ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


一昨日は朝5時起きで、車で筑波研究学園都市にある製薬会社の研究施設の
ガラス清掃に行って来ました。ナビのおかげで昔のように地図見なくても良くなり
ましたが、遠い。実験する場所とはいえあそこは色んな施設がありますが敷地が膨大で
建造物も無農薬の自然に囲まれ、鉄腕アトムの世界のようです。
色んな昆虫がいて(当日はスズメバチの巣が何カ所か見つかりました)、それぞれの
生を営んでいる。六道輪廻から言えば、人間に生まれて来たのは稀に見る幸運になる
のだろう。筑波山をバックにした午後の日差しは感動的で秋を感じさせます。
いつも人混みの中で生活してて時々ポツンと人里離れた場所に行くと、気分転換に
なりますね。山や海にはめったに行かない私も良いなと思います。
帰りは常磐道から首都高6号線三郷付近で衝突事故があり渋滞。
行きは1時間半でしたが、帰りは2時間半かかりました
それに3連休の最後でしたからね。

米政府が金融安定化策発表 高額退職金禁止も盛り込む

知り合いに20代から株やって、欲しいモノは〃殆ど〃手に入れたと言う男がいて、
そいつも今度ばかりは底が見えないとぼやいてましたね。
彼の持論は、人が買わない時に買い、売らない時に売るのだそうだ。
勿論、株主の意識は皆無で役員の名前も知らない企業の株を、博打するために
売り買いしてるのだ。人の生き方十人十色でとやかくは言いませんが....
理工系が最先端の金融工学に拍車をかけ、実体経済に複雑系を導入した。
先の各国の協調介入でも株価下落は続き、アメリカは更なる打開策を打ち出した。
銀行の損失補填を保障、銀行間取引の介入、メガバンクに公的資金を注入。
日銀も右へ習えだ。公的資金は税金。しかしながら、一時は上がったものの
未だ不安定ですね。高額退職金禁止なんてアメリカらしくもない(笑)。
力が支配する時代から金が支配する時代になってますが、何か「バクチで負けても
ある程度は保障しますよ、だからこれからは分相応のバクチを打ちなさい!」と
言ってる様な、何にも変わんないような悪寒。
別にリーマン社員の預金が没収される訳でもなく、博打の親玉が禁固刑になる訳でも
ない。莫大な外貨準備高を持つ日本や中国が為替市場へ積極的介入して、本来は
リーダーシップを取っても良い筈であるが、財政や金融の世界において、
日本は奥の院に隷属であり、日本に意思決定する力は存在しない。
相場師に天誅を!と叫んだところで人間に欲望がある限り彼らは生き続ける。

【テロ指定解除】米国への苛立ちにじむ日本政府

北朝鮮のテロ支援国家指定解除の知らせは、日本より韓国の方が早かった。
カヤの外に置かれたというよりも、言いたくないから日本を最後にしたのかも
しれない。ライス国務長官は「形だけなのよ」と言いヒル国務次官補は「拉致問題
など頭にはない」と語ったと言われてますが、金融危機のどさくさに紛れてやって
くれたもんですね。北がもうすぐ終わりだとは癒え一体全体ブッシュ政権はどういう
花道を考えているのだろうか。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-10-15 23:34 | 世界情勢
米国:資本注入示唆 追い詰められ転換 金融危機対応、国際社会から圧力


現在の金融システムの崩壊は想定内であり転換期でもあるが、既にどっぷり浸って
いるから、保守以外には打開しようにも術は限られている。
世界の中央銀行による市場への協調介入や公的資金投入もグローバル経済においては、
責任の所在を曖昧にしてしまう。
リーマンのCEOが米下院の公聴会に出てましたが、総額300億円の報酬を得ていたと
言う(本人曰くそのほとんどは株で現金はわずか60億円だと述べてました)。
リーマン日本法人の社員もリストラされてるようですが、さっきNHKでやってました
が、『去年の秋まで』は30代前半で年収3000万〜4000万だったそうでこの世の栄華
を楽しんでいたそうです(笑)。しかしリーマンもスケープゴートである。
ヘッジファンドの罪も大きいが、それに群がるのも幼いハゲタカである一般大衆で
あり、原油穀物から一転、株式市場で資金を得ようとしてもハゲタカの信用不安は
簡単には拭えない。我が国の不動産の7割は外資が握ってると言われ、外資がコケタ
ところはそれなりの憂き目に会うのだ。
世界を回ってる金は実体経済の数百倍とも言われていますが、サブプライム関連で
消えた世界のお金が145兆円と言っても膨らんだ金である。
基軸通貨としてのドルの否定、そして世界の連帯責任を狙ったある種の確信犯的で
意図的なものも感じる。世界政府樹立の布石か?
FRBの75兆円の公的資金投入はアメリカ人ひとり当たり25万円の負担になるそうで
すが、アメリカの財政赤字がまた増える。しかし今回の利下げ、預金保護や民間の
金融機関への公的資金投入など必死です。
専門家の中にはリーディングエンジンはいくつもあるからあまり悲観的にならなくて
も、と言う意見もありますが、集団心理が醸し出すマネーゲームの一人歩きで,
何の関係のない貧しい人達は更に貧しくなる。
色んな経済理論がありますが、つまる所経済はねずみ講であるという人もいますね。
商品を永遠に購入し続けなければ成り立たない世界。そしてモノからお金が商品に
なり、世界に蔓延し金融市場を形成した。
日本人の貯蓄額は世界でもダントツなので、外国の金融機関のように資金力は無い
わけではない。日本の莫大な個人金融総資産もさることながら、投資家のドル売り
円買いで、日本に金が還流しているそうですが、キャピタルゲイン様々のバクチの
世界が経済と刷り込まれている人達には株価の下落は恐怖でしょう。
大企業にとってはリスクは織り込み済みであるが、
魑魅魍魎のが跋扈する金融市場の透明化を求めても無理な話であり、魑魅魍魎は
消えてもらうしか無い!要は今更言う話ではありませんが、世界は経済マフィアに
操られていると言う事ですが、そもそも世界の中央銀行やFRBはロスチャイルドの
私物であり、その博打の胴元が賭場の運営に行き詰まっている話で、資本主義の中の
健全なシステムさえもファイナンスという破壊力で覆い尽くした悪魔の断末魔を
聞きたいもんです。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-10-09 23:31 | 世界情勢

また間が空いちゃいました。
久しぶりに単品のCDレシーバーとスピーカーを購入しようと決めて、
大相撲八百長裁判や米政府の公的資金投入もそっちのけで、色んなオーディオの
サイトを毎晩見てました(笑)。しかし最近のオーディオの世界はオカルトだそうです
ね。先日深夜TVで俳優の高橋克典が趣味のオーディオで1本400万円のスピーカー
ケーブルを紹介してましたが、他の出演者には音の違いはそれほど感じなかったよう
です。オーディオ地獄にハマって数千万使う人もザラだそうですね(怖)。
高校生の頃親から買ってもらったステレオセット(当時は当然ながらデカイ!)で、
初めて買ったLPは井上陽水とビートルズとピンク・フロイド。
一軒家だから音を気にする必要もなかった。その後上京しアパート住まいでデカい
ステレオなどは持っていけず流行のラジカセ。その頃は深夜ラジオの最盛期であり、
ウォークマンが登場してからは、音楽は場所を選ばなくなった。
私はマニアではないから、音質にそれほどこだわるつもりもない。
高校生の頃、九州の家で深夜放送をダイヤル回しながら必死こいて聞いてた想いは
忘れない。音を聞くのではなくメッセージを聞くのだ!
.....とは言っても多少の余裕ができるとワンランク上が欲しくなります(笑)。
しばらくパソコンとiPodとヘッドフォンで生活してましたが、今の部屋がまあまあの
遮音性なので、たまにはスピーカーで聞いてみようかなと思った訳です。
BGMで聞くならアクティブスピーカーで十分だと思います。
高級なスピーカーほど、それぞれの楽器がちゃんと存在感と距離感を示してくれます
が、完璧な再生はどんな高級機でも無理なわけですから、そこまでに至る音質は好みの
問題だし、自分が心地よいと思う音が一番ではないでしょうか。
人間はメカニカルな部分とメンタルな部分の合作ですが、空気の振動が最終的に
人に感動や打撃を与える。我々は善くも悪くも気の世界に包まれているんですね。

「いちご白書」をもう一度
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-10-05 23:03 | Xファイル