ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


先日、元航空幕僚長の田母神俊雄著「座して平和は守れず」を読みました。
全てに同意と言うワケにもいきませんが、簡潔明瞭で毒気がありませんでした。
氏が述べてる様に、この国の人達は災害でさんざん自衛隊にお世話になりながら、
国を守るという事に関して殆ど無頓着で、自衛隊を責めながら性善説の妄想に浸り
きっている事は前々から思ってたし、自衛隊の負の部分を強調したがる勢力の存在も
感じる処です。憲法第9条を有り難がっているのは諸外国で「日本は何も歯向かわない
国だ。何故なら平和憲法の縛りがあるからだ」と認識しているのが実情だと述べてます
が、平事に活動できる警察と有事にしか活動できない自衛隊の明暗は悲しいですね。
田母神氏は核武装論者であるが、それは核は使わず持つ事に意味があるという核抑止論
を長い間現場にいた人間として確信しておられます。北朝鮮に関して私は強硬派で先制
攻撃の空爆派なんですが(笑)、専守防衛も相手からの第一波が怒濤の攻撃で反撃すら
できない状況にでもなれば意味はないし、国民全体の命がかかっているなら尚更であり、
先制攻撃可にするべきであります。
氏に反論すべき箇所は「ミサイルの弾頭程度の爆薬なら着弾しても大して被害は無い」
と述べておられる所です。物理的には1発のミサイルだけならそうかもしれないが、
人家密集地や危険箇所に打ち込まれたら甚大な被害が及び、ましてや有事ともなれば
数発のミサイルで終わらないから交通事故との比較は無いでしょう(笑)。
核保有は軍事力ではなくて外交力の問題で、もし北が核兵器を持てばアメリカは北を
攻撃できなくなると述べていますが、北がミサイルの弾頭に装着できる小型化に成功
する前にこの国は終わるだろうと思いますが....どこぞの気違い国家を覗いて全面核戦争
のリスクを負う国はいない。

戦争はビジネスと教えられた第三世界の指導者達も少なくありませんが、東アジアに
緊張感を絶えず作り、顧客としての日本を維持したいアメリカの軍産複合体の餌食に
なり続ける日本の状況は、まさにアメリカの奴隷でありますが、日米同盟と言いながら
戦闘機は機体は同じでもレーダーやソフトウェアが常にお古でライセンス生産でも
ブラックボックス付き。日本の次期主力戦闘機で、日本が欲しいF22ステルス。
ステルス技術に日本企業の技がふんだんに使われているにも関わらずアメリカは中々
イエスと言いませんでしたが、英BAEシステムズが「欧州のユーロファイターを日本が
採用するなら我々はブラックボックスを設けない」と述べたところ、米下院の軍事
委員会はF22の日本輸出検討を明記する2010会計国防予算権限法案を可決しました。
オバマ大統領がF22の生産中止を、ゲーツ国防長官は日本輸出に消極的なので先は
分かりませんが、国防と利権議員と金の行方がハッキリ分かる話ですね。
米国防総省がGPS衛星で暗号キーのコントロール主導権を持つ現実に対して、腐ったと謂え
アメリカの軍事ネットワークは健在で、イギリスやイスラエルに対しても隙は見せない。
本当の闇は国家を超えた利権集団でありますが、日本独自の平和路線と言うものは
世界基準に照らせば力も知恵も両方持って初めて提言できるモノだと感じます。
文武両道は先進的な軍事力と徳を兼ね備えた品格ある国家の事を言うのだと
思います。そして我が国はそれを目指して欲しい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2009-06-29 00:49 | 世界情勢 | Trackback(1) | Comments(0)
映画「ハゲタカ」を観て来ました。
NHKのTVシリーズも中々面白かったですが、昨年のリーマン・ショックで
再び脚光を浴びる題材となりました。脚本もリアル・タイムで書き換えられたと
言われますが、赤いハゲタカこと中国投資有限責任公司を引っ張り出して
中々面白い展開でした。ラストは少し唐突過ぎると感じましたが、モノ作りニッポン
の誇りが全編に流れ、2時間ちょいに収めているのでもっと米国や中国の動きを描き
出して欲しかったですが、それでも我々にも「何も変わらない狂った世界だからこそ
夢や希望が必要なんだ」と言うことを今更ながら感じた作品でした。
中国の赤いハゲタカは本家アメリカの黒いハゲタカに比べると経験不足のせいか失敗
してますが、世界には金の為には国を売る売国奴がワンサカいて、中国に手を貸す輩
もいる筈であります。昨年のブルドックソースにTOBを仕掛けた米ヘッジファンドの
スチールパートナーズは失敗。その後の世界金融危機で壊滅的打撃を受けた欧米系
民間資本のファンドですが、これでハゲタカも少しは大人しくなるのかと思いきや、
同じく打撃を受けた新興国の政府系ファンドは資金が莫大なだけに残ってますね。
特に外貨準備高が日本を抜いて世界No,1になった中国はその財源にものを言わせて
世界各地に投資してますが、成熟してない国が大金持ったらどうなるのか。
成熟する為には民主化は不可欠であり、中共にとっての踏み絵であります。
[PR]
by gyou-syun-u | 2009-06-08 20:32 | 映画 | Trackback | Comments(0)

天安門事件20年 封じられた抗議、追悼活動

1989年の天安門事件から20年。
民主化を求めた学生達を中国政府は武力で鎮圧しました。
天安門広場で学生達を鎮圧した部隊は「北京に知り合いがいない軍人」で
構成されたと言いますが、悲しい話であります。
勿論当局としては政府転覆を計る革命分子の愚行と受け取るのは当然であり、
学生の中に工作員が紛れ込んでいたのも事実でしょうが、一党独裁の政府には
学生達が唱えた民主化の高尚さも反体制の一言で文字通り斬って捨てた。
日本の歴史認識に口を挟むくせに自国の恥部には完全な報道規制を課します。
今回も中国国内での各国のTV映像をカットしましたね。
このような国が経済であろうと世界を牽引するという流れに不快感を覚えます。
中国当局がいかに天安門について規制しようが既にネット上ではその蛮行が
世界に晒されております。戦時中の話ではなく、つい20年前の話です。
クリントン米国務長官の天安門事件の調査要求に不快感を示した中国ですが、
中国国内の若者ですら事実は知らされていないと言われます。
確かに13億の多民族を纏めるのは、1億の単一民族を纏めるのとは事情が
違うだろう。13億の民が教育を受け知性に目覚める事が中共に取って一番怖いので
あり、実質資本主義経済を取り入れグローバル経済の一員となった中国にとって
外野から見れば「共産主義」などは在っても無くてもどうでも良い存在の筈であり、
中国の知性を根こそぎ奪った中共に未来が在ると思う方が異常である。
[PR]
by gyou-syun-u | 2009-06-05 21:16 | 世界情勢 | Trackback | Comments(2)
北の長距離弾道ミサイル、発射基地に搬入か...韓国メディア

飢えた人民の怨念を核弾頭として平壌の特権階級にそのまま落とせば良いのだ。
朝鮮半島統一が南北朝鮮の悲願だとは到底思えないワケですが、米中露として
東アジアの火種を消すつもりがあるのかどうか甚だ疑問であります。
北の暴走は日本の核武装論に拍車をかける事にもなりますが、今回の制裁決議案では
日本が主導してる様に見えるもののICBM級の試射など悪い冗談ですが、我が国の
危機管理能力も在るのか無いのかワケ分かんないですね。

「幸福の科学」政党、衆院選に出馬へ

政教分離どこ吹く風で、政治家のバックに宗教組織が動く事が当たり前の時代です
が、今回オウムと同じく宗教団体「幸福の科学」が衆院選挙に候補者を立てる事に
なりました。千葉県知事の森田健作氏も知事選で幸福の科学から支援を受けたそうです
が、昔懐かし高橋信次GLAの分派で、どう考えても売れなさそうな本が何故か毎度
ベストセラーという不思議な組織です(信者が一度に何十冊も買う事が財施のようで)。

ネット上の宗教絵巻をまとめると下記の構図になるようですね。
自公内部抗争(自民CIA統一・勝共連合VS保守本流日本会議VS公明創価カルト)
民主内部抗争(メーソン鳩山由起夫VS崇教真光岡田克也)
勿論これらの構図は支持母体のみで個々のアンデンティティーにどれだけ深く
関わっているかは知る由もないですが、お互いの出身を知った上での付き合い等
日常茶飯事であると思います。日本を守る国民会議は匆々たる面々の塊でありますが、
戦後の偏った教育のおかげで愛国心が薄れ、GHQが作った憲法のお陰で即右の烙印を
押されてしまいます。行き過ぎた軍国主義はまだしも国を愛する事に恥ずべき理由は
ない。もっとも国を愛する→人を愛する→他国の人も愛するという図式に
中々ならないのが現実であります。
[PR]
by gyou-syun-u | 2009-06-01 21:01 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)