ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2008年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


1週間ぶりの御無沙汰です。
先週は毎日超過勤務でパソコンに向かう余力が無く、土日は親父の49日法要で
九州に帰っておりました。昨夜遅く帰り、今朝は早朝から仕事で睡眠不足です(笑)。
寝る前に、少し何か書いときますね。
これで来年の1周忌まで、ある程度の落ち着き観が定まるでしょう。
例の如く親父のお兄さんである伯父さんの含蓄のあるお話に接する事ができました。
現代の核家族ではない昔の大家族で暮らした人の、そして戦争体験をした老人の
言葉は時折ほっとするものです。
私が「自動車の運転と飛行機の運転はどっちが難しいですか」と聞いたら、
伯父さんは「車は失敗しても止まる。でも飛行機は失敗したらそれで終わり」
「失敗は成功の元と言うのは、当時の飛行機乗りには通じなかった」と述べました。
10代の若者が飛行機の操縦をするわけだから、教官からはミスしたら死ぬという、
それだけの集中力を持って臨めと厳しく指導されたそうです。
親父は練習機赤とんぼで予科練で訓練中に台湾で終戦、伯父さんは操縦士として
北朝鮮で終戦。親父は17歳、伯父さんは19歳。伯父さんは九州に戻った後、
本部からの命令で96式陸上攻撃機を小松基地まで運んで、そこから列車を乗り継いで
九州の実家まで帰ったそうですが、やはり今の10代とは違う。
日本の多くの若者がお国のため、或は流され天皇陛下のために身を捧げました。
勿論親父も伯父さんも好戦的な人間ではありません。頭も良いです(笑)。
昔の、相手をあれこれ詮索しない実直さが日本人の良い点だったのかもしれない。
そこに国が大義を吹き込み、皆それを信じた。
現代は情報を国のトップが独占できる時代では無く、戦争で見える国家の品格なり、
国家戦略なりを大衆が査定できる時代に突入した。
革命を叫ばずとも淡々とした情報収集分析を生業とする人も増えますた。。
唯、世界や周りがどう変わろうと、個々の誠実さや実直さは失ってはいけないものだ
と想う。しかし、たまの田舎も本当に心地良いものです。

こう言う歌もありました。
加川良 「教訓 I」 Kagawa Ryo "Kyokun I" (Lesson One)
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-30 20:51 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
コンビニ業界団体、深夜営業規制に反対 都知事「自粛好ましい」

私の様な肉体労働者にとって、コンビニは重宝します。
労働者の中で、9時〜5時で仕事をする人は少数である。
当然、交代制や夜勤専門だったりフレックスタイムだったりします。
肉体労働者にとって塩分の強い弁当や栄養ドリンクや下着など(とんでもない暑さの
時など助かる)、手軽に利用できる。
24時間眠らない街を作っておきながら深夜営業が地球温暖化に影響するだと、
殆ど説得力のない論理ですが、盛り場のネオンサインを消す方が先決だろう。
ビルメンテナンスの立場から言えば、コンビニの床洗浄・ワックスは人の少ない早朝
や深夜しかできない訳で(小さいコンビニは店員がやりますが)、その他配送便など、
裏方が動き回れるのは、24時間使えるからである。勿論田舎のコンビニであれば、
何となく解る様な気もしますが、都会のコンビニでは経済効果のマイナスは大きい。
それよりもどうでも良い番組を垂れ流すTV業界を規制すべきでしょう。
速報性の高い報道の枠は残すとしても、タレントの互助会のような番組は減らすべき
だと想う。

もし社会をそのように変えたいのであれば、官民一体でやらないと気運が高まらない
だろう。日の出とともに起き、日が沈んだら大人しくねぐらに帰る......それが本来の
生命の営みでしょうが、もはや後戻りできない所まで社会構造は変貌していった。
せめてもの可能性は、テクノロジーがそれを補う事ができるかどうかであるが、
今NHKクローズアップ現代で地球温暖化による「ヒマラヤ氷河湖決壊の危機」で
氷河の縮小の話をやってますが、氷河が減ると下流の水資源に影響を及ぼし深刻な
水不足が起きるとされてます。
いくら核弾頭を何百個持ってても、アルマゲドンのようにはいかない。
結局地球は水の惑星であり、生命そして作物を育む。
もうにっちもさっちも行かなくなったら、地球脱出というオプションも当然考えられる
し、二酸化炭素排出量削減の一番効果的な方法は、人間の削減であり、究極的には
他の惑星への移住である。
宇宙に住むと個的感情の少ない生命体に進化していくのだろうが、
ある男が日本がイヤで海外にに飛んだ。しかし海外も同じであった。
残るは地球の外であるが、後ろ髪を引っ張るのは無くしたくない情緒である。
だったら自分の芯に日本→世界→宇宙を構築すればいいだけの話であるが、
言うは易し行うは難しです。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-23 20:40 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
北テロ指定解除へ 「成果」焦る米政権

既に核保有国である北が核を放棄するなどと言う戯言を信じても仕方が無いのである
が、北の存在価値を画策する米中は対外的な建前が欲しいのであって、東アジアの安全
保障は結局日本と中国の関係次第で如何様にもなるもので、日本が本気で核武装をすれ
ば、困るのは米中。日本に核武装をさせない程度に軍事費を使わせたい米国にとっては
北は利用価値がある。北の脅威が続けば、日本はアメリカから武器を買ってくれる。
中国にとって反日を唱える子分が欲しいと言う意味では金豚の後継体制を取り込んで
置きたいだろう。中国はアジアのスーパーパワーを目指してますが、一党独裁の覇権は
北のそれと何ら変わりがないもので、アジアの不安定要素の元凶であり、インドや
パキスタンも刺激する。
環境テロリストであるグリーンピース・ジャパンの幹部が逮捕されましたが、
この弱肉強食の世界では強い者が正しく、弱い者は淘汰される。
故に国家は軍事力を持ち、愛が地球を救ったためしは無く、宗教や思想は個人主義を
助長する結果と成り下がった。結局成り上がった者はマネーゲームの勝者であり、
金の前に世界中の民がひれ伏す制度を維持する為に、あらゆる知恵が投入されるのだ。
我々は悪夢の中に居て、時々いい夢を見たりする訳です。
北のテロ国家指定解除は悪夢であり、日本の核武装はいい夢...
もとい、これも悪夢だ。

井上陽水 玉置浩二 夏の終わりのハーモニー
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-20 21:55 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
東シナ海ガス田合意、日中の発表に「微妙」な違い

日中の懸案事項であった東シナ海ガス田問題で、やむにやまれぬ合意がなされました。
両国の排他的経済水域にある「春暁」は、既に中国側が開発に着手しており、
このままチューチュー吸い上げる中国を指をくわえて見てるわけにはいかない
我が国ですが、エネルギー政策をキチンと練って来なかった為、後手後手で見る影も
ありません。境界線の問題は日中双方が絶対譲れない問題であり、中国側の主張は
沖縄まで中国の領海であるというもので、ヘタすれば軍事衝突になり兼ねない。
今回の合意にしても、中国側は「春暁」の主権は完全に中国であり、日本の言う
中間線は絶対に認めないと主張しています。
新華社通信が国内の不満を抑えるために、「今回の合意は共同開発とは無関係で、
日本の企業が、天然ガス開発事業に外国企業として入札参加する」と解説してますが、
「春暁」以外では、5:5の共同開発を実施するガス田もありますね。
しかし、中国名で「天外天」というガス田があるんですね。
その他のいくつかのガス田では、共同開発もしくは継続協議となっております。
全体的に見れば相互の利益をまずは優先したと言う事でありますが、真の共同開発に
両国が取り組み始めたら、中共や日本の政治家が想う以上の、現場でしか味わえない
日中のコミュニケーションに花が咲き、「戦略的互恵関係」が実現すればと微かに
想うのは甘いのかもしれない。腹八分じゃあ済まない中国

「売国協議に署名」 中国愛国サイト政府批判 ガス田最終合意

日本も中国も売国奴という言葉が毎日踊りますね。
四川地震で世界から義援金や援助物資を受けても、中国の愛国者は領土問題は絶対
譲れないようですね。中共を批判して拘束されないのは、中共の〃やらせ〃だからで
しょうが、誰が北京オリンピックなど見るものか(笑)。そんな暇は無い!
「国家利益を顧みない統治者なんかいらない」という現実主義者の言葉も、
天から見ればそんな皇帝腐る程いるわ!となってしまうだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-19 20:46 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
絞首刑の恐怖を訴え 宮崎死刑囚に刑執行

「東京都あきる野市にあった宮崎死刑囚の自宅は壊された。家族や親類の多くも婚約
 の破談、離婚、退職に追い込まれたという。父親は被害者への賠償金を支払うため
 先祖代々の土地を売り払い、5年後の94年11月、東京都青梅市の多摩川に飛び
 降り、自殺した。」
.......うーむ。先の秋葉原の無差別殺傷のケースも同じ目に遭うだろう。
加害者だけの問題ではなく、家族や親戚の末代まで〃記録〃されるのだ。
ハッキリとした動機が解らないと言うが、マニアの性癖に理由もヘッタクレもない
だろうと思う訳で、何が何でも理由付けをしたいのだろう。
人が死ぬという現実は、家族親戚や友人の死で初めて肌身で感じる。
しかし、問題はその死に際であり、事故や災害死、事件に巻き込まれての死亡から、
病死や老衰に至るまで、環境により己が感じるインパクトは様々であるが、画面で
見る他人の死はやはり遠く感じるのが現実だろう。
そんな中、司法が人の命を消去する許可を与える死刑は、やはり重たく感じるものが
あります。ここが、死刑廃止論者の言う「国が個人の敵討ちをする」と言われる所以
でしょうが、何をしても死刑にはならないと言う事がどれだけの意味があるか、
もう一度考える必要があるだろう。猟奇的犯罪を犯しながら、頭がイカレテルと
言うだけで、国民の血税を無駄に使うわけにもいかない。
学術的研究のサンプルとして生かしておくのも意味がないだろう。
国から「死になさい」と言われるのは、ある意味親から言われるよりキツイだろう
が、2006年の死刑確定後、宮崎は絞首刑の恐怖を手紙で訴え、
「人権の無視になる」と書いたそうですが、最後までイカレてたようです。
宮崎のおかげで秋葉原のオタク達は嘲笑の眼差しで見られる事もありましたが、
時は経ち、そのオタクが棲む秋葉原は世界のブランドになっていった。

「私の友人の友人がアルカイダ」発言の鳩山法務大臣になってから、2ヶ月に一度
死刑執行の判を押しているそうですが、このハイペースは中国を除いて世界的な
死刑廃止の方向に逆行するものであります。しかし死刑制度容認派の私としては
終身刑など作っちゃったら、刑務所に入りきれんでしょうと。
逆に潔く死を受け入れるべき教育をした方が良いのではないかとさえ思います。
世界は狭いようで広いと感じるし、広いようで狭いなと思う時がある。
日常の空間から一気にシフトできる聖域を、一個くらい持った方が良いだろう。

良く聞いてました。懐かしい......
ジェットストリーム・ニューヨーク(夜間飛行)城達也
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-17 19:49 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
北朝鮮、よど号容疑者ら引き渡しへ 3人は拉致関与か

〃よど号乗っ取り犯〃の引き渡しを示唆する北朝鮮当局ですが、
勝谷氏はブログで、そんなテロリストなんか貰ったって仕様がないと言ってますが、
本当にそうですね。拉致問題を再調査すると言うが、一体何年になるのだろう。
被害者の家族の方も高齢で、せめて生きているうちに.....という話になっています。
この北朝鮮の心変わりの裏にはアメリカがいて、米ブッシュの米朝国交回復と言う
最後の花道でテロ指定国家の解除を決める為には、日航機よど号のハイジャック犯を
囲う形では理屈が通らないので、日本に帰したら指定を解除すると北に圧力をかけた
と言う事らしいですが、金豚がそう簡単にアメリカの圧力に屈する訳はないので、
これから先の金豚亡き後の国家としての北朝鮮内部の力関係に、変化の兆しが見える
という事なのか。
日朝の外務省実務者公式協議で、日本側は経済制裁の一部見直しやチャーター便の
往来を認めるとなってますが、万景峰号の規制解除もあるらしい。
アメリカ>北朝鮮>日本政府>拉致被害者家族。
よど号犯人の内の何人かがが拉致事件に関与したからと言って、その日本人だけを
帰国させて、それで拉致問題が解決などとは誰も納得はしないだろう。
拉致した北の人間達が誰なのかが問題であって、国家ぐるみの〃人さらい〃は周知の
事実であるが、北は絶対認めないし、仮によど号犯人の引き渡しが行われるとなれば、
それで北にとってはジ・エンドとなる。
アメリカの情報機関が拉致被害者を探してるという説もある様ですが、いずれにしろ
北にとってはブッシュ亡き後のアメリカから譲歩を引出すのは難しいから、今の内に、
何らかの政治判断をしたいのだろうが、日本も「高度な政治判断(笑)」で、
アメリカ追従に回ってしまうようである。普通のおじさんが総理大臣になれてしまう
この国の現実を今一度考えてみよう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-15 22:25 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)

昨晩は前の会社の同僚と1年ぶりの再会で飯を喰いました。
一人の男は、去年の秋に会社を辞めて4ヶ月間ギリシャの島にロッククライミングを
やりに夫婦で出かけ、日本に戻って再就職。もう一人は今年中に結婚相談所で関東
地区の農家の大金持ちの爺さんをゲットして、必ず大金を掴んでみせると豪語する
おばさん。その戦略を毎日考えるとワクワクして夜も眠れないそうです(笑)。
毎日顔を会わせる人だけが友達ではなく、たまに会う友人は新鮮ですね。
過去、苦しい思いをした人が全員必ず報われるかと言うと、必ずしもそうでは無く、
逆に昔、遊んでた人が経営者になったり、人生はわかりません。
真剣に遊ぶには集中力が必要であり、これまた真剣に悩む事もそれなりの集中力が
必要である。要は勉強も遊びも中途半端では単なる皮膚感覚の充足に過ぎないと言う
事なのだろう。睡眠にも集中力が欲しいと思う今日この頃です。
私は短眠型では無いので、ある程度眠らないと胃に来るんですが、最近はブログの
おかげで、眠りたいという欲望のピークを過ぎると、体が持ち直す様になりました。
私のブログは記事の内容は半分で、残りの半分は日々の集中力の度合いを自分で
確認する為の方便です。読者の方には私の文面を見て、今日は疲れてるみたいだなと
思ってる人がいるかもしれませんが、その通りです。
毎日元気100パーでいける訳がありませんが、伝えたい事もあるわけです。
理想は100の持続力を......

甲斐バンド by アウトロー

岩手・宮城で震度6強 3人死亡 けが人多数

また東北地方で災害ですね。四川程では無いにしても、亡くなられた人や行方不明の
人が出ております。私は今日東京駅近くの現場で仕事してましたが、オフィスビルの
室内のカレンダーが揺れましたから、関東まで響いてます。
今回の震源地が都市部ではなくて、山間部であったからか、亡くなられた方2名は落石
によるもの、もう一人は地震に驚いて外に飛び出し、車に跳ねられたという交通事故。
土砂崩れや落石が多く、温泉の従業員や宿泊客が行方不明になっております。
航自のヘリがかなりの被災者を搬送したようですが、災害時の自衛隊は頼りに
なります。ここ数年、世界中で起きる異常気象もしょっちゅう経験すると異常とは
思わなくなりますね。特に日々の寒暖の差が激しい。
人間が考える地球温暖化と自然の理力との間には、大きな隔たりがあるのかもしれない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-14 22:00 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
「気に入らないなら職変えて」大阪府の橋下知事が朝礼で激怒

朝礼での意見交換の場で、男性職員が「知事を人として尊敬できない」と
発言しました。意見は自由だと思うが、この手は酒の席で言うべきだろう(笑)。
もし本気なら、とっとと辞めれば良いのだ。私ならとっとと辞めてます。
一般的に見て尊敬できる上司など全国に何人いるのだろうか?
皆、一長一短があり、それを支える事も、歳が上でも部下の役目だろう。
ましてや孤軍奮闘の橋下知事、今回は46歳以上の課長補佐級職員が対象ですが、
大阪府庁の悪習を糾弾して来なかったのも彼らに責任の一端がある訳でしょう。
人件費削減で士気が下がるのは当たり前ですが、金が絡むと大阪人は冗談も
言えなくなるのでしょうか。

3月に行われた30歳以下の若手職員を対象にした朝礼では、30歳の女性職員が
「どれだけサービス残業をやっていると思っているんですか」と意見しましたが、
この女性自身はサービス残業はやっていなかった(本人談)。
やらない人間が言ったところで、全く説得力は無く総会屋と同じである。
私の場合、今の会社はサービス残業はありませんが、前の会社はかなりのサービス
残業がありました。しかし、それはイヤイヤやったのではなく、仕事柄どうしても
残業せざるを得ない場合があったからで、別に苦ではなく、当時の会社自体が
苦しかったので会社に残業代を申し出る訳にもいかなかった。
しかし、人はパンのみで生きるに非ずだから、完遂したという充実感を味わえれば、
サービス感覚は無くなるものだ。勿論社畜になれと言ってるのではありませんが。
橋下知事も、大阪を変える為の情熱を職員に問うているのであって、それをいきなり
サービス残業の話を持ち出す事自体が、職員の頭の次元を物語っていると思います。
勿論今流行の〃名ばかり管理職〃の様に月に200時間も残業して残業代ゼロというの
は極端であり違法ですが、霞ヶ関じゃああるまいし、大阪府職員がそんなに残業して
いるとは思えません。
仕事で警察や区役所に書類を申請に行きますが、本当に警察も役所も非効率的なのは
相変わらずですね。(笑)。

元気です
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-12 20:24 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
【秋葉原通り魔事件】バージニア工科大銃乱射事件と類似

昨年4月のバージニア工科大銃乱射は、日本から見てもショッキングな事件で
ありました。如何にハリウッド映画で見慣れている筈の銃乱射も、やはりそれが戦場
やマフィアの抗争ではなく、学問をする場所で行われた事に皆衝撃を受けました。
今回の秋葉原の事件も、メイドカフェやパフォーマンスが売りで、電化製品も含めて、
どちらかと言えば柔らかい空間を、突然異質なモノが斬り裂くと言った感じでした。
加藤容疑者は、自分の命をゴミ以下だと述べるペシミストであったようだが、私は
人生は快よりも苦であると思ってますが、決して悲観主義者ではありません。
人生は苦が大半であるからこそ面白くドラマが生まれる。
世の中全てが敵だと誰しもが思う事があっても、普通は長続きせず、やっぱり
人生って面白いなと、ある日突然気づく訳ですが、容疑者はその何かに出逢うまで
脳みそが持たなかったのかもしれない。誰も傷つけず、誰にも迷惑がかからない
ストレス解消法は、自分で探し切り開く以外にないのだ。

「負け組は生まれながらにして負け組なのです。まずそれに気付きましょう。
そして受け入れましょう」と加藤容疑者がサイトに書き込んでいたそうですが、
わずか25歳で何でそんな事がわかんだよ? 
海外旅行でもすれば日本が如何に恵まれているか解ったかもしれないが、
今となってはそれも遅い。同じ様な心境の人もいるかもしれないが、
人生は捨てたんもじゃないと思う日が来るまで、とにかく耐えることだ。

吉田拓郎 / されど私の人生 1975年
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-11 21:15 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
血だまりの歩道、ワシントン・ポストは「紛争地帯のよう・・・」

秋葉原と言う世界のブランドは、日本の闇の部分も世界に投げかけました。
確かにドイツの通信社の言う通り、国際比較では日本は凶悪犯罪は少ないが、
そうは言っても低年齢化が顕著であります。アフリカや中東の自爆テロや暴動を
日常で伝える欧米の報道機関からすれば、日本はある種の隔離された「異空間」に
映り、やはり世界基準で言えば安全な国に見えるのだろう。
警官が発砲した事がニュースになったり、携帯電話を落としても見つかる国は
日本ぐらいでしょう。今回の事件は、奇しくも7年前の大阪池田小の児童殺傷事件と
同じ日でありました。日本では過激派のおもちゃのような爆弾より進化した武器を
持つのは自衛隊かヤクザであり、素人は闇で中国製トカレフを買うか、殺傷力の強い
ナイフ類しか持ち得ない。台湾や中国マフィアなら鉈で人を殺す事など何とも思わない
だろうが、日本のヤクザでもそういう異常者は少ないだろう。
殺すという行為に大義を設けるのは武士の情けだと思うが、無差別殺戮には
仁義もへったくれも無い。
劇場型都市の秋葉原で映画の様な殺戮が繰り広げられた。
You Tubeには中継のアナウンサーの後ろで笑ってる若者達の画像が投稿された。
劇場だから色んな役をそれぞれが演じました。
加藤容疑者は「自分は精神病だ」と言ってますが、誰が見てもそう思うだろう。
しかし悪魔が殺せと囁いたのではなく、自分で計画を立てて実行した。
精神鑑定は行われるが、死刑は免れない。今度は殺される恐怖を加藤容疑者が
味わう番である。父親のインタビューは実に他人事のような口ぶりでしたが、
これから先、同じ様な事件が繰り返される可能性もあります。
もはや殺人事件は交通事故と同じで、誰にでも降り掛かる事象と化しました。
貴方なりの心構えを.....宜しくです。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-06-10 22:00 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)