ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チェニジアテロで負傷した陸上自衛隊三等陸佐の女性の手記が話題になってます。
世田谷の自衛隊中央病院に勤務する35歳の女性医官でありますが、公務員に義務付けられている
海外渡航申請の手続きを行わないまま、母親とチェニジアに観光に行きテロに巻き込まれました。
週刊誌的に何が話題かと言うと、手記の内容が我々が想像する自衛隊員と少し違ってたからです。

「まさか発砲されるとは思いませんでした」
「とても現実のこととは思えませんでした」
「生きた心地がしませんでした」
「外でも救急室でも、多くの人がいて写真やビデオを向けられ、とても不快でした」
「私は一日中泣いていたせいか目が腫れ上がって開ける事ができず…」
「病室にNHKやニューヨークタイムズを名乗る人々も来て質問に答えるように言われました。
 そうしなくてはならないのだ、と思い答えましたが、何を話したか正直なところ覚えてません」
「「部屋の前で取材をさせて下さい。あなた(大使館員)に断る権利はない」と日本語で怒鳴っている
  朝日記者の声が聞こえショックでした」

これだけ見ると、日本で暮らす一般女性の普通の反応だろうと同情しますが、
彼女は防衛医大卒の幹部自衛官であり、麻酔医と謂えども階級は三佐。部下を仕切る立場にある。
多分メディアの取材にまともに反応できないと本人も感じたから、手記という形になったのだろう。
朝日は彼女に対して謝罪をしたが、記者は彼女を利用して安倍叩きに使おうとしたと勘ぐられても
仕方がない。週刊新潮の見出しは「これが陸自3佐か、情けない…防衛省が嘆いた被害女性の臆病と
感傷」でありました。
東日本大震災での日本人の冷静な行動が世界の注目を浴びましたが、記事によると彼女は退官間近
だったようで、もしかしてこれまでの抑圧が一気に噴き出したのか知れない。
当たり前だが自衛官も人の子で当然個人差もある。しかも体験射撃しか経験しない医官に、もっと
毅然とした内容を期待するのは酷なのかと思いました。
但し彼女が国内外を問わず派遣された経験があったか否かに関わらず、極限の現場を仕切る事は
彼女では無理だろうと個人的に思いました。
それから、これをもって日本の自衛官は軟弱だと思うのは早計で、実戦経験がない日本の自衛隊は
弱いという論も少しおかしい。大東亜戦争の経験と教訓は陸海空とも先人から面々と伝授されている
からで、戦地に赴かない分、日航機の御巣鷹山墜落事故、普賢岳噴火、東日本大震災、御岳山噴火他、
数え切れないほどの自然災害で救助活動を行ってノウハウを培ってきた。遺体の惨さもの戦争に匹敵
するだろう。これは自衛隊に限らず消防、警察、病院も同じだ。
御巣鷹山墜落事故で遺体検証作業を行った日赤の看護師さんの体験本などを読むと、凄まじい当時の
現場が見えます。

ハード面においては自衛隊は進化を続けております。
陸上自衛隊=最新鋭の10式戦車と機動戦闘車。
海上自衛隊=護衛艦いずもと、そうりゅう型潜水艦(AIP→リチウムイオン電池)。
航空自衛隊=F−2搭載の超音速対艦ミサイル、純国産のステルス戦闘機F-3の開発であります。
【陸上自衛隊】
仮想敵国をロシアから中国にシフトして、戦車も北海道運用から全国に広がり、それに合わせて
軽量化する必要があり、90式と較べ最新素材の装甲が装備され防護力が増しながら大幅な軽量化に
成功、C4I=軍隊の情報処理システム(Command Control Communication Computer Intelligence
system)を搭載し、日本製鋼所製の120㎜滑腔砲を装備(戦車の滑腔砲は西側では長らくドイツの
ラインメタル社の独壇場であり、ドイツのレオパルト2やアメリカのM1エイブラハム、日本の90式に
装備されていたが、日本製鋼所がラインメタル社製に勝る44口径120㎜滑腔砲の開発に成功した)。
自動装填装置を備え、スラローム射撃が可能である。
もっとも10式戦車を国内で実戦運用する時は日本終わりでしょうが……
機動戦闘車は離島防衛の為に特化されたもので、戦車よりも高速かつ軽量で機動性に優れ、
輸送機による空輸を前提にしているらしい。





【海上自衛隊】
いずもはヘリコプター搭載型護衛艦(艦種記号DDH=Helicopter Destroyer)ですが、甲板を改修し
カタパルトを装着すれば戦闘機も搭載できる。
全長248m全幅38mで、アメリカの原子力空母ジョージ・ワシントンの全長333m全幅76,8mに
較べると小さいが、全長263m全幅38,9mの戦艦大和とほとんど変わらないデカさであります。



そして自衛隊に興味ある人や軍オタ以外にあまりその実力を知られていない海上自衛隊の潜水艦群。
潜水艦の耐圧殻に使われる高張力鋼を溶接する日本の特殊溶接工の結晶でもあります。
そうりゅう型潜水艦は日本近海を護る守護神とも言えるモノで、米英露の原潜に勝るとも劣らない
性能を有します。通常型潜水艦では世界最大級の大きさであり、
スターリング発電機で動かすAIPシステム=非大気依存(Air-Independent Propulsion)を搭載し、
潜航時間を従来型よりも大幅に伸ばしました(最大で2週間)。数ヶ月は潜れる原潜には敵いませんが、
バッテリーで潜航する通常型の方が、静寂性は圧倒的に上であります。
ただし、このスターリングエンジンも出力が低く補助電源に過ぎないので、低速移動用にしか
使えません。従来の鉛蓄電池は消耗が早く、高速航行時間が短い…
と言うワケで、そうりゅう型の後期、本年度建造分から、AIPシステム、鉛蓄電池を廃止して、
リチウムイオン電池に置き換えるそうであります。
更に潜航時間が伸びて高速移動が可能になり、原潜に限りなく近くなりそうです。


リチウムイオン電池導入でさらに隠密化する海自潜水艦





【航空自衛隊】
F-16を日米で改造した多目的戦闘機F-2に搭載される新型の超音速空対艦ミサイルXASM-3は、
最大速力マッハ5以上、射程距離150㎞以上という優れもので、世界中の空対艦ミサイルの中でも
一歩先をいってます。ロシアが誇る対艦ミサイルP-800でさえマッハ2,5なのでその差は大きい。
そしてF-2の後継機種として純国産のステルス戦闘機F-3の開発が本決まりになった事です。
日本の先端技術の塊のような戦闘機ですが、一番大きいのはIHIと防衛省による戦闘機用エンジンの
開発のメドが立ったからで、実証機心神で飛行実験を経て、尚且つアメリカの横槍がなければ、
F-22と同じ推進偏向ノズルを持ち、F-22に勝るとも劣らない純国産のステルス戦闘機の誕生と
なります。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んできた日本の航空機産業が復活する日を願っております。






[PR]
by gyou-syun-u | 2015-03-30 23:44 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)


【プーチン大統領発言が波紋】 核使用「準備できていた」 米欧威嚇、国際社会に挑戦

眼光鋭く、体はガッチリしているが、身長は安倍首相よりも低い。
しかしながらデッカク見えるオーラがある。
勝谷誠彦に言わせると「顔にヤクザと書いてある」そうだ。柔道大好きで親日家の一面もある。
しかしKGB出身で、実際に人を殺した事があるだろうと思われてる大統領はプーチンくらいな
もんでしょう。
プーチン組と双璧を成すヤクザ国家中国の歴代組長も、黒い歴史の首謀者達である。
昨年のウクライナ政変では、ロシアvsアメリカ・NATOの正面衝突の危機が起きました。
米国はロシアの軍事侵攻に備え、黒海にミサイル駆逐艦を演習の名目で派遣し、ロシアもそれに
対抗して超音速対艦ミサイルをクリミアに運び込んだ。

「しかし、米国務省のサキ報道官は16日、プーチン氏が「より攻撃的な行動」を取る用意があったと
 自ら認めたと批判したが、「実際はそうしなかった」と踏み込んだ論評を避けた。  」

アメリカが踏み込んだ論評を避けたと言うのは、当時、アメリカも核の準備をしていたと見るのが
普通だろう。アメリカの原潜は常時ロシア近海で活動しているが、結局オバマはアメリカの艦隊を
引き上げさせた。プーチンもインタビューで「実際には使わなかっただろうがね…」と言ってるし、
核軍縮でノーベル平和賞をもらったオバマが、核のスイッチを簡単に許可できる筈も無い。
核抑止力と言えば聞こえは良いが、要は核を使った脅しであります。
今回、クリミアに戦略爆撃機を配備したのも、「もう一切口出すな」と言いたいのでしょう。
2006年には反プーチンの女性ジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が暗殺され、
(2004年にも毒殺未遂があったという)、先月には同じく反プーチンの野党指導者ボリス・ネムツォフ
元第1副首相が暗殺された。この二人はロシア国内では支持が低く、強いロシアを牽引して来たプーチン
にとってほとんど脅威ですらなかった筈で、プーチンの関与は低いと思われる。
プーチン自身も5回暗殺されかけたと言われるが、そこはさすが元KGB。
国際金融資本と闘う時は正義のプーチン。目には目を!の時は悪魔のプーチン。
酒もタバコもやらない興味深い人物です。

ネムツォフ氏殺害、2容疑者は「雇われた殺し屋」 元FSB長官

ロシア軍:クリミアに戦略爆撃機



[PR]
by gyou-syun-u | 2015-03-24 09:26 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
抗日戦争勝利70周年の軍事パレードにオバマ大統領を招待、安倍首相の招待は明言せず=「台湾総統は?」「日本は何とも思わない」―中国ネット
台湾も抗日70周年パレード検討「共産党軍は脇役」「日本への恨みあおることではない」

人間も五臓六腑を持つ動物である限り、メスは強いオスに靡き、オスは闘争心を持ち
戦争を好む…人類の歴史は戦争の記録であり、これは避けられない宿命である。

言うまでもなく、現在の中華人民共和国は、日本の敗戦を機に、国共内戦で毛沢東率いる共産党が、
蒋介石率いる国民党を追い出し建国しただけで、日中戦争で共産党が日本軍に勝利したという事では
ない。日本と戦っていたのは主に国民党であって、共産党軍は日本軍との戦いで疲弊し切った国民党軍
の背中を撃ったに過ぎない。
日清、日露戦争と、東アジアのちっぽけな小国日本が大国を破り、欧米列強からアジアを解放する
気運を高め、孫文も蒋介石も当初は日本から学んだ。しかし、最終的に抗日に寝返った蒋介石の中国軍
は米英から十二分な支援を受けていたにも関わらず、まともな兵士はおらず、日本軍に無様に負けた。
孫文も蒋介石も「親日」を偽装して日本から援助を受けたに過ぎず、孫文を支援した日本の志士達の
夢は脆くも崩れ去った。
中国は巨大な国土と多種多様な民族を抱えるため、内戦を避ける為には常に外敵を設定する必要が
ある。日本軍とはゲリラ戦しか戦ってない共産党が抗日勝利70周年….などど大口を叩けるのは、
今日の中国の国力と中共お得意の宣伝工作の結果であるが、中国国内に革命の志士の兆候すら見えない
のは、金と権力で思想を封じているからであり、中国人が最も好むモノである。
毛沢東は建国後、解放を名目にチベットに進攻し、煽動した文化大革命では魂を抜かれた紅衛兵が
暴走した。
いずれもISに勝るとも劣らない蛮行であった。
チベット虐殺、新疆ウイグル自治区での核実験、法輪功弾圧、天安門事件……など
中国の李首相は記者会見で「歴史に関する客観性を維持することが重要だ」と述べたが、
自国の闇の歴史的事実を総括しないで、世界にそんな戯言を言っても誰も耳を傾けないだろうし、
第3国が欲しいのは、そんな言葉より中国産の兵器である。
習金平は汚職不正を摘発するキャンペーンを行っているが、度を過ぎると命を狙われるだろう。
土台14億を一党で制御する事は不可能であるから、常に内戦の危機に怯える事になる。
中共の主敵は内に存在するのだ。実際問題尖閣など中国にとってはどうでもいい話だろう。
我が国は敗戦の教訓と反省を踏まえGHQが作った憲法を順守し、国民はまじめに働き国力を蓄え、
経済力が復活してからは途上国へのODAに拍車をかけ、言葉だけでは無く行動で実践して来た。
自衛隊は先の戦争で「日本軍は何故負けたのか」を検証し、日々研究に勤しんでいる。
防人として当然の事であり、自衛の為の武器開発や武器調達は、他国から干渉される筋合いはない。
軍事パレードで披露される兵器の半分は賄賂で出来てるから、まともに動かないだろう…
そんな冗談みないな話が実際に起きるのが韓国と中国なのである。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-03-17 12:27 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
駐韓米大使襲撃、ケリー国務長官が厳罰求める
駐韓米大使襲撃事件、大使の警護は銃を持たない私服警官1人=「今の時代にどうかしている」「これから世界中の大使は…」―米国ネット
駐韓米大使襲撃 講演会開催団体の代表が辞意表明
<朴槿恵政権2年>専門家中心から側近重用へ…第3期は親政体制が強化(1)
【朝鮮日報日本語版社説】米大使テロ、従北過激派をこれ以上放置するな


韓国人は総じて感情で動くというのは間違いではないだろう。
司法も含め何事も情が優先する。だから韓国内の有象無象の市民団体は好き勝手に振る舞う。
日本の右翼と較べてもすこぶる過激であり、自己顕示欲が強く注目される事を好む。
今回の大使襲撃事件で一番の問題は警護体制であるが、過去に駐韓日本大使を襲撃した前科者を
朝食会に招いた「関係者」と、そのリストを見て不審に思わない警備側の無能さが事件を招いた。
ところが続報を見て驚いた。リッパート大使の警護は銃を持たない私服警官が1人であり、
関係者とはクネの側近で選挙対策委員長である洪思徳(ホン・サドク)で、
朝食会を主催した民族和解協力汎国民協議会の代表でもあり、襲撃犯はその会員団体の代表であった
という。日本的に言えば、駐日大使がヤクザとの懇談会に顔を出してハジカれたという事だろう。
韓国政府側近が主催する朝食会だから、リッパート大使側も断れなかったのかもしれない。
こういう連中がクネの側近になれるというのが、ほとんど韓国終わってると見られるわけである。
韓国の市民団体など、一部を除いてほとんど暴力団と変わんないんだから。
警備が容疑者を追い出そうと相談した数分後に事件が起きたと証言しているが、到底信じられない。
日本だと公安にマークされたら公の場には近づけないが、韓国では野放し状態であるらしい。
事件後の朝鮮各紙は〃北のテロである〃と責任逃れをしているが、毎度の事なので驚かない。
自らの否は認めず、常に誰かの責任に転嫁する。セウォル号しかり平昌冬季五輪問題しかりである。
韓国政権内に北朝鮮の工作員が深く関わっているというのは周知の事実だと言われるが、
それを排除できないのは、あらゆる事に団結できない朝鮮人のDNAがなせる技だろう。
米韓軍事演習にしても、米軍は韓国軍を信頼はしていないだろう。有事の際の韓国軍ほど当てに
ならないものはない。朝鮮半島有事の際の作戦統制権すら韓国軍は持ちたく無いのだ。
否、そんな能力など韓国軍にはないのが現実であり、常に逃げ出すのがオチである。
金豚組3代目の金正恩率いる北朝鮮は、骨董的キャラを変えずにこのまま突き進んでいくので、
ある意味分かり易いが、クネは就任前の親日と言う予想を覆して反日政策に没頭し、
米中の狭間でカメレオン外交に勤しんでいる。
やる事なす事全て裏目に出るクネ韓国でありますが、くれぐれも他国に迷惑かけずに
自滅して頂きたい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-03-09 07:45 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)




法治国家であれば、人を殺し捕まれば刑務所に入れられ罪を償う。
しかし、世の中には何十人何百人殺しても、罪を裁かれない連中が伍萬といる。
戦闘員vs戦闘員の戦いでは尚更で、独立戦争で建国を勝ち取ったアメリカでは銃は己を護る
モノであり、正当防衛であれば罪は問われない。国家対国家の戦争であればルールも存在するが、
テロリストは仁義もへったくれもない。
世界大戦はかろうじて踏みとどまってはいるが、それよりタチの悪い局地戦があちこちで
勃発し多くの一般市民が犠牲になっています。一寸先は闇と言うが、実際問題この地球上で
天国と地獄は共存している。ISに限った話ではなく2015年現在進行形である。

クリント・イーストウッド監督の映画「アメリカン・スナイパー」を観てきました。
アメリカ海軍の特殊部隊シールズの狙撃手であったクリス・カイルの実話を元にした映画です。
4度に渡るイラク派遣で160人以上の敵兵を狙撃した伝説のスナイパーでしたが、除隊後PTSD(Post
Traumatic Stress Disorder 心的外傷語ストレス障害)になるも、民間軍事会社やNPOをたちあげ、
講演や執筆活動をしたり帰還兵の社会復帰支援を行っていた。
そんな最中、2013年2月、社会復帰の相談に来た元海兵隊に至近距離から撃たれ亡くなった。
享年38歳。
戦場のスナイパーは全て頭を撃ち抜くヘッドショットなわけですから、訓練された冷徹な集中力を
持続させなければならない。二児の父親でもあり、そのギャップは凄まじいモノがあったのだろう。
多くの地元の人達が、星条旗を掲げて彼の最期を見送った。


「アメリカン・スナイパー」主人公殺害犯に終身刑 テキサス州裁、映画ヒットの影響は…


1977年公開の「 ローリングサンダー」もPTSDに悩む帰還兵が主人公の映画でした。
若き日のウイリアム・ディヴェインは最新作「24」で合衆国大統領役をやり、トミー・リー・
ジョーンズがまさか何十年後に日本のCMに登場するとは当時は夢にも思いませんでした…


[PR]
by gyou-syun-u | 2015-03-03 09:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)