ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プーチン 「謝罪は1回すれば十分だ(欧州連合とロシア首脳会談後の記者会見で)」
安倍首相 「もう一度書く必要はない(70年談話 侵略とお詫びの文言について」

習金平が大物なら、プーチン並みに眼力で安倍首相を威圧できたろうに、去年よりはマシとは謂え
今年もまともに目をみなかった。無礼以前の問題で中国に全然余裕がないと見るべきだろう。
「侵略とお詫び」に固執してるのは中国と韓国だけであります。
戦後50年の村山談話、戦後60年の小泉談話で「侵略とお詫び」を盛り込んでも、相も変わらず中韓は
歴史問題を蒸し返し、反日政策を変えようとはしません。だから安倍首相が今年の夏に発表する70年
談話で「同じ事を繰り返す必要はない」と述べるのも当然で、中韓は反日プロパガンダが国策なの
だから、いくら日本が謝罪をし続けても永遠にその基本姿勢は変わらない。
日本人が猟奇的に虐殺された通州事件を南京大虐殺にすり替え、ノウノウと被害者ズラする中国と、
何をするにも感情が先走り、まともな議論ができない韓国ですが、最近になって、中韓の反日プロパガ
ンダの実態が世界に知れ渡るようになってきました。
日米急接近に加え、中韓とも国内のゴタゴタで反日路線の修正を余儀なくされてる状況であります。
今回の訪米で国賓級の待遇を受ける安倍総理は、アメリカ議会で演説を行いますが、主役は日米であり
主題も日米関係であり、中韓の歴史問題や慰安婦問題には言及しない。一部の議員が演説で謝罪を求め
てますが、アメリカも自分の首を絞める様な真似はしない。
広島、長崎への原爆投下、東京大空襲などアメリカは軍事工場が標的であったと言い訳するが、民間人
の大量虐殺であった事は事実である。しかしアメリカは一切謝罪はしない。
日本には幸か不幸か「水に流す」と言う概念があった。勿論、今でも水に流す事などできないと思う
人々は沢山います。しかし未来へ一歩踏み出す為には、辛い過去を忘れ去る事も必要になってきます。
しかし「過去を水に流す」という概念が存在しない中国や韓国と認識を共有する事は殆ど不可能です。
外務省がHP上で韓国欄から「自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する」という記述を
削除したのは、韓国に対する最後通告であります。








自衛隊・米軍、進む一体運用 調整所いつでも設置可能に

日米防衛指針:弾道ミサイル迎撃を明記…機雷掃海も

そんな事よりも、日米防衛ガイドラインの改訂で、自衛隊による軍事的な後方支援が可能になった事の
方が、アメリカにとっては重要であり、我が国にとってもGHQの呪縛から解放され、普通の国になる
始めの一歩であります。
戦争をしに行く安倍政権ではなく、自衛の抑止力を高め戦争を回避する政権であります。
太平洋戦争で互いに死力を尽くし闘った相手だからこそ生まれる、互いへのリスペクトと信頼関係。
日本と正面から闘った事のない中韓とは大違いです。
「アメリカを狙った弾道ミサイルを自衛隊が迎撃できる」「シーレーン防衛の為の機雷除去」
「離島防衛」など、アメリカが対中対北朝鮮抑止の中核である日本に信頼を置いており、長年の日米
合同軍事演習等において、自衛隊の実力をアメリカが高く評価している事の表れでもあります。
市ヶ谷の防衛省地下の中央指揮所に米軍幹部が、横田の米軍基地に自衛隊幹部がそれぞえ常駐するとい
う関係は、日米軍事同盟を超え、自衛隊が米軍の世界戦略に直にアクセスできるという事を意味する。
特にシーレーンの機雷掃海は人を殺す事でもなく、海上交通路の安全確保の為にも海自の能力をフルに
発揮できる場でもあります。
AIIBで銀行家ズラする中国ですが、南シナ海の南沙諸島ではサンゴ礁を爆破して、3000m級の滑走路
建設を進めてます。フィリピンから米軍が撤退してからは、南沙諸島領有権を巡ってフィリピン・ベト
ナムvs中国になってますが、フィリピン軍やベトナム軍は非力で中国軍には太刀打ちできないのが現状
です。なので、政治的解決が優先である事は言うまでもありませんが、イザと言う時には在日米軍及び
自衛隊の出番となるワケです。

世界トップクラスの自衛隊の機雷掃海隊群、なぜ日本の掃海能力が求められているのか?飢餓作戦から現在へ
どんな船舶も見逃さない、恐るべき機雷の探知技術-自衛隊の機雷掃海(前編)
様々な掃海・掃討の手法と掃海艇が触雷しない理由-自衛隊の機雷掃海(後編)
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-27 14:45 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)


オバマ大統領 ノーベル平和賞授賞理由の全文

2008年の大統領選で勝利を掴んだオバマ。
2009年1月の大統領就任演説では、アメリカのみならず世界中が拍手を贈りました。
アメリカ国内では、戦争大好きのブッシュ政権にいい加減嫌気が差し、オバマの新しい風に期待が高ま
り、日本国内では、コロコロ首相が代わり米国追従の自民政権に、これまた日本国民が飽きちゃって、
オバマ政権誕生の後押しもあって、消去法で民主党が政権を掴みました。
掴んだは良いが、見るも無惨な3年間でありました。
2001年9月11日、アメリカの同時多発テロを受け、ブッシュJrは親父と同じくネオコンと軍産複合体
の支援を受け対テロ戦争の名目で局地戦に深入りしていきました。
しかし長期に渡る対テロ戦争に対して「力が正義だ」にアメリカ人自身がが疑問符を付け始め、
オバマの「Yes we can 」アメリカの変革を期待しました。しかし、オバマ外交はアメリカの弱さを
世界中に露呈する結果となった。
古き良きアメリカ、力が正義だを標榜する共和党から、グローバリズムと多民族との強調を掲げる民主
党へと、時代に沿う形で移行したアメリカであったが、就任の年にノーベル平和賞を受賞したものの、
2011年のイラクからのアメリカ駐留軍撤退はアメリカの敗北を示し、二期目はオバマにとっては試練
の年とも言えるもので、2012年の中間選挙では共和党が上院下院とも過半数を占めた。
シリア内戦ではシリアの化学兵器使用に対して一旦は決めた軍事介入を断念、ウクライナ危機では
プーチンの方が一枚も二枚も上手であリ、ISの暴挙に対しても中途半端であります。
オバマ自身が「アメリカは世界の警察官ではない」と言った事もその象徴であるが、
世界には弱腰外交と映りました。

2016年の大統領選挙で、ヒラリー・クリントンが大統領になるだろうという見方が一般的です。
民主党は惨敗して共和党が今以上に議席を増やすが、共和党の大統領候補に抜きん出た人物がいない
からです。議会は共和党主流で、大統領は民主党出身と言う現在のねじれが一層強くなると予想されて
います。就任すれば、アメリカ初の黒人大統領からアメリカ初の女性大統領となるワケですが、
オバマ政権一期目で国務長官を務めたヒラリーは、外交の素人から2年間の実務経験を積んだ。
元ファーストレディと言う事で世界中で知名度はあるが、マーガレット・サッチャーとは比較にならな
いだろう。現在67歳で、タフな大統領職を全うできるのだろうか。夫のビル・クリントンとは違い、
必ずしも中国寄りと言うワケではなく、中国の人権問題については今でも敏感であり、国務長官の時に
は尖閣諸島は日米安保の防衛義務に適用される旨の発言をしています。
共和党の大統領選に出馬を決めたランド・ポール上院議員は、「連邦準備銀行(FRB)を廃止せよ」
「ISISを作り資金を出し訓練したのはアメリカとサウジ、カタールなどの連合国だ」と堂々とアメリカ
外交を批判するロン・ポール下院議員の息子で、リバタリアン(自由主義者)と言われる少数政党に
属する。言いたい事は分かるが、それを言っちゃあおしまいよ…という感じで共和党の伝統的な支持層
を取り込む事は難しいと言われております。その他の候補者達も似たり寄ったりで、
共和党員で一番の支持率を得てるのがブッシュJrの弟、ジェブ・ブッシュであります。
元フロリダ州知事で62歳。兄と較べて派手さはないが、堅実に実務をこなすらしい。
最近の世論調査ではヒラリーに迫る勢いで、その差は数%。
大きな変化がなければ、ヒラリー・クリントンとジェブ・ブッシュの一騎打ちになると予想されてます
が、さすがにブッシュ家から3人目の大統領はないでしょう……
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-21 09:01 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
「借りた金は返すのが当たり前。こっちは税金を預かっている」麻生財務相、AIIB不参加理由を激白

中国投資銀は「絵に描いた餅」 約90兆円もの資金どう調達するの?







世界銀行、IMF(国際通貨基金)、AOB(アジア開発銀行)をアメリカ、欧州、日本が主導し
世界の途上国に貸し付けを行っています。世界銀行はアメリカ人、IMFはヨーロッパ人、AODは
日本人が総裁を務めている。なので、中々そこに中国人が入る事ができないのが現状で、それじゃあ
アメリカに次ぐNo2の経済大国となった中国が、自分とこが主導する国際金融機関を創設したいと
言う事で、AIIB(アジアインフラ投資銀行)を設立しようと言う事なんですが、以前、中国側がAOBの
総裁になりたいと言って日米に断られた経緯があった様です。
しかしながら、それ以前にまともな会計を公表できない一党独裁政権が、まともな国際金融機関を主導
する事などできないだろう。と言うワケで、アジアいんちき投資銀行とか中国国内の失業対策銀行とか
揶揄される始末ですが、いずれにしろ日中関係からして日本に何のメリットもないのは明らかであり、
アフリカやアジアの途上国での現地人と中国人就労者の確執や、中国や韓国のインフラ整備能力の問題
など課題は多い。
参加表明をしたロシアやヨーロッパ諸国が中国の言いなりになるワケがないので、中国は大いなる妥協
を迫られる事になると思います。

AOBの歴代総裁は全て日本人で財務省の天下り先でありますが、アジア最大の債権国である日本が
総裁を仕切るのは当然と言えば当然であります。ちなみに中国はAOBの最大債務国でAOB資産の25%
を借りており、麻生さんが言うのはまずそれを返してから、話はそれからだ…と言う事は全くもって
正しい。日本は中国に対して総額約6兆円のODAを行ってきました。対中円借款打ち切り後もAOBを
通して資金援助を続けております。
(円借款他で約3兆7000億+AOB経由資金援助約2兆3000億=約6兆円)
習金平は党幹部の汚職や不正にメスを入れて、地方政府が主導するノンバンクの金融商品の規制強化
に乗り出してますが、習金平本人もタックスヘブンに巨額蓄財をしてると言われてるから目的は政敵
抹殺に他ならない。共産党幹部の海外蓄財は総額400兆円にものぼるといいますが、話半分にしても
ケタが違う。闇の銀行であるシャドウバンキングの規模は、正確な数字は中国政府すら把握出来て
おらず、IMFの推計で約500兆円と言われ、中国GDP約900兆円の6割を占める。
2013年の時点で中央政府と地方政府を合わせての負債総額は約370~500兆円と推計されてますが、
中央政府の試算と地方政府の試算が全く合わないので、正確な負債総額は謎であります。
それでもまだ中国の地方ではインフラ整備が必要である事と、それに加え腐敗官僚を多く抱える地方
政府の負債が全体の7割を占めると推計されています。
頂点に陣取る共産党幹部は、国内の負債等どこ吹く風で莫大な富を海外に蓄財しており、
そういうメンタリティ国家が運営しようとする国際金融機関がどういう性格のモノであるかは
ある程度は想像できますが、一歩間違えると世界を混沌に巻き込んでしまう。
中国の軍拡路線を加速させる様な事になれば尚更で、シャドウバンキングの損失補填ならアウト。
中国が世界の常識に反して、スクランブル能力が無いのに防空識別圏を敷いた時と同じ様な感覚が、
今回のAIIBにも見え隠れします。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-13 22:52 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)

翁長知事、新基地「絶対に建設できない」 菅氏、辺野古移設「唯一の解決策」 初会談は平行線に

  『翁長氏は会談で「県民に大きな苦しみを与え、世界で一番危険だから危険性除去のために
  (新たな基地を)負担しろという話をすること自体が日本国の政治の堕落だ」と訴えた。
   粛々と移設作業を進めるとする菅氏の発言について「上から目線だ」と反発した。  』


「絶対に建設できない」とは、あらゆる手段を使って建設を阻止するという事でしょうが、
そのまんま移設反対派のサヨク連中と同じで、ダダをこねる大人に映る。
成田闘争の時とは時代も変わっています。
支持層には受けるだろうが、移設を受け入れた辺野古住民は醒めた目で見てるだろう。
基地関連施設で働いてきた人達や、米兵相手のサービス業の従事者にとっては死活問題で、
「米軍は出て行け」はオール沖縄の民意ではないのに、それを沖縄の総意だと言い切る。
沖縄のメディアも反対派の意見しか取り上げない。
米軍用地返還跡地の再開発は時間がかかるもので、沖縄の経済的自立の為にも、できるだけ早く
取り組む必要がある。国防上、米軍と共存するしかないのである。

 
論戦ハイライト辺野古新基地 「殴り込み」部隊の出撃拠点に 痛みは移さず取り除け山下書記局長の基本的質疑 参院予算委

最近何かと頑張ってる共産党ですが、言ってる事が正論でも、それがスンナリ通らないのが外交や
政治であり、残念ながら日米安保に関してはアメリカが主導する。
住宅街のど真ん中にある普天間の危険性を除去する為に、住宅街が少ない辺野古に移設して、
墜落の危険性や騒音問題を軽減する。飛行ルートも調整して文字通り危険性の除去が最優先であった。
移設に関しては、辺野古の住民の多くが既に賛成しており、政府は仲井前沖縄知事の辺野古埋め立ての
承認を得て、一括交付金も増額になりました。
ところが移設反対派の翁長さんが当選して空気が一転した。
昔は集団的自衛権も日米安保の重要性も認めていた翁長さんが、主張を変え共産党や社民党などの支援
を受け当選した。いくら共産党が日当払って辺野古移設反対のデモを煽っても、それは韓国人の火病と
同じであります。やっと先に進もうとする段になって話を蒸し返し、共産党に至っては普天間に限定
しないで、沖縄全土のヘリパッドの騒音問題に話をすり替える。
北海道仕様の住宅の様な、完全防音の沖縄仕様の住宅ができるかもしない。そうなっても米軍は沖縄
から出て行けというのだろうか?結局は沖縄全土から米軍基地を無くせと言う話に持って行く。
沖縄から米軍が出ていって一番喜ぶのは、共産党と中国ロシアである。
極一部に沖縄独立論もあるが、仮に琉球王国として復活しても、特別枠の一括交付金を含め振興予算で
何とか経済を維持している現状の沖縄県が、それが無くなり米軍基地関連の雇用もゼロとなれば、
中国の支援無しでは国の運営等できるものではない。そうなったらなったで、米軍の代わりに中国が
基地を作るハメになる。自分の生活よりジュゴンやサンゴの方が大切なのだろうか……。
中国がサンゴを大切にするとも思えない。
安倍政権は粛々と埋め立て工事を続けると思うが、国防と沖縄経済の自立の為に、より多くの
血税が使われる。それで中国に対する抑止力が確立されれば全然構わないと個人的には思ってます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-07 10:24 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)