ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


COP10 生物多様性で新ルール設定 歴史的な会合に

病原体からワクチン、キャベツからキャベジン、腸内菌からヤクルト、マカから精力剤、
微生物から抗生物質、ヒトデやウミウシから抗がん剤、八角からタミフル.......
途上国側から植民地時代まで遡ってカネ返せ!と言ったが、そこまで遡らんでも。

神農は百草を毒味して薬草を捜し歩いたと言われるが、
現在では先進国の製薬会社やバイオ企業が、途上国から生物遺伝資源と呼ばれる微生物や動植物を
勝手に持ち帰り、自国のラボで医薬品を開発してそれを市場に回す。
生物資源はタダで手に入るが、それを新薬に完成させるには相当な年月と開発費がいる。
途上国は生物資源の宝庫であるが、そこから作られた医薬品が途上国の人達に回るのは最後である。
今回は先進国と途上国の新薬の利益分配の会議であり、カネの話である。
パイを分かち合うのは人道的であり、世界がそろって推進するのが理想であるが、
キリスト教国家である筈のアメリカは、分かち合おうという気はさらさら無いのである。
巨大な製薬会社やバイオ企業の本拠地であるアメリカはCOPに加盟していない。
2010年から2011年にかけ、世界の製薬メーカーの主力医薬品の特許(20年〜25年)が切れて、
現在出回っているジェネリック医薬品(特許満期後に発売される成分・効き目が同じである安価な
医薬品)にシェアを奪われるだろうと言われている。新薬を独占的に製造・販売できる期間で製薬
メーカーは研究開発費を回収しなければならず、余計なコストは払いたくないのが本音であり、
景気低迷のこんな御時勢に、途上国がある意味主導するCOP10に関わる必然性を持たないのだ。
京都議定書と同じであり、新薬メーカーのジェネリック市場参入やメーカー再編は更に加速する。

米国厚生省に属するFDA(Food and Drug Administration of the United States Department of
Health and Human Service=米国食品医薬品局)は約9000人の調査官、査察官で構成され、
不正医薬品の回収や輸入制限などを行うが、ブッシュ時代に業界と癒着してきたFDAも、2007年の
FDA改正とオバマの医療改革法に連動して、チャイナフリーなど食品や薬の安全性を強化するように
なり、同時に新薬の承認も厳しくなると予想される。
医療改革法に依り、アメリカの医薬品の独占販売期間が12年に短縮され、アメリカ国内においての
ジェネリック医薬品の承認プロセスが新たに構築された事で、先発メーカーと後発メーカーとの
熾烈な戦いが始まる。病人というお客様あっての製薬会社であるが、
2009年のニールセンによる「世界の非処方箋薬の使用」関する調査によると、
ヨーロッパの消費者は薬剤師のアドバイスに従う傾向が強く、日本では価格と安全性を重視する。
中国の消費者は昔ながらの伝統的治療法を好み、アメリカの消費者はより安価で利便性を求め、
スーパーやドラッグストアで購入する(アメリカの医療制度のせいでもあるが)。
安価なジェネリック薬はアメリカのみならず欧州市場でも売り上げを伸ばしていると言う。
薬は飲まないに越した事ではないが、痛みや苦しみを除去する為には必要悪である。
飽食して薬を飲み続けるという無限ループの世界と、生きる為の最低限必要なカロリーさえも
不足している世界、この2つの世界を結びつけるものは決して夢の新薬ではないだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-10-30 21:07 | 国内情勢・世相


日本の食糧自給率

このデータを信頼する限り、日本のコメの自給率は100%を超えているが、
一般的に言われる食糧自給率「カロリーベース」の試算では40%である。
もっとも低いのが穀物(飼料穀物はほとんどが輸入)自給率の26%であリ、
50年前の食糧自給率は79%であったと言うから、50年間で約半分に下がった
ワケですね。当然食生活の変化で肉を沢山喰う様になり、その牛豚を飼育する
為の飼料用穀物を国内では賄えず、広大な農地を持つアメリカなどに頼らなければ
到底間に合わない。
日本人が1年間で食べる牛肉は一人当たり約12㎏、豚肉は約17㎏だそうで、
牛肉1㎏を作るのにトウモロコシが8㎏必要とされる。
世界の穀物生産量の1/3は家畜飼料用なので、気象変動で不作になれば、即、
肉の価格は跳ね上がる。

菅総理が表明したアジア太平洋地域での相互パートナーシップの礎とした2国間の規制緩和
政策である経済連携協定(Economic Partnership Agreement)と、2国間の関税を撤廃する
自由貿易協定(Free Trade Agreement)。更には、戦略上アメリカが割り込んで来る
環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Partnership)に農水省は猛反対しており、
政府内でも統一が取れないが、経済産業省と経団連は積極的である。
  ※米倉弘昌経団連会長「TPPに参加しないと日本は孤児になる」
  ※経済産業省「TPPに参加しないと10,5兆円の損失が出る」
  ※農林水産省「TPPに参加すれば11,6兆円の損失が出る」
  ※内閣府「TPPに参加すればGDPが最大3,2兆円押し上げられる」
とバラバラであるが、農林水産省は日本農業壊滅と言う国防上の観点から上乗せしている。
日本の基幹産業は既にグローバル化しているが、中国や韓国にEU市場やアメリカ市場を
奪われると言う経済産業省の危機意識が働いているが、今回の試算は韓国や中国が
FTAを締結したと仮定しての試算である。EPAは1年でまとまる話ではないが、
日本がTPPに参加しても、農産物などの特定品目の関税撤廃は無理があり、
各国の利害関係が絡んでおり、アメリカがTPPにあの手この手で中国を誘ったが、
知的財産の項目もある協定を中国が呑むとは思えない。


我が国のEPA取り組み状況

経済連携協定(EPA)・自由貿易協定(FTA)とは

日本は官民一体の相互パートナーシップを10ヶ国1地域で発効・署名済みで
交渉中は韓国やインドなど4ヶ国1地域、研究中はアメリカ・EUなど1ヶ国4地域となっている。
TPPは2002年のAPEC首脳会議で端を発し、2006年に発効した。
ブルネイ、チリ、ニュージーランド、シンガポールの小国4ヶ国が締結した自由貿易協定で、
100%自由化を実現するFTAである。最初の4ヶ国に米国、豪州、ペルー、ベトナムの4ヶ国が
参加を表明。ここに中国が参加を打診、日本はまだ決められず.....
アメリカはカナダ・メキシコと北米自由貿易協定(North American Free Trade Agreement)
を締結しているが、メキシコは既に穀物メジャーに支配された。
韓国は食糧自給率が日本より上であるが低い事に変わりがない。しかしFTAに積極的である。
今月6日、韓国とEUがFTAに正式署名した。来年7月から工業製品の9割の関税が撤廃される
見通しで、その他の品目についても5年以内に撤廃すると規定された。
しかし、このFTAは欧州議会の承認が必要で、議会側がセーフガード(緊急輸入制限)発動を
条項に設ける動きが出ており、アメリカとのFTA交渉の議会承認と同じで順風満帆とは言えない。
アメリカの議会は韓国とのFTAに反対である。
韓国の主要銀行やサムスンの約半分は外資であり、韓国は一度国家破綻を経験しているだけに
必死なのだろうが、韓国人のアイデンティティの中の負けず嫌いが先走っている感は拭えなくて、
軒を貸して母屋を取られる韓国を想像する。
日本の将来もそれに近いが、オバマは再選されないだろうから早計な締結は危険である。
日本ならずとも各国の保守層は自国の産業を守ろうとするが、多国籍企業は愛国心とは
別の観点で動いている。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-10-28 21:12 | 世界情勢

庚寅歳秋季大典御聖訓 平成22年10月22日(金)

「象の世は一つ。如何に思想が異なれども、国と国で地を隔てるとも、霊が修練
 するべき象の世界は、是の地球を於いて他に無し。霊の世界、此れ大小様々に
 分かれたり。然れど本来は一つであり、又、是れより一つへと向かうなり。
 収圓、是れは一切を一へと帰さしむる事にして、老ムが降したる救いの道の、
 謂わば一つの締め括りであるなり。
 今、末世の勢いは力を強め、各所にありて災いが生じたり。世は疑う余地無く
 終末へと進み、悪業の清算と共に、其の終焉を迎える事となり行かん。
 児等は今、必死になりて此の末劫を食い止めんとするなり。神界、人界、霊界の
 別無く、道に縁ありし児等は、悪業の噴出を抑え、災いの拡大を防ぎ、末難に
 押し流される運命の霊を救い続けたり。そして今、當に起こりたる収圓の流れ、
 此の天運を確りと捕らえ、千々に分かれし霊界の因縁を解消し、其の一なる
 救いへの流れに乗せたり。末難の渦は至る處に発生して日々大きくなれり。
 又、収圓の渦も中土の各地に生じては、是れ末劫より逃れる方舟の如くなりたり。
 救いの中心、聖地定まりて、収圓の引力も今より益々加速するを見ん。
 時運は急迫し、救いの道は更に世に求められる處とならん。
 始まりあれば終わりあり。世に始まりがあるなれば、必ずや其の終わりは訪れん。
 創造維持を経て、未来に来たるものは破壊なり。然れど、其れは又、新たなる
 始まりを意味するものなり。吾、曾て並行世界について述べたり。
 其の続きを語らん。」

<コメント>
天道を救済事業とすれば、私はその一員として完全に失格であろう。
自由主義者であるからだ。心の底から救われたいと思う人は得道を受ければ良いが、
そうでない人に迄、ある意味強制的に道を授ける事に疑問を感じるからである。
一社会人として僅かながらの正義感を携え、強きをくじき弱きを助ける人道以上の、
愛など持ち合わせていない私にとって、他人の人生まで軽々と深入りする事に躊躇する。
心を伝えた暁にその人の魂を揺さぶる事ができれば、それはそれで本望だが、
それが得道と繋がらなくても個人的には関係ない。最終的に天道と出逢う出逢わないは
その人の問題である。

「並行世界は、一である筈の世が分岐して生ずる世界なり。可能性として有するも、
 実際に斯くの如き世を生じ、別の宿命を持ちて、世界が分岐する事は天律には
 あり得ず。然れど、老ムは僅かなる可能性を、九六の挽救の世治めに用いたなり。
 宿命を脱す事、能うや否や。関門を突破する事、能うや否や。幾つかの場合に
 ありて、人は壁を乗り越えて来たり。老ムは其の度に、並行世界の分岐路を用意
 したり。何ずれの世界が老ムの教えを守りて、九六の霊の帰還を果たすか、
 並行世界は全く別の世界にして、同時にそなた達と全く同じ分霊なり。
 今、多くの並行世界は既に滅びたり。神に近付くを誤りて、驕り高ぶり、或いは
 物質文明を極めて自滅す。末劫は既に凡ゆる並行世界を呑み込みたり。そして、
 最後の一つとなるであろう是の一つの世あり。末難の収束、収圓の収一は、最も
 愚鈍に見られ、最も立ち遅れし是の世界を選びたり。並行世界の悪業も伴いて、
 末難の渦は、軈て押し寄せる運命にあり。
 老ムは今、もう一つの分岐路をそなた達に与えんとす。見ようと欲さば、見える
 やも知れず。得んとせば得られるやも知れず。其れは未だ始まりたるばかりなり。
 そして既にそなた達は、着手して居るものなり。今は並行世界、然れど其れが
 本流になる時も遠くなし。そなた達は今、世に於いて成さねばならぬ大いなる仕事
 を知りたり。分岐路にありて、自ら今果たすべき使命を何ずれのものと為すや。
 そなた達の守り来たる是の一つの世の収圓と、それと共に新たに始まる世の流れあり。
 ラウムの想いと願い受け止めて、百折不撓(ひゃくせつふとう)、良く前進したり。
 空々漠々たる未来は既に明るし。児等よ、是の世界を同胞を救っておくれ。
 又、児等よ、大いなる希望の世界、夢の国を築いておくれ。切々たる願いと共に
 老ムの希望を託したり。児等に甚深なる期待を寄せ、本日機筆を置く。
 諸佛子を率いて天外虚空に返る。咳 退」

<コメント>
ラウムの平行世界の話は2回目であるが、もっと科学者に問いかけるレベルの話を
聞きたかった。こういう話は判断材料が乏しいだけに、道親は聞き流す事しかできない。
並行世界は天律ではあり得ないが、天律ではない処でそれは存在して、既にそれらの
並行世界は末難に呑み込まれているとラウムは言う。
末難や霊界再編で有気(宇宙人)の逃げる次元(場所)も無くなると言われてしばらく
経つが、ラウムはこの聖訓の中でも『並行世界の悪業も伴い」と述べている。
平行世界の悪業とは、天道によると神の如く第2の天律を作り、神の如く振る舞い高度な
科学文明を築いた有気の世界を指しているが、太陽系で一番遅れてる地球にしか居場所が
なければ、地球に現れて神の如く威厳を示すか、地球を支配してしまうかどちらかである。
ここが天道とイルミナティの接点であり、個人的には最大の関心事であり、
DNA操作初め科学至上主義に人類は引っ張られつつあります。
そしてラウムは天律としてあり得ない並行世界を分岐点のひとつとして残すと.......
末劫後の分霊があっちの世界で白陽を作るという意味だろうが、いずれにしろ延命措置を
経て、やはり末刧は避けられない運命だと明言してますね。
宇宙物理学の超弦や最新M理論(未完成)でも並行世界を実証する事はできないでいます。
人間の意識が物質に影響を及ぼす事や気の力は数式では表せない。万物から神を差し引いて、
数式で表そうとする万物の統一理論は行き詰まっているワケですが、気天という風船の中に
地獄と言う風船があり、地獄という風船の中に象天という風船がある多次元構造の風船という
宇宙が膨張加速を続けていずれその風船は極点まで膨らみ、その後収縮してその時に時間と
空間は分離するとも述べられた。しかし、これは原霊回収、象天回収、気天回収の話であり、
平行世界の消滅や弥勒寺のネット配信を見ると、現在の未の会から残りの会を飛び越えて
一気に次大元の寅の会にジャンプするワケであるが、天道道義には「現在は末刧前の普度
ですから、時期的、人的にも救われる限度があります。末刧後は白陽泰平の世の中ですから、
全地域に無制限に天道の普伝が行われます」と記されています。
あっちの世界の白陽とこっちの世界の白陽と二つある訳です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-10-26 21:13 | 天道

華僑最大の財閥に香港を拠点とする李財閥が在る。
スプリングマイヤーによる「ロスチャイルド悪魔の13血流」のひとつに数えられている
一族に、李家があるが、この一族は中国のみならずアジア全域の華僑を支配すると言われる。
この著書の中で興味深い一文がある。
 
 「ロスチャイルドとロックフェラー家は、世界民族の中で、特に中国人と日本人には
  敬意を表している。これは日本や中国が新世界秩序において重要な役割を任される
  機会を得た理由の一つである。」

香港の李一族とは長江実業の総帥である李嘉誠を筆頭に、長男のビクター、次男のリチャードが
率いる同族会社で香港の経済界を牛耳っており、李嘉誠はフォーブスの長者番付けでは11位。
不動産開発・通信事業・投資ビジネスなど世界56ヶ国で18万人の従業員を抱えるグローバルな
一族です。この富豪が英国ロスチャイルドと深い関係であれば黒い噂も出てきます。
香港は元イギリス植民地であり、中国返還は1997年で中国に主権が委譲され、香港は特別行政区
となった。この李一族が中国の黒社会の代表格である三合会を裏で仕切っていると噂される。
中国の麻薬市場を支配する三合会がフリーメーソン及びイルミナティと連携しているとなれば、
中国における三合会の意味も何となく想像はできる。中国の秘密結社の一つである五祖結社は
メーソンと教義が似ているそうであるが、メーソン高位の孫文と関わった秘密結社と一貫道は
関係がない。結成当初はともかく、三合会初め中国の秘密結社は麻薬・ギャンブル・売春・恐喝
・暗殺・偽ブランド品製造など、およそ血の絆以外に聖なる部分はない。
ゆえに中国からコピー商品が無くなる事もない。
世界の大富豪と黒社会つまり表と裏の癒着であり、イルミナティと戦争ビジネスという相補関係
そのまんまです。著者は「三合会はイルミナティとその三百人委員会を構成する組織を除けば
世界で最も強力な犯罪組織である」と断言してます。
三合会もイルミナティの承認を得なければ商売はできないと述べる。

このネットワークに香港の東亜銀行(BAE)を経営する李国宝、中国の元首相李鵬、台湾の李登輝、
シンガポールの初代首相リー・クワンユー(李光耀)が絡んでおり同族であると噂されるが、
香港の李一族と中国の李一族との繋がりは推測の域を出ておらず、証明されたワケではありません。
李国宝(デイビッド・リーは)は英国のパスポートを持ち、国際商業信用銀行(途上国向けに融資)
スキャンダル(発展途上国向けは表の顔で裏では武器密輸、麻薬取引、CIAの関与等)で、香港支店
のイルミナティメンバーを裏で逃したという話もある。
李鵬は天安門弾圧の首謀者で、学生が戦車に轢き殺される光景を平然と見つめていた男であり、
かって「日本など後20年すればなくなる」と発言した人物である。
台湾の李登輝はご存知親日であり、最近も「尖閣諸島は日本の領土である」と発言した。
天安門事件で中国の対応を肯定したシンガポールのリー・クワンユーは初代首相であり独裁者。
ケンブリッジ出の弁護士であり、シンガポールは人民行動党の一党独裁であり、現在の首相は
息子の李顯龍(リー・シェンロン)である。
鄧小平による改革開放政策は、中国共産党幹部の利権独占と言うピラミッド型社会を作って
しまった。思想もカネも自分たちが独占してしまおうという、およそ共産主義とはかけ離れた
モノで、一党独裁は経済覇権のピラミッド型中国の監視の目としての役割のみである。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-10-24 21:02 | 世界情勢


米国防総省報告書 中国軍の拡大を指摘
中国海軍、南シナ海で核武装潜水艦増強 英戦略研
海自潜水艦20隻超に 中国に対応、退役艦延命で増強 防衛省方針
東アジアに第2のペルシャ湾出現か?

原子力潜水艦と通常型潜水艦の違いは動力源の違いであるが、それぞれ一長一短がある。
原子炉で蒸気を発生させタービンを回転させて動く原潜は酸素を必要としないので、物資補給
以外に浮上する必要がなく長時間潜航できるが、通常型潜水艦より静寂性に劣り放射能の
危険性が常にある。通常型は静寂性に優れているが、ディーゼルエンジンの燃焼に必要な酸素を
確保する為に、浮上しなければならず、潜水航行はバッテリーに頼る為に長時間の潜航に不向きで
ある。この通常型潜水艦の欠点である酸素を常に必要とするという制約を打破するために
AIP(Air Independent PropuIsion=非大気依存推進)システムが導入された。
燃焼機関のシリンダー内のガスを外部から加熱・冷却を繰り返して得られる熱エネルギーを
運動エネルギーに変えて、それを水中航行の推進力に使おうというものであるが、
それでも食糧が無くなるまで潜っていられる(約3ヶ月)原潜に較べ、通常型潜水艦は数週間が
限度であり、日本の潜水艦は外洋ではなく日本列島周辺の海に潜って待ち伏せをする迎撃で
あるから、迎撃能力が充分であれば良くて、基本的に原子力潜水艦は必要ないと思う。
バッテリーの問題は日本の得意分野であるから、あっと驚く技術が開発されるかもしれません。
2009年就役の海上自衛隊の最新鋭「そうりゅう」はAIPのスターリング機関を装備しており、
通常型潜水艦としては世界最大であり、性能もピカ一と言われ、中国海軍の原潜含む
潜水艦60隻より日本の16隻の方がずっと上です。
各国とも次世代の潜水艦は戦闘機と同じでステルス性を重視するが、
静寂性は我が国の得意分野であり、隠密行動を取る潜水艦にはぴったりです。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-10-23 20:27 | 世界情勢
中国 「ポスト胡」習氏確実に 高い実務能力
「習近平の中国」軍の影響力増大が心配だ

毛沢東→........鄧小平→江沢民→胡錦濤→習近平(小沢のセッティングで天皇陛下と会見)
上海閥とは反日の江沢民前国家主席グループの事であり、江沢民は元上海市長で国家主席に
なってからは、上海時代の部下を要職につけ自らの派閥を強めて行った。しかし2006年の
上海閥の汚職事件で江沢民の側近や息子が拘束され、上海閥の力が弱まったと言われた中で、
2007年胡錦濤グループ(中国共産主義青年団)の力が増したと思われたが、2007年の
第二期胡錦濤政権の政治局常務委員は9人中5人が江沢民派で占められて、上海閥を摘発した
公安部まで取られたとも言われる。この時常務委員に入っていた習近平を加えると江沢民派は
6人であり、これが2012年まで続いて、20012年に習近平が国家主席になる。

2012年の胡錦濤の任期切れを前に、胡錦濤グループの李克強と、江沢民グループの習近平
の後継者争いで、10月18日に習近平が中国共産党中央軍事委員会副主席に選出され、ほぼ確実となった。
中国の場合は国家主席よりも中央軍事委員主席の方が実力は上であり、江沢民から両方兼務。
反日デモはこの江沢民グループ系が煽動しているというが、反日に限らず民衆のエネルギーが
少しでも弾道が代わり共産体制そのものに向けられれば、指導者は簡単に引きずり降ろされて
しまう。毛沢東を賛美する演説を行った習近平は、利権談合の上海閥の流れを汲むと言われるが、
胡錦濤や温家宝は尖閣諸島や領土問題で日本を押さえつけなければ軍からの突き上げを喰らう。
毛沢東を後生大事にする中国保守の第5世代指導者が次の軍を統率するという事は、
現在の中国経済の現況と較べて非常にアンバランスであり、欧米が求める大国の責任とはほど遠い。
中国が保守で来るならば、我が国はどう対抗するのであろうか。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-10-21 21:22 | 世界情勢