだろう。
カルマは全てに当てはまる法則で、中国人だけではなく私や貴方にもあらかじめ
組み込まれた宇宙の摂理であります。太陽が見えないと言って悲しむ必要は無く、
陽はまた昇ってくる。全ては旋回、巡り回っている。
タイタニックもアルマゲドンも最後は自己犠牲の華が咲いた。
四川もミャンマーも「神のみぞ知る」出来事があった事だろう。
人が山や河が崩れる事よりも、人権が崩れ去ることを嘆くのは
正しい事かもしれない。
人間に欠かす事ができない水も時には凶器になってしまう。
最近はガイアの喜怒哀楽も激しいようで.....

Aerosmith - I Don't Wanna Miss a Thing
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-28 21:13 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
渋谷の妹殺害、兄に殺人罪で懲役7年判決....死体損壊は無罪
「どう猛な別人格状態」異例の判決で心神喪失認定

死体を左右対称にバラバラにしても、7年で娑婆に戻れるとはこれ如何に?
殺人と遺体の切断で、別々に判決が出た。
犯行時は責任能力はあったが、切断した時は完全に心神喪失状態であるとし、
検察の求刑17年に対し、7年を言い渡しました。
殺した時は正常の中の異常であったが、切断時は異常の中の正常と理解すべき
なのか。「悪魔が殺せと言った」というセリフは何人かの殺人者から聞く言葉で
あるが、心神が定まらず、人間ではない性格が顕われる。
加害者と被害者が血を分けた兄弟でなければ、もう少し厳しいものになっていた
だろう。しかし、精神疾患があったとしても、個人的には死体をバラバラにした
人間がもう一度社会に戻れるとは信じられない。
高学歴で家族そろってエリート家庭でありながら、留学先のパリでオランダ人
女子留学生を殺し人肉を食った為精神病院に入るが、その後、作家となった佐川一政
の例がありますが、やっぱりおかしいだろう。
江東区の女性失踪事件で、同じマンションに住む33歳の男が逮捕されましたが、
殺害後、遺体を細切りにしてトイレに流し、家庭ゴミとして出したりしたと言う。
逮捕前インタビューに応じる容疑者は一見精神疾患があるとは見えない。
こういう人間がごく普通に社会生活を送れる事に、人間そのものの扱いにくさが
ある様な気がする。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-27 22:20 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
カルフール 一転賞賛の的 中国、義援金の多募で善意量かる

日本では絶対に盛り上がらない(笑)不買運動も、中国ではアジテーターの一声で
人間様の心も如何様にも変身するようです。外貨準備高世界一の中国に義援金を出す
のは、国家やその国に携わる企業にとっては礼儀あるいは戦略でもあるし、それは
金額の問題で無い事くらいは誰でもわかるが、一気に市場原理に首を突っ込んだ中国の
民衆は、その辺の識別ができないのだろう。
中国商務省が外資系企業の支援金リストを公表したとありますが、そこまで媚を売る
必要があるのかと思いますが、天安門の時のように、戦車で轢き殺すわけにもいかず、
中共もお気の毒です。
中国経済の投資効率は、人民解放軍の救援活動と同じで極めて低いそうであります。
爆薬で決壊を防ぐ為に、徒歩で爆薬を運ぶ混成部隊も大変だと思います。
中国のバブル経済は、資本を浪費しながら成長する浪費型成長であるらしいが、都市部
の富裕層は貯蓄志向が強いと言われ、殆ど隔離された中国の農民でさえ株に走る。
日本でも災害募金をネコババする輩がいますが、どこの国でも同じですね。
しかし、まず生きる為にはきれいな水と安全な食べ物が必要であり、お札は食えない。
特に中国の人民元の札はまずそうである。人類は自給自足に戻った方が良いのかも
しれない。

荒井由美 ひこうき雲
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-26 22:08 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
米国の「平和度」、リビアより下の97位 日本は5位

このエコノミストのランキングは、相対的な意味合いよりも平和の欠落を数値化
しようとしたものだと言うが、確かにこの記事にあるように戦争のない状態が平和で
あるとは限らない。我が国では戦争は起きてはいないが、自殺者は毎年3万人を超え、
陰湿な事件は後を絶たず、所得格差による様々なフラストレーションも生み出されて
いる。平和の概念は実に抽象的であり、宗教や哲学上の理念の違いで、人類皆兄弟とは
言いがたいのが現実である。
人権意識が薄くても、一歩下がって相手を立てる文化を有する日本人は、島の中では
何とかまとまるが、多民族国家のように異人種と同居した歴史が浅いため、一歩島の
外に放り出されると、逆に民族意識がオーバーヒートしてしまう。
その極端な例が中国だと思うが、米国のパトリオットと中国のナショナリストは
少し状況が違うだろう。米国の軍事力により世界が守られているはずだと言うのは、
壮大なギミックであり、それには中国も一枚咬んでいる筈である。
北京五輪後、そして米大統領選後の世界地図がどう変わっていくか
大変興味があるところです。

ファイト
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-25 23:01 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
死者・不明8万人超す 温家宝首相が2度目の現地入り
ミャンマーに医療チーム派遣を準備、日本政府

先進国では戦争でも起きない限り、8万人超の死者・不明者は出ないと思いますが、
これからは、自然も姿無きテロリストの部類に入るかもしれません。
9,11テロでは多くのアッパークラスが犠牲となりました。
しかし、ミャンマーも四川もロウアークラスが犠牲になっています。
情報伝達の均一化がなされている国であれば、多少なりとも防災意識なりの自覚が
あると思いますが、そうではないある種情報遮断の世界に居れば、それも叶わなかった
のかもしれない。中国の場合インターネット人口は2億と言われるが、中国全体での
普及率は先進国と比べまだ低い。ミャンマーの場合はそれ以前の問題だろう。
ミャンマーの軍政が国連事務総長の説得に応じ、世界の支援を受け入れると言ってます
が、あまりにも遅すぎたのではないか。
ホトケの上に救援物資を投下しても意味は無いだろう。
IAEAが北京五輪で「核テロに対する備えが必要」と警告を出しましたが、
中国は瓦礫に埋もれた15個の放射性物質の中身を明らかにしませんね。
中国の環境保護省は「放射能漏れは起きてはいない」と説明してますが、毒ギョーザ
で中国の環境意識に呆れた日本人あるいは世界は誰も信じないだろう。
チベットの核施設周辺では既に土壌は汚染されているのだから、これから先、四川も
同じ轍を踏むだろう。当局は四川省内の別の場所に省都を作り、3年かけて復興させる
と述べてますが、核物質の完全除去が最優先事項だろう。
しかし、被災民の当面の生活も大変です。昨日のテレ朝で言ってましたが、テント、
仮設住宅、仮設トイレなど日本のノウハウを生かして頂きたいと思います。

アメリカの地震兵器説については、鎮魂が終わってからにしよう。
四川及びミャンマーで亡くなられた方達の御冥福をお祈り致します。

Eric Clapton - Tears in Heaven
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-24 21:14 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
首相に支援受け入れ要請 ヤンゴンで国連事務総長
中国からの要請も「テント、ミャンマーに送り残っていない」官房長官

国内にも大事なニュースがありますが、まだ四川やミャンマーに目が逝ってしまい
ます。ミャンマー軍政のテイン・セイン首相は、国連の潘基文事務総長との会見で、
「これからは再建の段階に入るから支援は必要ない」と、首を傾げる様な発言をして
ます。四川と同じく、感染症その他、食料ひとつ取ってもミャンマー一国だけの問題
では無い。北にしろ、何時まで世界は独裁者の我が侭に付き合わなきゃならないのだ
ろうか。〃見渡す限り人家が無くなる〃は奇しくも現実の出来事となってしまった。
ミャンマーでは支援物資が被災者の25%しか届いてないと国連は指摘しており、
それは死者が8万人を超えるかもしれない四川も同じ事ですが、この辺は明らかな
人災である。
数万個のテントだってかなりの数でしょうが、四川もミャンマーも被災者の数から
してテントメーカーにとっては災害特需であっても、世界がフル稼働しても、とても
全世帯に行き渡るモノでもないだろうと言う感じがします。
生きている事が分かれば、当然次は食欲や環境の改善を求める。しかし情報操作は
トップに委ねられる。軍を掌握できない胡錦蕩は軍の意向は無視できない。
人命救助優先といえども、愛国心の再燃は、中共のとっては頼みの綱である。

四川に赴いた日本の緊急医療チームは、結局病院内での医療活動を行う事に
なりました。ロシアの医療チームは現地に向かったと言われますが、中国赤十字会が
協力を求めた国はドイツ、イタリア、ロシア、日本.....
赤十字を批判する米国や、英仏は外れてますね(アフリカで忙しいのか)。
ミャンマーは、軍政が救援活動や実態調査などをまともにやっていないという状況が
あって、いくら義援金を送っても無駄になるような気がします。
国連事務総長のプッシュくらいで軍政は動くだろうか。

※昨日のWe Are the World貼り直しました(1分程短くて途中で切れてましたね)
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-22 22:26 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)

初七日を早めにやり、今日戻って参りました。
親戚の家に数日お邪魔して、親父の昔話に花が咲きました。
お袋の墓が本家の近くにある禅宗の寺にあるので、親父もそこに入ります。
これでお袋と再び一緒になります。最後のお別れの時、「お疲れ様でした」と
棺に花一輪と親父の好きだったタバコを1本入れましたが、その時が一番の感情の
高ぶりでした。火葬された親父の骨は原型をしっかり保っており(病気で抗生物質を
打ってたりすると骨が粉々になるそうですが)、亡くなる3時間前には皆の顔を見て
微笑んでましたから、親父も潮時と感じたのでしょう。きれいな顔でありました。
バタバタした数日でしたが、田舎にいる親戚の伯父さん伯母さん達の心使いや優しさ
に改めて心を洗われました。

放射性物質32個が下敷きに 軍幹部は安全性強調 四川大地震
四川大地震、日本医療チーム始動・成都の病院視察


四川省大地震は発生から10日経ち、惨状が次第に明らかになってますが、天災から
人災の様相を帯びてまいりました。懸念されていた核施設の被害も、実際に起きたと
言う事で核汚染が心配されます。地震による死亡者は現時点で4万人を超え、行方不明
者も万単位、被災者も1000万人に達しています。
核を持つ共産国家ゆえ、簡単に外から入る事は難しいと言う事はさておいても、
色んな意味で世界に影響を及ぼすであろう今回の地震に対する中国当局の対応は、
軍のメンツを優先した中共の独断の賜物であり、国際社会の常識からは程遠いもので
ある事を世界は改めて知る事になりました。
外国からの人的支援では日本の緊急救助隊を初めに受け入れましたが、日本の救助隊
が入った地域は、既に中国軍が掘り起こしたり瓦礫の山のような所で、ほぼ生存者は
ゼロに近い場所であり、最先端機器を生かせる環境ではなかった。
これは軍の意向で、日本隊に生存者を見つけられては人民解放軍のメンツが立たない
から、生存者の可能性が低い場所に日本隊を行かせたと一部では言われております。
それでも日本隊のテキパキとした救助活動や黙とうなどの儀礼は中国人の心を動かした
と報じられました。
今日、成都入りした日本の医療チームの場合も、日本側は装備面からしても最前線
での治療活動を希望しているが、中国側は医師が足りないから病院での手術を要請
している。震災では72時間を越えると生存率がグッと下がるそうですが、〃タバコを
食べ、自分の尿を飲み〃100時間以上生き延びて救出された人もいましたね。
チベットエリアの核廃棄物の放射能漏れの可能性も示唆される状況ですが、詳細は
明らかにされてません。これは世界の問題故に、毒ギョーザとは次元が違う話なので、
中国だけで処理されてはたまったものではありません。
既に二次災害が起きてる状況であり、人民解放軍が救出のノウハウを熟知している
とは思えない。世界的な総合支援を受け入れるべきだろう。
〃ひとつの世界〃が五輪のスローガンなのだから、今こそ世界はひとつになれるのだ。
皮肉にも、これが中国崩壊の第一歩だとも感じますが、中国国内の政府への不満は
これから徐々に噴き出してくると思います。五輪開催まであと2ヶ月。数百カ所の
ダム亀裂の修復や被災地のインフラの再生など、復興作業にも巨大なコストがかかる。
しかし、中国国民の眼はやはり五輪に行くのだろう。
ミャンマーは既に人災であるが、独裁国家だと言って力ずくで入国するわけにも
いかず、義援金は軍に横領されそうで.......

親父の兄貴である伯父さんが、物を分ける時、今は極端に言うと定規や分度器で
キチンと測って分け与える事を教育するが、「自分はいいから皆で分けなさい」と
言う事も教育だと言ってましたが、私も禿げ同です。

USA For Africa - We Are the World
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-21 18:58 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)

約20年間アルツハイマーで入院していた親父が、今日午後8:00前に亡くなりました。
1週間くらい前から容態が悪かったのですが、仕事も忙しいので、親戚兄弟と日程を
調整して、今日の朝、飛行機で九州の病院に行き、とりあえずは日帰りで午後9:00頃
羽田に戻ったのですが、すぐ弟から連絡が入り、弟が帰りの飛行機に乗る10分前に
病院から亡くなられたとの連絡があり、そのまま弟は病院に再度直行。
私は夜の飛行機もなく、休みの間の仕事の引き継ぎもしなきゃならないので、
明日午前中出社して午後から九州へ。明日通夜そして葬式 .....と
1週間休みを取りますので、その間ブログはお休みするかもしれません。
時間の都合がつけば、ネカフェから更新するかもしれませんが。
とりあえず、常連さんに御報告まで。御了承下さい。

ARB / After'45 for 松田優作(リハーサル含)
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-05-15 23:18 | Xファイル | Trackback | Comments(0)