ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

インド・ムンバイ同時多発テロ 治安部隊、ホテルでテロリスト3人射殺 作戦終了と発表
武装勢力が最後の抵抗=事前に大量の武器隠匿か-印同時テロ

金融不安の中、ビジネスの拠点ムンバイで起きた同時多発テロは、
今なおインドが抱える格差とオーバーラップしてしまいます。
この前アルカイダ系過激派組織からオバマ次期大統領にメッセージがありましたが、
インドも中国も経済成長率が下降して、本来の課題としては両国とも階層格差の
是正が在り経済よりも優先させるべきでであり、アメリカ資本主義の後追いでは
無いのですが、その辺は国の長が決める事であります。
もし現場の空気や匂いがネットワークを通して感じられるものであるなら、
世界はもっとリアルに驚愕する事だろう。

イラクで自爆テロ準備の女性18人投降
自爆テロなどで22人死亡 バグダッド

女性として生まれながら恋をする事もなく、体に爆弾巻かれて彼らの教える
天国へと旅立つ。アルカイダにも心理学のエキスパートがいるでしょうが、
日本のNHKドラマ「おしん」が一般庶民にウケル中東の情念からすれば、耐える
事の意味も理解されると思えるが、勝つまで戦い続ける狂信者には理解できない
ストーリーだろう。隔離されたアルダイダのテロリスト養成所に送り込まれ、
千年の恨みを叩き込まれれば、純真無垢なな少年少女達もアメリカ憎しのコードを
簡単に回路にインプットされるのだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-29 21:00 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
歴代次官ら10人の殺害計画…住所調べ、地図に印も
小泉容疑者、読売新聞にメール…「今から自首する」

やっぱりバックがいるような気がしますが.....
小泉はヒットマンとして利用されたのではないか。
 
マスコミに送られたメールを読んでも、こんなのが理由かと疑いたくなります。
少年時代とは性格が一変しているそうですが、坊主頭の風貌はヤクザそのもので、
中退とはいえ理系とは想像がつかない。社会に出て働く内に思想信条も歪んでしまった
のか、ある特定の政治思想もしくは組織にマインド・コントロールされたのか、何かを
覚悟した様な態度であります。
小泉のメールの中には「無駄な殺生はするな!!!無駄な殺生をすれば、それは自分に
返ってくると思え!」とありますが、元次官夫婦殺害は世の為人の為に無駄ではない
有益なものだと本気で思って決行したのだろう。
次官をマモノ(魔物)一匹と呼び、奥さんをザコ一匹と呼んでますが、
カルトがかったものを感じますね。自分の可愛がってたペットを家族と呼ぶのは
勝手だが、基本的には飼い主が捨てるから保健所が処分せざるを得ないのだ。
捨て犬を世話するボランティアも熱心にやってたそうだが、それなら動物を
捨てさせない運動に身を投じる方法もあったのではないかと思うが、本人曰く
「人間はずる賢いからうまく付き合えない。人間は嫌いだ」だから仕方が無い。
元々は優しい心の持ち主なんでしょうが。

精神異常者の犯罪とそうではない者の豹変の線引きが難しいですね。
それと、のうのうとインタビューに応じる容疑者の親父の神経も疑います。
執念深い無職男(しかしながら家賃滞納は一度もなく生活資金源も謎)の
単独犯と決めつけるのはまだ早いだろうし、警察も全容解明を急いでいる。
歴代次官10人の殺害計画を供述してますが、独りでやれるものではないし、
この決行をあらかじめ知る人物或は組織がいると思います。
殺したい程の憎悪が湧き出ても普通はブレーキがかり失速しますが、
失うモノが何も無い人間は、昨今の世の中で密かに増殖しているのかも
しれない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-25 20:24 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
2つの現場「黒い車」目撃情報 元次官宅襲撃事件

今回の元厚生省次官を狙った殺傷事件は、政治テロの様相になってますが、
犯人のメッセージが〃厚労省に天誅を〃だとしても、誰の共感も得ないだろう。
右翼の複数犯だとしたら尚更である。いくら厚労省が国民の信頼を裏切ったと
言っても、リタイヤした役人を、それに奥さんまでも殺るとは。
そこら辺の薬物依存のキチガイの「誰でも良かった」とは明らかに違う。
それから個人情報をどうやって知り得たのだろう。
豊田商事事件の時はえらく生々しかったが、警備員が数人しかいない区役所
などは犯人が見つかるまでは神経を尖らせるでしょう。
殺し方を見ても異常であるが、一軒家のセキュリティーも必須になりました。  
麻生首相が日課の散歩を中止したり、バー通いが寸止めになったそうですが、
『いかなる理由があろうと暴力で人を殺傷することは許しがたい事です』と
NHKアナが文章を読んでいるかの如く言ってましたが、現実の世界では、暴力に
よって解決する事を世界は長らく許してきた筈である。
ゆえにこの言葉は正しくても、限りなく空虚に聞こえるのだ。
許しがたいと言っても、人を殺して全部が全部死刑になる訳ではなく、しかも
世界的には死刑廃止の流れである。
国レベルの力の行使の正当性や、個人レベル暴力の伝播は。国のDNA、
個人のDNAの中に深く刻まれている事だろう。

昨今は中国問題よりも経済の方で頭が痛い首相ですが
それにしても麻生総理は本当にマンガしか読んでないのだろうか。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-21 22:39 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
オバマ米次期大統領:ビッグ3支援協力を マケイン氏と会談、超党派体制求める
【金融危機】米ゴールドマン経営陣、ボーナス返上 昨年は66億円
【金融危機】米シティ役員も賞与辞退を NY司法長官が声明

ゴールドマン・サックスの役員がボーナスを受け取らないと決めた事を引き合いに
出して、シティの役員にも自主的な辞退を勧めた米国の司法ですが、元々が日本の
役員報酬とケタが違い、会社は株主のものと言う考えの米企業にとって高収入を得る
事のみが万能の力を得る事に値する。
ヨーロッパのタバコメーカーの役員が
「タバコなんざガキや貧乏人に黒人、あとはバカ共に吸わせておけばいい」
とのたまったそうですが(笑)世界的な禁煙の流れもうなずけますね。
きっと皆カチンときたんでしょう。
更にはこういう輩が多国籍企業だけじゃなく日本の大企業にも居て、
人面獣心がスーツ着て殺されてもゾンビの如く生き返る思うと.....笑。
世界全体がグレーゾーンで誰しもが灰色の信用収縮状態の中、オバマ氏は
米ビッグ3に公的資金の一部を回すようブッシュに提言しました。
古き良きアメリカの時代の自動車産業の再興を!と述べてますが、他業種からは
何で自動車だけと反発もあり法案が通るかどうかはわからない。
甘い香りにフラフラと言うのは人間の性であるが、外国の人が日本とケタ違いの
宝クジに当選した時など、殆どの人がストレートに神に感謝の意を表しますが、
それほど現実の世界ではお金は力の源泉であるかもしれない。
それでもFXなどに主婦が群がる風潮は、金がなきゃ子供に教育も受けさせられないと
いう幻想の中に在る。その教育も徳育ではなく効率化された数理的な教えであり、
例えばアメリカで株を教えられた小学生は今どういう気分だろう。
日本独自の母子手帳がアジアで脚光を浴び普及してるそうですが、
世界をひとつにしようと思えば、人間の根幹の部分で万国共通の理念を再認識
してそれを普及させることだろう。そこには宗教も国益も関係ない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-18 21:52 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
定額給付金アンケート 使途は『貯金』!?

2兆円ばら撒く事が本当に景気刺激策となるのか。
一人12000円。18歳以下と65歳以上はプラス8000円の2万円。
所得制限は各自治体に委ねられると言う話ですが、年末の繁忙期に自治体も
大変だ。しかし、小額でも総額で2兆円となると、他にもっと使い道あるんじゃない
の?と誰しもが思う訳ですが、景気刺激策と謳ってる以上、例えば救急医療体制の
見直しに回すとか弱者対策には使えないのだ。麻生内閣にとっては、今のご時世だから
人気取りも含めての選挙対策であるが、おかしな外務省の改革に2兆円ブチ込んだ方が
よっぽど将来の日本の為になると思う。
節約を美徳としてきた我が国の残飯量は世界一で、消費を煽る仕組みを変える事は
難しいと思うが、ここ数年来お上の不祥事が幾度となく曝け出されて、しかも政府の
政策には魂がない。そして日本国のトップにふさわしい人物が居ない。
国民の総意としては、政府がまともな事を言うのなら我慢するところは我慢するだ
ろうが、もっと消費意欲を出してくれと国に言われても.....
記事にもあるように国民全員に小銭を配っても世帯の殆どは貯蓄に回すと予想します
が、増税が避けられない以上、一時しのぎの内容の無い小手先政策と言われるのも
仕方が無い。

揺らぐ基軸通貨/1(その1) 多極化へ、動き出す世界
揺らぐ基軸通貨/1(その2止) 各国恐れる「ドル暴落」
【金融サミット】共同宣言など採択し閉幕 金融監督強化・財政刺激策で一致

金融サミットでは、欧州の金融規制強化に対しアメリカは慎重な姿勢を見せましたが、
最後は各国が銀行や証券などの資金の流れを連携して監視するという名目で一致した
ようですね。これだけの毒をまき散らしても、少し反省してる欧州に比べ自由主義市場
にこだわる米国は、金融市場の主であり続けたいという最後のあがきを見せているよう
で哀れに思う。本当の危機はこれからかもしれない。
以前、NHKでドバイの建設ラッシュの様子が紹介され、開発会社の担当者の得意満面の
顔が映し出されましたが、経営破綻説もあると記事にあります。
我が国の不動産業界も打撃受けてますが、資金運用にハイリスク・ハイリターンを
他人の金でやっちゃう輩は何の業界であろうと淘汰される命なのかもしれない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-16 21:57 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
オバマ氏にイラク駐留米軍の撤退要求、アルカイダ系過激派

アルカイダの2つの組織が声明を発表しましたが、
ひとつは「イスラム教国への干渉を止めれば、米国がこれら諸国と石油などの商取引
をすることを妨害しない」と述べ、もう一方は「イラク駐留米軍の撤退に応じなければ
前任者が経験した以上の悪夢に直面する事になる」と述べてます。
正式に就任できればオバマ氏はアメリカ初の黒人大統領であり、アメリカ社会のみ
ならず世界の有色人種にシンパシーを与える人物ですが、イスラム過激派にとっては
ブッシュと違ったアプローチを模索してるのだろうが、狂信者の抑えが居ないイスラム
にも大いなる不信感を世界が抱いている事もイスラム指導者は認識すべきである。
もっともアメリカは今回の金融危機で戦争どころではなくなる(しかもアラーの神が
勝利するまで闘うイスラムとの戦いはエンドレスである)。
アメリカも自国の自由主義をイスラム世界に浸透させる事が不可能なのはいい加減
認識してる筈であり、愛や誠実さは銃で脅して獲得できるものでもなく、これは日欧米
に限らず毒されたアラブの特権階級も同じであるが、ラクダや馬車や籠が車になった
ところで、口から喰ってケツから糞をするという老若男女変わらない単純なシステム
は不変なのが何だかな。
若者のクルマ離れやGMの凋落とトヨタ・ショックはバッド・タイミングだが、
かと言って中国やインドに湯水の如く輸出するのも如何なものか。
人類の同じ過ちを繰り返す様を目の当たりにする事態になるのだろうか。
何はともあれ、オバマ氏が無事大統領に就任する事を祈ります。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-08 22:21 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)

また時間が空いてしまいました。ゴホン!失礼しました。
久しぶりに風邪をこじらせて(大体風邪ひくと2週間は完治しない)、仕事の方も
相変わらず忙しくて、パソに向き合う気力が萎えてました(笑)。
未だ体調は万全ではなく熱っぽいのですが、立ち停まる時間も必要かもしれない。
株価の乱高下で世間はザワつき、米大統領選でオバマ氏が当選してアメリカ初の
黒人大統領となる予定だ。難問山積みの中で良きアメリカの再生は可能か。
我が国では麻生首相がバラまき政策を発表し、論争が起きてますが、
果たして浪費のススメなのだろうか。
消費を際限なく繰り返しながら金は世界を動き回るが、世界の常識に〃節約〃という
文字は削除され、足るを知るではその先が見えないのだろう。
幾度となく戦争やテロを経験して、争いはもうコリゴリだと誰しもが思ってる筈で
あるが、現実には会社勤めさえ企業の戦士であり、同時に何をするにも最低限自己との
戦いが待っているのである。戦うことは生命として存在する以上、本能である。
ある程度の平和な社会があったとしても、経済戦争という金融の縄張り争いが始まって
しまう。少なくとも現在の金融資本は傭兵部隊である事は間違いない。
利便性や効率化を追求する事と簡潔質素なライフスタイルを送る事は、相反する矛盾性
を孕んでいるとは思わないが、供給する側の企業や組織の倫理観によって社会全体の
モチベーションのベクトルが大きく左右される事は間違いないと思われる。
永久機関で無い限り、〃お客様に消費してもらわないと〃企業は存続できない。
次の金融危機も近いかもしれないが、パラダイム・シフトは果たしてこの事か(笑)。
まずは御挨拶まで。I can do it ! ! ! Yes we can ! ! !


吉田拓郎 ひらひら
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-11-06 22:02 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)