ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧










中国の新たな軍事拠点化を警戒 レーダー設置なら米軍にも脅威 国際社会と認識共有

レーダー設置されれば南西諸島「丸裸」に 日本の安全保障揺るがす脅威 中国の東シナ海軍事拠点化


琉球新報が社説で引用した共同通信の世論調査の設問がおかしい。
外国が日本を攻撃してきた際の対応と言っても、有事の際は、まず日本政府・在日米軍・防衛省・
自衛隊・海上保安庁・警察・消防が対処するので、我々一般市民は最後に知らされるワケであります。
事が起きて我々ができる事はほとんど何もないでしょう。離島でトラブルが起きた場合は本土から他人
事の様に傍観できても、本土が攻撃されれば通信網が遮断され、震災の時と同じ様な状況になります。
この設問は具体性が無く、まるで自衛組織がない国を想定してるかのような馬鹿げた設問であります。
日本と言う国は攻撃されるまでじっと我慢してるということでしょうか。
設問の答で「非暴力で対応する」はやられるがままという事ですね。「武器を持って戦う」とは銃刀法
違反を犯して台所の包丁か何かを持ち出すんでしょうか。日本に上陸するくらいだから相手は戦闘の
プロですよね。武道の有段者でも銃口の前では無力です。「逃げる」って何処に逃げるんですか。
ミサイルが着弾したら3つとも無意味ですよ。
なのでミサイル着弾を未然に防ぐ抑止力や、集団的自衛権という話なんですが、「中国や北朝鮮から
ミサイルで攻撃されたらどうしますか」「尖閣に中国軍が上陸したらどうしますか」と言った具体的な
設問でないと、「宇宙人が地球に降りて来たらどうしますか」という話と同じで小学生の答えになり
ます。もはや一般市民の出る幕などないでしょう。
琉球新報は、この世論調査を社説に取り上げて、
「非交戦派は64%に上り、「戦争のできる国」を国民は拒否していると見るべきだ………」
「将来、日本を巻き込んだ大きな戦争が起きる可能性については「大いにある」12%と「ある程度
 ある」48%を合わせ、60%が「ある」と回答した。集団的自衛権行使に突き進む安倍政権の
 安保政策への危機感を反映した結果ともいえよう…」と言ってますが、安保法案が成立すれば日本を
巻き込んだ大きな戦争が起きるとは一体どういう事ですか。
わざと真逆な解釈をしているとしか思えません。安保法案への危機感ではなくて、現実の危機感がある
から安保法案を早く成立させようという流れであるのに、本当に沖縄の新聞は左派の巣窟ですね。
辺野古を抱える名護市の稲嶺市長は安保法案の撤回を要求し、尖閣を抱える石垣市の中山市長は、
安保法案は抑止力が強化され大変心強いとコメントしています。近場で危機を感じる人達が沖縄にも
いる事などまったく取り上げない。
プロ市民を動員して、それを国民の世論だと言い張る民主・社民・共産の愚行こそが、日本を骨抜きに
する元凶です。中国は国境線の周辺国と色んなトラブルを抱えており、有事の際に対日本だけに全軍事
力を投入できない事は想定されてますが、それでも尚、今後中国のミサイル精度が向上すれば、たった
数発でも日本にとっては脅威となるのです。
南シナ海が完全に中国の支配下になる前に、日本は先手を打とうとしているワケです。
採算が合わないと認定されているにも関わらず、東シナ海ガス田施設の拡張を続けている中国ですが、
これが日中境界線に沿って建設されていると言う事で、軍事的色合いが濃くなり政府も公開したのだろ
う。今後プラットホームにレーダーが設置されれば、今迄ほとんど形だけだった中国の防空識別圏が
生きてきます。そして南シナ海・東シナ海共に軍事拠点化され中国の海洋進出が本格化してきます。
小川和久氏の言う通り日本の政治家・官僚・マスコミはもっと軍事を学んでもらいたい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-07-26 19:11 | 国内情勢・世相







民主党辻元議員の「戦争だけは絶対アカン」を聞く度に、民主党政権の悪夢が蘇ります。
あの頃は得体の知れない連中が官邸をウロウロしてたという話もあるし、国際的には
相手にもされない政権でありました。
海上保安庁所属のsengoku38氏が、youtubeに投稿した海上保安庁撮影のビデオは当時は喝采を
浴びました。合わせて北朝鮮不審船事件のビデオを見ても、日本みたいな優しい国は世界中捜しても
ないだろう。他国だったら即撃沈ですよ。
ほとんどの人が安保法制を何故急ぐのか理解できない……と、ニュースキャスターは締める。
対中戦略である事は明明白白でしょうに。そりゃあゴールデンのTV番組表みれば、芸人のMCばかり
で、討論番組やっても視聴率取れないから、NHKを除いて深夜しかやらない。
嫌韓本が売れたり、中国の傍若無人な振る舞いが世界に映像で流れる現在の世論なら、安保法制を
前向きに捉えるのが普通だと思うが、官邸の周りでデモをやる人達は、そういう感覚ではないらしい。
目の前に中国と言う巨大な龍が見え隠れしている状況が、全く見えない、見ようとしないのだから、
中国の弾道ミサイルが日本の在日米軍基地や大都市に向けられている事すら知らないんだろう。
憲法9条と言うタグを首からぶら下げてISに乗り込んでいくようなもんで、国内の縛りで国際法に
対抗するのは無理がある。
学生の諸君だって、受験戦争を勝ち抜きこれからは就職戦線に突入するワケでしょう。就職しないで
アルバイトもしくは世捨て人になるのは自由だが、やっぱり人は独りでは生きてはいけない。
社会と何らかの関わり合を持って生きなければならない。
今回、安保法案が衆議院を通過し、参議院で審議入りして可決される見通しですが、何で安倍内閣の
支持率が急落するのか大いに疑問であります。
反撃や応戦をさせない日本を本当に望んでいるのだろうか。


見直し決断の内幕(下) 違約金「最大100億円」の試算 悩み抜いた首相

個人的には8対2くらいで、安保法制の方が新国立競技場建設より関心があったのですが、
世間はそうでもないらしい。新国立競技場の3000億円が異常に高いと言っても、NHKの新社屋も
3400億円の建設費を予定してるらしいから、こちらも反対の声があがるんだろうか………
「生牡蠣がトロッと垂れたみたいで最初から厭だったんですよ僕は…」と森さんは言うが、
本音じゃないというのは皆知ってます。1週間前迄は安倍総理もこのままで行くと言ってたんだから。
<ANN取材で森さんのコメント>
「ああいう、でかいものやったことないんだよ。 スーパーゼネコンと話し合うような行為をしたこと
 ないわけですよ。JSCだけじゃ ないですよ、文科省もそうですよ。国がたった2500億円も出せな
 かったのかねって いう、そういう不満はある。何を基準に『高い』と言うんだね。皆、 『高い、
 高い』と言うけれど」 ……これが本音でしょうね。
年金積立金管理運用独立行政法人が、昨年度の運用実績で株高の影響もあって過去最高の15兆円の黒字
だったとニュースでありましたが、日本は有償無償含めて毎年多額のODAを行っています。
政治家の感覚からすると「たった2500億円」となるんでしょう。
安保法案の強行採決による安倍政権支持率低下を少しでも食い止める為の政治的判断であります。
日米安保の前進の前には、ザハ側との契約解除など(デザイン監修料は13億円)取るに足らない
問題と言う事なのだろう。
二転三転でラグビーW杯に間に合わないが、東京オリンピック・パラリンピックには間に合わせる。
開閉式屋根もデザインも白紙に戻すという事で、本当に決まりでしょうね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-07-18 21:43 | 国内情勢・世相


安藤忠雄氏「何でこんなに増えてるのか、分からへんねん」…新国立問題で初コメント

森元首相 新国立競技場の改築計画に理解求める

アーチ1本5百億円…新国立競技場、入札でJSCが不正疑惑、予算巨額膨張を隠蔽か


結局デザインの変更は行わず(デザインコンペの作品からは大幅に変更したが)、
このまま施工するようですね。デザインの変更は国際的な信用失墜になると下村文科相は言って
ましたが、元々は森さんがラグビー場を新設したいという所から始まって、それがオリンピック誘致
の目玉である新国立競技場に話が拡大していった。
そもそもJSC自体が天下りの利権集団で、デザインコンペの審査員にエンジニアはいない。
コンペ審査委員長の安藤忠雄氏も建築家というよりもデザイナーに近い。
安藤氏が話してる様に、審査委員会はデザイン決定後の設計には関わっていないと言うのも実際の
ところだろう。建築費にしても、3年前のデザインコンペ(2012年11月)と現在では価格も違うという
事を当初から想定すべきで、デザインコンペから10ヶ月後に東京オリンピックが決定した。東京開催が
決定した時点で詳細に検討すべきだった。
猪瀬前東京都知事は、東京誘致のプレゼンで「東京はキャッシュで4000億円あります!」と一席
ぶった。だから東京都に金が無いワケではない。
但し、この4000億円は東京都が積み立ててきた五輪開催準備基金で、新国立競技場などの会場全体の
整備費に当てられますが、都の財源であるから新国立競技場の建設費は含まれない。
なので下村文科相も「国家プロジェクトと言っても東京で開催するんだし、4000億円あるんだから
500億円の負担は何とかなるでしょう?」と言う思いだろう。

本体部分は大成建設、屋根の部分は竹中工務店で、開閉式の屋根は今回の総工費には含まれていない。
何しろ「高品質な鉄」が約2万トン必要だと言う事で、キールアーチの構造を頑強にしなければならない
から、それなりの高価な鉄と、それを溶接できる職人や経験豊富な人材確保に莫大な予算がかかると
いう話です。
スーパーゼネコン2社とも、作るからには中国や韓国のようないい加減なモノはつくれないから、
本気度は増すだろう。新国立競技場はスポーツのみならず、あらゆるエンターテイメントを融合できる
複合施設の色合いが強い。開閉式屋根を装備すれば、最終的には3000億円を超えるだろうと予想される
総工費ですが、リチウム電池搭載のそうりゅう型潜水艦11番艦の建造費が1隻約600億円。
新国立競技場の総工費で日本の超高性能潜水艦が5隻買えます。
キールアーチ2本に使われる「高品質な鉄」というのが、そうりゅう型潜水艦に使われているNS鋼に
匹敵するような特殊鋼であれば高価になるのは当然であり、東京直下型地震の時の避難所として活用
できればそれでいいだろう。
高い技術力と組織力で海外でも高い評価を受けている大成と、ドーム型球場の経験豊富な竹中で世界を
驚かせる技術力を世界に示して頂きたい。新国立の下に地下鉄が走っている特殊性も考慮して建築費は
吊り上がったのだろう。キールアーチを支えるブロックを、地下30mを走る都営大江戸線を避けて
埋め込まなければならないから大変ですが、できない事ではない。
あーだこーだと言っても、10月1日の着工に向けて前に進むしかない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-07-12 20:14 | 国内情勢・世相


ギリシャ債務問題の行方は

ギリシャがユーロ離脱の波及警告、「次はスペインとイタリア」

ギリシャに接近するロシア

ギリシャ危機で思う所は、チプラス首相の開き直った言動であります。
2009年の巨額の財政赤字が発覚して、EUのギリシャへの緊急融資は2010年と2012年の計2回
行われ(約32兆円)、ギリシャはデフォルトを回避できた。おまけに民間の金融機関はギリシャ国債の
50%の債権放棄というオマケつきでした。ギリシャのGDPは約25兆円で大阪のGDPよりもずっと低い。
観光業が主であるため仕方がないと思いますが、6月中に支払い期限があった約1兆円の債務を先送り
した状態で、EUから年金の3割カットと増税が融資再開の条件であると釘を刺され、緊縮財政反対の
チプラス首相は国民投票にかける。
場合によっては退陣して、ギリシャのデフォルトとユーロ離脱は現実味を帯びて来ます。
ギリシャの最大の債権国でありEUの中核であるドイツは、マルク高からユーロ導入で輸出を伸ばし
儲けて来たが、南欧4ヶ国は自国通貨より高いユーロで輸出競争力が弱まった。しかし、ドイツだって
ギリシャの構造改革無しに3度も巨額な支援をするワケにもいかない。しかし仮にギリシャがユーロを
離脱すれば他の南欧の国々が続くのは目に見えている。
……行き着く先はユーロ崩壊。つまり、借りた側よりも貸した側のEUの方が悩んでいるのだ。
汗水垂らして働くドイツ人と、昼寝でもして仕事は遊びのため!と言う南欧の人々とのアリとキリギリ
スの縮図のような気もするようなしないような……そしてロシアの影。
国民投票が始まり明日の朝には大勢が判明するようです。



昨晩のNHKスペシャル「与野党代表に問う 自衛隊の活動拡大と憲法」は簡潔明瞭で、各党首の
考え方の違いが良く分かりました。進行役がやや強引な感があったが、国防の観点からは社民と共産は
「戦争法案」と断定しているので論外としても、与野党共に大きな違いはないと理解した。
自衛隊員のリスクに関しては、国防に関わる以上、常日頃からリスク軽減の訓練を積んでいる集団で
あり、一般人とは違うのだから当然リスクは付く。但し、計画性の無い無謀な任務をするほど自衛隊も
バカではない。戦前の教訓を充分に検証している組織であるから、できる事とできない事は防衛省が
一番良く知っていると思います。

百田尚樹氏がツイッターで
「私の発言に対してマスコミが一斉に攻撃!まさしく集団的自衛権の行使(^^)」
と、つぶやきました。あまりも分かり易くて笑ってしまいましたが、百田氏にも言論の自由は
あるだろう。
しかも先の発言は勉強会の後の懇談の場だったらしいが、記者は「そうゆう発言」を待ち構えて
いたんだろう。くだらん。もう紙の新聞を読まなくなって随分経ちますが何も困らない。
本は買うが新聞は買いません。
最近、JRお茶の水駅前で、学生達が「安倍政権を許してはならない!」と演説してますが、立ち止って
聞いてる人はほとんどいません。「中国や韓国を許してはならない!」なら応援もするが、戦後70年、
やっと日本が普通の主権国家になろうかという分岐点に、日本人の希望的観測や甘え、一国主義が世界
に通用するとは思いません。
自分の身は自分で守る。国家なら尚更で、弱者は弱者なりの武器を持つ。
ペンは剣よりも強しと言ってマスコミだって武器を持ってるではないか……
そのペンが他人の人生を左右させる事もあり、人を抹殺する事も可能だ。
安保法制を整備し、憲法を改正しない限り、日本の未来はない!
沖縄戦が悲惨を極めたのは事実であるが、広島、長崎の原爆投下、そして東京大空襲も地獄絵図で
ありました。戦争は二度と繰り返してはならないと、平和な国ニッポンでいくら叫んでも、現実は
朝鮮戦争は休戦中であり、いつ北朝鮮が休戦合意を破るとも限らない。国家無きテロリストも堂々と
闊歩する時代に突入しております。
沖縄県は翁長知事の言動で、どんどんイメージが悪くなっているのは事実だろう。
首相を差し置いて外交もどきを行い日本政府の悪口を言いふらす。隣国の頭のおかしいオバさんと同じ
で非常に見苦しい。翁長知事がいる限り、沖縄は前にも後ろにも進めないという事を沖縄の人はどう
思っているのだろうか。軍事を知らなければ外交も理解できない。軍事を知らない学生やおばさん達が
「戦争はさせない」とプラカード挙げたところで何の説得力もなく、それが世論だと煽るマスコミなど
信用できる筈がない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-07-05 18:41 | 世界情勢